ウィキのスタイルガイドが改定されました。スタイルガイドでは、ウィキに記事を書く際のスタイルについて解説しています。(9月19日更新)

チュートリアル/防衛

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索

最良の防御策は、敵対Mobが完全に出現するのを防ぐか、少なくとも敵対Mobが保護地域や防衛施設に近づくのを防ぐもので、このように、すべての防衛施設に不可欠です:

  • 網羅 - すべての防御は、任意の側面または角度から入るMobが突破しないように、保護領域または防御を完全に守る必要があります。
  • 光 - 松明、火、または溶岩などの照明がある施設は、保護領域内での発生から敵対Mobを防ぐために必要とされます。
  • 持続性 - 防御はプレイヤーに関係なく機能する必要があり、理想的には、最初の場所(例えば壁)で決して劣化しないか、自動的に更新されることによって、無限に領域を保護することができます。
  • 使いやすさ - それが所有者またはフレンドを殺すならば、世界で最高の防御は役に立ちません。優れた防御は、安全で使いやすいものでなければなりません。2つのボタンを押してブロックを破壊して作動させる必要がある場合、それはあまりにも複雑です。

動画[編集 | ソースを編集]

常時防御[編集 | ソースを編集]

常時防御は、敵対Mobが入力や知覚装置なしで保護領域に入るのを防ぎます。最も一般的な例は壁です - Mobが来るのを感知したり、壁に囲まれた領域に入るのを防ぐために位置を検知する必要はありません。以降の節では、さまざまな種類の常時防御、その構築、保守、および適用性について説明します。

常時防御は、一般的に、攻撃的な力への影響によって分類されたカテゴリに分類されます。

  • 遅延物は敵の進行を遅くします。松明を設置すると、Mobが建造物(やプレイヤー)から出現する距離を長くし、次の防御層に到達するまでの時間を長くする遅延物になります。ソウルサンドスライムブロックハチミツブロックも、上を移動するMobを含むすべてのものの移動速度を低下させる遅延物です。Mobはハチミツブロックの上を歩くのを避け、乗ったエンティティはジャンプしなくなります。
  • 障害物はMobがどうにかして乗り越えなければ移動できない建造物です。最強なのは壁です;ゾンビは壁を越えて移動することができないので、どうにかして裂け目を作ったり、開いているドアから滑り込んだりしなければなりません。
  • 損害物は敵にダメージを与えるだけでなく、敵を停止させたり減速させたりします。また、速度を落とさずにMobが通過しますが、通過時にダメージを与えることができます。現在のところ、損害物はMobに直接ダメージを与えるか、をつけるかのどちらかです。ステータス効果を追加する場合(プレイヤーが作ったブロックの上を移動する物に毒を付与するなど)も、このカテゴリに入るでしょう。ダメージを与える遅延装置は溶岩の堀、ダメージを与える障害物はサボテンの壁などが考えられます。

Mobの種類によってそれぞれの防御の扱いが異なることに注意することが重要です;例えば、燃えているネザーラックの輪はほとんどのMobにダメージを与えますが、ゾンビピッグマンには全く効果がありません。同様に、壁はクリーパーにとっては障害物ですが、クモにとっては遅延物でしかありません(それにしてもあまり効果的ではありません)。

[編集 | ソースを編集]

壁は単純な垂直方向の障壁であり、領域に入ってくるMobを止める最も一般的な手段です。壁はどんな素材でも作ることができ、様々な利点と欠点があります。

簡単に作ることができます:

  • 高さは3ブロック以上
  • クモから守るため外側の周りにネズミ返しを追加(ガラスや透明なブロックで作って、ゾンビスケルトンが太陽から避難できないように)
  • 松明は、見た目が嫌でなければ(マルチプレイヤーサーバーで壁をカモフラージュして他のプレイヤーが気付く可能性を減らすためなど)、壁の上部または側面に追加する必要があります。松明はプレイヤーの壁の近くで不要なMobが出現するのを防ぎ、光源となります。
  • 壁の内側や外側に溝や堀を追加することもできます。サボテンはMobにダメージを与えることができるので、配置すると効果的な防御になります。

材料[編集 | ソースを編集]

丸石は、その豊富さと入手のしやすさから、壁を作る際の最も一般的な材料です。砂漠で壁を作る場合は砂や砂岩で作ることもあります。

は爆発にはあまり強くありませんが、ほとんどの用途には適しています。土もも「初夜」でシェルターを作るのに頻繁に使用されています。

丸石は、確立された採掘者に好まれる材料です。豊富でありながら、立派な耐爆性を持っています。

砂岩は砂よりもわずかに優れているだけで、美的な理由以外は避けるべきです。

ガラスフェンスフェンスゲート板ガラス鉄格子は、透けて見え、露出することなく相手側の脅威を明らかにすることができるので便利です。また、これらのブロックはエンダーマンを怒らせることなく見るのにも使用できます。ただし、これらのブロックはクリーパーの爆発によるダメージに弱いです。

チートもオペレーター特権もない場合の究極の壁建設が黒曜石です。建設する際は、溶岩湖を冷やして採掘するよりも、溶岩入りバケツを設置してで冷やした方が早いです。

クリエイティブモードでは壁は必要ありませんが、黒曜石岩盤で作られた破壊不能な壁がほとんど・全てに作られている場合が多いです。バリアブロックはコマンドが許可されている場合に有用です。

プレイヤーが砂漠の近くにスポーンした場合、サボテンの配置ルールに従えば、サボテンの壁を作るのはとても簡単です。サボテンブロック1つを設置するには砂ブロックが1つ必要になりますが、その後3ブロックの高さに成長し、突っ込んでくるMobにダメージを与えることになります。

フェンスは1ブロックの高さに見えても、当たり判定の高さは1.5ブロックなので、Mobが飛び越えられなくなるので、壁にするのも良いでしょう。

壁は垂直に移動できるので、クモ洞窟グモに対しては効果的ではありません。そこで、壁に突起物や張り出しを追加することで、クモがそれ以上登れなくなります。また、フェンスを壁の中心に設置すると、スケルトンに日陰を与えない一方で、クモを防ぐ効果もあります。資源が不足していなければ、クモに落下ダメージを与えるのに十分な高さにしましょう。

液壁[編集 | ソースを編集]

液壁とは、外側が溶岩の層で覆われている壁のことを言います。Mobは液体の中に入って上に浮くことができます(アンデッドモブは沈む)が、溺れさせたり燃やしたりすることで損害物としても使えます。また、壁の外にいるクリーパーガストが壁を壊すのを防ぐことができ、水はエンダーマンが壁からブロックを持ち出すのを防ぐこともできます。液体の壁は通常の壁よりも壊れにくいとはいえ、登ってくるMobを防ぐために張り出し構造を作ることをお勧めします。

自動壁[編集 | ソースを編集]

次の動画は、溶岩を使って、大きな丸石を半自動的に作る方法です。

似たような防御のデザインをチュートリアル/シェルター#防御でもっと見つけることができます。

低コストMob防犯戸[編集 | ソースを編集]

Mobトラップとしても使える低コストなMob防犯戸をご紹介します。ただし、ペットを飼っている場合は、座っているペットを殺してしまうので注意が必要です。

堀・溝[編集 | ソースを編集]

これらの障害物は壁のようなもので、Mobやプレイヤーが入ってくる(または出ていく)垂直方向の障壁となっています。堀と溝の違いは、堀は通常底に溶岩がある点です。

乾いた溝は壁と同じように、内側の端の高さは最低でも3ブロックで、クモが登れないように突起物や張り出しがあります。また、クモが飛び越えてこないように、最も狭いところでは最低でも3ブロックの幅を確保しなければなりません。プレイヤーが怪我や爆発、単純なミスで溝の中に落ちてしまった場合に備えて、プレイヤーは溝から脱出する手段を外側に残しておくことをお勧めします(内側だと、溝の目的に反してしまいます)。

堀は溝と同じように作られていますが、さらに溶岩で満たされており、Mobにダメージを与えるか、Mobのドロップを手に入れるかによって液体の種類が変わります。水で満たされた堀は正しく構築されていれば、Mobを殺す溺死タンクとして構築することができます。Mobを水の中に誘い込むにはプレイヤーが近くにいないといけないのが難点です。また、水で満たされた堀はMobの動きを鈍らせますが、で簡単に拾うことができ、その後プレイヤー泳いでドロップを拾うか、水流でドロップを拾うことができます。

水流でMobを押しのけるような堀を作ることもできます。これはドロップ収集には不向きですが、その中に入ったMobは壁から自然と離れていきます。プレイヤーを攻撃しようとしていない限りはMobは水流をさかのぼりません。

1.13で新しい水の挙動が導入されたことで、堀をマグマブロックと組み合わせることで効果的なMob殺害システムを作ることができます。マグマブロックには下向きの渦巻き状の泡の柱ができ、Mobを下に引き寄せて、下の方に束縛してダメージを与えることができます。ドロップを集めたい場合は、マグマブロックの真下にパワードレールに乗ったホッパー付きトロッコを使って、貯蔵庫システムに預けましょう。

一方、溶岩で埋め尽くされた堀は、それだけでどんなMobもすぐに殺してしまいますが、ドロップも破壊してしまいます。溶岩堀には光が発生し、松明がなくても近くにいるMobの出現を止める効果があります。しかし、溶岩を大量に集めるのは手間がかかるので、最低でもバケツとかなりの溶岩源を見つける必要があります。溶岩の堀の上にある構造物(橋、張り出した壁など)には、プレイヤーが落下したり落とされたりするのを防ぐために、フェンスや盛り上がった縁が必要です。近くに燃えるブロック、特に木、木材羊毛(その他)がある場所では溶岩を使用しないでください。

クモの巣の溝は通常のものよりもコンパクトです。1ブロックの深さと1ブロックの幅の溝がクモの巣で埋め尽くされています。Mobはクモの巣の中で動けなくなり、殺されるように固定化されます。簡単に飛び越えることができます。この溝は安全エリアの境界線を作るのに便利です。クモの巣は、廃坑要塞の図書館、森の洋館クモスポナー室、ゾンビ村などで発見されます。注意:クモと洞窟グモはクモの巣の中で動けなくなることなく、自由に移動することができます。また、クモの巣に閉じ込められていても、飛び道具攻撃が可能なMobはプレイヤーを攻撃することができます。

[編集 | ソースを編集]

あらゆる種類の壁や溝は、燃えているネザーラックで強化することができます。壁の底面や上面には燃えているブロックを敷き詰めることができます。壁に向かって走ってきたMobは炎の中に立ち、壁を越えてきたMobは炎の中を通らなければなりません。

溝も同様に、溝の前にの列を配置することで簡単に強化することができ、燃えているMobが溝の中に落ちて逃げられないようにする(ドロップは後で回収できるようにする)か、溝の底部に配置するといいが、ドロップは火によって破壊されるかもしれません。

燃えるネザーラックだけでは、多くのMobが燃えても通り抜けられる体力を持っており、焼死する前にプレイヤーを攻撃できるため、効果的な障壁にはならないことに注意してください。サボテンとネザーラックを組み合わせるのが効果的です。他の選択肢としては、火のついたネザーラックを複数列に並べることで、Mobがより長い時間燃え続けるようになります。マグマブロックは踏んだMobにダメージを与えることができるし、火はネザーラックと同様マグマブロックの上でも無限に燃えます。

サボテン[編集 | ソースを編集]

底にサボテンで埋め尽くされた溝を作るのが致命的です。サボテンはダメージを与え、険しい地形は溝を横切ろうとするMobを厳しく妨害します。上手に作られたサボテンの溝はサボテン農場やサボテンの壁にもなります。

TNT[編集 | ソースを編集]

TNTはMobを殺すのに非常に効果的な方法です。TNTがMobにのみエリアダメージを与えるフィールドシステムを作ってみてください。ただし、火薬は再生可能ですが、砂を再生可能にするには行商人からいくつか購入するしかないので、これを作るときは近くに砂漠海岸があるといいでしょう。

Mob移動を利用[編集 | ソースを編集]

ドアの代わりに、3ブロックの高さの入り口を作り、上と下をハーフブロックのようなもので覆うのが便利です。Mobの移動システムは、開口部を通過することができないことを教えてくれます。しかし、スケルトンはまだプレイヤーを撃つことができ、クリーパーはまだ爆発することができるので、注意してください。入り口の前につるを植えると視界が悪くなります。

[編集 | ソースを編集]

光は、均等に分散された光源ブロックの形で、過小評価されるべきではありません。物理的な防御手段がなくても、松明の広い輪はほとんどの敵対Mobの出現を防ぐことができます。さらに、場所が十分に大きい場合、ランダムな放浪でプレイヤーの攻撃範囲内に来ることはありません。

松明はこの目的のために最も一般的に使用される光源です。溶岩の堀、グロウストーンジャック・オ・ランタンシーランタンランタンも使用できますが、シングルプレイヤーではグロウストーンとシーランタンの希少性が制限要因となっており、ジャック・オ・ランタンを作るのに使用されるカボチャは見つけるのがかなり難しいです。溶岩は4ブロック以内にある可燃物に着火するため、使用に問題があることもあります。

ソウルサンド[編集 | ソースを編集]

ソウルサンドの輪は非常に効果的な遅延物で、防御の範囲内にいるMobや建物からMobを放した状態に維持するのに役立ちます。ソウルサンドの下に氷を置くとさらに移動速度を下げることができます。効果的な遅延物としては、3ブロック幅の氷が最低でも有効です。

ソウルサンドは溝の底としても最適です。

[編集 | ソースを編集]

水の柵

滝は、最後の防衛線として玄関を守るための効果的な方法です。張り出しを使用することによって、プレイヤーは滝を下に、そして家の入り口を越えて走ることができます。滝の幅と同じくらいの1ブロックの深さの溝を作ることで、水が不必要な方向に流れるのを防ぎます。クリーパースケルトン、またはゾンビが滝の中に入ってきた場合、効果的に停止し、溝の中に押し下げられます。溝を深くすることもできますが、プレイヤー自身が誤って溝に落ちてしまう可能性があるので、お勧めできません。また、滝の下降圧により、プレイヤーは通常よりもずっとゆっくりと上に向かって泳いでいくことになるので、1ブロック深くすることをお勧めします。自分の家に入るには、滝に飛び込んで前進し続けなければなりません。これにより、プレイヤーは安全に滝の反対側に沈むことになります。

穴を覆う[編集 | ソースを編集]

の上にあるカーペットはMobには見えません。そのため、落ちたときにダメージを与えるのに十分な深さの穴を掘り、その上にカーペットを置くことでMobが経路探索を停止します。これは特定の場所にMobが到達しないようにするための隠れた方法が欲しいマップ作成者に便利です。

a=air

s=string

c=carpet

b=any block

aca

bsb

bab

bab

bab

bab

防御の組み合わせ[編集 | ソースを編集]

歴史的な防御形成のように、最も安全な周縁部は、相乗効果のある組み合わせで使用される複数の同心円状のシステムに基づいています。典型的な例は、壁に囲まれた複合施設を取り囲む堀です。壁に到達して侵入する可能性のある生物(エンダーマンなど)は、堀(溶岩)によって壁に到達する前に遅らせられたり、殺されたりします。前述した受動的な防御手段のどれもこれも、領域を安全なものにするために使用することができます。制限は、プレイヤーが他の目標を犠牲にしてでもそれにどれだけの時間を費やすか、そして利用できる空間と時間の量だけです。

シェルター防御[編集 | ソースを編集]

すべてのシェルターには良い防御が必要で、ここではトラブルを避けるためのヒントをいくつか紹介します。

耐爆住宅[編集 | ソースを編集]

耐爆住宅を造るのはかなり容易であり、非常にコストが高くありません。耐爆性のある材料の選択は上の材料の項を使用してください。

ヒント[編集 | ソースを編集]

周りにいるMobを意識して、窓をたくさん開けておくといいでしょう。家や周辺を明るくしておきましょう。自動ドアがあるなら地雷原、トラップ、または防衛をいくつか並べ替えて周囲の領域を保護することをお勧めします。

できれば状況に応じて、複数の緊急部屋や貯蔵庫を作ってみましょう(家の前にクリーパーがいる、スケルトンが追いかけてくる、など)。もう一つの良いアイデアは、非常口を作ることです-これは底に水と物資のある深い穴です。緊急時にのみ使用してください。

もう一つのアイデアは、家の周りの敵対Mobの後ろ、下、または上に取得する道を作ることです。これは、トンネル、ウォータースライダー、あるいはジェットコースターにすることができます。しかし、これは作るのはかなり難しいことがあります。

ドアの前にでいっぱいのディスペンサーを置いてみてください。そうすれば、家の前に危険なMobがいても、ボタンを押すだけでディスペンサーを作動させることができます。また、粘着ピストンや他のブロックを使って入り口を塞ぐこともできます。ただし、この場合は家の中にいるか、第二の出口を作らなければなりません。

安全面[編集 | ソースを編集]

セキュリティシステムを導入したいと考えている場合に、便利なアイデアを紹介します:

アラームは安全面で非常に重要です。作るために必要なもの:

保護したい場所や玄関の周りに感圧板を置いてください。なるべく離して設置してください。そして、感圧板にレッドストーンワイヤー音符ブロックを取り付けます。これからMobやプレイヤーが感圧板の上を歩くと、音符ブロックが音を出して知らせてくれます。頻繁に採掘している人は、鉱山の中や線路沿いに音符ブロックを置いておきましょう。

マルチプレイで他の人が持ち物を盗むのを防ぐために、自爆システムが便利かもしれません。これを作動させるためには、TNTを壁に隠し、TNTを作動させるボタンにレッドストーン(隠してあるもの)を取り付けておく必要があります。また、自爆を発動させる前に、持ち物を保管したり、隠れたりする防爆室を用意しておくことをお勧めします。ボタンもこの部屋にあったほうがよいです。

鉄インゴットカボチャをたくさん持っていれば、完璧な防御ができます。アイアンゴーレムは50の体力を持っていて、1~2回の攻撃でほとんどのMobを殺すことができます。しかし、どこかへ行ってしまうことがあるので、家の近くに置いておくようにしてください。これを防ぐために、家を囲む溝の中にアイアンゴーレムを入れます。塹壕の幅は2ブロックで深さは少なくとも4ブロックにして、そうしないとゴーレムは塹壕からMobを追い出します。もう一つの方法はリードを使ってフェンスに繋いでおくことです。

家の入り口を守るのにディスペンサーを試すことができますが、たくさんのを必要とするでしょう。もう一つのアイデアは、堀の中のMobやプレイヤーを感圧板に押し付けてディスペンサーを起動させることです。これは複数のディスペンサーを使った方が効果的ですが、複数のディスペンサーの場合レッドストーンリピーターを使った方が効果的です。

最後に、花火を照明弾として使うこともできます。これらは、大きな外周の壁を持っているときに使用することができますし、フレンドの数人を門番として使用することができます。門番は花火を発射することで警報を鳴らすことができます。また、レッドストーン回路に花火を取り付けることもできます。ただし、花火は入手するのに高価なので注意しましょう。

積極的な防御[編集 | ソースを編集]

低コスト[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

クロスボウを持っている場合、狭間は範囲内に入るMob(とおそらくプレイヤー)を殺す良い方法です。誤って「地面の穴」と説明されることが多いですが、実際の用語は、防御者が敵に向かって発射することができる天井やゲートの穴です。穴を作るには、壁の上に張り出した部分を5~6ブロック外側に伸ばします。その際には必ず防壁を追加してください。それが終わったら、床に1ブロックの穴を少しずつ掘っていきます。任意でトラップドアを追加することもできます。狭間を見ている間にクリーパーが爆発しないように、地面から離して作るようにしてください。また、ゾンビを狙撃している際に壁に寄りかかってスケルトンの日を浴びる必要がないので、全体的な安全性にも貢献します。

看板のある落とし穴を作って、その上にを張っておけば、Mobは落ちますが、その上を泳ぐ場所を確保することができます。

クリーパー[編集 | ソースを編集]

クリーパー(またはほかの1×1×2のMob)から身を護る簡単な方法は、4つのドアを使ったトラップです。感圧板の周りに左に蝶番のついたドアを4つ設置します。そして感圧板の上にブロックを置いて、Mobが自由に飛び跳ねないようにします。

壁の周りに滝の層を追加すると、爆発によって壁が壊れなくなります。


           --
          |PP|
           --

ゾンビ・ゾンビピッグマン[編集 | ソースを編集]

ゾンビは簡単に対処できることで知られており、初心者や他のMobもいる状態でなければ心配する必要はありません。一方ゾンビピッグマンは、デフォルトでは攻撃してこないので、オーバーワールドの拠点では迷惑にしかなりませんが、ネザーの拠点では問題になる可能性があります。ゾンビもゾンビピッグマンも木のドアしか破壊できないので、これらのMobに対する最良の防御は常にチキン戦法です。しかし、拠点を守る際には、他の方法の方が効果的です:

  • ドアの上に砂の柱を置くと、ゾンビやゾンビピッグマンに破壊された際にドアが封印されます。
  • ドアの底の横に水を置くと、扉が壊れてゾンビが入ってきても他のMobの動きは鈍くなります。
  • ドアの上の横に水を置いて、反対側には溶岩で同様のことを行います。
  • また、ドアを地上1ブロック高く設置すると、ゾンビはドアの上半分を破壊するので、ゾンビは破壊できません。
         1               2            3         D=ドア T= トンネルの壁
         S                                      S=砂 W= 水
         S                                      L= 溶岩
        TDT             TDT          WDL       
        TDT             WDT          TDT

スケルトン[編集 | ソースを編集]

スケルトンは遠距離から攻撃するので、より良い防御が求められます。ディスペンサートラップで遠くから攻撃したり、単にで遠くから殺すのもよいかもしれません。スケルトンは16ブロック以内のプレイヤーしか追いかけてこないので、スケルトンから16ブロック以上離れていると弓矢でかなり簡単に殺せるはずです。

クモ[編集 | ソースを編集]

クモと戦う賢い方法は、1ブロックの幅の2ブロックの深さの溝を掘ることです。クモはそこに入ることはできませんが、プレイヤーや別の1×2のMobは入ることができます。この方法では、クモの下腹を叩くだけで良いです。クモは壁を登ることもできますが、露頭や張り出しを追加すると、天井は登れないので乗り越えられません。

スパイダージョッキー[編集 | ソースを編集]

スパイダージョッキースケルトンクモの両方の危険を兼ね備えています;速くて、壁を登れて、を撃てます。したがって、遭遇した際の最善の行動は、矢で殺すことです。スケルトンと戦う時のように、ジョッキーから16ブロック以上離れた所から撃つようにしましょう。

スライム[編集 | ソースを編集]

スライムは日中、地上で出現することがあります。残念ながら、スライムはの中を沈まず泳ぐので、溺死トラップを作るのはかなり難しいです。しかし、スライムはを使って簡単に倒すことができます。スライムは近接攻撃しかしないため、剣で簡単に倒すこともできます。小さなスライムは押しのけてきますが、ダメージを与えることはありません。TNTもスライムには非常に有効ですが、かなり高価です。

地下で出現した場合に防御するには、単に待って、出現するかどうかを確認して下さい。出現しなければ大丈夫です。そうでなければ、採掘場所のどこに出現しているかを探してみてください。その場合は、洞窟を遮断して、スライムチャンクを切り取っておくことをお勧めします。

スライムは明るい場所でも出現できることを覚えておきましょう。

ガスト[編集 | ソースを編集]

ガストガラス越しには見えないので、ある程度のガラスを持ってネザーにいる場合は、周りにガラスの部屋を作って身を守ることができます。これは、ガストの危険が去ったかどうかを見ることができるので便利です。ネザーの地形を見ながらガストから身を守れるので、ネザーポータルの周りにガラスの拠点を作るのは良い方法です。また、ガストはサトウキビツタ越しに見ることができません;しかし、/setblockなどのコマンドを使用しないと、ネザーには水が存在しないため、通常はサトウキビをネザーに植える事は出来ません。ガストの火の玉は爆風の貫通力が低いので、多くの素材はガストに耐えられることを覚えておいてください(丸石が一番有名です)。これはネザーラック(非常に弱い)や透過ブロックには適用されません。伝統的には、ネザーポータルの周りに丸石の部屋を作って防御するのが一般的です(Xbox版ではMojangが常にプレイヤーに提案していました)。また、ガストの火の玉は無防備なポータルを消すことができるので、常に火打石と打ち金を持っていくようにしましょう。また、ガストの火の玉がポータルの中に入った場合に限り、灯っていないネザーポータルを点らせることができることも覚えておきましょう(面積効果ではなく)。

プレイヤー[編集 | ソースを編集]

での狭間は、他のプレイヤーから自分の身を護る1つの方法です。

これは、レッドストーンの高速パルサーにディスペンサーが何個かつけられています。パルサーの側面にレバーを追加するだけでオン・オフを切り替えることができます。ディスペンサーなどのプレイヤーにダメージを与えるものが充てんされていることを確認して下さい。

良い高速砲台には、粘着ピストンが1つ、レッドストーンブロックが4つ、スライムブロックが1つ、ディスペンサーが4つ必要です。粘着あるピストンを水平に置き、スライムブロックをヘッドの上に置きます。レッドストーンブロックをスライムブロックの側面、上部、下部に置きますが、前面には置きません。次に、1ブロック前方に行き、ディスペンサーを配置します。ピストンを起動させると、ピストンが準接続のために非常に迅速に行ったり来たりして、レッドストーン更新が発生します。すると1分以内に弾薬を何個か発射します。背中にトーチを置いて常時点灯させておかないと消すことができないので注意してください。

エリトラを持っているプレイヤーは空から急襲することができ、壁が無駄になってしまいます(よほどの高さでない限り)。そのため、防空の必要性が出てきます。最近のアップデートでは、ディスペンサーは上だけではなく、向いている方向に花火を発射するようになりました。一つは、上記の準接続法または高速パルサーを使用して、この方法でミサイル発射機を構築することができます。花火は空中攻撃をしている相手の顔面で爆発し、うまくいけば相手を殺すことができます。ただし、飛行攻撃は防御エリアを3D空間にするので、複数の発射装置が多方向に必要になる場合があります。射程距離は花火の飛行時間で変更可能です。これは実際に防御するというよりも、威嚇目的で使用することができます。

これは、建物を荒らそうとしたり、盗もうとしているプレイヤーに、いい衝撃を与えます。この砲塔は全自動で、矢がある限り、目の前のものは何でも破壊します。資源を持っている場合は、ファイアチャージも使用することができます。しかし、建物が可燃性の材料で作られている場合は、火をつけて燃やしてしまう可能性があるので、これらはお勧めできません。もっと簡単に(コストを下げて)ダメージを与える方法は、溶岩のカーテンを前に置くことです。これにより、通過する矢に火がつくので、より多くのダメージを与えることができます。

高コスト[編集 | ソースを編集]

以下のような防御方法は、高コストではありますが、非常に効率的です。

クリーパー[編集 | ソースを編集]

クリーパーTNTと同じくらい強力な爆発力を誇るので、でできた壁は簡単に吹き飛ばすことができます;そうすると壁に穴が開いてしまい、他のMobが保護されたエリアに入ることができます。クリーパーから守ることができる唯一の真の壁は岩盤黒曜石ですが、前者はアイテムスポーンが有効のマルチプレイヤーサーバー、MOD、クリエイティブモードでしか入手できません。自己修復型の壁を丸石製造機を使って作成することもできます。溶岩と空気を交互に配置し、溶岩の対角線上に水も設置しましょう。溶岩を溶岩弦ブロックにする事に注意して下さい。丸石製造機の様々なデザインについての詳細はチュートリアル/丸石の製造を参照してください。

ゾンビ・ゾンビピッグマン[編集 | ソースを編集]

ゾンビゾンビピッグマンは、洞窟のような閉所恐怖症の場所にいるときに遭遇すると難しい生物です。プレイヤーが近くにいるときだけ攻撃することができ、それによって有利や不利がでてきます。有利な点はは、離れた場所からでも安全に攻撃できることです。しかし、この方法では、どちらか一方が複数存在し、プレイヤーを取り囲んでいるときに、ゾンビピッグマンが有利な立場になります。これでは逃げられなくなってしまいます。ゾンビを優先した防御施設を構築する場合は、ゾンビから離れ続けてみる必要がありますが、中庭などの防御施設の内側と外側の両方に開けた場所があることを確認することができない場合には、逃げる代替手段を用意しておくようにしましょう。ゾンビピッグマンからの最善の防御は、攻撃しないことです。なぜなら、何らかの方法でダメージを与えない限りは攻撃してこないからです。

村人がいれば、自動ゾンビ退治機を作ることができます。やり方はいろいろありますが、一番安くて小型なのは1×1、深さ3の穴です。穴の中に村人を入れて、ネザーラックで覆い、ネザーラックに点火します。ゾンビが村人に向かって歩いてくると燃えてしまいます。

スパイダージョッキー[編集 | ソースを編集]

壁に1(またはそれ以上)ブロックの幅の穴を作り、クモを撃ちます(または剣で攻撃)。クモが死んだらスケルトンを撃ちます。また、自分で撃つのではなく、ディスペンサーのトラップをやってみるのもどうでしょうか。

スライム[編集 | ソースを編集]

壁に囲まれたエリアへの入り口に1ブロックの幅の2ブロックの高さの長い廊下を作るだけでスライムから防御することができます。各側の下の列にを充てんしたディスペンサーを置いて、上に固体ブロックを設置します。床はどんな材料でも構いませんが、感圧板で覆います。

スライムは通路を移動して、感圧板に着地するたびに矢を2本受け、分裂するたびにそれを繰り返します。ドロップを回収するには、感圧板を外して、(必要に応じて矢を取って)廊下を歩いて、終わったら出口で感圧板を再び置くだけです。これを行っている間のMobの侵入を防ぐには、壁の入り口や出口にドアを設置すると便利です。すると廊下にいる時は閉じて、開いてトラップを開始することができます。これは他のほとんどのMobにも有効です。

ガスト[編集 | ソースを編集]

ガストに対する防御方法は特に高価なものはありません。ガラス丸石(ガストにはダメージを与えられない)で十分ですが、鉄ブロック黒曜石のような高価な素材を使うこともできます。しかし、板ガラスはガストに気づかれたり、発砲されたりすることから身を守ってくれますが、板ガラスの近くで火の玉が爆発した場合、ガラスは粉々になってしまいます。一方、ガラスブロックは、直接当たっても粉々になることはありません。ネザー拠点を完全にガストから防御するには、ガラスブロックのみを使用し、窓には鉄格子やネザーレンガのフェンスを使用します。

ガストは攻撃するか火の玉を打ち返せれば簡単に倒せます。完全に引いた矢2本か、鉄の剣の1回の攻撃で倒せる。

エンダーマン[編集 | ソースを編集]

エンダーマンはブロックを動かせますが、にダメージを受けるので、壁ではなく堀を作りましょう。また、家の中に1×1ブロックの穴を作って水を流してドロップを得ると良いでしょう。ただし、エンダーマンは堀の反対側にテレポートできるので、この方法はあまり効果がないので注意しましょう。

プレイヤー[編集 | ソースを編集]

基本的なレッドストーンでの防御

跳ね橋はマルチプレイヤーの拠点には非常に効果的な入り口の施設です。味方の土地の中にある場合は、破壊されないようにするとより効果的です。

  1. 壁の横に8×8×8の穴を作成し、溶岩で最下層を埋めます。
  2. 穴の上に幅4、長さ8の端を作り、両側に高さ1のブロックを設置します。
  3. 橋の床を取り除き、横の障壁にトラップドアを取り付けます。
  4. 障壁の上全てにレッドストーンを設置します。
  5. プレイヤーが横にジャンプできないように、レッドストーンの上にブロックを高さ1で設置します。
  6. レバーでレッドストーンの2つの線をつなげます。

レバーを引いて橋を開け、何も入れないようにするか、閉じて自分と味方が外に出られるようにします。

クモは端を飛び越えられませんし、プレイヤーは溶岩の中に落ちてしまいますし、ゾンビなどのMobは橋を渡れません。つまり、味方土地に建設されていれば、全てのものが外に出られないようになっているのです。

敵プレイヤーに対するもう一つの効果的な罠は、「殺人」地雷として知られています。感圧板で囲まれた上向きのディスペンサーに、負傷VIIのスプラッシュポーションを充填したものを置きます。これは上に天井がある場合に最も効果的で、プレイヤーが簡単に逃げたり、範囲外に歩いたりすることができないようにします。ただし、負傷VIIのスプラッシュポーションはアイテムスポーン(マルチプレイでは)やMODがないと入手できないので注意。サバイバルで入手できる下位の負傷ポーションを使うことはできますが、即死することはありません。

特にプレイヤーに対して最も費用対効果の高い基地防衛の方法の1つがカモフラージュです。地面下や空高くに基地を作り、プレイヤーに見つかりにくいようにしましょう。

高度な防御施設

高度な防御施設は、プレイヤーを惑わせるために作った偽の拠点です。作り方は以下の手順を参照してください:

  1. できれば地下に隠し基地を作り、粘着ピストンで封印してください。ここが本当の基地です;ここにすべての貴重品を保管し、重要な部屋(作業部屋、倉庫など)はすべてこの基地の中に作ります。
  2. 本物の基地の入り口から20~100ブロックほど離れた平らな場所を探してください(平らな場所がない場合は、一番近くにあるものを探して平らにします)。
  3. この場所に基地(城のような建物や村のようなもの)を建設してください。可能であれば、守るため、また実際の基地から敵を遠ざけるために、非常に防御的に見える基地にしてください。

派閥サーバーでは最高ですが、TNTポーションを装填した砲台はとても楽しく、大きなダメージを与えることができます。TNTは地形にダメージを与えることと、間違って作られたTNTキャノンは家を吹き飛ばす可能性があることを覚えておいてください。使用できるTNTキャノンには多くのデザインがあります。さらに、スライムブロックを使えば、今までよりも安く作ることができます。[要検証]

任意:

  • 要塞や偽基地から本物の基地への秘密のトンネルを作ったり、要塞の入り口を内側(本物の基地の側)からしか操作できないピストンハッチやドアで封鎖したりするのもよいでしょう。
  • 周りには堀、トラップ、狙撃用の塔などを作るのもよいでしょう。塔については、自分の拠点からのみ行くことができるようにしてください。
  • 本当の基地に要塞破壊ボタン(敵に蹂躙されて本当の基地に逃げ込んだ場合)を作ると、敵を追い払えます。

最後に、同じように本当の拠点が見つかってしまった場合、完全に物を失ってしまうのは避けたいものです。そのため、通常の保管室と秘密の保管室の両方を常に用意しておきましょう。通常のものには、防具、食べ物、、建築ブロックなどのアイテムを入れます。また、攻撃者が不審に思うのを防ぐために、少しダイヤモンドのようなものを置くこともできます。それから、秘密の部屋を作って、粘着ピストンで、その中からしか開閉できないようにして、本当に価値のあるもの(ダイヤモンドの防具、エンチャントテーブルポーション金床ダイヤモンド、ダイヤモンドの、エンチャントしたなど)を置いておきます。

派閥サーバーでプレイしている場合、味方のメンバーには絶対にこの秘密の部屋を見せてはいけません。なぜなら、ほとんどのPvP(プレイヤー・バーサス・プレイヤー)サーバーでは、メンバーに背を向けた瞬間に貴重品を奪う裏切り者や不誠実な人々がたくさんいるからです。

大切なものを守る便利な方法は、チュートリアル/トラップに掲載されています。

Mobでの防御[編集 | ソースを編集]

Mobの防御は、適切なモブを使用することで効果を発揮します。これに使えるMobは、アイアンゴーレムスノウゴーレム、飼いならされたオオカミ、飼いならされたネコです。また、これらのMobはプレイヤーに影響を与えないので(自分で攻撃した場合は、アイアンゴーレムやオオカミが攻撃してくることを除いて)、これらの防御は便利になります。

アイアンゴーレム

レバーで操作可能なドアのある閉鎖空間に保管しておくのがベストな使い方です。侵入してくるMobが近すぎて快適になれない場合は、レバーを下げてゴーレムを解放してエリアを清掃することができます。また、壁に囲まれたエリアで自由に放浪させておくこともできます。

スノウゴーレム

スノウゴーレムを最も効率的に使う方法は、1ブロック幅のトンネルの中です。ゴーレムの雪玉はダメージを与えませんが(ブレイズを除く)、Mobを押し返す効果があります。これはMobを溶岩やサボテンのようなダメージを与えるものに押し込むのに使うことができます。また、単純に敵を遅延させるのにも使えます。

フェンスで囲まれた「見張り塔」の中にスノウゴーレムを置くと、Mobがスノウゴーレムを攻撃するとスノウゴーレムの雪玉が敵対Mobを押し出してくれて身を守ることができるかもしれません。

スノウゴーレムを使うときは、からゴーレムを守るようにしてください。また、スノウゴーレムのページにもあるように、砂漠ジャングルのバイオームではダメージを受けるので、これらのバイオームではスノウゴーレムを使った防御はできません。

スノウゴーレムを防御に活用する方法についてはチュートリアル/スノウゴーレムを参照してください。

ネコ

ネコを利用する最も簡単な方法は、ネコの周りに柵を作ったり、単に閉鎖された場所をうろうろさせることです。この方法では、クリーパーが来たら、ネコがクリーパーを追い払うことができます。

TNTでの防御[編集 | ソースを編集]

TNTは危険でラグが多いですが、Mobを殺すときには非常に効果的です。黒曜石や自己修復地は、ダメージを最小限に抑えるために、ほとんど使わないエリアで有効です。TNTを1個以上使うと、ほとんどのドロップも破壊されてしまいます。

砂や砂利の上にTNTトラップを置いておくと、プレイヤーが罠にかかったりMobが徘徊しないようにするのに便利です。

TNTキャノン[編集 | ソースを編集]

TNTは使用できる最高の武器の一つです。これらは境界の外側に置くべきです。チュートリアル/TNTキャノンではこれらを構築する手順を説明しています。

TNT自爆装置[編集 | ソースを編集]

マルチプレイサーバーで、敵に戦利品を取られたくない時に有効です。これを防ぐために、基地の下にTNT自爆装置を作ることができます。これを作るには以下のものが必要です:

TNT自爆装置を作るには、まず基地の下を3ブロック掘って、そこをTNTで埋めます。TNTの上に、通常のブロックを置いて。その上に、3階をレッドストーンで埋めます。3階(実際の基地の床の右下)にリピーターを置き、スイッチを設置したい場所に道を作ります。起動範囲にレバーを設置し、レッドストーンとリピーターを使って自爆装置をレバーに接続します。自分の基地が危険で敵がたくさんいるときは、自分の戦利品をできるだけ多く取って逃げましょう。機動範囲に近づいたら、レバーを引いて敵を全て倒します。自爆装置はこんな感じです:

利点:

  • 戦利品の一部をとれる
  • 一回で敵をたくさん殺せる

欠点:

  • 基地の90%はなくなる
  • 建築に時間がかかる
  • 戦利品のほとんどが無くなる

地雷[編集 | ソースを編集]

地雷の作成に必要なもの:

地雷を作るには、2ブロックの深い穴を掘る必要があります。この穴の底に、TNTを1ブロック置きます。次に、TNTの上にブロックを置きます。最後に、TNTの上に置かれたブロックの上に感圧板を置きます。エンティティが感圧板を踏むと、TNTが爆発して、エンティティと地形にダメージを与えます。

利点:

  • ほとんどの場合Mobが1回の爆発で死ぬ
  • 作成が簡単
  • レッドストーンを使用すると安全な場所から作動させられる

欠点:

  • 使う度に作り直さなければならない
  • 爆発で他の地雷が誘爆する可能性がある
  • 自分や自分の家が壊れる可能性がある
  • プレイヤーを追いかけているMobTNTを通らない可能性がある
  • ほとんどの場合敵対Mobを1体殺すよりもTNTの方が高価

地形や構造物が破壊されないようにするには、TNTの側面に水を置きます。このトラップはMobにダメージを与えますが、周囲のブロックは破壊されません。ただし、トラップの効果はそれほど高くはありません。また、TNT地雷の周りに黒曜石のような強い耐爆性を持つブロックを置くこともできます。

爆発でMobが殺され、基地が吹き飛ばされないようにしたい場合は、深い穴を掘ってください(自分が立っているブロックの隣を壊してください)。飛び込んで、黒曜石と柱に戻って下のブロックを交換します。再びブロックを壊し、2ブロック下にTNTブロックを置き、重力の影響を受けたブロック(砂利)を続けます。最後に、感圧板を上に置きます。

即席地雷[編集 | ソースを編集]

通常の地雷は爆発するのに数秒かかり、プレイヤーは爆風から逃げることができます。爆風が大きすぎて逃げられないようにTNTを追加することもできますが、それはプレイヤーが感圧板に触れるとすぐに爆発し、通常よりも大きなダメージを与えることができる即席地雷よりもはるかに高価です。

作り方

地雷の作成に必要なもの:

  • 感圧板×1(好ましくは石。焼死したMobからのドロップは木の感圧板を起動させられる)
  • パワードレール×1
  • TNT付きトロッコ×2(2台以上使うと爆発が与えるダメージが大きくなる)
  • ブロック×1(地雷を埋める地面に合うブロックを選ぶ)
  • レール×1(爆発してもなくならない)

作るには、地雷、感圧板を設置したいところに1×1の深さ2の穴を掘ります。底部には、ブロックの1つがオンになっているレールを置きます。次に、このように通常のレールを設置します:

[] = 普通のブロック __ = 通常のレール == = パワードレール ++ = 感圧板

     __
   [][]  [][]
   [][]==[][]
   [][][][][]

TNT付きトロッコを通常のレールの上に置き、崖からパワードレールの上に押し出します。これを他のTNT付きトロッコでも繰り返します。それが終わったら、レールとパワードレールの横にあるブロックを外します。取り外すブロックは、パワードレールが向いているブロックの一つでなければなりません。完了すると、このようになります:

   [][]  [][]
   [][]==  []
   [][][][][]

次に、パワードレールの上のブロックを交換して(TNT付きトロッコも)、その上に感圧板を乗せます。完成品はこんな感じです:

       ++
   [][][][][]
   [][]==  []
   [][][][][]

感圧板を押し下げると、パワードレールが作動し、TNT付きトロッコをレールから離します。そして爆発し、プレイヤーを空へと吹き飛ばします。爆発でプレイヤーが死なない場合は、新たに形成されたくぼみへの落下でプレイヤーが死亡するか、そうでない場合は深刻なダメージを受けることになります。

利点

  • 直ぐに爆発するためプレイヤーが逃げる暇を与えない
  • 大量のダメージを与える
  • 簡単に隠せる

欠点

  • 地形が壊れる
  • 通常の地雷より建設中の爆発確率が高い
  • 通常の地雷より高コスト
  • 全ての地雷と同様、用心深いプレイヤーには簡単に気付かれる

移動中の防衛[編集 | ソースを編集]

遠征で立ち往生した場合は、常に松明を持っておきましょう。

3×3×3の立方体を地面に素早く掘って飛び込んで、上の層を覆うことによって、小さな穴が作成できます。松明とベッドを追加することによって、非常に素早く家を建てられます。

巨大キノコを使用する方法もあります。必要なものは骨粉、キノコであり、成長した近くにかなり良い避難所を作ることができます。隙間を埋めるブロック(常に持ち運ぶ必要があります)と要ればはしごをいくつか持参して下さい。ベッド松明で満たせば、家は完成します。

また、所望の大きさの空間の周りに1×2の壁を作って、松明やベッドをいくつか追加することもできます。これは、即席で、素早い避難所を立てられる方法です。しかし、視界を確保したい場合や、ハーフブロックを持っている場合は、べつの方法があります。壁を作りますが、1×1だけにして、壁の上にハーフブロックを追加します。

鬱蒼とした森の中で、壁のシェルターや穴を簡単に作れない場合の、シェルターの作り方をご紹介します。柱跳びをするか、はしごを使って木の上に登ります。そして、木の上に台を作ります。ベッドがあると良いのですが、ベッドがない場合は壁を追加しても良いでしょう。台が作られたら、松明(またはベッド)を追加し、待つか、夜を寝てスキップしましょう。

ヒント・コツ[編集 | ソースを編集]

  1. 防具は、たとえ革の防具であっても、防御に非常に役立ち、プレイヤーの命を救う可能性があります。もしエンダーパールを探しに行ったり、要塞廃坑を探しに行ったり、夜の散歩に行ったりするなら、防具はとても便利です。
  1. は主な攻撃源であるため、常に剣を持っていることをお勧めします。剣はかなり早く壊れる事があるので、少なくとも2つの剣を持っていることを強くお勧めします。
  1. ネザーでは、ガストから身を守るために弓矢を持っていると便利です。さらに、雪玉はブレイズにダメージを3 ()与えるので、耐火スプラッシュポーションを使用してスノウゴーレムを生かしておけば、雪玉とスノウゴーレムはネザーで便利なものとなります。
  1. 家の横に高さ2で幅1の穴をあけます。上のブロックは開いたままにしておき、下にはを詰めたディスペンサーを外側を向けて設置します。ディスペンサーの前に直接感圧板を設置すると、夜に窓の前に立ってモンスターの注意を惹き、感圧板の上にモンスターをおびき寄せることができます。そうすると装置が作動してMobを効率的に殺すことができます。すると下には腐った肉などが落ちていると思います。矢はディスペンサーに補充することもできます。感圧板が製であることを確認して下さい。そうしないと、死んだMobのドロップが感圧板を作動させ、感圧板を使用するたびに5分間、またはプレイヤーがアイテムを拾うまで感圧板が作動しなくなります。
  1. 多くのプレイヤーは色や価値のために金を使うのが好きですが、防具に金を使うのはお勧めできません。金は革よりも少しだけ優れているだけで、入手するには高価です。鉄を使った方がはるかに効率的です。
  1. 外からドアを配置すると、ゾンビ襲撃などドアにいるMobを殺すのに頼りになります。ドアを壊したり開けたりしなくても、外からMobを攻撃することができます。ただし、内側からドアを配置した場合は、外のMobを攻撃するのではなく、ドアを開けるだけになります。[要検証]

革新的防御[編集 | ソースを編集]

これらの防衛戦術は通常、マルチプレイで他の人に印象を与えるためだけに使用されますが、シェルターを過度に確保するため過度に高価な方法として使用されることもあります。

トラップドア浮島[編集 | ソースを編集]

Cleanup.svg
この記事はスタイルガイドの基準を満たす必要があります。 [議論]
この記事を整理してくださる協力者を求めています
具体的な指示は次の通りです:「section」

地面では入口は5×5×4ブロックの高さの家が浮いているように見えますが、内部では基本的に母屋は地面の上にあり、溝は1ブロック離れていますが、3ブロック下にあるので、浮島の地下室はMob農場にもできます。5×5でクモは飛び跳ねることができるので、クモから逃げる機会は8回あり、高い高さにそのクモを殺す穴があります。

トラップドアの跳ね橋[編集 | ソースを編集]

これはプレイヤーを入れたり、敵対者を入れないように切り替える事ができる橋です。標準的な溝や堀、半スタック程度の不透明ブロック、また溝を2回横断するのに十分なトラップドアが必要になります。ブロックはこのように設置する必要があります:

T=トラップドア
B=不透明ブロック
A=空気
第一層
BBBB
TTTT
TTTT
BBBB
第二・三層
BBBB
AAAA
AAAA
BBBB
任意でクモから守るせり出しを追加してもよいです。また、Mobがトラップドアの脇を歩かないようにするため、フェンスフェンスゲートの様なブロックを設置することもできます。これによりMobは確実に真ん中を通るようになります。

第一層


第二層


第三層


アスレ玄関[編集 | ソースを編集]

アスレチックが得意な人は、玄関までのコースを作りましょう。Mobはアスレチックを通れないので、家の中は安全です。

浮島[編集 | ソースを編集]

浮島の家を作り、近くの山からパルクールします。これは非常に不便ですが、Mobの侵入に対してはほぼ完全に免疫があります。また、採掘用のシェルターを別途作る必要があります。

埋火[編集 | ソースを編集]

ディスペンサーを上向きにして地面に置いて、ディスペンサーの外縁に感圧板を置いてください。火打石と打ち金をディスペンサーの中に入れると、何かが装置の前を通り過ぎようとすると、感圧板が作動します。そうすると、ディスペンサーは火打石と打ち金を使用して、通り過ぎようとするものにをつけます。火はすぐに消えますが、ほとんどのMobに大規模なダメージを与えます。

この防御は、防御したいエリアの周りの外枠として使用するのが最適です。感圧板を踏んだものはすべて燃えます。

自動充填高速火矢ディスペンサー[編集 | ソースを編集]

オブザーバーを置きます。オブザーバーの入力側に土ブロックを置きます。オブザーバーの上にディスペンサーを2つ置きます。2つのディスペンサーをレッドストーンで接続し、オブザーバーの上にある方のディスペンサーに水入りバケツを1つ入れ、もう1つのディスペンサーに矢を入れます。

そして/replaceitemコマンドが設定されたコマンドブロックに接続されたレッドストーントーチのNOT回路の入力となるレッドストーンコンパレーターに矢ディスペンサーを接続すると、最終的に矢ディスペンサー内の矢を多くします。

この装置を起動するには、土ブロックを壊してください。ディスペンサーは、矢がなくなるまで、対応する方向に矢を高速で発射します。矢がなくなると、コマンドブロックが自動的に矢を補充します。装置を無効にするには、オブザーバーの前に土ブロックを再び設置してください。

問題解決[編集 | ソースを編集]

防御の問題のほとんどは、基地周りの湧き潰しの貧弱さに起因している可能性が高いです。クラシックライティングエンジンの設定を変更することで、湧き潰しの穴を見つけることができます。

結局のところ、防衛戦略は、それを実行する人々によって優劣が決まります。戦略には規律が必要であることを忘れないでください。毎晩真夜中の散歩に出かけることを計画しているのであれば、防衛を構築してはいけません、安全にすることはできません。