チュートリアル/破損したワールドデータの復元

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索

時折Minecraftが異常終了して保存されているワールドの一覧から保存されているワールドが削除されてしまうことがあります。ファイルは他の保存されたワールドといっしょに残っていますが、破損しているだけです。行方不明になったワールドと、そこでのあなたの努力は回復可能です。ワールドが破損していた時に身に着けていたものや持ち歩いていたものは復元できません。

まず、全く同じ名前の「新しい」ワールドを作ってみてください。成功すれば、インベントリがそのままで、最後にいた場所に戻ることができます。

'level.dat'の破損[編集 | ソースを編集]

  • 「saves」フォルダにアクセス
    • Windows %appdata%\.minecraft\saves
    • macOS ~/Library/Application Support/minecraft/saves
    • Linux: ~/.minecraft/saves (Minecraftをrootで実行することは推奨されません)
保存したワールドのフォルダが表示されているはずです。この例では、破損したワールドは破損ワールドという名前だとします。
  • 破損ワールドフォルダとその中のすべてのファイルとフォルダのコピーを作成。
このコピーには好きな名前を付けることができます。この例では破損ワールドコピーと呼びます。
  • 破損ワールドと同じシードとマップジェネレーターの設定(建造物の生成、スーパーフラットなど)で新しいワールドを作成。このワールドを「空白ワールド」と呼ぶ。
これは、破損ワールドのバックアップを復元して「再作成」する事で簡単に行えます。バックアップが存在しない場合は、手動で新しいワールドを作成する必要があります。チャンクエラーを避けるため、シードとマップジェネレーターの設定が破損ワールドと一致していることを確認して下さい。
空白ワールドのインベントリ(持ち物)が使用されます。新しいワールドのインベントリは空なので、復元されたワールドのインベントリも空になります。空白ワールドをクリエイティブワールドにして、ゲームを閉じる前に必要な物を全てインベントリに入れておくことで、復元されたインベントリを偽装できます。防具や道具についているエンチャントも忘れないようにしましょう。
破損ワールドのシードが分からない場合は、NBTExplorerなどのプログラムを使ってlevel.datファイルにアクセスできます。ここでは、NBTExplorerを使ったシードの捜し方を逐一説明します。
作成したワールドの新しいフォルダ空白ワールドが作成されます。
  • 空白ワールドフォルダ内の以下のファイルを破損ワールドコピーフォルダにコピー
    • level.dat
    • level.dat_mcr (存在しない場合も)
    • level.dat_old
    • session.lock
フォルダをコピーしないように注意して下さい。コピーは、使っているシステムに合わせて通常の方法で行えます。コピー(または切り取り)して貼り付け、選択してドラッグ、などの方法で行えます。
ここでは、破損ワールドコピーフォルダ内の上記のファイルを、空白ワールドフォルダからコピーしたばかりのファイルに置き換えてみます。
  • Minecraftを再開
空白ワールドという名前のワールドが表示され、破損ワールドコピーが保存されているフォルダの名前になっているはずです。これが復元されたワールドです。
また、フォルダとして空白ワールドが指定された空白ワールドもありますが、無視して下さい。
  • このワールドが正しく読み込まれていることを確認するためテスト
ランダムな場所で開始されるので、居留地に戻るまでの道を見つける必要があります。
地下から開始されて窒息死するかもしれません。このような状況になった場合、再びすべてのアイテムを失いことになります(空白ワールドのクリエイティブモードでインベントリに入れたもの)。アイテムを残しておきたい場合は、最初から全ての手順を実行してください。空白ワールドでインベントリを埋めた後、最初のスロットにエンダーパールのスタックを置いてみてください。窒息したら上を向いてエンダーパールを使って脱出して見ましょう。また、空白ワールドでは高い所に身を置くこともできます。落下ダメージを受けて死ぬかもしれませんが、リスポーンしてもアイテムは残っています。または、それを簡単にするためインベントリを保持するチートを使用して下さい。ただし、自分のマインクラフトの基準であまりにも不自然だと思うならば、チートは後でオフにしましょう。
  • Minecraftのワールド選択画面で、空白ワールドの名前を破損ワールドに変更。
これで復活したワールドとなります。
  • きれいにするには、空白ワールドワールド(空白ワールドフォルダに保存されているもの)を削除します。

復元は完ぺきではないでしょう。特に

  • MODに関する保存された方法(Thaumcraftの研究など)はすべて失われます。
  • 上記の「準復元」の裏技を使わないと、インベントリは空っぽになります。また、ファイルplayers/<名前>.datのルートノードの内容をファイルlevel.datのノード「Player」にコピーすることで、NBTエディタで復元することもできます(方向が必要)。
  • エンダーチェストの中身は失われる可能性があります。

Bedrock Edition[編集 | ソースを編集]

上記の手順はBedrock Editionでも動作はしますが、コピーする必要があるファイルはlevel.datのみです。Pocket Edition Alpha 0.11.0の時点では、ゲームは破損したセーブデータの修復を試みます。