チュートリアル/頭のないピストン

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
次の記述では、MC-27056を利用した仕掛けの作成を行う方法を示しています。
この種のバグは予告なしに修正されることがあり、修正されると仕掛けが動作しなくなります。
バグの利用は自己責任でお願いします。

このチュートリアルでは、バニラサバイバルで頭のないピストン(「Null状態」ピストン)を作成する方法と、それを何に使うかを説明します。

ピストンから頭を取り除く方法[編集 | ソースを編集]

伸びたピストンは、ピストンの土台とピストンヘッドの2つのブロックで構成されています。頭の取り外しには、慎重に操作された爆発と完璧なタイミングが必要です。

頭を取り外すには、爆発が発生すると同時にピストンが伸びる機構を設定する必要があります。TNTを使用する場合、4ティックに設定された10個のリピーターで行うことができます。爆発の威力も操作する必要がありますが、これは爆発とピストンの間にある他のブロック、例えば丸石の壁などを使って行うことができます。

ピストンの頭が無くなると、動力を与えても頭がないままでいられるようになります。しかし、ピストンがどのようにコード化されているかによって、引っ込む前に頭があるはずの場所に置かれたものはすぐに破壊されてしまいます。

使用[編集 | ソースを編集]

頭のないピストンの最良の使用法は、岩盤などのブロックを破壊することです。頭のない粘着ピストンが頭を取り戻すと、通常の粘着ピストンのように動作します:前の2ブロックを引っ込めます。引っ込むためには、ピストンヘッドを持っていなければならないので、引っ込む前に短い間だけピストンヘッドを伸ばした状態を示します。

頭のないピストンにしか見られない性質は、頭があるはずのブロックがあると、そのブロックを破壊してピストンヘッドとピストンアームのブロックを入れ替えてしまうことです。

この技術は、岩盤やその他の動かせないブロックを破壊するためにも使用することができます。これにはバリアブロックも含まれており、バニラサーバー上のプレイヤーが擁壁を作るのが困難になる可能性があります。まず、壊したいブロックに隣接して粘着ピストンを置き、頭をそのブロックに向けます。次に、ブロックの反対側に動かせるブロックを置きます。最後に、ピストンの電源を抜きます。反対側のブロックがターゲットのブロックと入れ替わり、頭のないピストンは通常通り頭を取り戻します。

サバイバル以外での親しみやすいデザイン (1.13+)[編集 | ソースを編集]

デバッグ棒、およびレッドストーンブロックを使用して、ピストンを下に置き、レッドストーンブロックでそれに電力を供給することができます。デバッグスティックを使用してピストンの「extended」状態をtrueに設定し、頭のないピストンで通常の手順を行うことができます。