チュートリアル/洞窟探検

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
この記事は内容の改訳が必要な可能性があります。
執筆されている内容は不適切、不正確な翻訳かもしれません。
Cleanup.svg
この記事はスタイルガイドの基準を満たす必要があります。 議論
この記事を整理して下さる協力者を求めています議論ページには提案があるかもしれません。
このページは作業中であり、あなた の手助けを必要としています。
この記事の作成をお手伝いください。
議論ページになにか提案があるかもしれません。

Minecraftの洞窟はモンスターの住みかといっても過言ではない。ただそこにある燦然と輝く鉱石は、洞窟で出会ったいかなる苦労にも見合う。ここではそんな洞窟の攻略法を紹介しよう。

準備[編集 | ソースを編集]

探検に出かけるなら準備が不可欠。最低でも下記のものは持っていくべきだ。

  • 武器 洞窟は時間にかかわらずモンスターが出現する。殺されると長時間の努力が水の泡だ。
  • ツルハシ 必須アイテム。鉱石を掘るのに言うまでもなく必要。
  • 松明 (ジャック・オ・ランタン、シーランタン、グロウストーンでも代用は可能。)これらが無ければ何も見えない。
  • 食料。モンスターに攻撃されたが飢えが回復していないことを考え、ステーキ等がオススメである。
  • 水バケツ。溶岩を冷ますのに必要。手に入れた鉱石が焼きつくされるのも避けられる。

テクニック[編集 | ソースを編集]

  • 鉱石は残らず採掘しよう。鉱石はひとつの場所に固まっている。
  • ダイヤモンドがあったら、周囲に溶岩が無いか探そう。もし溶岩が鉱石の隣にあったりすれば、採掘した瞬間喜びと鉱石が溶岩に飲み込まれてしまう。
  • 片側松明 例えば、左側に松明を置き続けてみよう。探検が終わったら、同じ道を戻ろう。そうすると松明が右側だけになっているはずだ。このように片側松明を心がけると、迷っても帰還しやすくなる。
  • 工夫 洞窟は道が分かれている。戻って目印になるものを持っていこう。出入り口に木材などの洞窟に無いもの(廃坑は例外。別の物を持っていこう)を置いておけば分かりやすくなる。
  • 拠点 毎回輸送が大変ならば、地下拠点を作れば良い。かまどを用意すれば、集めた鉄、金をインゴット化できる。レールを地上まで敷き、トロッコで移動するのもいいだろう。

こんな時は[編集 | ソースを編集]

Q,洞窟で体力がないときにモンスターを見つけた… A,洞窟から出るか、急いで離れるか、すぐに自分をブロックで囲み安全地帯を作ろう。食料を補給し、体力を回復して迎撃しよう。

Q,迷子になってしまった… A,階段状に掘っていけば良い。そうすると地上にいつか出る。※深い所から脱出する際は要注意。海に出るかも知れないからだ。

Q,松明がもう無いんだけど… A,棒を持ち歩き、石炭を必ず手に入れておこう。そしたらインベントリを開き、松明をクラフトすればよい。 ダメなら、何処かの石を掘り、かまどを作り、棒を燃料に木炭を作り、松明を作ろう。

実際に行こう[編集 | ソースを編集]

洞窟探検に行き、あなたが敵Mobに遭遇した時のために防具を装備しよう。鉄装備ならクリーパーの爆発も耐えられる。(ウィッチには要注意) コウモリを見つけたなら、武器を向ける必要はない。コウモリは友好Mobだ。スケルトンが来たら、で矢を防ごう。盾が無いとかなり痛い。

Wooden PlankWooden PlankWooden PlankWooden PlankWooden PlankWooden Plank

このレシピを覚えておこう。 そして、敵Mobの襲撃を潜り抜け、あなたがダイヤモンドを見つけたとしよう。このため鉄のツルハシは必ず持っていくように。 目的の鉱石が手に入ったら、前述した片側松明を通り、無事に動物が散歩している地上に帰ってきた。

最後に[編集 | ソースを編集]

いかがだったろうか。鉱石を沢山手に入れることが出来たことだろう。こんな風に沢山鉱石があり、沢山モンスターがいるのだ。 洞窟の詳しい情報は洞窟で調べよう。