ハードコア

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
この記事の内容は翻訳されていません。
あなたが内容を翻訳してみませんか?
この記事は内容の更新を必要とします。
情報の一部は、現在の最新バージョンには適応されません。




Java Edition.png


ハードコアモードは、サバイバルとよく似たゲームモードである。サバイバルモードとの差異は、難易度の変更が行えない点、プレイヤーが死亡した際、プレイヤーが復活せずにワールドが削除される点にある。つまりプレイヤーが死ぬとプレイヤーがデスポーンする。このゲームモードは、Beta 1.9 Pre-release 2にて実装が予告され、Minecraft 1.0にて公式に追加された。このゲームモードは、PC Gamerの Minecraft gameplay blogで発案されたものだ。

特徴[編集 | ソースを編集]

ハードコアモードでは、難易度は「ハードコア」に固定される。「ハードコア」と「ハード」は、プレイ中に難易度を変更できない以外は同じである。Minecraft 1.3より、ハードコアモードを使用する際、ボーナスチェストとチートコマンドを使用する設定が選択できなくなった。プレイヤーが死亡した場合、ワールドは削除され、タイトル画面に戻される。ワールドを選択する場面では、ワールドの難易度がハードコアモードであることが、警告として赤い太字で記される。バージョン1.9からは、死んだときにスペクテイターモードで復活できるようになった。

NotchによりTwitter上に投稿されたハードコアモードのボタン[1]

プレイヤーの死亡時には、画面上に、ワールドを削除のみが表示され、サバイバルモードとは異なりリスポーンタイトル画面へ戻るは表示されない。バージョン1.9からは、スペクテイターモードで復活も表示される。なお、ワールドを削除をクリックするまではワールドは削除されないので、サードパーティーのツールを使用して、ワールドの削除を回避する事が可能だ。なお、死亡後にクライアントを終了しワールドを再読み込みした場合、ゲームオーバー画面が表示された状態でゲームが開始される。

マルチプレイのハードコアモード[編集 | ソースを編集]

マルチプレイでもハードコアモードは選択肢として存在し、特徴も、シングルプレイのそれと似ている。ハードコアモードを採用したサーバーで死亡した場合、プレイヤーには、リスポーン の代わりに、サーバーから切断する が提示される。サーバーから切断するをクリックすると、"You have died. Game over man, it's game over!" と共に "Banned from server Reason: Death on hardcore" というメッセージが表示され、サーバーからBanされる。再接続しようとすると、"You are banned from this server!" と表示されるだろう。

しかしながら、サーバーの管理者が以下の操作を行うことによって、死亡し、Banされたプレイヤーであっても、サーバーに再接続する事が可能になる。

  • サーバーを停止。
  • プレイヤーデーターを「(Map name)> players > (deadplayer).dat」から削除する。
  • banned-players.txt から、index ( banned by | banned until | reason) 以下の全てのデーターを削除する。
  • サーバーを起動。

サーバーを再起動後に、該当するプレイヤーは再スポーン可能になる。この作業を行った場合、プレイヤーは、全てのアイテム、装備品、経験値を失った上で、初期スポーン地点へと転送される。これは、.datファイルを削除することによる副作用になる。ただし死亡前に.minecraftフォルダー下のワールドセーブデータをコピーして、安全な場所にペーストし、.minecraftフォルダーへと戻すことでそこからやり直すことが出来る。

チュートリアル[編集 | ソースを編集]

ハードコアモードでのサバイバルの方法についての包括的なガイドは、ハードコアモードのチュートリアルを読んでほしい。

動画[編集 | ソースを編集]

歴史[編集 | ソースを編集]

正式版
1.0.0Beta 1.9-pre2ハードコアモードが実装された。
1.3.112w17aボーナスチェストとチャットの設定がハードコアモードで有効にできなくなった。
12w18aマルチプレイでもハードコアモードが使用可能になった。
1.915w37a死亡時にワールドを削除する代わりに、スペクテイターモードに移行するようになった。
デフォルトではプレイヤーの死亡後スペクテイターモードに移行すると新しいチャンクが生成されなくなった。これは、/gamerule spectatorsGenerateChunks で変えることができる。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • ハードコアモードでは、ライフゲージのハートアイコンが変化する。具体的には、ハートアイコンに2つのへこみ、もしくは目が追加される。
  • ワールド選択画面において、ハードコアモードのワールドは赤色で示される。
  • Beta 1.9 pre-release以降で作られたハードコアモードのワールドを、Beta 1.8でプレイした場合、ワールドのゲームモードがサバイバルモードに変更される。
  • NotchがハードコアモードについてTwitterで告知したとき、プレイヤーのプレミアムアカウントが死亡時に無効化される「ウルトラハードコア」モードの画像を冗談として投稿しました。
  • ハードコアモードであってもリスポーンすることは可能だ。エンダードラゴンを討伐し、クレジット画面を視聴した後、ワールドの削除なしで即座にリスポーンされる。
  • 多くの Minecraft のファンは公式に実装される以前からハードコアモードをプレイしていた。これは、死亡時に自主的にワールドを消去するという単純なもので、「鉄人」ゲームとも呼ばれていた。
  • ハックすることにより、ハードコアモードとクリエイティブモードの間の子がプレイすることができる。このモードでは、クリエイティブモードのように、自由に空を飛んだり、ブロックを設置することができるが、死亡時にはワールドが削除される。これは、クリエイティブモードか否かを識別する変数と、サバイバルモードかハードコアモードかを識別する変数が分かれている事に起因する。
  • ハードコアモードとクリエイティブモードの間の子をプレイする簡単な方法は、ポーズ画面を表示し、「LANに開く」を選択、そして「チートを許可」をクリックし、好きなコマンドを使用する方法があります。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

参考[編集 | ソースを編集]