テンプレート:Block/doc

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
これは、メインテンプレートページに参照されるべきである解説ページです。詳細についてはテンプレート:Documentationを参照してください
これは大きな表示領域を使い、広く使われているテンプレートです。英語版の更新に従って更新をお願いします。日本語版独自のものが必要なら、まず合意を先に取り付けてください。
Clock.png
この記事は内容の更新を必要とします。
情報の一部は、現在の最新バージョンには適用されません。
Lua logo.svg
このテンプレートは、モジュール:Infoboxを使用しています。また、このスクリプトはLuaで書かれています。
詳しくは、wp:Luamw:Extension:Scribuntoをご覧ください。
Block
No image.svg
透過

?

発光

?

爆発耐性

?

回収道具

?

再生

?

スタック

該当なし

可燃性

指定なし

溶岩からの引火

おそらくしない

ドロップ

自身

名前空間ID

?

ブロックページの統一したデザインを提供するテンプレートです。

{{Block
|title=
|image=
|invimage=
|type=
|gravity=
|dirt=
|transparent=
|light=
|tntres=
|hardness=
|tool=
|renewable=
|stackable=
|flammable=
|availability=
|experience=
|drops=
|data=
|nameid=
|fluidspeed=
|movespeed=
|firstver=
|firstdev=
|notes=
}}

通常使わないマークアップが先頭と最後に来ることに気をつけてください。新しいブロックのページを作成するときは、まるごとコピー&ペーストしてください。複数のデータ値があるアイテムなら、|data= ではなく |multipledata= にしてください。

パラメーター 機能 デフォルト値
title ページのWikiネームとは名前を変えたい場合のみ必要。 {{BASEPAGENAME}}
image ブロックの画像 (だいたい150×150ピクセル)。 {{{title}}}.png が無い場合、 No block image.png (linking to the page where to upload the missing image)
imageN ブロックの画像二枚目以降 (だいたい150×150ピクセル)。 なし
invimage インベントリでの画像。テンプレート:Gridを使用 Grid {{{title}}}.png if it exists, otherwise None
invimageN 二つ目以降のインベントリでの画像。テンプレート:Gridを使用 なし
type ブロックの種類 (「固体ブロック」「固体」「ブロック」「流体」)。「アイテム」でも使用される。 ?
gravity 重力の影響を受け落下するか?(「はい」「いいえ」) ?
dirt 設置に必要なもの (土の上であるとか、日光があたる場所であるとか) None
transparent ブロックを通して向こうが一部でも覗けるか (「はい」「いいえ」)。よく判らないなら透過性のページを見る。 ?
light 光るなら光レベルを追加して「はい, 9」のように。光らないなら「いいえ」。 ?
tntres 値はプログラムコード中にあり、単位は無い。 ?
hardness 掘り終わるまでかかる時間。値はプログラムコード中にあり、単位はない。 ?
tool 使用するツール。画像はそのツール (もしくはそれ以上) のツールが破壊できる場合を意味する。輪郭線が意味するのは、何でもいいけどそれが最も速い場合。"Any"はすべてのツールが同じ速度 (もしくは何でも即座に破壊される) ことを意味する。「なし」は破壊不可の意味。
日本語版では、「なし」以外は英語名にすること。また組み合わせはハードコードされている (鉄の剣以上が必要、という組み合わせは無い)。
?
renewable ブロックが再生可能であるか。「可」「不可」。 ?
stackable スタック出来るか。出来る場合「可 (16)」のようにその個数を付記。 N/A
flammable 火で燃えるかどうか。 いいえ
data データ値。10進数で指定する。 None
multipledata 複数のデータ値。テンプレート {{dv}} が使われる。 None
fluidspeed 流体としての速度 None
movespeed 移動速度 None
firstver 最初に登場したバージョン (例:Alpha 1.0.17, classic 0.0.23a)。そのままの文字列が使われる。 None
notes ボックス下部に出る注釈等の文字列。 None

参考[ソースを編集]