トリップワイヤーフック

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
この記事は内容の更新を必要とします。
情報の一部は、現在の最新バージョンには適応されません。
トリップワイヤーフック
Tripwire Hook.gif

落下

いいえ

透過

はい

発光

いいえ

爆発耐性

2.5

回収道具

すべての道具

再生

はい

スタック

はい (64)

可燃性

なし

ドロップ

自身

データ値

dec: 131 hex: 83 bin: 10000011

ID名

tripwire_hook

トリップワイヤーフック(Tripwire Hook)とは、壁の側面に向かい合わせて設置し、ワイヤーで接続して用いるスイッチである。2つのフックを繋げているワイヤーに、ほとんどのエンティティ (プレイヤー、ドロップアイテム、放たれたの一部、ほとんどのMob) が引っ掛かると作動する。しかし、投げられたポーション、一部の、投げられたエンダーパール、投げられたエンダーアイはフックを作動させない。ハサミを持たずにワイヤーを破壊すると、短いレッドストーン信号を発する。

入手[編集 | ソースを編集]

自然生成から[編集 | ソースを編集]

トリップワイヤーフックはジャングルの寺院のトラップとして自然生成される。

クラフトから[編集 | ソースを編集]

材料 レシピ » 結果
鉄インゴット
+

+
木材

Iron (Ingot)








用途[編集 | ソースを編集]

作製素材として[編集 | ソースを編集]

材料 レシピ » 結果
トリップワイヤーフック
+
チェスト











使用法[編集 | ソースを編集]

まず、フック2つを、40ブロックまでの間隔で設置する。次にをその間の空間に設置する。この糸は下にブロックが無くとも設置でき、フック間のブロック全てに設置し接続されればまっすぐ引っ張られる。接続されると、フックが下に向く。この時点で、歩いたり、(ハサミなしに) 糸を切ったりするとレッドストーン信号が両方のフックから発せられる。ワイヤーは2つのフック間を一直線に結ぶ必要があり、そうでなければ機能しない。トリップワイヤーフック作動時のパルス信号はすべてのレッドストーン機構を作動させることが出来る。例えば矢が充填されているディスペンサーや、音符ブロックなどが対象になるだろう。

トリップワイヤーフックはレッドストーン動力のパルス信号を発するが、これはボタンを押したり感圧板の上に立つのと同様のものになる。

ブロックの内部に充分な高さを持つMobかプレイヤーが入ると、そのブロック中のワイヤーを作動させる。これはトロッコに乗っている場合の、レールの上に設置されたワイヤーに対しても同様である。ただしレールとワイヤーは同じブロックには設置できない。これはディテクターレールでプレイヤーが乗っている場合を検出するのに用いることが出来る (無論周りでMobが乗っていたりはしないように!)。トリップワイヤーフックはこのようなものをとても簡単に実現させることが出来、空のトロッコが路線上を走り回らないようにすることにも応用できるだろう。

同様に感圧板と組み合わせることで、ワイヤーの高さを変えてその下の歩いているものを検出することにより、出入り口を歩くMob (最も近いブロックで) の高さの検出をすることが出来る。

動画[編集 | ソースを編集]

歴史[編集 | ソースを編集]

2012年5月28日に、Dinnerboneはあるアイデアを公開した。トリップワイヤーの数枚の画像や動画などを投稿し始めた。これ以前は、糸を地面に設置することはできなかった。このアイデアはDinnerboneの婚約者であるMissMarzeniaが発案したものである[1]

正式版
1.3.1トリップワイヤーフックが追加された。
開発中
13w01aトリップワイヤーフックはTrapped Chestの作製素材として利用可能になった。

不具合[編集 | ソースを編集]

「Tripwire」に関する問題点は、issue trackerにて管理されている。問題点の報告はそちらで行ってほしい。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • トリップワイヤーフックもトリップワイヤーも、水で「洗い流せる」。もしワイヤーが先に流されると、ハサミなしに破壊されたときと同様に作動し、信号を発する。
  • レッドストーン信号を切り替えるという点では、トリップワイヤーはレバーと同様に振舞う。つまりフックを設置したブロックを「レッドストーンブロック」であるかのようにさせる。要するに信号を受け作動する要素 (TNTレッドストーンワイヤー、レッドストーンランプなど) に信号を供給するのだ。例えばワイヤーで作動するTNTの場合、TNTはトリップワイヤーフックを設置したブロックの上下左右背後に設置する。これが簡単なTNTトラップの設置方法である。
  • ハサミで糸を切っても (破壊しても)、トリップワイヤーフックから信号は発せられない。しかし状態が変更され、BUDスイッチがパルス信号を発する。
  • トリップワイヤーフックが取り付けられている壁の前に立つと、トリップワイヤーを通り過ぎてもフックは信号を発しない。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

参考[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]