ディテクターレール

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
ディテクターレール
Detector Rail.png
Powered Detector Rail.png
再生

スタック

可(64)

回収道具

爆発耐性

0.7

硬度

0.7

発光

しない

透過

する

可燃性

なし

溶岩からの引火

しない

Clock JE2 BE2.gif
この記事は内容の更新を必要とします。
情報の一部は、現在の最新バージョンには適用されません。

ディテクターレール(英:Detector Rail)とは感圧板のように動作するレールの1種で、レールのスイッチとして初のものである。

どんなトロッコでもディテクターレールの上に乗ることで、レッドストーン信号を生成する。信号はディテクターレールの隣のブロック (パワードレールであっても)、レールの下に設置されたレッドストーンへと送出される。これも感圧板と同様の動作になる。

入手[編集 | ソースを編集]

破壊から[編集 | ソースを編集]

ブロック ディテクターレール
硬さ 0.7
回収道具
採掘時間[注釈 1]
デフォルト 1.05
0.55
0.3
0.2
ダイヤモンド 0.15
ネザライト 0.15
0.1
  1. 時間はステータス効果を持っていないプレイヤーが使用するエンチャントされていない道具とし、単位は秒とする。詳細は採掘 § 速度を参照のこと。

クラフトから[編集 | ソースを編集]

材料 クラフトのレシピ
鉄インゴット +
石の感圧板 +
レッドストーンダスト

6

自然生成から[編集 | ソースを編集]

アイテム 構造物 チェストの種類 確率
Java Edition
ディテクターレール 廃坑 チェスト 1–4 27.1%
Bedrock Edition
ディテクターレール 廃坑 チェスト 1–4 27.1%

用途[編集 | ソースを編集]

ディテクターレールは、様々な用途に用いることができる。鉄道駅のような特徴をもたせた機構は、トロッコが近づいていることを知らせるための音符ブロックや、平面交差の信号にするために交差部分に置いたレッドストーントーチがつけられた音符ブロックを鳴らさせることができるだろう。一連の4〜6個のディテクターレールを、20ブロックごとに1本ずつ、音符ブロックとレッドストーントーチに電力を供給する入力装置に配線するのが最も簡単である。トロッコが各ディテクターレールを通過すると、トーチが1回点き、チャイムが1回鳴るため、トロッコが交差点に到達する前に4〜6回チャイムが鳴る。

ディテクターレールをメモリセルとともに使用して、長い軌道のパワードレールに電力を供給することができる。

さらに、パワードレールへの片道ゲートの作成に使用でき、トロッコが反対方向に来ると速度が低下したり完全に停止したりする。

また、矢で満たされたディスペンサーを起動し、トロッコに優しいMobトラップを作成するのにも使用できる。

マルチプレイヤーの防御メカニズムとして、または自身の挑戦のため、パワードレール、通常のレール、およびディテクターレールを使用して長方形を作成できる。次に、ガラスで周囲を囲む(床を除く)。すべてのディテクターレールには、矢で満たされたディスペンサーにつながるレッドストーンワイヤがある。トロッコの動きが開始すると、ディテクターレールを通り過ぎ、弾薬がなくなるまで一定の間隔で矢を放つ。また、穴をMobで満たし、内部のMobを屠殺することにより、スピードを殺すのにも適している。この方法で多くのリソースを取得できる。

リピーターとレッドストーンを備えた多層ピストンドアに使用できる。

歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition Beta
1.5ディテクターレールが追加された。
Java Edition
1.513w10a作動時のテクスチャが追加された。
1.915w44aディテクターレールが廃坑チェスト付きトロッコで生成されるようになった。
1.1116w32b全レールの当たり判定の高さが、フルブロックからハーフブロックに変更された。
Pocket Edition Alpha
0.13.0build 1ディテクターレールが追加された。
Legacy Console Edition
TU1CU11.0Patch 1ディテクターレールが追加された。

問題点[編集 | ソースを編集]

「ディテクターレール」に関する問題点は、バグトラッカーにて管理されている。問題点の報告はそちらで行ってほしい。


関連項目[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]