ウィキのスタイルガイドが改定されました。スタイルガイドでは、ウィキに記事を書く際のスタイルについて解説しています。(9月19日更新)

テンプレート:Crafting usage/doc

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
これは、メインテンプレートページに参照されるべきである解説ページです。詳細についてはテンプレート:Documentationを参照してください
Lua logo.svg
このテンプレートは、モジュール:Crafting usageを使用しています。
また、このスクリプトはLuaで書かれています。

このテンプレートは、そのページのアイテムを材料として使用するレシピを他のページから検索し、「製作材料として」の節で表示する内容を自動的に生成する。

カテゴリ:<材料>を使用するレシピカテゴリ一覧)に分類されたページのみが検索対象となる。また、テンプレート {{crafting}} を使用しているレシピのみが表示される。

適切なレシピが見つからない場合は、カテゴリ:用法レシピがないページがページに追加されます。

使用法[ソースを編集]

  • {{{1}}}: は、どのカテゴリを検索するか、どの成分を検索するかを制御するのに使用される。カンマで区切って複数の成分を指定できる。
  • {{{match}}}: デフォルトは完全一致。ここでは、カンマで区切って複数のマッチタイプを指定できる。複数の成分が指定されているのにマッチタイプが1つしかない場合はそれが全ての成分に使用される。
    • startは、成分の開始が正確に一致しなければならないことを意味する。例:「Redstone」は「Redstone Torch」「Redstone block」「Redstone」などと一致するが、「Block of Redstone」「Some Redstone Thing」などとは一致しない。
    • endは、成分の終了が正確に一致しなければならないことを意味する。例:「Redstone」は「Block of Redstone」「Redstone」などと一致するが、「Redstone Block」「Some Redstone Thing」などとは一致しない。
    • anyは、成分が名前の中のどこかで一致すればいいことを意味する。例:「Redstone」は「Block of Redstone」「Redstone」「Redstone Block」「Some Redstone Thing」などと一致するが、「Red stone」「Block of Reddishstone」などとは一致しない。
  • {{{category}}}: 成分名とは別のカテゴリを検索する。デフォルトは{{{1}}}を使用するレシピ
  • {{{ignore}}}: 無視するページの正規表現文字列。パイプ文字は¦に置き換えなければならない。
  • {{{description}}}: デフォルトではどのレシピにも説明文があれば自動的に表示されるが、これを0にすると説明文欄は強制的に表示されず、1にすると強制的に表示されるようになる。
  • {{{continue}}}: 設定されている場合、テーブルは終了せず、手動でレシピを追加することができる。通常の{{crafting}}の使用法と同様、最後のレシピは{{{foot}}}に設定されていなければならない。これは、テンプレートが何らかの形でレシピをいくつか見逃した場合や、{{{ignore}}}と組み合わせて手動でレシピを書く場合の、よりカスタマイズ性を高めるための、単なるその場しのぎのものである。

{{Crafting}} の使用法[ソースを編集]

これらの引数は{{crafting}}テンプレート自身で使用されるが、このテンプレートでは読み込まれない。

  • {{{ignoreusage}}}: これは、このテンプレートによって無視されるべきクラフトレシピを追加することができる。複数の{{crafting usage}}テンプレートで無視する必要があるレシピに最適である。
  • {{{arggroups}}}: どの引数をグループ化するかを手動で指定するのに使用する(下記参照)。レシピが整形されている場合は引数名(A1, A2など)を、レシピが整形されていない場合は数字を使用する。グループ化された引数はカンマで区切られ、グループはセミコロンで区切られる。例:A1,B1,A2;C1,OutputはA1とB1とA2をグループにし、C1とOutputをグループにする。

アニメーションのすべてのフレームを使用していない場合、nameまたはingredients引数に設定された値はすべて削除される。

引数グループ[ソースを編集]

レシピのアニメーションがどのように表示されるべきかを正しく理解するため、テンプレートはどの引数が関連しているかを知る必要がある。例:チェストのレシピでは、どの木材でもクラフトすることができ、すべて同じ色のチェストができるため、どれも関連していない。しかし、花火の星のレシピでは、染料と結果の花火の星は「関係している」が、余分な成分は関係していない(余分な成分はどんな色の花火の星でも使用できるが、正しい花火の星を得るには正しい染料を使用しなければならない)。

異なるフレーム数のアニメーションの場合、テンプレートはそれらがグループ化されていないことを知っている。しかし、同じフレーム数(「Any *」エイリアスのランダムなフレームを除く)であれば、モジュールはそれらがグループであると仮定する。これがtrueではない場合は{{{arggroups}}}を使用。

使用例