ドロッパー

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
この記事の内容は翻訳されていません。
あなたが内容を翻訳してみませんか?
ドロッパー
Dropper.png

種類

固体ブロック

設置制限

いいえ

落下

いいえ

透過

いいえ

発光

いいえ

爆発耐久力

17.5

硬さ

3.5

回収道具


再生可

はい

スタック可

はい (64)

可燃

しない

ドロップ


ドロッパー
(1)

ブロックエンティティID

Dropper

データ値

dec: 158 hex: 9E bin: 10011110

名前

dropper

ドロッパー(Dropper)とは、アイテムの排出もしくは別のコンテナへの移転に用いることのできるブロックである。

入手[編集 | ソースを編集]

ドロッパーはツルハシを用いれば何製でも回収可能だが、ツルハシ以外で採掘すると何もドロップしない。

ブロック
ドロッパー
硬さ 3.5
回収道具
採掘時間[注釈 1]
17.5
木製 2.65
石製 1.35
鉄製 1.35
ダイヤ製 0.7
金製 0.45
  1. 時間は秒であり、エンチャントしていない道具である。

クラフトから[編集 | ソースを編集]

材料 レシピ » 結果
丸石
+
レッドストーンダスト











用途[編集 | ソースを編集]

ドロッパーはコンテナとして、もしくはアイテムを移動するためのレッドストーンの構成部品として利用できる。

ドロッパーを設置するためには、ブロックの設置操作を使う。ドロッパーは設置する際に、その出口を上下を含むあらゆる方向に向けることができる。設置した際、ドロッパーの出口は設置を行った側(プレイヤーのいる方向)を向く。

ドロッパーはピストンで移動できない[Java Edition および Console Edition 限定] 。また、溶岩はドロッパーの周りを流れる。

Container[編集 | ソースを編集]

ドロッパーは9つのインベントリを持つ。

To open the dropper GUI, use the Use Item control. To move items between the dropper inventory and the player inventory or hotbar while the dropper GUI is open, drag or shift-click the items. To exit the dropper GUI, use the Esc control.

By default, the GUI of a dropper is labeled "Dropper". A dropper's GUI label can be changed by naming the dropper in an anvil before placing it, or by using the blockdata command (for example, to label a dropper at (0,64,0) "Alice's Dropper", use blockdata 0 64 0 {CustomName:"Alice's Dropper"}).

A dropper can be "locked" (or subsequently unlocked) by setting the dropper's Lock tag with the blockdata command. If a dropper's Lock tag is not blank, the dropper cannot be accessed except by players holding an item with the same name as the Lock tag's text. For example, to lock a dropper at (0,64,0) so that only players holding an item named "Alice's Key" can access the dropper, use blockdata 0 64 0 {Lock:"Alice's Key"}.

Redstone component[編集 | ソースを編集]

Redstone circuit」も参照

A dropper can be used to eject items, or push items into another container.

Activation
A dropper can be activated by:
  • an adjacent active power component (Exceptions: a redstone torch will not turn ON a dropper it is attached to)
  • an adjacent powered opaque block (strongly-powered or weakly-powered)
  • a powered redstone repeater or redstone comparator facing the dropper
  • powered redstone dust configured to point at the dropper, or on top of it, or a directionless "dot" next to it; a dropper is not activated by adjacent powered redstone dust which is configured to point in another direction.
In addition to the methods above, droppers can also be activated by quasi-connectivity. A dropper will be activated if one of the methods above would activate a mechanism component in the block above the dropper, even if there is no mechanism component there (even if the block above the dropper is air or a transparent block), but only when the dropper receives a block update (including a redstone update within two blocks of the dropper).
A dropper will not activate if it has been less than 1 redstone tick (2 game ticks, or 0.1 seconds barring lag) since its last activation ended.
Behavior
When activated, a dropper waits 2 redstone ticks (4 game ticks, or 0.2 seconds barring lag) and then ejects one item from its inventory. The dropper does not continue to eject items while activated -- ejection occurs only on the initial activation (the rising edge of an input signal). To eject multiple items, repeatedly activate the dropper with a clock circuit.
If multiple slots are occupied by items, a random occupied slot will be chosen for ejection. The slot is chosen when an item is ejected, not when the dropper is initially activated, thus it is possible to move items into or out of a dropper between its activation and item dispensing.
If the dropper is facing a container, the ejected item will be transferred into the container. Otherwise, the item is ejected in the direction the dropper is facing, as if a player had used the Drop control.
A dropper makes a clicking noise (the random.click sound event) when activated empty or when ejecting items into air, but is silent when it successfully transfers an item into another container.

A dropper is an opaque block, so powering it directly can cause adjacent mechanism components (including other droppers) to activate as well.

A line of droppers, each pushing items into the next dropper, is known as a dropper pipe. A dropper pipe must be clocked to move items, but can be clocked to move items faster than a hopper pipe's transfer rate. When a dropper pipe pushes items upwards, it is known as a droppervator (short for "dropper elevator").

Tutorials/Item_elevator#Dropper」も参照

歴史[編集 | ソースを編集]

正式版
13w03a ドロッパーが実装された。
13w03a Re-Upload ドロッパーの複製バグが修正された。
13w04a ドロッパーが6方向全てに向けて設置できるようになった。
製作レシピが変更され、中央のホッパーが不要になった。
13w10b 動力を受けたドロッパーがレッドストーンの更新を受けると作動していたのが修正された。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • ホッパーパイプのように、ドロッパーを数珠繋ぎにして、1ティッククロックの更新クロックを各々に与えると、とても速い輸送システムが出来上がる。これは6方向全てに向けられるというメリットがあり、転送速度は10ブロック/秒になる。こうすることで100ブロックの長いドロッパーパイプを作っても、アイテムは端から端まで10秒しかかからない。
    • これはホッパーパイプの2倍の速さとなる。しかしホッパーパイプはコンパクトであり、音を立てない。
    • これはまた氷・水パイプの半分の速さとなる (氷の通路の上に水を流し、途中の水源の手前に看板を設置して流れる方向を一定にしたもの)。これもコンパクトに出来、過度のアップデートを発生させないが、水平方向にのみ利用可能で、サバイバルモードで作るならシルクタッチが必要となる。
  • ドロッパーの前にクモの巣を置いてそこにブロックをドロップすると、クモの巣の上からブロックをドロップした場合の半分の遅延になる。これを用いて10∼12秒の遅延を伴うレッドストーントリガーが作れる。
  • 導入当初は、製作レシピにホッパーが含まれていたので、ドロッパーはゲーム中でもっとも複雑な製作レシピになっているものであった。これは3種の異なるものをつくる必要があったためだ。1つはホッパーで、もう1つは (ホッパーを作るために必要な) チェストである。言い換えると1つのドロッパーを作るのに、基本の必須材料から3段階の製作プロセスを経る必要がある。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

参考[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]