チュートリアル/Dropboxへのデータの保存

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
このページの内容は、Mojang StudiosまたはMinecraft Wikiのサポート対象外です。

このチュートリアルでは、保存したゲームをDropboxに移行して、複数のコンピュータでワールドをプレイできるようにする方法を説明しています。一度にプレイできるのは1台のコンピュータのみであり、別のコンピューターでプレイを開始する前にはDropboxの同期が完全に終了する必要があることに注意して下さい。そうしないと、進行状況が失われたり、セーブデータが破損したりする可能性があります。

Dropboxをダウンロード・インストール[編集 | ソースを編集]

まずは、Dropboxをダウンロードしましょう。Dropboxは自動的にコンテンツをサーバーに同期し、オンラインでもPCのクライアントからでもアクセスできるようにします。Dropboxはクロスプラットフォームで、ウェブとウェブ対応のスマートフォンで利用できます。

http://www.dropbox.comにアクセスして無料アカウントを登録し、アプリをダウンロードしてインストールします。自動的に2GBが無料で手に入ります。

Dropboxをインストールしたら、Dropboxフォルダの場所を確認する必要があります:

  • Windows XPの場合、Dropboxフォルダはユーザーのフォルダ「My Documents」内にあります。次のように環境変数を使用することで、最も簡単にこれを参照できます:"%HomeDrive%%HomePath%\My Documents\Dropbox"。「My Documents」には空白が含まれているので、引用符が必要です。
  • Windows 7および8では、Dropboxのデフォルトのフォルダの場所はC:\Users\ユーザー名\Dropboxになっています。環境変数%HomeDrive%%HomePath%%\Dropboxを使用します。
  • Windows 10 では、Dropboxフォルダはファイルエクスプローラー画面のサイドバーに独自の項目として表示されます。
  • Linuxでは、デフォルトの場所はユーザーのホームフォルダ内になります。例えば、Ubuntuの場合、そのフォルダは~/Dropboxにあります。
  • MacOSの場合も、ユーザーのホームフォルダにあるはずです。

どのOSを利用しているかに関係なく、Dropboxには非常に優れた文書があり、ヘルプを見つけるのに役立ちます:http://www.dropbox.com/help

Minecraftのセーブデータをメガフォルダに移動[編集 | ソースを編集]

次に、DropboxサーバーにMinecraftのセーブデータをコピーして、元の名前を変更します。

Windows[編集 | ソースを編集]

Windowsでは、Minecraftのデータはアプリケーションデータ(AppData)フォルダに保存されます。このフォルダにアクセスするには、Windows+Rを押すか、スタート>実行をクリックし、入力欄に「%AppData%\.minecraft」と入力します。フォルダが開かない場合は、Windowsエクスプローラーのツール画面をクリックし、表示タブをクリックし、詳細設定で「隠しファイル、フォルダ、ドライブを表示する」が選択されていることを確認して下さい。

このフォルダ内のすべてのファイルをDropboxファイルにコピーします。Dropboxフォルダ内にサブフォルダを作成し、「Minecraft」という題名をつけると整理しやすいです。

これらのファイルのコピーが完了したら、AppDataフォルダに移動して、.minecraftフォルダの名前を.minecraft2に変更します(「.minecraft」のような「.」で始まるファイルの場合、Windows改名時にエラーメッセージを表示し、改名を拒否することがあります。このような場合はファイルの名前を「.minecraft2.」に変更してみて下さい。これにより、題名の最後に以前入力したピリオドが表示されずに、ファイルの名前が「.minecraft2」に変更されます)。

この手順を踏めば、確実に

  1. 大惨事に備えてファイルのバックアップを取ることができ、
  2. シンボリックリンクを後の手順で正しい位置に移動させることができます。

もう一つの方法(コマンドライン)[編集 | ソースを編集]

xcopy /I /E %AppData%\.minecraft %HomeDrive%%HomePath%\Dropbox\Minecraft
cd %AppData%
rename .minecraft .minecraft2

注意: rename %AppData%\.minecraft %AppData%\.minecraft2 を使用しようとするとエラー The syntax of the command is incorrect.が表示されるため、rename %AppData%\.minecraft .minecraft2を使用します。

Mac OS[編集 | ソースを編集]

Mac OSでは、Minecraftのデータフォルダはユーザー名>ライブラリ>アプリケーションサポートフォルダにあります。Finder>次へ>フォルダへ移動>~/Library/Application Support/minecraftと入力すると、すぐにたどり着くことができます。今後の参考のため、このフォルダのエイリアスを作成してデスクトップにコピーしておくとよいでしょう。注意:Mountain Lionはユーザーのライブラリフォルダを非表示にします。オプションキーを押しながら、Goメニューにライブラリという項目が表示されるのを確認します。

WindosまたはLinuxからのセーブデータが既に存在する場合を除き、DropboxのMinecraftフォルダ(~/Dropbox/Minecraft/)にセーブディレクトリ(~/Library/Application Support/minecraft/saves/)をコピーします。

もう一つの方法(コマンドライン)[編集 | ソースを編集]

mkdir ~/Dropbox/Minecraft/
cp -r ~/Library/Application\ Support/minecraft/saves ~/Dropbox/Minecraft/
mv ~/Library/Application\ Support/minecraft/saves ~/Library/Application\ Support/minecraft/saves.old

Linux[編集 | ソースを編集]

Linuxでは、Minecraftのデータフォルダはユーザーのホームフォルダにあります。ただし、表示されないようになっている場合があります。GUIを使用している場合は、表示>隠しファイルを表示を選択してください。

.minecraftフォルダの内容をDropboxフォルダにコピーします。前述の通り、Dropbox内に「Minecraft」というフォルダを作成するとよいでしょう。

コピーが完了したら、.minecraftフォルダの名前を.minecraft2に変更します。

もう一つの方法(コマンドライン)[編集 | ソースを編集]

ターミナルを開き、次のように入力:

cp -r ~/.minecraft ~/Dropbox/Minecraft
mv ~/.minecraft ~/.minecraft2

シンボリックリンクを作成[編集 | ソースを編集]

これは、自分のファイルのオンライン版へのリンクを作成できるようにする最後の手順です。

Windows[編集 | ソースを編集]

シンボリックリンクはショートカットに似ていますが、より強力なものです。Windowsでは、mklinkまたはjunctionコマンドでシンボリックリンクを作成することができます。

管理者特権でのコマンドプロンプトを開きます。Windows 7や8では、「コマンドプロンプト」を検索し、右クリックして「管理者として実行」を選択することで行えます。これは、自分が装置の管理者であっても必要です。そうしないと、「この操作を実行するのに十分な権限がありません」という応答が表示され、シンボリックリンクの作成に失敗します。

以下のコマンドを入力してシンボリックリンクを設定します:

Windows Vista、7、8、10[編集 | ソースを編集]

警告:Vista以前のバージョンでハードリンクを作成または削除する場合は注意して下さい!ハードリンクは、ファイルデータへのエイリアス参照を作成します。VistaまたはXPでハードリンクを削除すると、関連するデータも削除されます。

Java Edition:

mklink /d "%AppData%\.minecraft" "%HomeDrive%%HomePath%\Dropbox\Minecraft"

ファイルが既に存在するためファイルを作成できませんというエラーが発生した場合、%AppData%の.minecraftフォルダが削除されているか、名前が変更されていることを確認して下さい。mklinkは、.minecraftという名前の「フォルダ」を作ろうとし、同じ名前のファイルやフォルダが既に存在する場合、それを置き換えることができません。

Bedrock Edition:

mklink /J "%HomeDrive%%HomePath%\Dropbox\Minecraft" "%UserProfile%\AppData\Local\Packages\Microsoft.MinecraftUWP_8wekyb3d8bbwe\LocalState\games\com.mojang\minecraftWorlds"

ハードリンクを削除

VistaまたはXPでハードリンクを切断するには、deleteではなくこのコマンドを使用します:

fsutil reparsepoint delete <path>

これでリンクは削除されますが、その場所に同じ名前の空のファイルが残っているため、安全に削除することができます(削除する前にふぉるだがからであることを確認してください)。

Windows 7と8では、Windowsエクスプローラーを使ってハードリンクを安全に削除できます。

Windows XP(junction.exeのインストール後)[編集 | ソースを編集]

Windows XPを使っている場合は、シンボリックリンクを有効にするにはまずSysInternalsからjunction.exeをダウンロードし、ルートフォルダに配置する必要があります。http://download.sysinternals.com/files/Junction.zip

コマンドプロンプトを開き次のように入力:

junction "%AppData%\.minecraft" "%HomeDrive%%HomePath%\My Documents\Dropbox\Minecraft"

成功すれば、AppDataフォルダ内に.minecraftフォルダが再び表示されるはずです。この後にMinecraftを起動すると、以前に生成した全てのワールドが表示されているはずです!

Mac OS[編集 | ソースを編集]

Mac OSでのシンボリックの作成は、Finderで右クリックしてシンボリックリンクを作成できるSymbolicLinkerという無料アプリがあれば簡単です。

SymbolicLinkerのダウンロードとインストールはこちらから:http://seiryu.home.comcast.net/~seiryu/symboliclinker.html(無料)

インストールが完了したら、Minecraftのフォルダ(~/Library/Application Support/にあります)をDropBoxのフォルダに移動します。この新しいフォルダを右クリックして「シンボリックリンクを作成」を選択します。これで同じフォルダにシンボリックリンクが作成されます。これをMinecraftフォルダの元の保存先に移動させ(元のフォルダと同じ名前であることを確認して下さい)、インターネットからゲームデータを取り出す準備が整いました。

もう一つの方法(コマンドライン)[編集 | ソースを編集]

ターミナルを開いて次のように入力:

ln -s ~/Dropbox/Minecraft/ ~/Library/Application\ Support/minecraft/saves

Linux[編集 | ソースを編集]

Linuxでシンボリックリンクを作成するには、ターミナルを開いて以下のコマンドを入力します。

ln -s ~/Dropbox/Minecraft ~/.minecraft

これで、ホームディレクトリに.minecraftフォルダが表示され、Minecraftを起動したときに保存されている全てのワールドがそこに表示されるようになります。

追加でプレイしたいコンピュータをリンクするには、以下の手順でDropboxをインストールし、シンボリックリンクを作成します。じゃーん!

複数のOSで使用する場合[編集 | ソースを編集]

異なるOS間でMinecraftファイルを同期させたい場合は、上記の方法に余分な手順をいくつか追加する必要があります。これは、プログラムを実行するバイナリファイル(保存したゲームのようなデータファイルとは対照的に)を含むMinecraftフォルダ内のbinフォルダに存在するファイルがOSによって異なるからです。しかし、これらのファイルは重複することなく、全てのOS(Windows、Mac OS、Linu)で完全に動作するMinecraftフォルダを持つことができます。同じOSの異なるバージョンに起因する問題は知られていません。これを動作させるには、bin/nativesというサブフォルダを見てみましょう。これは、使っているOSによって内容が異なります。

  • Windows
    • OpenAL32.dll
    • jinput-dx8_64.dll
    • OpenAL64.dll
    • lwjgl64.dll
    • jinput-raw_64.dll
    • jinput-dx8.dll
    • lwjgl.dll
    • jinput-raw.dll
  • Linux
    • libopenal64.so
    • liblwjgl64.so
    • libjinput-linux64.so
    • libopenal.so
    • liblwjgl.so
    • libjinput-linux.so
  • MacOS
    • liblwjgl.jnilib
    • libjinput-osx.jnilib
    • openal.dylib
    • libopenal.dylib

(使用しているOSで)異なるインストールを通過し、これらのファイルを全て同じ既存のネイティブファイルにまとめて、次のようにしなければなりません:

Cross-platform-natives.png

その後、Dropboxで同期してください!

ゲームにサードパーティー製のMODを使用している場合、必要なMODを一度だけインストールして、パッチを当てた結果を同期させる必要があります。万が一問題が発生した場合は、binフォルダ(ネイティブのサブフォルダ)を共有しないようにしてください。クロスプラットフォームで継ぎ目がなく動作することが知られているModは、Zombeのmodpack、Mine Little Pony、MCPatcherなどです。

もう一つの方法[編集 | ソースを編集]

このリンク にアクセスして指示に従いますが、「minecraft」フォルダをサムドライブに置くのではなく、Dropboxフォルダに移動してください。プレイしたい時に.batファイルを実行すれば完了です。MODやテクスチャパック、マップをインストールするには、Dropboxフォルダ内の「.minecraft」フォルダを使用する必要があります。