ウィキのスタイルガイドが改定されました。スタイルガイドでは、ウィキに記事を書く際のスタイルについて解説しています。(9月19日更新)

テクスチャーパック

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Clock JE2 BE2.gif
この記事は内容の更新を必要とします。
情報の一部は、現在の最新バージョンには適用されません。
Book and Quill.png
この記事は翻訳途中です。
あなたが内容を翻訳してみませんか?
Rose (2D).png
このページには古い情報、またはゲームから削除された機能についての内容が含まれています。
これらの機能は、以前の古いバージョンのMinecraftに存在するものです。
Information icon.svg
この項目はLegacy Console Edition限定の要素です。
Disambig color.svg この記事では、独自のワールドのテクスチャーや見た目について説明しています。プレイヤースキンについては「スキン」をご覧ください。
標準のテクスチャー、中側はJoliCraft

テクスチャーパック (Texture pack)は、ゲーム中のブロックアイテムMob、そしてインタフェース画面のテクスチャーを変えるために使われるファイル群の事である。ZIPファイル中に、さまざまなPNGファイル、そしてpack.txtが格納されている。Minecraftの通常の解像度は16×16 (ブロックの幅と高さのピクセル数) となっている。32×32、64×64、128×128、256×256、そして512×512は「HD」(高解像度) テクスチャーと呼ばれている。Minecraft 1.5以降は全て3Dのテクスチャーがアニメーション可能になった。コンピューター版 Minecraft は全て、独自のテクスチャーへの変更に対応しているが、従来のバージョン、例えば1.2.2とかそれ以前はminecraft.jarファイルを変更する必要がある。バージョン1.5以前は、HDテクスチャーやアニメーションテクスチャーを用いるにはMCPatcherとかOptiFineなどのようなパッチやModが必要となる。テクスチャーパックはZIPファイル形式でなくとも読み込め、「テクスチャーパックの再読み込み」キー (F3T) が使用可能になる。

JavaEdition1.6.1において、テクスチャーパックはリソースパックに置き換えられた。 which provide more control over textures and other game features, such as music and text.

動作[編集 | ソースを編集]

The default texture pack settings.

Texture packs can be placed in the folder texturepacks within the .minecraft folder. Each texture pack is either a .zip file within the texturepacks folder. Once in the folder, a texture pack can be added from the options.

Texture packs load their assets based on the order of the packs on the list. The bottom-most pack loads first, then each pack placed above it replaces assets of the same name with its assets.

内容[編集 | ソースを編集]

pack.txt[編集 | ソースを編集]

A texture pack is identified by Minecraft based on the presence of the folder of the root directory, which contain a text file called pack.txt, which would contain a description of the texture pack which would appear in game.

The root directory also contains an optional image called pack.png, which shows as the thumbnail for the pack on the texture pack selection menu.

導入方法[編集 | ソースを編集]

  1. 好みのサイトからテクスチャーパックをダウンロードする。ほとんどのテクスチャーパックはZIPファイル形式となっているが、必要なファイル (pack.txt) があればフォルダーをテクスチャーパックと看做してしまう。自分で作成したものの場合、必要であればZIP形式で圧縮してもよい。テクスチャーパックのファイル作成の詳細な手順については、Tutorials/Custom Texture Packsを参照してほしい。スナップショット12w23a以降、必須というわけではないが、pack.txtが存在すればテクスチャーパックとして認識される。
  2. Minecraft を起動する。既に Minecraft が実行中であれば、以下の手順を実行するには、ワールドを保存して終了し、メインメニューにいる必要がある。
  3. テクスチャーパック ボタンをクリックする (もし見当たらなければ、「設定」の中にあるだろう)。
  4. テクスチャーパックフォルダーを開く ボタンをクリックする。すると Minecraft のテクスチャーパックがすべて保存されているフォルダーが開かれる。もし何も起こらなければ、フォルダーを自分で開く必要がある。オペレーティングシステムに依存するが、
  • Windows XP/Vista/7/8/8.1/10: %appdata%\.minecraft\texturepacks
  • GNU/Linux: ~/.minecraft/texturepacks (Homeフォルダーでは非表示になっているだろう)
  • Mac OS X: ~/Library/Application Support/minecraft/texturepacks (非表示になっているだろう)
  1. テクスチャーパックを開かれたフォルダーに置く。この際 Minecraft を終了する必要は無い。
  2. 少しするとテクスチャーパックはMinecraft中に表示されるだろう。それを選択して「完了」をクリックする。これでテクスチャーパックが適用された。ワールドを読み込んで違いを確認しよう。もし Minecraft が更新されなければ、テクスチャーパック画面を一旦閉じて開きなおせばよい。

ヒント[編集 | ソースを編集]

  • テクスチャーパックは、一部のテクスチャーのみのデザイン変更しかしないものもある。つまりパック選択後のメインメニューの見た目が同じだったとしても、パックが正しく機能していないことを意味しない。メニューを変更してほしいなら、自分が作成したもので無ければテクスチャーパックの製作者に連絡するか、自分自身でテクスチャーを変更する必要がある。
  • テクスチャーパックはいくつでもインストールすることが出来る。テクスチャーパックの一覧はスクロールバーを上下にドラッグさせることでスクロールさせることが出来る。
  • Minecraftは使用中のテクスチャーパックを固定することがある (ユーザーインタフェースのテクスチャーを変更する場合など) ので、そのような場合ファイルを上書きすることは出来ない。そのような時にパックを更新するには、一旦標準のテクスチャーパックに切り替えてからファイルを上書きする。
  • ZIPファイルを展開したフォルダーをテクスチャーパックとして表示させるには、pack.txtがその中にある必要がある。ただしこれは12w23a以前では機能しない。
  • ZIPファイル形式のテクスチャーパックをダウンロードしたとき、テクスチャーパックのタイトルの名前になった別のフォルダーがその中にある場合があることを心に留めておいてほしい。このときそのフォルダーが本来のテクスチャーパックとなる。この場合、そのフォルダーをテクスチャーパックフォルダーにコピー、切り取り、ドラッグするなどする必要がある。(訳註:ファイル公開に用いるアップローダーによる改変を意味するかも知れない)
  • Minecraftが古いバージョンの場合 (1.2.5など) に新しいバージョン向けのテクスチャーパックをインストールすると、使われないアイテムやブロックを無視して、テクスチャーパックは正しく機能する。

テクスチャパックをリソースパックに変換[編集 | ソースを編集]

Converting texture packs can be done with Mojang's converter tool (called "texture ender"). Converting texture packs from before 1.5 is a two-step process, requiring a converter to convert it to 1.5 first (called the "unstitcher") then the converter from 1.5 to 1.6. Links to both Mojang files are below:

Folder structure[編集 | ソースを編集]

  • (texture pack name)
    • font.txt
    • pack.png
    • pack.txt
    • particles.png
    • achievement
      • bg.png
      • icons.png
      • map.txt
    • armor
      • (texture).png
    • art
      • kz.png
    • environment
      • (texture).png
    • font
      • (texture).png
    • gui
      • (texture).png
      • creative_inv
        • (texture).png
    • item
      • (texture).png
      • chests
        • (texture).png
    • lang
      • (lang).lang
      • languages.txt
    • misc
      • (texture).png
    • mob
      • (texture).png
      • enderdragon
        • (texture).png
      • villager
        • (texture).png
    • textures
      • blocks
        • (texture).png
      • items
        • (texture).png
    • title
      • black.png
      • credits.txt
      • mclogo.png
      • mojang.png
      • splashes.txt
      • win.txt
      • bg
        • (texture).png

歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition Alpha
1.2.2このアップデートで、16×16のテクスチャーパックが公式に対応となった。これ以前は自前でminecraft.jarファイルを上書きしてテクスチャーパックを手作業で変更したり、パッチを当てたりする必要があった。
Java Edition Beta
1.8HDテクスチャーパック読み込み時のクラッシュ問題は修正された。未パッチのクライアントで正常に動作しないのは以前の通り。
Java Edition
1.3.112w23aZIP化されていない、フォルダーのテクスチャーパックを認識するようになり、テクスチャーパックのイメージ画像が表示されるようになる (ZIPファイルではなく、フォルダのみ)。
12w24aテクスチャーパックフォルダーのボタンがMacでも動作するようになった。
1.513w02aファイル "terrain.png"、"gui/items.png" が各々のブロックやアイテムの画像に置き換えられた。高解像度テクスチャーに対応。
1.613w18a名前が「リソースパック」に変更され、ゲーム内のサウンドやBGMも変更できるようになった。テクスチャそれぞれの情報もtxtファイルからmcmetaファイルを使用するようになった。
1.6.113w24aテクスチャーパックはサポートされなくなれ、リソースパックに置き換えられた。
Legacy Console Edition
TU12CU11.0Patch 11.0.1Added support for texture packs.

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 選択されたテクスチャーパックは.minecraftフォルダーのoptions.txtファイルに保存される。手作業で、"skin:"の値を.zipファイルの名前に書き換えることも可能。これはテクスチャーパックがメインメニューでクラッシュし、テクスチャーの選択画面でのパック変更が不可能な場合に使用できる。単にパック名を削除すると、標準のものに戻るだろう。
  • miscフォルダーのFoliageColor.png、GrassColor.png、WaterColor.pngの次元を変更すると読み込み時にいくつかの問題を引き起こし、生成されるワールドが壊れたものになり、他のテクスチャーパックへと切り替えると「saving chunks」クラッシュの原因となる可能性がある。

資料[編集 | ソースを編集]

See also[編集 | ソースを編集]