チュートリアル/飛行技術

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索

ピストンを使った飛行機構[編集 | ソースを編集]

スライムブロックを基調とした飛行技術とは、ピストンレッドストーンブロックオブザーバースライムブロックなどを巧妙に配置することで構造体を動かす事ができるエンジンを作る技術です。これは、エリトラを使用する以外ではサバイバルで合理的な飛行方法になります。スライムブロック飛行機構の2つの主要要素は、エンジンと分割装置です。

2方向エンジンと複数の分割装置を備えた拡張可能な飛行機械(それぞれにTNT複製機を2つ搭載)。 これらの技術は、スライムブロックが押したり引いたりする時に他のスライムブロックを含む隣接する可動ブロックごと移動する事を利用しています。

エンジン[編集 | ソースを編集]

エンジンは、スライムブロックを基調とした飛行機械を動かすために使用される機械の部品です。 エンジンは半自動と全自動に分かれます。 半自動エンジンを動かすためにはプレーヤーがピストンを更新させる必要があります(火打石と打ち金を使用するか、またはトリップワイヤーをすばやく配置するなど)。

全自動エンジンは、その隣にあるピストンが移動する構造物を伸ばして押すなどをすることで全過程を自動化できます。 ただし、そのようなエンジンを停止するには、移動できないように何かで邪魔する必要があります。これは、機械の仕組みまたはその他の動かせないブロックである必要があります。

エンジンは利用可能な方向と速度が異なる場合もあります。一部は一方向にしか移動できません。 これが最も単純で最も一般的なエンジンです。