ネザー

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
この記事の内容は翻訳されていません。
あなたが内容を翻訳してみませんか?
ネザーの景観

ネザー(The Nether)は、溶岩、凶暴なMobが存在する地獄のようなディメンションである。

行き方[編集 | ソースを編集]

フルポータル(左)、省略型(右)

ネザーにアクセスするには、プレイヤーはオーバーワールドネザーポータルを構築する必要がある。(エンドで作成されたポータルは起動しない)ポータルを作成するには、最初に、最小4x5から最大23x23の範囲の長方形の黒曜石のフレームを構築する必要がある。その後、フレーム内にを付けることによってポータルを起動することができる。

起動したポータルは、ほとんどのエンティティ(ウィザーエンダードラゴン、他のエンティティが合体しているエンティティを除く)をネザーの対応するポータルに移動させることができる。ポータルは、黒曜石のフレームを破る、近くの爆発によって、またはバケツディスペンサーで水や溶岩を入れることで破壊することができる。

環境[編集 | ソースを編集]

ネザーとネザー要塞

地形は大部分がネザーラックから出来ており、崖と窪地が途切れることなく広がってはいるものの、本質的には巨大な空洞である。砂利ソウルサンドが所々に点在するほか、グロウストーンの鍾乳石が天井から垂れ下がり、キノコがまばらに生え、自然発火したがそこら中に見られる。小さなトンネルも空いてはいるが、そこには鉱石も洞窟も存在しない。なお、ネザーレンガネザーレンガの階段ネザーレンガフェンスネザーウォートから出来たネザー要塞を発見することもある。溶岩の海よりも下にあるネザーの最下層部には、ネザーラックと岩盤から成る層が横たわっている。同様にネザーの最上部は岩盤で覆われている。

ネザーの探索は非常に危険である。見慣れない上に薄暗く照らし出された地形には落とし穴や断崖が潜んでおり、天井のいたる所から流れ出す溶岩がネザーの地表や溶岩の海へと降り注いでいる。もしも死んだ場合、手持ちのアイテムがいくつかそこに落ちて燃え尽きてしまう。

ネザーの空と雲は鈍く黒味がかった赤色をしている。雷雨が生じて一瞬だけ影が点滅するが、これは既知の問題である

Xbox 360 Editionにおいて、現在のところワールドサイズは862×862が限界である。通常世界ではマップ端に海洋か(とても)なだらかな岸が生成されるが、ネザーではこの限界地には不意に地形が切り取られたような岩盤の壁が形成される。これらの岩盤は真っ平らではなく最下層にある岩盤のような形をしている。

ネザーには昼夜のサイクルが無く、天候も存在しない。天然の光源と呼べるものは、溶岩グロウストーンだけである。薄暗くぼやけた明かりがネザー全体を照らしているように見えるが、これは単なる視覚効果であり、ゲームの挙動には影響しない。たいていの神話とは対照的に、ネザーでは明かりが地上と同じように機能する。明るさには16段階のレベルがあり、透明なブロックを通過するごとに1レベルずつ下がっていく。

ネザーには明かりに関して特長的な性質が一つある。普段は明かりを必要とするネザーウォートといった植物が、真っ暗な場所に植えられても生息していけるのである。ただし、バグのために自然発生しているグロウストーン溶岩プールの下では無効となる。これらの下では、たとえ間に別の地形が挟まれていようとも、十分な明るさで照らされていない限り、植物を置けない。

Mob[編集 | ソースを編集]

ネザーには Mob がスポーンするが、その大部分はネザー特有の Mob である。しかし、スケルトン、ニワトリ、エンダーマンは、ネザーにも自然にスポーンするオーバーワールドの Mob である。また、スケルトンはウィザースケルトンではなく、通常のスケルトンとしてスポーンする可能性が20%あり、子どものゾンビピッグマンはチキンジョッキーとしてスポーンする可能性がある。他のオーバーワールドの Mob は自然にネザーには出現しないが、ポータルを経由してネザーへ輸送されることがある。

ZombiePigmanFace.png GhastFace.png Magma Cube Face.png Blaze Face.png WitherSkeletonHead.png SkeletonFace.png Chickenjockey.png EndermanFace.png
ゾンビピッグマン ガスト マグマキューブ ブレイズ ウィザースケルトン スケルトン チキンジョッキー エンダーマン

生成[編集 | ソースを編集]

I インベントリのアイテムとして異なるIDを持つ。
D 耐久度を定義するために、アイテムのダメージ領域内を使用する。
S ブロックを完全に定義するためには、保存したゲームのデータ配列から追加データが必要となる。
B インベントリのアイテムを完全に定義するために、アイテムのダメージ領域内に追加データが必要となる。
N インベントリのアイテムの定義に、NBT による追加データを必要とする。
E 追加データを保存するためにブロックエンティティが必要となる。
赤色 正規の方法では入手できない。/give コマンドを使うか、インベントリエディタを使うことでのみ入手できる。
空色 決して入手することはできない。一部は /setblock コマンドを使用して設置することができる。
青色 クリエイティブモードのインベントリにのみ存在する。
紫色 クリエイティブモードのブロック選択でのみ存在する。
青緑色 村人と取引するか、クリエイティブモードでのみ入手できる。
緑色 エンチャントされた道具を所持しているか、クリエイティブモードでのみ入手できる。
黄緑色 エンチャントされた道具を所持しているか、/give コマンドを使うか、インベントリエディタを使うことでのみ入手できる。クリエイティブモードのインベントリからは入手できない。
灰色 未使用のデータ。

自然発生するブロック[編集 | ソースを編集]

ワールドのシード値から生成されるものが含まれる。

アイコン 10進数 16進数 名前 ブロック
0 0 minecraft:air 空気
Bedrock.png 7 7 minecraft:bedrock 岩盤
Lava.png 11 B minecraft:lava Stationary溶岩 S
Gravel.png 13 D minecraft:gravel 砂利
Brown Mushroom.png 39 27 minecraft:brown_mushroom 茶色のキノコ
Red Mushroom.png 40 28 minecraft:red_mushroom 赤色のキノコ
Fire.png 51 33 minecraft:fire S
Netherrack.png 87 57 minecraft:netherrack ネザーラック
Soul Sand.png 88 58 minecraft:soul_sand ソウルサンド
Glowstone.png 89 59 minecraft:glowstone グロウストーン
Nether Quartz Ore.png 153 99 minecraft:quartz_ore ネザークォーツ鉱石
Magma Block.png 213 D5 minecraft:magma_block マグマブロック

自然生成されるブロック[編集 | ソースを編集]

自然生成とは、プレイヤーが関わらず自然に新しいブロックを配置するようなイベントの組み合わせを示す。これらのうちいくつかはワールド生成の一部としても生成されるかもしれない。

アイコン 10進数 16進数 名前 ブロック
0 0 minecraft:air 空気
Lava.png 10 A minecraft:flowing_lava 溶岩 S
Brown Mushroom.png 39 27 minecraft:brown_mushroom 茶色のキノコ
Red Mushroom.png 40 28 minecraft:red_mushroom 赤色のキノコ
Obsidian.png 49 31 minecraft:obsidian 黒曜石
Portal.png 90 5A minecraft:portal Netherポータル

構造物[編集 | ソースを編集]

自然生成されるものと同様だが、オプション「構造物を生成する」を有効にしたときのみ生成されるブロック。

アイコン 10進数 16進数 名前 ブロック
0 0 minecraft:air 空気
25px 52 34 minecraft:mob_spawner モンスタースポナー E
Chest.png 54 36 minecraft:chest チェスト S E
Soul Sand.png 88 58 minecraft:soul_sand ソウルサンド
Nether Brick.png 112 70 minecraft:nether_brick ネザーレンガ
Nether Brick Fence.png 113 71 minecraft:nether_brick_fence ネザーレンガのフェンス
Nether Brick Stairs.png 114 72 minecraft:nether_brick_stairs ネザーレンガの階段 S
Nether Wart.png 115 73 minecraft:nether_wart ネザーウォート I S

技術的な案内[編集 | ソースを編集]

ネザーは通常の世界と同じ方法で保存されますが、デフォルトでは次の場所に保存されています:

Windows:

%appdata%\.minecraft\saves\worldname\DIM-1

Mac:

~/Library/Application Support/minecraft/saves/worldname/DIM-1

メモ: This Library folder is not the one in Macintosh HD, but the one inside your home folder. The only way to access this is to go to the Go menu, and select Go To..., and type ~/Library, or to go to the Go menu, hold the Option key, and select the "Library" option.

Linux:

~/.minecraft/saves/worldname/DIM-1

すべてのシステムで、 "worldname"をあなたの世界の名前に置き換えてください。

Note that DIM-1 does not contain its own level.dat; the level.dat in the parent folder is used for all dimensions. This means that even if a player changes the level data in the /world folder for a particular save, Nether portals will still take the player to the Nether world originally generated for that save and vice versa.

DIM-1ファイルを削除すると、ネザーがリセットされ、プレイヤーが作成したすべての変更と建造物が元に戻されます。

実績[編集 | ソースを編集]

アイコン 実績 ゲーム内での解説 前提条件 実際の前提条件
(異なる場合のみ)
バージョン制限 Xboxでの獲得ポイント
Achievement-plain.png
さらなる深みへ ネザーへのポータルを作る ダイヤモンド! ネザーポータルへと入る PC N/A
Into The Nether Xbox 40G

更新履歴[編集 | ソースを編集]

Java Edition Indev
0.31 2010年1月6日
Map preview Hell.jpg
Hell のマップテーマが追加された。これは通常のマップだったが、海が溶岩でできており、黒い空には赤黒い雲が浮かんでいた。Map themes were later removed in Infdev.
Java Edition Alpha
1.1.1 September 18, 2010Notch mentions the return of the hell biome, and that it will be used for fast travel, based on a transportation method used in the novel series The Wheel of Time by Robert Jordan. Within a dangerous transportation system, "the Ways", people could travel a massive amount of distance in a few days instead of weeks.
1.2.0 October 4, 2010This announcement poster hinted that the hell world would utilize portals and that distance traveled inside the hell world would be multiplied greatly on the map above ground.
October 8, 2010Notch reveals a new block type, now known as soul sand, that would be included in the new dimension.
October 10, 2010A screenshot was released by Notch depicting what the Nether would look like.
October 11, 2010Notch makes mention of the first mob to be added to the Nether, saying "You will hate the Ghast."
October 25, 2010Notch tweets that he is working on the second new Nether mob, and says that they are less dangerous but are otherwise "pointless."
October 29, 2010Notch was conflicted on naming the new dimension; he wanted to avoid "re-using existing religious names", and wanted to use a more creative and original name. He considered both "the Slip" and "the Nexus" but felt that neither felt "minecrafty enough." It was eventually changed to “the Nether” on the day of the Halloween Update release.
A preview of the Halloween Update was sent out to two gaming websites later that day.[1] Interestingly, the name "the Slip" was used in this release.
Halloween UpdateAdded the Nether, including ghasts, zombie pigmen, netherrack, soul sand, glowstone, and nether portals.
1.2.2 Lava was made to flow farther than it did on the Overworld.
Java Edition Beta
1.6 May 02, 2011Portals were made to function properly in multiplayer, allowing players in servers to teleport between the Overworld and the Nether.
release ネザーでベッドを使用すると爆発するようになった。
Java Edition
1.0.0 September 16, 2011Jens Bergensten tweets a teaser screenshot of changes to the Nether terrain generation, including nether fortresses.
September 19, 2011Jens releases a second teaser screenshot, showcasing the structure of the upcoming nether fortresses.
September 21, 2011Jens mentions that he is finished with most of the new Nether features, including two new mobs, one of which is a "retexturing attempt".
Beta 1.9-pre1 Many new additions to the nether, including: magma cubes, blazes (as well as blaze spawners and blaze rods), nether fortresses (including nether brick, nether brick stairs and Nether brick fences), nether wart, ghast tears dropped by ghasts and gold nuggets dropped by zombie pigmen.
Beta 1.9-pre4 With the addition of the Silk Touch enchantment, it was possible to legitimately obtain water using ice in the Nether.
Beta 1.9-pre5 The ability to pick up ice blocks with the Silk Touch enchantment was removed.
1.2.1 12w06a Snow golems now take damage in the Nether.
1.3.1 12w16a Added the /give command. Using it to get water or flowing_water blocks allows another way to place water in the nether.
12w17a Ice can now be obtained with Silk Touch again, but ice no longer melts into water in the Nether.
12w22a Rarely, Nether portals will spawn zombie pigmen.
12w27a Growing nether wart is no longer restricted to the Nether – it can be grown in the Overworld and The End.
12w30a Made the Nether less laggy.
1.4.2 12w32a Zombie pigmen can wear armor, and the sword they are holding makes them deal more damage.
12w34a Any mobs and entities can travel through Nether portals.
12w36a ウィザースケルトンが追加された。
1.4.6 12w49a Added nether brick slabs.
1.5 13w01a ネザー水晶が追加され、ネザーラックの周りに生成されるようになった。
1.5.1 Lava flows more quickly in the Nether, and hidden lava can be found in the Nether.
1.6.1 13w18a チェストネザー要塞に生成されるようになった。
2013 Music Update Four ambient music tracks added for the Nether.
1.8 14w03a Added the /fill command which can place water in the Nether.
14w26a water and flowing_water removed from the /give command.
1.9 15w31a Removed the Nether fog.
15w31c Re-added the Nether fog.
15w49a The wither and ender dragon no longer travel through portals.
1.10 16w20a エンダーマンがネザーにスポーンするようになり、ネザーラックを持ち上げることができるようになった。
マグマブロックが追加された。
Added red nether brick and nether wart blocks, which can be crafted but do not otherwise generate naturally in the Nether.
Pocket Edition Alpha
0.12.1 April 22, 2015Tommaso Checchi tweets a picture of the Nether, showing that it is officially in development.
He later tweets stating that he won't tell how finished it is or what version it will be in.[2]
build 1 ネザーが追加された。
build 6 Lava now spreads faster in the Nether.
0.15.0 build 1 エンダーマンがネザーにスポーンするようになり、ネザーラックを持ち上げることができるようになった。
Legacy Console Edition
TU1CU11.0Patch 1ネザーが追加された。
TU9ネザーの新しい音楽が追加された。
ネザー要塞が追加された。
Added Reset Nether option to force regeneration of the Nether. This is helpful for older saves that didn't have a nether fortress.
TU43CU331.36Patch 13エンダーマンがネザーにスポーンするようになり、ネザーラックを持ち上げることができるようになった。
マグマブロックが追加された。
Added red nether brick and nether wart blocks, which can be crafted but do not otherwise generate naturally in the Nether.

問題[編集 | ソースを編集]

「ネザー」に関する問題点は、バグトラッカーにて管理されている。問題点の報告はそちらで行ってほしい。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • ネザーという発想は、ロバート・ジョーダンが書いた時の車輪(The Wheel of Time)という小説シリーズの中に登場する転移法から得られた。転移法 The Ways では、数週間はかかる長大な距離を2、3日で移動でき、ネザーと同じく多くの危険が付き纏う[3]。Notch は、同僚のJakeがネザーをひらめく大きなきっかけだったと語っていたが、確かなことはわかっていない。
  • ネザー天井に張られた岩盤は、地上世界の障壁である底部の岩盤ではないかと噂された。これは、洞窟より下にネザーのあるシャツがマインクラフト商品として存在する事実が後押しし、岩盤層より下にあると推測された。これは、クリエイティブモードかMODによって岩盤の上にネザーのVoidが見つかったことから棄却された。Notchによって、ネザーと地上世界は全く別の次元であることが公言された[要出典]
  • ネザーの主要洞窟の天井は目の高さで最高109まで達する(天井に立つと111になる)。これは115~125の高さにガストを避けつつネザーの別の目的地をつなぐminecart鉄道|(rail)を作るのに最適である。
  • 次元間をプレイヤーがワープしても、向いている方向は変わらない (例えば、通常世界で東を向いたままネザーに転移しても、東を向いたままである)。
  • ネザーにいる間は、通常世界でのかまどの精錬や木の成長・枯死が中断される。ただし、昼-夜サイクルは継続しており、Mobもその場にとどまり続ける。
  • 砂利は通常世界でもネザーでも見られるたった3種のブロックのうちの一つである(他には黒曜石と岩盤がある)。
  • 開発バージョン(Indev)には、“地獄(Hell)” が題材(Theme)だった段階もあった。地形はいたって普通なのだが、溶岩の海、永遠の薄暗さ、黒い空には鈍い赤色の雲が浮かんでいた。
  • 溶岩と同じ高さで隣接するソウルサンドの上に立つと、ソウルサンドの端に近づいて歩くだけでダメージを受ける。
  • サバイバルマルチプレイヤー(SMP)では、自分が以前いた場所にブロックが置かれたままログインすると、そのブロック上にスポーンする。ブロックの上に空間が一切なければ天井の岩盤にスポーンしてしまうことだってある。そうなってしまえば、どうすることもできない。自分の上に砂や砂利を落としても同じことができる。
  • 崖が溶岩の海や湖に張り出しているのに全く照らされていない場所を目にした場合、そこに行って光源を置けば修正される。
  • ネザーでエンティティ(Entities)(トロッコや絵画など) にカーソルを合わせると、インベントリが明るくなる。
  • ネザーでは温厚なMobが自然には湧かないと今のところ告知されてはいるが、ニワトリ(chicken)は卵からスポーンできる。あと、ニワトリに乗った子供ゾンビピックマンもいる。
  • 周辺に光源が無くとも、プレイヤーはネザーを見ることが出来る。これは「背景光」があるためである。しかしながら、他のゲーム上の目的の光としては使用できない —— 周囲を明るくすることでMobの出現を抑制することは可能である。
  • 1.2でAnvilファイルフォーマットに移行してからも、天井岩盤の上に建築することは可能である。しかしクリエイティブモード以外ではアクセス不可能になるだろう。
  • ネザーでF3を押すと、バイオームには"Hell"(地獄)と表示される。
  • Xbox 360 Editionではこのように岩盤の壁がマップの限界を横切り、行く手を阻んでいる。
  • ネザーを離れ通常世界に戻ったとき、よくスケルトンやクモを日中であっても見かけることがある。通常とは異なり、日中でもそうしたクモはプレイヤーに敵対的になる。
  • キノコはネザーの天井岩盤に出現することが出来る。
  • ネザーポータル使用後に、ホットバーの一番左のスロットが選択される。
  • 2012年のMineconのライブストリームで、Dinnerboneは新種の鉱石をネザーに追加するかもしれないといっている[4]

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

参照[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]