ウィキのスタイルガイドが改定されました。スタイルガイドでは、ウィキに記事を書く際のスタイルについて解説しています。(9月19日更新)

As part of the Unified Community Platform project, your wiki will be migrated to the new platform in the next few weeks. Read more here.

チュートリアル/村の仕組み

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索


Rose (2D).png
このページには古い情報、またはゲームから削除された機能についての内容が含まれています。
最近のバージョンではドアの内外ではなくベッドを基準にする判定に変更されています。新しい情報については英語版を参照してください


鉄インゴットを入手するためにゴーレムを生み出したり、より良い取引のため村人をスポーンさせるためのチュートリアルです。

動画説明[編集 | ソースを編集]

このページを読む前に以下の動画を見て村の仕組みを理解する事をお勧めします(1.8以下のバージョンには適応されないので注意)。

村の構成要素[編集 | ソースを編集]

村は次の要素によって構成されます。

  • 村の中心
  • 村の半径
  • 家の数
  • 人口
  • 人口上限(家の数により決定)
  • ゴーレムの数
  • ゴーレムの上限(人口により決定)

「村」には1件以上の「家」と1人以上の「村人」が必要です。「家」は内側と外側を持つ木製のドアが存在すれば成立します(後述)。村人は村の人口が家の35%以上になるように繁殖します。「村の中心」は村に存在する全ての家のドアの中心点です。半径は中心から35ブロックか、あるいはそれよりも遠い家までの距離に設定されます。つまり村の半径は35ブロックより常に大きい事になります。これらは整数に丸められますが、丸めの方法は不明です。

「家」の作成[編集 | ソースを編集]

「家」には「内側」と「外側」を持つので木のドアが必要です。これらはドアの前後直線5ブロックの日照により定義され、それらに差がある時(真上に不透過ブロックが置かれているブロックの数に差がある時)より日照の少ない側が「内側」、そうでない側が「外側」として認識されます。

なお、ドアのあるブロックはこの計算に含まれず、家の外でも中でもありません。

例 - ドアが木材の上に置いてあります。ゲームは、水色の羊毛で表現された空間が「屋根」のブロックで覆われているかどうかを調べます。

400px

一番シンプルな家はこんな感じです。木のドアのみで、その横の地面には土が敷かれています:

Villagefig2.png

見た目は大したことないですよね?でも条件は合います。土は光が下の空間に届くのを遮るので、屋根のブロックとしてカウントされます。屋根ブロックに覆われた「内側」の空間は、画像の右側に1つ(下の赤い羊毛で表される)、左側には0つあります。0よりも1の方が多く、ドアの片側にはもう片側よりも多くの空間があるので、これを家とカウントします。

400px

住宅の例:

400px

400px

Villagefig6.png

400px

色付き羊毛の真上にあるもの以外は何を作っても構いません。これの真横にあるものは何でもいいし、全く何でもないものでもいいです:

400px

ドアは2ブロックの高さがあり、このチェックは必要に応じてドアごとに2回行われます。最初の「屋根チェック」(図1参照)が失敗した場合、最下層は無視され、1層上から2回目のチェックが行われます。このときは、水色の羊毛の上の空間のみが屋根ブロックのチェック対象となります:

400px

例 - 下の写真のドアの場合、最初の屋根のチェックでは、左側に2ブロックの空間が屋根ブロックで覆われていて、右側にも2ブロックの空間があることがわかります。両側の屋根の数が同じであれば、どちらも「内側」と「外側」を指定することはできないので、このドアは家としてカウントされません(まだですが、まだ終わっていません):

400px

その後、最初のチェックが失敗したので、下の層は無視して、再度テストを行いますが、今回は緑色の羊毛の上(水平ではない)にのみ屋根ブロックがあるかどうかを調べています。今回は、画像の左側の2ブロックの空間だけが覆われています。この2回目のテストで「屋根のチェック」に合格したので、ドアは家としてカウントされ、その「内側」はより多くの空間が覆われている左側にあります:

400px

次の例では、最初のチェックでドアが合格しています。左側に1ブロック、右側に2ブロックの空間があります。これにより、「内側」が右側にある家となります。2回目のチェックでも合格しますが(今回は左側に「内側」があります)、1回目のチェックではすでに合格しているので、再度テストする必要はありません。このドアは「内側」を右にして家としてカウントします:

400px

覆われた空間は連続している必要はありません。下のドアは家で、右側の「内側」は5ブロックの空間の制限内に3ブロックの覆われた空間があるのに対し、左側は2つしかありません:

400px

この隣のドアは片側3面に屋根付きの空間があり、家ではありません:

400px

家は近くの村人によってはじめられるので、近くに村人がいなければ、ブロックとドアがあるだけでは「家」とはみなされません:

400px

しかし、その村人が現れた途端に家(と村)になります:

400px

村人は、両横軸に沿って16ブロック以内の家を認識し、村人が立っている地面から3ブロック上か5ブロック下までの家を認識します:

400px

400px

村境界の重なり[編集 | ソースを編集]

2つの村の境界が重なるとそれらは1つの村に統合されます。それらの村の半径(+32ブロック)内にある新しい家は新しい村の一部となり、これにより村の半径と中心点が再計算されます。この時また別の村と境界が重なる時があります。この再計算はすぐに行われるとは限らず、2つの村を重なったまま存在させる事は可能です。ゲームを再読込すれば村の位置が再評価され、一つの村になります。

逆に、大きな村の中心から家が取り除かれ本来であれば1つの村として認識されないような位置関係になったとしても、依然として1つの村として存在する事があります。これもゲームを再読込すると家の位置が再評価され2つの別々の村となります。

ブロックを設置または撤去する事で家が正しい家でなくなった場合、ゲームはこれを認識できず依然として家の数にカウントし続けます。ログインまたはログアウトによりこれを解消できるがうまくいかない事もあり、確実なのはドアを破壊するか、チャンクそのもののアンロード(十分にプレイヤーが離れるか、別のディメンションに行く)をしてからチャンクを復帰させると家の判定が正しく行われます。

透過ブロック[編集 | ソースを編集]

透過ブロックには3種類に大分されます。ガラス、松明、フェンスは完全に透明なブロックです。半透過ブロックと呼ばれるハーフブロック、階段、葉等はレンダリングエンジンにより透過ブロックと同じ扱いを受けています。グロウストーンなど向こう側が見えないが透明な物として扱われている物もあります。

完全に透明なブロックは屋根として扱われません。半透過ブロックは部分的に光を遮っているので、照明エンジンからは不透明として扱われこれらは屋根のブロックとして認められます。水源、水流、溶岩源、溶岩流は半透過であるため屋根として認められます。

判定取り消し[編集 | ソースを編集]

2つのドアが近い距離で向いあっている時にそれぞれが打ち消しあい、片方(あるいは両方)が家とみなされなくなるという誤解が存在します。これは家の判定方式から生じる現象です。

ドアが近い距離で存在する時でも「それぞれのドアから5ブロック前後に日光を遮る物があるか」が判定される事には変りありません。ドアが直線上に近い距離で存在すると、片方の家の屋根としてつけたつもりのブロックがもう片方のドアから「屋根」として認識されて、結果前後5ブロックで日照が変らない状態が発生する事があります。これが家として作ったつもりのドアが認識されない事に繋がります。

これは、2つのドアのそれぞれが屋根のブロックをチェックする領域の重なりを示す画像です。左側のドアは桃色のブロックの上をチェックし、右側のドアは青のブロックの上をチェックしています(ただし、ドアとはっきりと並んでいる中央の列だけです)。紫色のブロックは、2つの領域が重なる領域を表し、これらの空間は両方のドアによってチェックされます:

400px

青いドアを見ると、左側に1つ、右側にも1つの屋根付き空間があります:

400px

桃色のドアも同様:

400px

これらのドアはどちらの側にも同じ数の空間があるので、「内側」も「外側」もないので、「家」とは呼べません。しかし、これらの後ろに追加のブロックを置く場合(または単に1ブロックの空間それらを後ろに移動)、遠くのドアから6ブロック離れて、カウントするには遠すぎますが、まだ近いドアの範囲内にあり、それらを「家」と呼ぶために必要なアンバランスを作成します:

400px

これらの追加のブロックの場所で、ドアは今有効な家です。これは私の理解であり、Village Infoの改造者も同意しています:

400px

村人の輸送[編集 | ソースを編集]

村人を輸送するにはいくつか方法があります。村から目的地までの線路を引きトロッコに押し込んで輸送する方法や、トンネルを掘り水流で押し流す方法です。

このページの情報を利用した簡単な方法があります。まず村人を集めるために村の中の木のドアを1つだけ残してあとは破壊します。その後目的地の方向に偽の家を作ると、村人はそちらに誘導されます。新しい家を作るにはドアを設置しその側に2つブロックを重ねるだけで良いです。元のドアを壊し全ての村人が新しい家に集ったら、また家を作り村人を誘導します。

以下の動画の1:20から3:33部分を参考にすると良いでしょう。

繁殖と人口上限[編集 | ソースを編集]

村人はプレイヤーの干渉がなくても繁殖しますが、それには接触のできる成人した村人が2人以上必要です。何も無いところから村を建てたり、村人が一人しかいない場合には更に村人が必要です。村人をつれてくるには以下の方法が必要です:

  • 他の村からつれてくる
    • トロッコを利用してつれてくるか、先の動画のように偽の家を使って誘導してくる
  • ゾンビ村人を治療する
  • スポーンエッグを利用する

村の人口(1秒毎に更新される)が家の35%未満であれば、村人は村の人口がそれ以上になるように繁殖します。人口がまだ上限に達していない場合、接触した村人の上部にハートのパーティクルが出現し「求愛モード」になる事があります。2人の村人が「ロマンティックな」気分になりお互いを見る事ができるようになると動物の場合と同様に彼等は近づき、数秒ののちに小さい子供が産まれます。この子供は親の職業とは関係なくランダムな職業(服のスタイルと色で示される)になります。

幸福度[編集 | ソースを編集]

さらに、村人は繁殖するために「幸福度」を上げる必要があります。交配をした後は彼等の幸福度は減り、幸福度を上げなければ再び交配をしません。

幸福度は村人と取引をする事で上げる事ができます。新しい取引をした時、もしくは既にした取引でも20%の確率で幸福度は上がりますが、すぐに仲間を探す事はありません。

また、村人に十分な食料(パンが3つか、ニンジンが12個か、ジャガイモが12個)を持たせる事でも幸福度を上げる事ができます。農家は他の村人に収穫された作物を投げ捨て、幸福度を上げるために十分な食料を供給できます。

村人ゾンビの治療[編集 | ソースを編集]

村人ゾンビを治療する方法は2つあります。最初の方法では、ネザーに移動し、ブレイズロッドを1つ以上集めて、醸造台を作る必要があります。次に、弱化のスプラッシュポーションを醸造し、金のリンゴ(作るのに必要な金のインゴットと普通のリンゴも)を作る必要があります。村人ゾンビを見つけたら、弱化のポーションを投げて、金のリンゴを持って右クリックします。

ネザーが無効化されているサーバーの場合、醸造台なしで村人ゾンビ弱化のスプラッシュポーションを投げる別の方法があります。そのためには、ウィッチ村人ゾンビを近くに配置する必要があります。ウイッチは時々弱化のスプラッシュポーションを投げますが、これは少しの作業で有利に利用することができます。この方法は、スケルトンクリーパーを射抜かせる方法に似ており、手順を達成するためには、そのような方法に従う必要があります。しかし、この方法でも金のリンゴを用意する必要があります。

弱化のスプラッシュポーション金のリンゴを使用した後、村人ゾンビは大音量で焼けるような音を出し、オレンジ色の渦巻き模様の粒子を放出し、激しく揺れ始めます。 彼らの治療が完了するのには数分かかるので、先にどこかに閉じ込めて、村人ゾンビが日光で燃えたり、近くの村人を傷つけたりしないようにしてください。数分後には普通の村人になり、その時点で村をさまよいます。

抑々村人ゾンビ自体を見つけるのはそれほど難しいことではありません。約20人に1人のゾンビが村人ゾンビなので、そのうちの2人を見つけて村人に戻し、より「自然な」方法で人口を増やすのに時間はかからないはずです。さらに、村人がゾンビ(どんなゾンビでも)に襲われた場合、殺されるのではなく、村人ゾンビに変身する確率があります(ノーマルの難易度では50%、ハードでは100%)。また、赤ん坊の村人ゾンビもいますが、これは罠にかけるのが難しいですが、治すこともできます。

無限繁殖[編集 | ソースを編集]

これは村人が人口上限を超えて繁殖する一種の不具合です。

村人が繁殖するためには球形である村の範囲内にいなければなりません。しかし人口は次の直方体内にいる村人の数で決まります (奥行, 横 = 2× 村の範囲, 高さ: 常に9)。だから球形範囲はいくらでも拡大できますが、直方体の高さは常に9となるので、一部の球形範囲が直方体の範囲に重ならなくなります。 (村の中心より上)。

この挙動を再現/悪用するには、地上に6軒の家を建て(村人制限を2人にするのに十分な数)、2人(またはそれ以上)の村人を6ブロックの深い穴に落とし、その上に1人の村人を残して家を「生きたまま」にしておくとよいです。穴の中の村人は制限にカウントされないので、無限に繁殖します。

アイアンゴーレム[編集 | ソースを編集]

アイアンゴーレムのスポーンは、村人が10人以上いて21軒の家がある場合、村の中心付近で行われます。21以上の家を追加してもゴーレムのスポーンに違いはありませんが、10人の村人をスポーンさせるには29の家が必要になります。村人が増えるとゴーレムのスポーンが可能になり、10人増えるごとにゴーレムが1体ずつ増えます(村人が0~9人の場合はゴーレムのスポーンができないので、上限は0、10~19人の場合は1、20~29人の場合は2になります)。この上限は一度に村にいるゴーレムの数を制限するだけなので、ゴーレムが殺されるか村の境界から離れると、すぐに新しいゴーレムがスポーンします。

ゴーレムのスポーン領域は、村の中心点を中心とした16×16×6の領域です。条件(村人が10人、家が21軒、ゴーレムの上限に達していない)を満たしている限り、1ゲームの1ティック(1/20秒)ごとに1/7000の確率でゴーレムのスポーンが行われます。ゴーレムをスポーンする場合、最大10回までスポーンすることができます。スポーン領域の中からランダムな場所が選ばれ、その場所が2×2×4以上の空間を持つブロックの上にある場合(液体を含む、ゴーレムは水の中でスポーンすることができ、これはほとんどの鉄の生産の設計の鍵となります。そして、透過ブロック)であれば、ゴーレムはそこにスポーンされます。

平均的なスポーン率は、ゴーレムがすぐに殺されたり、村の境界外に流出したりした場合、上限に達することがなく、すぐに新しいゴーレムがその場所にスポーンすることができるので、1時間あたり約10ゴーレムになると予想されます。上限を高くしても、新たにスポーンしたゴーレムが殺されたり、取り除かれたりしている間に上限が満たされる時間が短くなるだけで、この率を上げることはできません。

ゾンビ襲撃[編集 | ソースを編集]

バージョン1.4.7からスナップショット14w21bまでは、バグのためゾンビ襲撃が発生しません。

夜になると、ゾンビ襲撃が発生する可能性があります。これは、村や村の近くに大量のゾンビが出現し、手の届くところにいる村人を攻撃したり、群がったり、手の届かない村人の家のドアを叩いたりします。ハードモードやハードコアモードでは、実際に村人の家の木のドアを破壊することができます(これは襲撃中だけでなく、すべてのゾンビに当てはまります)。 ゾンビ襲撃では、少なくとも10軒の家と20人以上の村人が必要です。

襲撃のゾンビは明るさレベルとプレイヤーからの24ブロックの最小距離を無視しますが、それ以外は通常通りに行動します(すなわち、グロウストーンや他の透明なブロックやハーフブロックの上に出現しない、2×1×1の最小スペースが必要など)。また、ゾンビはドアの内側に出現することができ、ハードではゾンビがドアを壊してしまうため、アイアンゴーレムトラップを作るのが難しくなります(他の難易度では壊そうとしても成功しません)。しかし、ゲームコード上では襲撃が技術的に起こっているにもかかわらず、128ブロック離れたところでゾンビがスポーンすることはないので、高いところに建てれば安全です。ドアの真正面から地面のブロックを1つ取り除いて、必要に応じてドアの外側が「滑らか」になるようにドアを張り替えるだけで、実質的にゾンビ対策の家を作ることができます。これは、ゾンビがドアの上半分しか割ることができず、ジャンプしなければならない場合、絶対に通過することができないからです。

村の設計[編集 | ソースを編集]

村の家や建物のリストとそれぞれの設計図は、村の青写真プロジェクトのページで見ることができます。

外部リンク[編集 | ソースを編集]

  • trunkzによるVillage Info mod - このMODは、村で何が起こっていることをより詳細に見ることができます。それは村にいるか、またはその近くにいるかどうかを示す数行をF3画面に追加し、その大きさ、人口(現在と最大)の家の数などについての情報を提供します。
  • DerrickによるImgurギャラリー - 「家」とは何かをより簡潔に、よりコンパクトに可視化したもので、11×10程度の空間に最大35人の村人をサポートできる「村人飼育ユニット」のおまけも付いています(ユニットはそれだけの場所を取り、村人自身がその外をうろうろしています)。