チュートリアル/採掘

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
採掘」も参照

Minecraftの世界では、採掘はプレイヤーにとって最も身近な存在となります。しかし、闇雲に採掘してはいけません。コミュニティによって提唱された良い方法に従うのがよいでしょう。

目次

採掘高度の選択[編集 | ソースを編集]

layers」も参照

Mineral-graph.png

全ての鉱石、特にダイヤモンドが最も見つかる高度として、10~15の高度が最適とされています。採掘に最も適した高度の正確な高度は頻繁に議論されていますが、意見の一致はしていません。高度を調べるには、デバッグ画面 (F3) を使用することが最も簡単な方法です。デバッグ画面を使用する代わりに、溶岩湖を探す方法があります。溶岩湖は高度11で生成されることが多いからです(水を注げば床が確保される)。他の方法として、一度岩盤まで掘り下げ、最も高い岩盤から6ブロック上がる方法があります。望む高度にたどり着いたら、以下の方法で採掘するといいでしょう。

プレイヤーの準備[編集 | ソースを編集]

よく知られているように、食料、原木石炭松明そして水入りバケツは採掘に便利です。マルチプレイの場合はベッドを持って行くとよいでしょう。夜に眠るときに拠点へ帰らなくてもよいようにするためです。に余裕があれば、石のツルハシの代わりに、鉄のツルハシを使うのもよいでしょう。より速く、より広い範囲が採掘できます。鉄鉱石はほぼ無限に埋まっており、採掘をすれば、ツルハシに使った鉄よりも多く手に入るでしょう。石のツルハシを使い続けていると、採掘速度が遅いですが、その時間でとれた鉄を損せずにいられます。黒曜石をとりたいのなら、ダイヤモンドのツルハシで壊す必要があります。ダイヤモンドのツルハシを持っているのなら、壊れるまで使い切らないほうがよいです。鉄の場合と同じです。ダイヤモンドをあまり持っていなくて、鉄が大量にあっても、採掘で鉄のツルハシを使うのはお勧めしません。先ほどと同じ理論です。無駄遣いをしなければダイヤはすぐに増えて、ゲーム進行も非常に早く進みます。そうでなければ、進行は遅くなります。

食料と剣を持っていない状態で洞窟で迷子になれば、すぐに死んでしまいます。

採掘で必ず迷子になってしまうようなら、松明か目立つブロック(看板やシラカバの木材など)で道しるべを付けながら探検するのはどうでしょうか。死んだときにすぐに戻るのにも役に立ちます。かまど作業台ベッド、そしてチェストのある基地を作れば便利です。ほとんどの時間を地下で過ごす熱狂的な鉱夫なら、地下に生活基盤を移しても良いかもしれません。

溶岩は危険なので、洞窟には常に水入りバケツを持っていくかスニークするようにしましょう。溶岩周りの鉱石をとることも可能になります。溶岩たまりに水をかけて、黒曜石の殻を作って上を歩くこともできます。マルチプレイで PvP をするときに、鉱石(目立つところにあれば幸運です)の周りの石を削ってみたらどうでしょうか。他のプレイヤーがおびき寄ってくるでしょう。

チェスト付きトロッコかまど付きトロッコ、または金が集まったら、パワードレールを使えばトロッコ輸送システムを作って高速で鉱石を地上に運ぶことができます。トロッコが溶岩で燃えたり、クリーパーに爆発させられたりしないように注意しましょう。どこに線路を敷くかも注意して、柵や石の壁で保護するのも良いでしょう。もちろん、自分自身快適に運んでもらいたいと思っているでしょうし。その他、エンダーチェストが手に入れば、チェスト一個分のアイテムに対しては遥かにシンプルな代替品となるでしょう。

採掘の基本的な方法はこの三つです。組み合わせて使う事も可能です。

  1. 地表に出ている洞窟を、大抵の場合下に向かって探索します。浅い洞窟では石炭と鉄が多く手に入り、深くまで行くと、金やその他の鉱石が手に入ります。この方法の利点は、地下に行くのに石を掘る必要が無くて、鉱脈が露出していることです。欠点は、洞窟の中でモンスターに襲われたり、水や溶岩に阻まれることです。最悪の場合、死亡することもあります。
  2. 地表に出た洞窟の入口以外に、たて坑や渓谷から入る方法もあります。水入りバケツで水柱をつくって、下に降ります(上に昇ります)。それを渓谷から行ける別の洞窟、もしくは渓谷で繰り返していけば良いです。岩棚から落ちてくるモンスターに注意しましょう。
  3. あるいは、家の裏などの使いやすい場所から垂直または斜めにたて坑を掘り、ちょうどいい深さで水平に鉱山を掘っていく方法があります(いわゆるブランチマイニング (branch mining)です)。目の前のブロックをすべて壊す必要があるので多くの道具を必要としますが、湧きつぶしがしやすくモンスターをほとんど見ないで済みます。鉱山から洞窟に繋がったら、そこを探索することもできます。どのように掘るかは様々な意見がありが、最初に1×3の大きさのたて坑を掘るのが、最も安全な方法でしょう。真ん中にはしごを掛けて、万一足を踏み外した時のために、数ブロックおきに横にブロックを設置すれば良いでしょう。

どの採掘方法をとるにしても、湧きつぶしはしっかりと行えば、見つけた洞窟の探索が終わった後たて坑に帰ることができます。松明が尽きないように、通った場所の鉱石は石炭を含めてすべて回収するのが良いでしょう。

洞窟採掘[編集 | ソースを編集]

洞窟狩り洞窟サクランボ採集、または洞窟探検としても知られている洞窟採掘は、単純に洞窟を探索し、そこで見つかった鉱石を抽出することです。鉱脈は、しばしば洞窟の壁、床、天井に沿って露出して発見されます。大規模な洞窟を探索すると、ほとんどの場合、大量の鉱石を見つけることができますが、洞窟の発生によって鉱脈の発生が遮断されることがあるので、露出していない大きな鉱脈を見つけることができないので、特定の種類の鉱石が数個しか見つからないこともあります。洞窟採掘は、他の方法に比べて、時間当たりの鉱石の収穫量が多く、必要な道具が少なく(ツルハシシャベル耐久力が少ないと、石や土、砂利を採掘できなくなります)、投資対効果が高いとされています。

一方、洞窟採掘は非常に危険です。未踏の洞窟は暗くて、多くのモブがいる傾向があるので、防具は実用的な必需品です。プレイヤーは洞窟を照らす松明をたくさん持っていて、余分な敵対的なモブが出てこないようにしなければなりません。大きな洞窟は混乱して危険です。迷子にならないように、移動には特に注意を払う必要があります。洞窟内を素早く移動しすぎると、上や横の明かりのない通路(モンスターが出てくる可能性があります)を見逃しやすくなり、開いた穴に足を踏み入れる危険性があります。洞窟の中で立ち往生しているときにモブに遭遇すると非常に危険です。また、溶岩湖に落ちると死に至るだけでなく、アイテムが溶岩の中で破壊されてしまいます。高度11以下の洞窟の一部は一般的に溶岩で満たされています。これらの要因から、通常、プレイヤーはまず洞窟を慎重に探索して火をつけ、帰り道に鉱石を採取することで、トータルの所要時間が長くなり、採掘効率が低下します。

移動のチュートリアルは洞窟のセクションにありますが、洞窟の記事には大きな洞窟を扱うヒントが含まれています。

水バケツを持っていくと良いでしょう。洞窟にはランダムな溶岩流が存在することが多く、高さ10以下の洞窟は大きな溶岩湖で満たされています。水バケツは、万が一落ちてしまった場合の消火器としての役割と、溶岩湖の上に黒曜石の地面を形成する方法としての役割を果たします(溶岩湖に隣接する固体ブロックの上に水を注ぎ、その場所と溶岩の間に立たないようにします)。モンスターが面倒な場合は、オプションで難易度を「ピースフル」に変更して、モブがスポーンしないようにすることもできます。ただし、溶岩で死ぬ可能性もあるので、水バケツを忘れずに!

洞窟にはしばしば行き止まりの通路や穴、あるいは砂利や土の塊が道を塞いでいることがあります。これらの行き止まりの多くは、実際には薄い壁となっていて、取り除かれた場合には、通路が続いていることがわかり、時には隣接する洞窟全体へと続くこともあります。「漂流」とは、明らかな行き止まりを超えて掘って隣接する洞窟を探すことを意味します。行き止まりの先にモブの鳴き声が聞こえている場合は、ダンジョンを探すのに効果的です。ピストンが作れるようになると、岩の中からでも近くの洞窟を見つけるのに役立ちます。壁に向かってピストンを設置し、レバーレッドストーントーチなどで動力を与えます。ピストンの前に12ブロック以内の空きスペースがある場合、壁を穴に押します。

廃坑[編集 | ソースを編集]

廃坑は洞窟と交差していることが多いですが、自分の鉱山がその中にトンネルを掘っているかもしれません。廃坑の処理は通常の洞窟の採掘と似ていますが、資源が豊富で、特にハサミ(クモの巣)から得られる木とが豊富です。糸はまた、目印のための羊毛にクラフトすることができます。ここでの特別な危険は、坑道の中で迷子になりやすいということです:見た目が非常に似ていて、松明があらかじめ設置されているので、どの場所を探索したのかがわかりにくくなっています。また、廃坑には洞窟グモスポナーがあり、これに到達して破壊するのはかなり困難です。小さな空間に複数のクモがいることが多いので、たとえクモを倒したとしても、その場所にはさらにクモがいる可能性があるので注意が必要です。互いに16ブロック以内(またはそれ以下)に2匹、3匹、または(非常にまれに)4匹の洞窟グモが並んでいることもありますが、通常、あなたの16ブロック以内には1匹しかいないでしょう。

上側には、松明があらかじめ設置されているので、敵対モブの存在ははるかに低いです。トンネルの支柱の大部分が木材で作られているので、木材不足のために床を張らなくてもよくなっています。また、坑道には壊れたレールや戦利品の入ったチェスト付きトロッコなどがあります。迷子にならないようにする方法の一つは、3×3のトンネルだけを残して、トンネル内のものをすべて取り除いてしまうことです。これは、自分がどこにいたかを思い出すのがはるかに簡単になりますが、かなり長い時間(と多くの斧)がかかります。ここでも看板などの目印があると非常に便利です。フェンスが豊富なので(支柱)、未踏の領域や洞窟グモのスポーンの遮断に使用することができます。

砂の下の洞窟[編集 | ソースを編集]

砂漠のような砂や砂利のある地域で採掘している場合は、砂や砂利のブロックを壊して、他の砂や砂利が落ちるかどうかを確認することができます。落ちるものがあれば、その下に何かがあることを知ることができます。自分の下のブロックが落ちる場合、かなり危険なことがありますが、はしごを置くか、道を掘ることができます。日中に行う場合は、敵対モブは、ほとんどの場合、太陽の下で燃えるか、中立になりますが、いつものように、クリーパーに注意してください。また、落ちている砂や砂利が鉱石を覆っていることもあります。もう一つの(可能性の低い)イベントは、砂の下に溶岩があることです。これは山の下に多いです。また、砂の下にダンジョンがある可能性もあるので、戦うか退却するかの準備をしておきましょう。

洞窟採掘チェックリスト[編集 | ソースを編集]

  1. ツルハシ。初めての採掘であれば、丸石をいくつか採掘して石のツルハシを作りましょう。ゲームをさらに進めて、しばらく採掘することが予想される場合は、鉄のツルハシを2本、石のつるはしを12個以上持っていきましょう。ダイヤモンドにたどり着いたら、ダイヤモンドが見つかる深さで効率よく採掘する方法であれば、ダイヤモンドのツルハシを使うことができ、黒曜石を採掘できたり長持ちします。部分的な鉱脈であっても、通常、壊れたときにツルハシを交換するか、またはしようとしているときに修復するのに十分なダイヤモンドが提供されます。貴重な材料を保存することを好む場合は、石を採掘するため石のツルハシをいくつか取り、鉱石を採掘するためだけに1つの鉄のツルハシを取ります。
  2. シャベル鉄のシャベルが1本あれば、面倒な砂利を手を使わずに素早く切り抜けることができます。他のことに鉄を使用したい場合は、1、2個の石のシャベルでも動作します。後に、ダイヤモンドのシャベルがあると便利です。
  3. 松明。少なくともフルスタックは推奨します。周りを照らすことで、どの場所を探索したかがわかり、迷子にならずに済みますし、モンスターのスポーンを最小限に抑えられますし、影に隠れた鉱石を見つけるのにも役立ちます。
  4. 。道具や松明が尽きたら、ツルハシ、シャベル、松明を補充するために、作業台を作ることができます(採掘から多くの石炭を得ることができます)。完了したときに一緒に作業台を取るか、または小基地の核として残すことができます。
  5. 水入りバケツ。これは溶岩に遭遇した際に、命とアイテムを守るのに役立ちます。また、溶岩湖や池に出くわした場合、水を入れて溶岩を黒曜石に変えることができます。水はまた、設置して滝を作成すると遭遇する穴や渓谷を下ることができます。経験豊富なプレイヤーは、はしごの代わりに水のバケツを使うこともできます。
  6. 空のバケツ。予備のバケツは、溶岩を集めてかまどの燃料にしたり、モンスターから防御したり虐殺したりするのに便利です(ドロップのほとんどを失うことになります)。また、滝を配置した後に、おそらく池からさらに水を拾うために使うこともできます。水が2つあれば、望むときはいつでもどちらかまたは両方のバケツを補充することができ、そこから無限水源を作成することができます。無限の水源を作るための最も簡単な方法は、2×2の高さ1を作って、反対側の角に2つの水バケツを空にします。これは、水源ブロックのいずれからでもバケツを補充することができます。
  7. 食料。長時間の鉱山での滞在は、満腹度バーを消耗させます。食料を持っていくことで、洞窟の中でより多くの時間を過ごすことができるようになります。キノコがある場合は、キノコシチューを作るボウルを持ってきたり、作ったりすることができます。
  8. 武器(石かそれ以上)、、そしてたくさんの。これらはモンスターから身を守るのに役立ちます。できるだけ早くダイヤモンドの剣にアップグレードしましょう。
  9. 防具。遭遇する可能性のあるモンスターや溶岩から守ってくれます。一般的に、少なくとも鉄の防具が望ましいです - 必要に応じて、洞窟で鉱石を製錬し、防具を作ることができます。
  10. チェストは溶岩洞窟を探索する際には、万が一死んでしまった場合に備えてアイテムを保管しておくことができるので、非常に貴重な存在です。鉄の山と金の山を全て失う代わりに、食料や武器を全て失うことなく、近くにチェストと作業台を置いておけば、現在の道具やまだ隠していないものしか失わずに済みます。念のため、隠し場所の座標をメモしておくといいでしょう。
  11. はしご。落ちてしまって起き上がれない時のために...。高いトンネルに到達したり、水を遮断したりするのにも便利です。
  12. 看板。洞窟の中で自分の道を示すのに便利です。「出口 -->」、「ベッドのある家」、「ゾンビスポナーはこちら」、「穴に注意!」などのメッセージやASCII矢印を残しておきましょう。看板は積み重ねることができるので、物資を運ぶのがとても楽になります。また、水や溶岩を遮ることもできます。
  13. (任意)フェンス。秘境の通路を塞ぐだけでなく、水源をバケツで塞げない時の滝や川の封じ込めにも便利です。上述の通り、廃坑でも入手できます。
  14. (任意)各種目印。上記の看板のほかに、羊毛は早めに入手可能になり、レッドストーンは十分に深くなると上に繋がります。利用可能なカボチャを持っている場合は、ジャック・オ・ランタンは、光と方向の両方を提供します。
  15. (任意)丸石砂利。確かに道を進むにつれていくつか拾うでしょうが、安価なブロックで始めると、穴を塞いだり、迅速な階段を作ったり、溶岩をせき止めたり、階段があまりにも高価で時間のかかる場合は、穴や渓谷を渡って道を橋渡したりすることができます。
  16. (任意)苗木小麦の種。地下にツリーファームを作って板材を補充したり、小さな小麦の農場を作ってパン用の小麦を継続的に育てたりすることで、無限に地下にいることができます。これらはどちらも、敵対的モブの出現を防ぎ、成長を促すために、安全でよく照らされた場所に建設する必要があります。
  17. (任意)ドア。木のドアは固体ブロックと組み合わせて、一時的に未踏の洞窟を遮断し、敵対モブが安全な空間に入るのを防ぐのに使用することができます。木のドアのレシピは6つの木材から3つのドアをクラフトするため、それ故に各ドアは2つの木材を使用します - 2x1の穴を塞ぐために必要なものと同じですが、簡単に通過することができ、反対側に多数のモブがいる場合は急いで戻ります。ハードではゾンビは木のドアを破ることができるので、この難易度でプレイする際には注意が必要です。場所が安全になった後、ドアを採掘して洞窟の奥深くに設置したり、目印や装飾として残したり、クリーパーの爆発から洞窟の一部が再び危険な状態になるのを防ぐことができます。

坑道採掘[編集 | ソースを編集]

直下掘り坑道としても知られている坑道採掘は、隠された資源を発掘するために自分のトンネルを掘ることで構成されています。掘る際には通常の警告が適用されます。溶岩や水が出てきたり、深い縦穴やモブが住んでいる洞窟を掘ったりしないように注意してください。これをしている間に、溶岩を支えているブロックを破壊したり、ドロップや敵対的なモブから離れたりする可能性があるので、注意してください。

階段[編集 | ソースを編集]

階段状の坑道

階段の利点は、はしごを置かなくても、いつでも簡単に登り返すことができることです。採掘した石の一部を階段にすることで、降りたり上がったりするのがもっと簡単になります(ジャンプしないでください!)が、頭上の空間を余分に確保する必要があります。このような階段は、発掘された3つのブロック(頭のゆとりがない場合)ごとに最大でも1つのブロックを落とします。何種類か可能です:

直線階段[編集 | ソースを編集]

まっすぐな階段は下に向かっていますが、そのにもあります。これは便利かもしれないし、便利ではないかもしれません。地図を持っていれば、下に降りていく場所の詳細を知ることができるかもしれませんが、別の方法で上に戻る必要がある場合、未知の領域に出てくるかもしれません。また、基地から長い階段を登っていると、基地からチャンク更新の範囲外に出てしまうかもしれないし、少なくとも十分な距離にあるので、それ以上の探索では範囲外になってしまうかもしれません。そうすると、採掘している間は作物が育たないなどの問題が出てきます。これらはすべて1ブロック、2ブロック、3ブロックの幅であっても構いません。

最も基本的な戦略は、下に向かって45度の角度で一直線に掘ることで、下に降りるごとに1ブロック横に移動します。3つではなく、各段の上に4ブロック掘る場合は、段を上がるするたびに「頭をぶつける」ことはないので、戻って登ることが簡単になります。5ブロックごとに松明を置いておくと、標高を把握しやすくなりますし、適度な明るさを維持することができます。

あるいは、斜めに掘ることもできます。角に向かって、その角の2×2×2の立方体のブロックが欠けていることを想像してみてください。次に、その立方体を掘ります。これを繰り返して、各段で松明を追加していきます。これは、各高さの落下の多くの努力が必要ですが、途中でより多くのブロックが見えるようになります。

また、浅い階段を掘ることもできます。これは、水平方向にはさらに遠くになりますが、階段を上ってトロッコを走らせるのがはるかに楽になります。

螺旋階段[編集 | ソースを編集]

螺旋階段は頻繁に回らないといけないので少し複雑ですが、同じチャンクの中に留まることができるので、まっすぐ下に行くことができるという利点があります。これにより、よりターゲットを絞った掘削が可能になり、直進階段よりも早く、より安全に岩盤に到達することができます。

2×2螺旋階段[編集 | ソースを編集]

平らな床から始めて、1ブロック先を掘り、その右に2ブロック下を掘ります。その後、掘った最初の場所の前方に移動し、2段目に向かって右折し、その右の床から下に3ブロック掘る。4段目は、元の床の下に置かれます。床のブロックは天井になるように残し、その下の3ブロックを新しい段に掘り下げます。階段の各回転が次の回転の天井になることに注意して、このパターンを続けます。このデザインは、一周ごとに4層を落ちますしますが、砂利がある場合は、階段に置き換えるために土や丸石を配置する必要があります。右に曲がると時計回りの螺旋になりますが、もちろん反時計回りの階段の場合は反対側に行くこともできます。

3×3螺旋階段[編集 | ソースを編集]

1つ目のデザインは、3×3の水平です。ブロックを1つずつ掘り下げて、3×3の空間の外周を移動することで、階段を降りるときに十分な頭の余裕が生まれます。また、同様にこの段に階段ブロックを追加することができます。任意で手すりのため中央の列を残したり、または掘って素早く移動するはしごを配置することができます。はしごの代わりに、滝を使うこともできますが、階段を「仕上げ」た後に設置しなければなりません(洪水を防ぐために、柱の下に余分な穴を掘ります)。また、呼吸をするために時折水柱から身をかわす必要があります。

基本デザインは一周で8層を落ちます。トロッコ用の浅めの階段(一周で4層)として構築することもできますが、トロッコは周りに岩があるため、いずれにせよ角に苦労するでしょう。

5×5螺旋階段[編集 | ソースを編集]

5×5の端を掘り出す以外は、3×3に似ています。中央の柱はなくなっており、降りるときの光の供給源として機能しています。真ん中は安全柵として機能し、外輪は階段自体です。また、真ん中をくりぬいて(階段を作ったときに洞窟や溶岩湖を見つけなかった場合は、まっすぐ下に掘っても安全です)、その中にハシゴや滝を入れることができ、高さの異なる開口部を設けて、素早く簡単にアクセスできるようにすることもできます。はしごを登っても、外輪を移動するために使用される歩行やジャンプとは異なり、満腹度を消耗しないことに注意してください。水泳は満腹度を消耗しますが、移動する距離が少ないので、まだ先に出てきます。

このデザインは、一周ごとに16層落ちまち、より広い領域で探索的な掘り下げができます。同時に、螺旋の間にあるものを見逃す可能性も大きくなります。

部屋螺旋[編集 | ソースを編集]

5×5の部屋を螺旋状にして下に向かっていく螺旋です。まっすぐな階段をしばらく掘り下げて、5×5の部屋を掘り出して、松明を1本か2本追加するだけです。右に曲がったり左に曲がったりして、別の階段をしばらく掘って、また5×5の部屋を掘って、松明を追加したりします。必ず同じ方向に曲がることを忘れないようにしましょう。この方法だと鉱石などを大量に見つけることができます。もし岩盤にぶつかっても心配しないで、最初の部屋に戻って今度は逆方向に回りましょう。溶岩などを避けたい場合には非常に便利です。また、地下の洞窟が開く傾向があり、そこには常に鉱石や宝石が豊富にストックされています。ただ、モンスターには注意が必要なので、この方法を使うときは必ず剣を持っていくようにしましょう。

垂直採掘[編集 | ソースを編集]

垂直採掘は、地下の採掘場へ行くのに使用される盾のトンネルを採掘しています。(熱狂的であれば)1×1ブロックから始まる任意の幅にすることができます。溶岩に迅速に対処するために、ホットバーに水バケツとブロックのスタックを持つことを忘れないでください。

1×1[編集 | ソースを編集]

別名、「直下掘り」。洞窟や溶岩の中に落ちてしまうので、絶対にやってはいけません。どうしても熱狂的な人になりたいなら、これをやってみてください。ベッドとチェストを上に置いて、ベッドで寝ます。ベッドで寝て、ツルハシ、はしご、砂利と丸石、そしておそらく松明のそれぞれのスタックは持って、チェストにインベントリのすべてのものを入れます。死ぬか、目標の深さに達するまで掘り下げて、上にはしごを置きます。高さ5ブロックごとに、はしごの反対側に2ブロックの高さの足場を切ります。洞窟に落ちて生き残った場合は、落ちた穴に柱ジャンプして戻ったり、目の前に丸石の柱を建ててその上にはしごを置いたりします。洞窟に落ちて死んだ場合は、その下にあるはしごを壊して柱の砂利を落としたり、下に降りる途中で見つけた鉱石を回収したりすることができます(モブに注意)。溶岩に落ちた場合は、鉱石のことは忘れてもいいですが、水を落として溶岩を鎮めることができるかもしれません。

この方法は安全に行うことができますが、とても時間がかかります。⇧ Shiftを押しながら、まっすぐ下に採掘しながらはしごにしがみつく以外は、以前と同じです。この方法では、もし縦穴や溶岩の中に採掘しても、Shiftを離さない限り、そこに落ちることはありません(Shiftははしごを下に移動させてくれませんが、採掘が遅くなります)。洞窟を見つけたら、少し登って最後に置いたはしごを外して、代わりに水の入ったバケツを置いてください。これで泳いで下に降りることができますが、下に溶岩があった場合は黒曜石に変化して無害になります。また、側面には1つの深い2つの広い床を掘ることができ、松明を置いたり、休んだり、最も重要なことは、はしごにつかまらずに穴を深く掘ることができます(到達できる限り)。

1×1の縦穴で上向きに採掘する場合、上に行くにつれてはしごを置いている、実際には安全に採掘できることに注意してください。溶岩ははしごで塞がれてしまうので、燃えることはないです(できたとしても火のブロックが現れる場所がありません)。

1×2[編集 | ソースを編集]

  1. 縦穴が欲しい場所を選択
  2. 立っているブロックに隣接する最初のブロックを採掘
    1. 降下
    2. 立っていたブロックとその下の1つのブロックを採掘
    3. ブロックごとにはしごを設置(Beta 1.5の時点では隙間のあるはしごを上ることは不可)
    4. 2へ
  3. 所望の深さに到達するまで、上記のパターンで続行。それからは、任意の水平方向の採掘方法を使用。

より簡単なもの


  1. 縦穴が欲しい場所を選択
  2. 2つのブロックの間の境界線に起立
    1. 立っている2つのブロックを掘っていき、必要があれば停止する準備を
    2. ブロックごとにはしごを設置
    3. 1へ
  3. 所望の深さに到達するまで、上記のパターンで続行。それからは、任意の水平方向の採掘方法を使用。

1×3[編集 | ソースを編集]

1×2に似ていますが、松明やはしご、はしごから落ちた場合の足場を置く場所が増えます。また、砂利の塊、洞窟、溶岩の警告と、それらに対処するための余分な部屋のブロックを得ることができます。これは比較的安全で、自分の基地の中から採掘を始めるには良い方法です。

より一般的なものでは、広い側の真ん中にはしごを走らせていますが(数ブロックごとに、そして掘る高さでは両側に落下を防ぐブロックを置きます)、もう一つの方法は、一方の端にはしごを置き、もう一方の端には滝を置くことです。その後、落下を防ぐために真ん中にブロックを何個か置くことができますが、息をするために滝から飛び出すための空間をたくさん残しておきます。

2×2[編集 | ソースを編集]

正方形の一角の下にはしごを配置して、一度に1つの高さを掘削したいと思います。また、比較的安全です。

水クッションのある縦型坑道[編集 | ソースを編集]

坑口上部の切り取り図。(1) 入口通路 (2) 上昇立坑 (3) 下降立坑。
坑口の底部の切り取り図。上昇立坑と下降立坑の松明の配置に注意してください。(1) 上昇立坑 (2) 下降立坑 (3) 水クッション (4) 拠点部屋・採掘場への横通路。

縦型の採掘坑道は素早く建設することができ、マップの最深部への安全かつ迅速なアクセスを可能にします。底に降りるには、縦穴の中に入るだけです。上昇坑を通過し、下降坑に落ち、水溜りに着地します。上昇するには、はしごを登ります。

本ガイドでは、以下のような特性を持つ立坑の施工について説明しています:

  • 最下層の採掘高度への迅速なアクセスを提供
  • 高速施工
  • きちんとした量の木材が必要

欠点:

  • トロッコには不向き

材料:

木材の必要量は、約60ブロックの木になります。

建設[編集 | ソースを編集]

概要:

  1. 全ての材料を収集
  2. 岩盤まで3ブロックの幅の縦穴を採掘
  3. 拠点部屋を採掘
  4. 水の縦穴を採掘・水を設置
  5. 上昇縦穴にはしごを設置
  6. 縦穴の中心部に柱を設置

詳細:

まずは材料を集めて製造します。バケツには必ず水を入れておきましょう。既存の部屋の側面に立坑を施工します。3ブロックの深さの部屋を掘ることから始めます。縦穴の上部が地上にある場合は、狭い側に1つだけの入り口を持つフェンスや壁で囲まれている必要があります。図のように、1本の松明を床の端に置きます。

次に、3ブロック幅の縦穴を岩盤までくまなく掘ります。自分が立っていたブロックを掘ってはいけません。高さ3×幅2の部分を掘り出し、そこに飛び降りて、立っていた3本の高さの柱を掘り出します。松明を左右(上りと下り)に一定の間隔で置き、1ブロックを掘り起こして松明を入れます。上りでは、松明ははしごの邪魔にならないように幅の広い側に置く。下りでは、松明は主に狭い側に配置する必要がありますので、どちらの側が上昇し、どちらが下降しているかを確認することができます。

横のブロックを掘るときは油断しないようにしましょう!溶岩湖やモンスターの洞窟への横穴は危険な場合があります。穴を塞ぐ準備をしておくか、上に行ってしてブロックを投げて上に脱出できるようにしておきましょう。また、3×2のところは、上がる前に洞窟に開いていないことを確認してください。縦穴は明るくしておきましょう。岩盤に到達したら、下降側に3ブロックの深さの縦穴を作ります。スクリーンショットのように、必要に応じて中腹側と上り側を埋めていきましょう。

拠点部屋の水桶。

縦穴の中央では、横の縦穴を切り抜きます。着地の縦穴が3ブロックの深さでなければならないという事実のために、この縦穴で数ブロック下に階段を降りることができます。次に、拠点部屋を掘り出します。この部屋に水用の3×1の水源を切抜きます。この穴の先にバケツをそれぞれ空にします。水が満たされ、静止した状態になるはずです。

水桶の中央から再度バケツに水を入れます。下降立坑の底にある縦穴に水を入れます。縦穴の深さが3ブロックになり、各ブロックが水で満たされていることを確認してください。

今度ははしごを置いて、縦穴の中央を埋めましょう。上昇立坑に立ち、下降立坑とは反対側を向いてください。前の壁にはしごを配置し、登ります。頂上まではしごを組み立てます。

はしごを使って再び下まで下降します。縦穴の中央はまだ埋められていないので、注意してください、落下して死ぬ可能性があります。一度底に、縦穴の中央に立って、ブロックで埋めます。上に上がり、自分の下にブロックを配置します。頂上に到達したら、地面(スクリーンショットを参照)の下に中央の柱1ブロックを残します。それを1ブロック下に残すことで、歩くだけで下降立坑に入ることができます。

交互着地

3ブロックの深さの水の着水クッションの代わりに、拠点部屋の天井にある縦穴の底部に1ブロックの水ブロック(落下量が60以上の場合は2ブロックを使用)を置き、縦穴の下の壁に看板を置いて「所定の位置に保持」すると、それを通って落ちるときに落下ダメージが軽減され、拠点部屋の底部に損傷なく着水することができるようになります。これはコードのバグを利用している可能性がありますが、それは深い縦穴を下に行くための最速かつ最も簡単な方法であることに注意してください。

水平採掘(または資源採掘・階層化)[編集 | ソースを編集]

安全性:

水平採掘は垂直採鉱ほど危険ではありません。しかし、同様の提案が何個かあります。水バケツと使い捨てのブロック、燃えない材料(砂、砂利、丸石など)をホットバーに持って持って行ってください。ブロックはすぐに溶岩の漏れを塞ぐのに使用することができ、水を溶岩源に注いで黒曜石に変えるために、また火を消すことができます。(溶岩流は通常、水源ブロックであれば丸石になりますが、たまに滑らかな石になることもあります)。

用語と定義

幹線道:1×2または2×2のトンネルを使用して他のトンネルにアクセスする。

効率:採掘に入れた労力に対してどれだけ多くの鉱石を得られるか、あるいはどれだけ多くの丸石を掘って鉱石を見つけることができるか。

徹底度:1つのチャンクからどれだけの鉱石を採取できるか。

妥協点:採掘は効率を犠牲にしてより念入りにすることができますが、その逆もあります。

設計:鉱山の上から見た外観。

枝道:鉱石を集めるためだけに掘られたトンネル。

枝道の長さ:何ブロック分の枝道を掘り出すか。石のつるはしで耐久力の長さを測るのも一つの方法です。

間隔:枝道の間隔。

完全徹底:掘られた新しい4ブロックが見えるようになっており、チャンク内のすべてのブロックが見える鉱山。

階層化:効率を犠牲にすることなく、はるかに高い徹底度を得るため、上にブランチマイニングを積み重ねる。

効率性と徹底性

マインクラフトの採掘効率とは、採掘した鉱石ブロックの数と、その鉱石ブロックに到達するのに費やした時間との関係で定義されます。徹底度とは、与えられたチャンクから入手した鉱石の割合です。効率は採掘されたブロックごとに見えるようになったブロックで近似しており、徹底度はチャンク内のブロックごとに見えるようになったブロックで近似しています。どちらも「見えるようになったブロック」を含むため、しばしば混同されます。

すべての鉱石が2×2×2の立方体以下で生成されると仮定すれば、すべてのブロックを見えるようにする必要はありません。3ブロックの間隔で、各坑道の間に4ブロックを挟んで採掘すれば、完全に徹底した採掘が可能になります。90%の鉱石が2×2×2、10%の鉱石が1×1×1だと仮定すると、100%の徹底度を得るためには3ブロックの間隔と2ブロックの階層化距離が必要ですが、古典的な鉱山(3ブロックの間隔4ブロックの階層化)では98%の徹底度を維持しています。100%の徹底した鉱山では、2倍の石を採掘する必要がありますが、総収量は2%増加するだけで、効率は半分になります。

効率の実際の数値を示すため、効率=100×(採取された鉱石の数÷採掘されたブロックの数)、または同等に、効率(%) = (採取された鉱石の数÷採掘されたブロックの数)を使用することができます。

いくつかの前提条件が必要です:

  1. 鉱石がランダムに分布
  2. 鉱石がランダムに配向
  3. 鉱石が一定の幅を占め、互いに走っているのが近すぎる2つのトンネルが同じ鉱石と2回交差することになる

マインクラフトでは、これらの仮定は基本的には正しいのですが、ダイヤモンドは1つのチャンクに1回しかスポーンしないので、多少の誤差があります。

そこで私たちは議論の核心にたどり着きます。伝統的な「効率的な」採掘方法では、可能な限り多くのブロックを「観察」するため、トンネルは近くに間隔をあけて配置されています。そこで、1つのトンネルが1ブロックずつ別のトンネルから離れている1ブロックの間隔を考えてみましょう。最初のトンネルの掘削中に、いくつかの鉱脈に遭遇します。このトンネルは高効率(後述するように、実際には可能な限りの最大効率)です。2本目のトンネルの効率は非常に低く、これは、遭遇する鉱脈のほとんどすべてが1本目のトンネルによってすでに除去されているからです。これにより、採掘作業の効率は急落します。1ブロックの間隔は信じられないほど効率が悪いです。次に2ブロックの間隔に移行します。これは多くの人が使用している間隔で、1層で100%のブロックが観測されるためです。しかし、2ブロックの間隔では、2本目のトンネルでは、すでに除去された鉱脈に遭遇することになるので、これもかなり非効率的です。このように、2本目のトンネルが隣接するトンネルで既に除去された鉱脈に遭遇する可能性がある限り、効率は最大値以下となります。従って、第二トンネルを隣接するトンネルから十分に離れた場所に配置して、既に除去された鉱脈に遭遇する可能性がないようにすることが、最も効率的な採掘方法であると言えます。

実際のマインクラフトレベルの2D断面と仮想採掘手順を使って、matlabでこの問題をモデル化しました。モデルは2D層を通る1ブロック幅のトンネルを採掘し、実際のプレイヤーが行うのと同じように、遭遇したすべてのダイヤモンドを取り除きます。このモデルはダイヤモンドに限定されていますが、原理はすべての鉱石に適用されます。トンネルの間隔を1から10まで変えて採掘を繰り返します。モデルは、各場合で採掘されたダイヤモンドの数、除去されたブロックの数を記録し、各間隔の効率を計算します。簡単なグラフが作成されます:

Maximum efficiency is reached at a spacing of over 6 blocks

結果は期待されることを示しています - トンネルが近接している場合、採掘者は隣接するトンネルによってすでに取り除かれたダイヤモンドに遭遇するため、効率が悪いことを示しています。最大の効率は約6ブロックの間隔で達成されます(つまり、トンネルとの間に6ブロックが残っています)。この間隔では,効率は約0.017であり、除去されたブロックの1.7%がダイヤモンドであることに相応します。この間隔では、トンネルは実質的に互いに独立しているので、統計的に言えば、鉱石が隣接するトンネルによって除去された可能性がないので、鉱石に遭遇する機会が最大化されます。鉱石回収率は単純に高度内の鉱石分布の関数であるため、間隔が6以上になると効率は大きく向上しません。注:上のグラフでは、10の間隔で効率が低下しているように見えます。これは単に方法のモデル化に使用した大きさの制限であり、高い間隔では誤差が大きくなります。より大きなものが使用された場合、グラフ線は滑らかに最大効率に達し、そこに留まるでしょう。

要約:

  1. 「効率」という用語は、すべてのブロックを見える状態にするという実践によく適用されますが、これは通常、採掘者の目的ではありません。
  2. 「効率」のより現実的な定義は、除去されたブロックのうち鉱石であるブロックの割合を説明するもので、換言すれば効率=(除去された鉱石÷除去されたブロック)です。
  3. 最大効率は、隣接するトンネルが互いに独立した状態になったときに達成され、隣接するトンネルがすでに鉱石を除去している可能性がないので、最大効率に達します。
  4. ダイヤモンドの場合、この最大効率は6ブロックの間隔で達成されますが、ダイヤモンドに比べて他の鉱石は通常大量に採取されるため、日常的な採掘作業にはこの間隔が推奨されます。

ブランチマイニング[編集 | ソースを編集]

ブランチマイニングは、幹線道から可能な限り多くのブロックを露出させるため、最小限のブロックを削除した幹線道の外側にあるトンネルを採掘することで構成されています。ブランチマイニングのチュートリアル動画です↓

ブランチマイニングの作成は簡単です。まず、地下を深く掘り、0~16ブロック上まで掘っていきます。F3を押すと、Y軸がプレイヤーキャラクターの現在の深さを表示します(その高さでは溶岩湖を処理するのが簡単なので、高さ11で採掘するのがベストです)。希望の高さに到達したら、少なくとも20ブロック壁を掘って坑道を作ります。坑道から出てきて、少なくとも3ブロック左か右に移動して、もう一度同じことをして、壁を20ブロック掘ります。作られた各坑道には、ほとんどの場合、石炭鉱石鉄鉱石レッドストーン鉱石から金鉱石ダイヤモンド鉱石に至るまでの資源ブロックが含まれています。

採掘の各枝道で選択された距離の間の妥協点があります。枝道ごとに2ブロックの距離は、ほとんどすべてのブロックが見えることを意味しますが、より多く働かないといけません。枝道ごとに5ブロックの距離は、広い距離になりますが、一部の鉱脈、特に4ブロック未満の鉱脈が見えます。ダイヤモンドラピスラズリが欠落している可能性があります。3ブロック間隔が最適と題された図を使用すると、隠された鉱石が残りませんが、より多くの石を採掘する必要があります。少し余分な採掘を気にしなかったり本当に金、レッドストーン、ダイヤモンド、鉄、石炭を必要としない場合は、この方法を使用することをお勧めします。

レイアウト1[編集 | ソースを編集]

枝道を上下にずらすことで、距離の妥協点を最小限に抑えることができます。(これは側面図です) 例:

ずれている採掘高度

レイアウト2[編集 | ソースを編集]

もう一つの選択肢は、チャンクごとのブランチマイニングです。これは2ブロックの間隔のブランチマイニングですが、1つのチャンクの領域を使って建設され、チャンクの石の約45%を採掘するだけで、すべての鉱床を確実に見つけることができます。この鉱山の最初の岩盤への立坑は、中央の通路に1×2本の立坑が縦に収まるようになっています。

チャンクごとのブランチマイニング

レイアウト3[編集 | ソースを編集]

アンテナ

最小限の労力でレアな資源を見つけたい場合に有効なテクニックです。基本的には、どの高さまで採掘しても、通常は岩盤まで採掘し、その後、幹と枝のある木のように、外側に向かって採掘します。

  1. 階段方法で岩盤まで掘り下げます
  2. 2ブロック上に行き採掘したスペースをすべて埋めます
  3. 3×3の部屋を掘ります
  4. まっすぐ2×1のトンネルを掘り、4ブロックごとに32ブロック掘り出します
  5. (任意)分岐ごとに32ブロック数えたくない場合は4ブロックごとに1×1のトンネル「マーカー」を掘って、次の分岐で止めて下さい
  6. さらに効率を上げるには、採掘されたブロックのそれぞれが2×1トンネル以上のものが見えるようになるので、1×1トンネルの4ブロックを掘って20ブロックのトンネルが終了できる

この方法は、望ましいブロックが隣にない状態で作られる確率が比較的低いことに基づいているので、枝の間に完全に落ちている小さな/狭い鉱脈を時折見逃すことになりますが、地面をより速くカバーするので、通常は時間の割に多くの鉱石を得ることができます。もし100%のカバー率を確保したいのであれば、単純にトンネルを近くに配置してください。それはまた、迅速に行えることを意味します。

図:

                           X = 坑道
                           B = 枝道
                           S = 階段
                           Y = 基地(物資などのため)
                           - = (任意)1×1ブロックのトンネル
                           
          B-------B                 B-------B
          B       B                 B       B
          B       B                 B       B
          B       B                 B       B
          B       B                 B       B
          B       B                 B       B
          B       B       YYY       B       B
X X X X X X X X X X X X X YYY X X X X X X X X X X X X
          B       B       YYY       B       B
          B       B        S        B       B
          B       B        S        B       B
          B       B        S        B       B
          B       B        S        B       B
          B-------B        S        B-------B

1本1本の枝の長さはどのような長さでも構いませんが、石のつるはしの耐久性で測ると32ブロックくらいがそもそもの長さとしてはちょうど良い長さです。

レイアウト4[編集 | ソースを編集]

間隔2の鼠花火採掘

鼠花火採掘

レイアウト:

鼠花火採掘のレイアウトは、長い時間をかけて大きな正方形の土地をカバーするように設計されています。

  1. お好みの方法でダイヤモンド層へ。
  2. 自給自足基地として設定したい場合は10×10×8のように大きな、または自分だけの鉱山にしたい場合は4×4×2のように小さい部屋を作成。(2×2の幹線道が好きなら偶数、1×2が好きなら奇数)。
  3. 壁の真ん中に幹線道に印を付けます。写真は2×2のトンネルです。(広いトンネルを使用しない場合は、看板で幹線道に印を付けます。)
  4. インベントリが一杯になるまで、与えられた幹線道を掘ってください。(アクセスシャフトから鉱石を取り出す機会がたくさんあります)
  5. 注意:単純な直進階段で降りる場合は、しばらく南トンネルから離れる必要があるかもしれません。
  6. 所望の間隔で枝道に印をつけます。写真では2ブロックの間隔で100%徹底していますが、効率が悪いです。
  7. インベントリがいっぱいになるまで各枝道を掘って、3ブロック離れて、その後、振り向く
  8. 帰り道、暗い場所に松明を置き、見落とした鉱石を集めることをお勧めしますが、必須ではありません。

いつものように、どのような間隔でも使用することができます;3ブロックの間隔は、合理的な効率と合理的な徹底性の両方を兼ねます。

効率の面では不死鳥採掘に対抗できるレイアウトで、必要に応じて改造もしやすいのですが、毎回の移動に時間がかかるのが難点です。

レイアウト5[編集 | ソースを編集]

部屋と分かれ道

  1. 7ブロックの長さ、10ブロックの幅と3ブロックの高さである部屋を掘る。10ブロックの壁、好ましくは2ブロックの幅のいずれかの真ん中に階段/はしごがあります。
  2. 1つの角から始めて、掘ったばかりの部屋の壁の1つを平行に掘って、20ブロックの間、5ブロックごとに松明を配置します。
  3. そして、前のトンネルとの間に2ブロックおいて別の20ブロックのトンネルを掘ります。
  4. 部屋の反対側に着くまで続けます。

図(土:トンネル、階段ブロック:階段):


これを適切に利用することで、かなり広い領域のすべてのブロックを発見することができ、鉱物の収量はかなり高いです。階段の幅が2ブロックあることで、その周りに剥ぎ取り採掘ができるので、徹底した剥ぎ取り採掘が可能になります。また、各トンネルの長さは20ブロックが良いでしょう。

レイアウト6[編集 | ソースを編集]

羽根採掘

羽根採掘は伝統的なブランチマイニングですが、ブロック数と採掘されたブロック数の比率がより良くなるように設計されています。伝統的なブランチマイニングと同様に、羽根採掘では、幹線道から分岐する平行な2×1の坑道がいくつかあります。しかし、それらの坑道はブランチマイニングよりもはるかに離れています(3ブロックに対して13ブロック)。その理由は、2×1坑を掘っていくと、4ブロック進むごとに左右に1×1の穴を掘ることになり、これまで隠されていた多くのブロックが見えてくるからです。洞窟マップやX線テクスチャパックで見ると羽のような形をしていることから、この採掘方法の名前が付けられました。

これは、伝統的な羽根採掘がどのように見えるかを示しています(上から見た図):

凡例: . = 2ブロックの高さの空気
     # = 2ブロックの高さの石
     - = 下1ブロックは石で上1ブロックは空気
     T = 幹線道

     # # # # # # # # # # # # #
     # - - - - - . - - - - - #
     # # # # # # . # # # # # #
     # # # # # # . # # # # # #
     # # # # # # . # # # # # #
     # - - - - - . - - - - - #
     # # # # # # . # # # # # #
     # # # # # # . # # # # # #
     # # # # # # . # # # # # #
     # - - - - - . - - - - - #
     # # # # # # . # # # # # #
     # # # # # # . # # # # # #
     # # # # # # . # # # # # #
     T T T T T T T T T T T T T
     # # # # # # . # # # # # #
     # # # # # # . # # # # # #
     # # # # # # . # # # # # #
     # - - - - - . - - - - - #
     # # # # # # . # # # # # #
     # # # # # # . # # # # # #
     # # # # # # . # # # # # #
     # - - - - - . - - - - - #
     # # # # # # . # # # # # #
     # # # # # # . # # # # # #
     # # # # # # . # # # # # #
     # - - - - - . - - - - - #
     # # # # # # # # # # # # #

この方法を適用する最も効率的な方法は、鉱石を見逃すことを不可能にするため、2ブロックの間隔を空けて適用することです。

また、羽根採掘は間違いなく最も効率的な採掘方法です。横から見ると、従来のブランチマイニングよりも少ない採掘量で最も多くの鉱石を発見できることがわかります。

(いくつかの床の側面図)

凡例: - = 空気
     # = ブロック
     # # # # # # # # # # # # #
     # - - - - - - - - - - - #
     # # # # # # - # # # # # #
     # # # # # # # # # # # # #
     # - - - - - - - - - - - #
     # # # # # # - # # # # # #
     # # # # # # # # # # # # #
     # - - - - - - - - - - - #
     # # # # # # - # # # # # #
     # # # # # # # # # # # # #
     # - - - - - - - - - - - #
     # # # # # # - # # # # # #
     # # # # # # # # # # # # #

階層化ブランチマイニング[編集 | ソースを編集]

高度なブランチマイニングは、複数の高さで100%の鉱石を採掘する最も効率的な方法の一つです。(Stairway pieceは階段部分、Corridorは廊下)
この設定により、最初に深さを選択し、次にその深さで適切なトンネルを選択することで、トンネルに沿った直線的な移動が可能になります。

階層化ブランチマイニングとは、坑道採掘を重ねていくことです。

しかし、採掘坑道を重ねることを決定した場合は、奇数間隔を使用する必要があります、そうでない場合は、非効率性と盲点ができます。

例えば、以下のような階層化は、2×2×2の立方体の貴重な鉱石を見つけながら、非常に効率的であるという利点があります。これは、一部の小さな鉱脈を見逃してしまうという欠点がありますが、思っているほど多くを見逃してしまうことはありません。

(y=12, y=16, y=8での採掘)
oxoooxoooxooo
oxoooxoooxooo
ooooooooooooo
ooooooooooooo
oooxoooxoooxo
oooxoooxoooxo
ooooooooooooo
ooooooooooooo
oxoooxoooxooo
oxoooxoooxooo
ooooooooooooo
ooooooooooooo
(岩盤が始まる)
(x=枝道, o=石)

これは、最初の採掘坑道のすぐ下または上にダイヤモンドの2x2x2の立方体が残る可能性に耐えられない場合は、シングルプレイヤーには良い採掘方法です。

次のものは階層化距離が3で、発見された鉱石/丸石の除去効率が著しく低いですが、少なくとも90%以上のダイヤをチャンク内で発見できます。

oooxoooxoooxo
oooxoooxoooxo
ooooooooooooo
oxoooxoooxooo
oxoooxoooxooo
ooooooooooooo
oooxoooxoooxo
oooxoooxoooxo
ooooooooooooo
oxoooxoooxooo
oxoooxoooxooo
(岩盤が始まる)

徹底したものが実は価値があるという、やや混雑したマルチプレイにはもってこいの採掘です。

最後のブロックが全て見える代わりに効率を犠牲にしても構わないというのであれば、階層化の距離を2にすることができます。

oooxoooxoooxo
oooxoooxoooxo
oxoooxoooxooo
oxoooxoooxooo
oooxoooxoooxo
oooxoooxoooxo
oxoooxoooxooo
oxoooxoooxooo

しかし、この特定の階層化は効率が悪いだけでなく、写真のようなアクセス方法のいずれかを必要とします。灰色の写真のように、階段のある8本の高さのトンネル、2-3本の幅のトンネルのいずれかです。または2組の層への1つの幹線道を使用します。この方法を使うのは、バカみたいに混雑しているマルチプレイヤーサーバーでのみで、重要なのは、ランダムにより見逃してしまったレッドストーンの鉱脈を見つけることです。

しかし、かなり徹底していて、直軸よりもわずかに効率が悪いだけで、無駄な労力をかけずにほぼ全てを徹底したものに変えられるので、ほぼ全ての間隔とレイアウトを与えられた階層化距離で使用することができます。

ほぼすべてのレイアウト、間隔、枝道の長さは、任意の階層化距離と組み合わせることができますが、短い間隔で不死鳥採掘でそれを行うことは、頭痛がしやすい人にはお勧めできません。

迅速採掘[編集 | ソースを編集]

迅速採掘とは、プレイヤーが半径50ブロックの範囲内でランダムに採掘する方法です。効率Vのダイヤモンドつるはしと、俊敏I/IIと勤勉IIのビーコンを使用することで、鉱物を素早く手に入れることができます。最初は高価ですが、すぐに報われます。これはダイヤモンド高度で行うことをお勧めします。

最高の結果を得るには、効率VシルクタッチIのダイヤモンドツルハシを使って鉱石を採掘・収集し、金と鉄を精錬し、幸運IIIのツルハシを使って他の鉱石を採掘するとよいでしょう。

事実:1時間以内に、Ethoはこのテクニックを使って3スタックの鉄と1スタックの金、10個のダイヤモンドと4スタックのレッドストーンブロックと多くの未採掘の鉱石を集めました。その後、彼はダイヤモンドを捨てて、これでどれだけの鉱石を手に入れたかを示しました。

簡易剥ぎ取り採掘[編集 | ソースを編集]

このテクニックは、山の上の6層を完全に脱ぐというものです。山が完全に平らになるまで続けてください。TNTは、爆発で草や土がほとんど破壊されるので、最初の5層に有効です。

図:

凡例: A = 空気
       B = ブロック
        L = 地面の高さ

手順1:

         A A A A A A A A A A
         A A A A A A A A A A A A
       A A A A A A A A A A A A A A
       A A A A A A A A A A A A A A A
       A A A A A A A A A A A A A A A
     B B B B B B B B B B B B B B B B

採掘を開始すると最初の5層が無くなります。

次の手順:

         A A A A A A A A A A
         A A A A A A A A A A A A
       A A A A A A A A A A A A A A
       A A A A A A A A A A A A A A A
       A A A A A A A A A A A A A A A
     A A A A A A A A A A A A A A A A
   B B B B B B B B B B B B B B B B B B
         A A A A A A A A A A
         A A A A A A A A A A A A
       A A A A A A A A A A A A A A
       A A A A A A A A A A A A A A A
       A A A A A A A A A A A A A A A
     A A A A A A A A A A A A A A A A
   A A A A A A A A A A A A A A A A A A
 B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B

この時間のかかる方法は、材料が必要な時や平坦な場所が必要な時に便利です。

露天掘り[編集 | ソースを編集]

露天掘りは剥ぎ取り採掘と非常に似ており、領域内のすべての資源を採取することができます。これらの採掘方法はマインクラフトでは非常に一般的に使用されています。露天掘りと剥ぎ取り採掘の違いは、採石の過程では、大きな長方形や四角い穴を、階段を使って下に向かって継続的に採掘します。この方法は、現実世界の露天掘りに似ていることからその名がつきました。露天掘りは、通常、大きな洞窟が発見されたとき(これは直接発掘を止めるわけではなく、継続することを困難にするだけです)、採掘者が別のプロジェクトのために露天掘りを放棄したとき、または岩盤に到達したときに中止されます。大きな洞窟に対処する方法は、黒曜石のようなクリーパー耐性のある材料で洞窟を塞ぐことです。1つは、アクセスを容易にするために、螺旋状にトロッコレール(パワードレール)を配置することができます。

露天掘りの建設:

  1. サイズを決めましょう。基準はありませんので、単純にどのくらいの大きさにするかを選びます。しかし、一つの採石場の中で資源を最大化するために、面積を大きくすることをお勧めします。典型的な採石場は、例えば、20×20または20×30にすることができます。
  2. 十分な広さの空間を見つけたら、敷地の角を1つ掘り下げます。次に、それに隣接するブロックを採掘します。敷地の周囲に1ブロック深い溝ができるまで、敷地の周囲の周りにこれを続行します。
  3. さて、周囲を設定したので、敷地内のすべての地面のブロックを採掘します。これが完了すると、地面に大きな、正方形、1ブロックの深さの穴があるはずです。
  4. 次に、最初に掘った角に戻り、もう1ブロック掘り下げます。手順1と同じことを繰り返します。この高さを完了すると、階段やはしご、つるなどを設置することができます。
  5. 岩盤に行きつくまで、層を採掘し、次に別の層を採掘する過程を続けます。これを達成するには数日の精力的なプレイが必要になるかもしれませんが、収益はそれだけの価値があるでしょう。参考までに、20×20の露天掘り(岩盤まで)では、通常、石炭が3~10スタック、鉄鉱石が1~7スタック、金鉱石が半スタック、レッドストーンダスト(下の方)が50個、ラピスラズリやダイヤモンドが数個、露天掘りの幅、深さ、場所によって異なります。
  6. また、様々なゲームMODは、露天掘りや同様の迅速な採掘技術のための道具を提供する場合があります。

本当に無謀な採掘者は、巨大な露天掘りを作ることで知られており、50×50、64×64、80×80の巨大なものもあり、2200個もの丸石/石が積み上げられています。それを考えると、塔の中の丸石のブロックの高さは140,800メートルにもなり、地球上で最も高いビルであるブルジュ・ハリファの170倍という非現実的な高さになります。これらは、その大きさを考えると、24時間365日のゲームプレイの数週間が必要になりますが、石の報酬は巨大です。

例:

凡例: - = 空気
     B = 石ブロック
     S = 階段

最上部:

         BBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBB
         BS----------------------------B
         B-----------------------------B
         B-----------------------------B
         B-----------------------------B
         B-----------------------------B
         B-----------------------------B
         B-----------------------------B
         B-----------------------------B
         B-----------------------------B
         B-----------------------------B
         B-----------------------------B
         BBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBB

次の数層下:

         BBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBB          BBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBB
         B-----------------------------B          B-----------------------------B
         BS----------------------------B          B-----------------------------B
         B-----------------------------B          BS----------------------------B
         B-----------------------------B          B-----------------------------B
         B-----------------------------B          B-----------------------------B
         B-----------------------------B          B-----------------------------B
         B-----------------------------B          B-----------------------------B
         B-----------------------------B          B-----------------------------B
         B-----------------------------B          B-----------------------------B
         B-----------------------------B          B-----------------------------B
         B-----------------------------B          B-----------------------------B
         BBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBB          BBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBB


丸石、砂、石炭、鉄、ある程度の金などの採掘量は膨大で、溶岩の可能性も高いが、ダイヤモンドやラピスラズリはマップの最下層にしか存在しないため、採掘には不向きです。(注:ダイヤモンドとラピスラズリはこの方法で採掘することができますが、その希少性のため、その大きさと一緒に露天掘りの場所によって採掘量が決まります)。この種類の採掘は、大量の資源を得る能力に加えて、丸石、鉄、石炭を大量に得るために提案されていて、この種類の採掘は、さらなる探査/採掘のため多くの洞窟が公開されています。

採掘以外にも、露天掘りは、地域を清潔で新鮮な状態に保ち(自然を壊さない)、便利なトラップとしての役割を果たすなど、資源に関連しない利点もあります。

警告:水で底の2層を覆わない限り、落下は確実に致命的になるので、この鉱山の周りに非常に注意してください。坑道がブロックの層で覆われているか、フェンスで囲まれていることを確認してください。また、モブの穴にならないように、坑道は十分に照らされている必要があります。

露天掘りが完成すると、大きくて深い穴が空いた状態になります。使い終わった露天掘りの活用方法はいろいろありますが、以下のような選択肢があります:

地下基地

露天掘りの開放的な性質のため、多くのプレイヤーは露天掘りに浮かんでいる複雑な基地を作り、使われていない場所を砂利で埋めることを選択します。正しく行えば、特にその上に草が生えている場合には地下基地は地表からは発見されません。余分な解放感のために、地上に木を植えることを検討してください。基地の上に大きな溶岩湖を置くことで採掘者を抑止することができます。これはまた、基地の周りの敵対モブの出現を減少させます。

建設場所

露天掘りが完成したら、超高層ビルや高層ビルのような構造物でエリアを埋めることができます。256ブロック以上の高さの建物もあるので、岩盤の高さから建築してより大きな構造物を作ることができるので、海面で建築するよりも効果的です。

水中基地

これらは地下基地と同じ方法で作られていますが、地上は人工的な泉、湖、川などからので満たされています。追加の効果を得るために、多くのプレイヤーはガラスブロックから水中基地を作り、さらに余分な解放感のために気閘を作ります。ほとんどの露天掘りは正方形か長方形なので、水中基地を自然の湖や池のように偽装するのは難しいですが、ちょっとした工夫で自然の水域のように見せることができます。

多段研磨機

露天掘りを終えた後、採掘した面積が広いので、大きな多段研磨機を作るのに最適な空間を作ることができます。

トンネル採掘[編集 | ソースを編集]

これは、長いトンネルを掘ることが含まれます。多くの木材(棒用)と、最適には、作業台、チェスト、かまどが必要になります。最も簡単なトンネルは高さ2×幅1のものですが、トンネルが広くて高いほど、1つのチャンクを探索するごとに多くの丸石を得ることができます(丸石を早く集めることはできませんし、得られる鉱石の量も少なくなります)。陸上であれば高さ50、水中であれば高さ40、貴重な鉱石のためであれば高さ12で掘ってみましょう。この丸石を使って、すでに探検された洞窟を封鎖することもできます。これは露天掘りのようなものですが、土や砂の層を通るのに費やす資源が少なくて済むので、より便利です。1800ブロックの長さの4×3トンネルは、岩盤に18×18の採石場と同じくらいの効果がありますが、溶岩層にぶつからないので安全です。また、層12であれば、より多くのダイヤモンド/レッドストーンを得ることができるだけでなく、落下しても大丈夫になります!

2×1坑道は、おそらく最も高い収穫量を誇る採掘方法です。数学的には、2×1坑道は前方に採掘された2ブロックごとに8ブロックのブロックが発見されます。このシステムの基本的な前提として、幹線道から10ブロックの深さの枝道を掘っても、ブランチマイニングのように、まっすぐ掘るよりも多くの鉱石を得ることはできません。洞窟制圧のための良い戦略は、素早く降りて、目に見える鉱石を見つけてから、自分の坑道を見つけて移動し続けることです。これを掘った後に家に戻ってすべての道を歩きたくない場合は、ちょうどツルハシの半分未満が使用されるまで、 U形で掘って、側に8ブロックを移動し、戻ってください。この種の採掘の2つの大きな問題点は、A:松明がたくさん必要であること、石炭の収量は松明に費やすコストよりもはるかに高いが、B.多くの距離をカバーしているため、溶岩の入込が発生する可能性がかなり高いことです。

この種のトンネル採掘は、行く道に松明を配置し、20ブロックごとに石に指のトンネルを掘削することです;発見された鉱石を取得し、その後、出口として松明を回復し、トンネルを暗闇の中に戻って突っ込みます;その後、余った丸石のちょうど2ブロックで指のトンネルへの入り口を遮断しています。指のトンネルを無灯火のままにしておくことで、(中は埋められていない)、後にモンスターが出現する可能性があるのは事実ですが、壁に囲まれたトンネルに閉じ込められてしまいます。後になって同じ場所に再び採掘しないように注意してください、そして、そう、後になって敵の騒音が不穏なものになる可能性は低いです。

多重採掘[編集 | ソースを編集]

下のように複数の採掘方法を組み合わせることから名前が付きました:

露天ブランチマイニング[編集 | ソースを編集]

これは、露天掘りを掘って、掘っている間に外側の周りに数ブロックごとに棚を追加することを含みます。露天掘りの側面は一定の長さでなければなりません。例えば、2間隔のブランチマイニングでは、各側面は3n+1[(3で割り切れるもの)+1]の長さのブロックである必要があります。結果は、漠然と1つの大規模な開けた空間とショッピングモールの吹き抜けに似ていますし、「棚」の束のようです。その後、かなりの数のダイヤモンド(約3つの鉱脈)を含む鉱石のため少なくとも20ブロック坑道を掘ると、下の高さに降ります。10×10の露天掘りの場合、約150スタックの丸石を得ることができますが、より大きな鉱山(例えば、40×40)の場合は約2000スタックを得ることができ、大規模な建築プロジェクトに便利です。

露天洞窟採掘[編集 | ソースを編集]

Y25以下まで露天掘りを掘り下げ、洞窟の発掘を試みます。出現すれば、その洞窟を探索することができます。深い洞窟の多くは地表には入り口がなく、露天掘りを掘って外界に封印されている洞窟を開放することで、大量の丸石や土、砂利を得ることができ、深い洞窟を掘り出すことができます。発掘された石にしがみつきたくない場合は、石を使って行き止まりを埋めることができ、洞窟の残りの部分をより簡単に移動することができます。

露天落下坑道採掘[編集 | ソースを編集]

これには基本的な採石技術が含まれていますが、小さな正方形です。まず、どのくらいの大きさにするかを決めます。例えば、私は2×2の正方形の露天掘りを使うので、3×3の穴を開けて、1ブロックを越えて、それを繰り返します。これは最大の鉱石の露出を可能にします。しかし、岩盤に至るまで、少なくとも3×3の正方形の穴が必要です。警告:隠れた洞窟、ダンジョン、溶岩湖、廃坑などに出くわすことがあるので、非常に危険です。

「大量採掘」[編集 | ソースを編集]

まっすぐな道での採掘を好む人のためのものですが、それは非常に長くしないようにしてください。岩盤高度に達したら、何ブロックか登って採掘を開始し、大きな廊下を作ります。洞窟に到達したら、大きな廊下を作り続けてください(ただし、まず洞窟を確保してください)。そうすることで、丸石の大きな貯蔵庫ができ、溶岩を見つける機会が増えます。他のテクニックを使っていて、鉱山で迷子にならなかったら隠れていたであろう鉱石を近くで見つけてください。これは非常に基本的なテクニックでありながら、採掘の疲れる方法です。最大効率のエンチャントと耐久力エンチャントを持つダイヤモンドツルハシを使用することで、ツルハシが途中で壊れないようにするとともに、エンチャントされていない石のツルハシを使用するよりも消費時間を少なくすることができるのでおすすめです。

特殊技術[編集 | ソースを編集]

TNT採掘[編集 | ソースを編集]

TNTの採掘は危険で、探している鉱石を破壊することがあります。どうしてもやりたい場合は、3イン法を使うといいでしょう。無垢の垣を見つけて、3ブロック内側を採掘し、3つ目のくぼんだ場所にTNTを1ブロック配置します。置かれたら、手に持っている火打石と打ち金で右クリックして、数段下がって、石1ブロックで穴の前を素早く遮断します。爆発で完璧な4×3×3の穴ができるはずです。必要に応じて繰り返します。

より高速な(しかしリスクの高い)テクニックは、小さな床の間で採掘し、そこに複数のTNTを充填し、それに点火してかなり大きな洞窟を作ることです。これは、一度に多くのブロックを発見しているが、爆発は、潜在的に貴重な鉱石を含む、ブロックのほとんどを破壊し、爆発は、洞窟にアクセスすることが困難になり、爆発によって免れたブロックを燃やして、漏れる溶岩が大量になることがあります。

TNTは製造するのに高価で(1つのTNTを作るために4つのと5つの火薬を必要とします)、したがって、各TNTの使用を最大化するための別の採掘技術は、壁に4-5ブロックの2x1トンネルを掘ることで、その後、頭の高さで前、右、左、上下に2-4ブロック(穴の所望のサイズに応じて)を採掘することです。土を1ブロック配置して、TNTが中央で爆発するためのスタンドとして機能するようにします。爆発は直径8ブロックを平均するおよそ球形の定形の穴を作成します。この方法はTNTあたりのより多くのブロックを破壊しますが、TNTの周りの空間を切り開くためにツルハシからのより多くの使用を要求します。これは前の技術とは異なり、単一の爆発を作成するだけなので、壊れたブロックからドロップされたアイテムは生き残ります。

シルバーフィッシュ採掘[編集 | ソースを編集]

シルバーフィッシュを使用して、貴重なものを明らかにするため離れて多くの石を削除することができます。これを行うには、穴の中にシルバーフィッシュの束を取得し、穴の上に自分自身を配置します。ほとんどのシルバーフィッシュは石の中に入ってしまいますが、少なくとも何匹かシルバーフィッシュが見えるようにしておきましょう。残ったシルバーフィッシュの上に立っている間に、毒のスプラッシュポーションを投げ、直後に再生のスプラッシュポーションを投げます。毒がシルバーフィッシュを傷つけるたびに、近くにいる銀魚を石の中から呼び出し、再生のポーションで回復させるので、シルバーフィッシュはダメージを受け続ける続けることができます。すぐに、すべてのシルバーフィッシュが石から出てきます、この時点で殺すことができ、その後、残された鉱物のすべてを採掘することができます。

シルバーフィッシュを別の場所に移動させる最も簡単な方法は、ネザーを通ってシルバーフィッシュを誘導することです。これは、シルバーフィッシュが出現しているところにネザーポータル(シルバーフィッシュをおびき寄せるのは簡単ですが、シルバーフィッシュが入れないブロックの道が必要になります)を置いて、自分用の別のポータルを遠くに置いて、別の出口を用意することでできます。ポータルを介してシルバーフィッシュの群れをおびき寄せた後、ポータルを通過します。事前に壁と道を作っているでしょう。壁と道は、シルバーフィッシュが含まれていますが、それらを見ることができますし、プレイヤーに到達することができなくても従います。ガラスの通路を持つ高さ2ブロック(シルバーフィッシュの道の上)は、これを行うことができますが、ちょうど自分の高さに到達することができないことを確認してください(そして、ブロックのどれもシルバーフィッシュが入ることができる石ではないこと)。また、ガラスなしで一度あなたを見る必要があるかもしれませんので、プレイヤーがどこにいるかを知っています。その後、鉱山につながる第三のポータルに誘導し、鉱山にしたい場所にそれらを輸送してきました。

ピストン採掘[編集 | ソースを編集]

ピストン採掘は、少量の貴重な鉱石(通常はダイヤモンド)を安全に採掘し、危険な場所に「窓」を挿入する技術です。

  1. ターゲットエリアの片側から数ブロック離れた安全な場所に1×2の穴を掘ることから始めましょう。本当に安全な場所がない場合は、リスクが最も少ない場所を選びます。
  2. 穴にブロックとピストンを入れます。ピストンで動かせるブロックなら何でもいいです。ガラスは危険を見ることを可能にします。効率的な方法は、ガラスを1ブロック配置し、その後のブロックのために「充填剤」材料を使用することです。
  3. ターゲットエリアの反対側に数ブロック、理想的には別の安全な場所に別の穴を掘ります。このとき、ピストンが押せる最大距離は直線で12ブロックであることを忘れないでください。
  4. お好みでレッドストーントーチ、レバー、ボタン、感圧板を使ってピストンを作動させます。
  5. 別のブロックを挿入し、必要に応じて「受け穴」を再度開き、ピストンを再びオンにします。
  6. 鉱石が安全に回収できるようになるまで、またはガラスブロックに危険があることが判明するまで、またはすべてが安全であることが確認されるまで繰り返します。危険がないことを完全に確認するには、数列のチェックが必要な場合がありますのでご注意ください。
  7. 再使用のためにピストンを回収します。

この採掘方法は、ごく少量の鉱石を採取する場合にしか実用的ではありませんが、危険な場所からダイヤモンドを採取する場合や、近くに自然災害があると疑われる場合に、正確な位置を特定したい場合に役立ちます。

美的採掘[編集 | ソースを編集]

ここでは、効率よりも見た目を重視した採掘方法を紹介します。

縦型デザイン[編集 | ソースを編集]

私は私の鉱山について話すことにしました、美的採掘のデザインが少ないので、歓迎すべき変化です。公開・迷路接続(亜種編)はおろか、サーバーにいるか、ダイヤモンドを壊せる意志を持っていない限りはすべての接続を行うことを期待していないことに注意して下さい。

デザイン[編集 | ソースを編集]

このデザインは、ハブともう一つのハブまでのプッシュで構成されています。

凡例:

   B - ブロック
_ - 空気


ハブ:上から見た図:

         BBBBBBB
BB___BB
B_____B
B_____B
B_____B
BB___BB
BBBBBBB

側面図:

         BBBBBBB
BB___BB
BB___BB
B_____B
B_____B
B_____B
BBBBBBB


プッシュは基本的にその背後にあるデザイン(側面図)を数回繰り返して正方形にし、漁は採掘者に依存しますが、松明の設置のため偶数が好ましいです(後述)。中央のハブ(採掘の際につくられた最初のハブ)は、それぞれの枢軸方向に4つのプッシュがあります。最終的には、鉱石が必要な場合は、必要なものを得られるまで、1方向に下ることを選択した方が良いです。今くらいにy座標を確認しておくことをお勧めします。y値が12に限りなく近づくようなプッシュの長さが必要かもしれません(洞窟では溶岩が10で生成され、頭の位置取りのためyが2上がります)。長さを決めてプッシュを1つ決めたら、上記と同じ大きさでもう一つハブを作ります。ハブの最後に到達するまで続けて下さい(岩盤にぶつかる前に終了する必要があります、そうでなければ素敵な外観になりません)。

松明設置[編集 | ソースを編集]

松明の配置はこのデザインではシンプルです。各ハブには8本の松明があり、角の底部の両側にあります。必要に応じて中央の床に松明を追加して光を増やすこともできますが、今のままでもモブの出現を防ぐのに十分です。

プッシュごとに左右に2本ずつ松明を置きます。

接続[編集 | ソースを編集]

すべての枢機卿のプッシュを終えると、次に何をすべきか疑問に思うでしょう、離れてアイテムを格納する場所が欲しいかもしれないので、採掘した量を考えると、接続はこのためによいのです。

それぞれの接続は、枢軸枝の2つが交差することで形成されたハブで、最初に降りた北のハブに行った場合、1つのプッシュ/ハブを左に掘って、最初に降りた西のハブから右にプッシュして接続しなければならないことを意味しています。ハブと同じですが、何もすることのない壁が2つ残ってしまうので、それを続けようとすると、大きく開いた採掘や迷路採掘でもない限り、審美性を出すのが難しい交差点が出てきてしまいます。その代わり、チェストにも使えますし、目的に応じて十分に機能します。文字で説明するのは非常に難しいので、代わりに写真を:写真

継続[編集 | ソースを編集]

基本的な指示が完了した後、気にするくらい多くの接続があります、次は何ですか?まっすぐなプッシュで、底部のハブに追加し続けます。底部のハブは、後方を除いてすべての方向に分岐します(開いた採掘で行っている場合を除く)と、ハブのそれぞれは、元のハブの後方ではない限り、同じ方向に広がる可能性があります。最初の中央のハブとプッシュサイズにうまく配置されている場合は、ダイヤモンドを見つけるのと同じ高さに沿ってかなり広いトンネル内の長い距離をこすります。ここから先は順風満帆です。

亜種[編集 | ソースを編集]

中央落下坑道:

中央のハブは、平らな地面の場所の下にあります。松明が行く3つの深い穴を置きます。はしごは下と上に行き、真ん中に松明、通常のようにハブの上に行くだけ2高の溝があるでしょう。この最初のハブのの下では、道としてはしごを可能にするために上に行きます。更新のために、すべての道を下に行くためにはしごを必要とし、そのような松明の場所を持っていません。これを回避するには、次の節の上部に残っている部分の真ん中に置くことで、照明は同じであり、モブの出現を防ぐために余分な松明を必要としません。これはまた、ガラスを最上部と交換したい場合は特にうまく動作します。

開口採掘接続:

オリジナルと同じで、するすべての接続がすべての四方向に分割されます。すべての4つの方向の中央に1つの広い道を使用して上昇し、2つの広い道の両方は、合うまで下に行きます(上向きの右を取り除くことなくできたとき)

2つのバリエーションがあり、1つは接続を行うときに上に行くので、すべての方向にハブが重なることになり、もう1つは、接続を掘り下げるだけで、それらが交差するところでは、ハブまでの1つの中央の道を構築することになります。後者は、それのすべてが最終的に底につながるので、鉱石を採掘することになるので、より効率的です。

迷路採掘接続:

開口採掘と同じですが、下への道は広く、上への道は広くありません。2つのバリエーションと同じで、効率の相関関係は同じです。

溶岩照明:

ハブの中心にある松明を(配置した場合)その下にガラスと溶岩を置いて交換すると、1つだけ光が少なくなります。傾斜し、十分な溶岩を持っていると感じる場合は、3×3の溶岩に変更することができます。

落下坑道:

これは、中央落下坑道と任意で開口・迷路採掘の接続を組み合わせたものです。しかし、それらを組み合わせたくない場合には、厳密な合札が必要になります。

ハブでは、中央落下坑道を作ろうとしていた場合と同じように落下鉱山が、次のハブと同じ高さになるまで続けます(プッシュのサイズに依存し、8プッシュで8ブロック下がるような)底部に到達した後、中央落下坑道と同じ方法で別のハブを作ります。これは、より多くのはしごが必要になりますので、非常に良いアイデアではない場合は、木材に不足していますが、私が歓迎を見つける特定の迷路の品質を可能にします。

はしごを置くことができますが、2つの場所がありますが、中央落下坑道の角ごとの2つの種類が好ましいですが、他は、より少ないはしごを使用しています。直接北/南/東/西のブロックで坑道を採掘し4つの坑道があるように、中心部のすべての道を次のハブに、これはハブから下りてハングアップするために5つのブロックを必要とするように、一部に行い、ほかはしないでください。

その上の2つの亜種で、すべてのハブに落下坑道を使用することができます、したがって、上記のハブを持つすべてのハブで上昇することができるようになります、または鉱山に「テラス」を追加し、中央のハブのためだけに坑道を使用することができます。

開口・迷路採掘の接続はどこから来るのですか?最下層に降りた後は、元のプッシュ/ハブと接続して張りを続けることができます。一旦接続した後は、1つの幅の広い道を上に残す開口採掘か、2×2の幅の広い道を上に残す迷路採掘のどちらかを使用することができます。

その他の美的採掘の案[編集 | ソースを編集]

中央採掘[編集 | ソースを編集]

数ブロックごとに一度、レール・松明・レールの組み合わせをパワードレールレッドストーントーチパワードレールに変更する必要があります。

中央にレールの線路があり、歩行者が歩く小さな歩道があります。レールに行くことができる駅のようなものを追加すると面白いでしょう。

側面採掘[編集 | ソースを編集]

接続[編集 | ソースを編集]

(上面図)

ランダム採掘[編集 | ソースを編集]

ランダムに採掘するのはとてもシンプルです:掘って、掘って、掘って、どこでも掘って、たまたまその時に掘りたくなったところを掘ります。

非常にシンプルで、潜在的に最もやりがいのある採掘方法です。ダンジョン、巨大な洞窟、そしておそらく敵の基地を見つけることができます。しかし、潜在的に最も報酬が低くもあります。この方法ではほとんど一貫性がないため、すべての鉱石を見逃す可能性があります。

ランダム採掘は最も危険な方法です。迷子になったり、溶岩の中に採掘したり(その結果アイテムを失ったり)、渓谷に入ったり、怒ったスケルトンが5体いるスケルトンスポナーに入ったり、さらには自分の40ブロックの穴に入ったりすることもあります。あるいは、砂利や砂地の塊を直接採掘したり、海に掘って掘った場所を浸水させたりして、自分を困らせることもあります。

ランダム採掘には1つの大きな利点があると言われています。それは潜在的に荒らしを混乱させることです。主要基地をあらゆる種類の曲がりくねった通路で囲むことは実行可能な選択肢でありますが、それは最終的には決定された荒らしが基地を見つけるのを止めることはできないでしょう。これはPocket Editionで最もよく使われていたテクニックで、アップデートで洞窟生成が導入される前のものです。

区間・区画採掘[編集 | ソースを編集]

剥ぎ取り採掘と混同されることはありませんが、似たような方法です。

部屋採掘[編集 | ソースを編集]

この形態の採掘は、誰かがトンネルを作り、壁に小さな開口部を作ることから始まります。そこからブロックの一部を掘って部屋を作ります。この方法を左右に何度も繰り返して、様々な目的の部屋を作って、その過程で鉱石や貴重な材料がいくつか見つかります。この方法は、探しに行くかもしれませんが、決心がつかないと途中であきらめてしまう可能性が高いので、見つけにくい場所や秘密の場所の家や倉庫、屋内庭園、倉庫などの造成に役立ちます。

トンネル採掘[編集 | ソースを編集]

これは部屋採掘と非常に似ていますが、部屋を作る代わりにトンネルを作ります。しかし、これを行うにはかなりの時間がかかり、トンネルは通常部屋よりもはるかに大きくなります。このため、トンネル採掘は、トンネルを作る過程で多くの道具を消費するだけでなく、採掘の過程で、水を掘ってトンネルを浸水させることがありますので、使用することはあまりありません。しかし、プレイヤーがボートで渡る人工的な川を作りたい場合は、これは問題ではないかもしれません。多くの資源をもたらすかもしれないという事実のため、プレイヤーは作る過程でツルハシやシャベルだけでなく、トンネルを照らすために松明を使用することがあります。プレイヤーはこれをやって飽きてしまうかもしれませんし、まだ作る途中で、トンネルを放棄するかもしれません。一部の人は、失われた供給とトンネルが継続するのに十分な報酬を得られていないために将来のトンネルの建設を開始することを検討しないかもしれません。この方法は、どこにも行かないように見えるトンネルを作ることで、トロッコの地下鉄、大きな屋内庭園、美術展示場、ツリーファーム、水路、大きな納屋、迷路、垂直構造物や水平構造物の建設、鉱山の建設、秘密の場所や見つけにくい場所を作るのに有効です。

明確採掘・安全採掘[編集 | ソースを編集]

明確採掘(または安全採掘、と呼ぶのが好きな方もいるかもしれません)の一般的な目的は、箱型採掘と他の簡単なテクニックの亜種です。プレイヤーはまず、ダイヤモンドやその他の希少鉱物を簡単に入手できるように、岩盤層の上から1ブロック上の適切な場所を見つけます。また、少なくとも5~6個の石のツルハシ、金などの希少鉱物用の鉄のツルハシ1個、砂利用のシャベル3~4個を用意しなければなりません。剣はプレイヤーの好みの難易度によっては任意となります。プレイヤーが自信を持っている適切で深い場所を見つけたら、採掘を始めるか、その近くに小さな部屋を作って鉱物を保管したり、採掘を進めるための道具を作ったりすることができます。開始するには、長さが約8-10ブロックにまたがる単純な1ブロックの幅と2ブロックの高さのとんねるを作ります。これが始まったら、プレイヤーはその後、トンネルが終了する場所に直接前を石のツルハシを使って採掘します、そこに落とし穴があります。最初の8-10ブロックのトンネルを作ると、プレイヤーは移動しませんし、4ブロックの長さの2ブロックの高さを小さな箱を作るように採掘します。プレイヤーが長い4ブロックの半分のトンネルを作ると、左または右に回り、同じことを行い、最初のブロック以下のブロックのいずれかを壊していません。(概念ははるかに単純です)プレイヤーが逆「T」の形を作った後、プレイヤーは石や任意の材料を離れて明確にするために届く長さを使用して、トンネルの周りの残りの領域を採掘し始めることができます。プレイヤーが届く長さを最大にしたら, 砂利やおそらく溶岩によって窒息死される危険性を低減する小さな「箱」になります。プレイヤーは、その後、明確な領域を持っている必要がありますし、残りの第二のブロックを採掘し、まだ安全箱の「端」を避けてください。全ての材料が採掘されると、プレイヤーは箱を壊して資源を集めることができます。これが終わると、もちろん届かない小さな「縁」がありますので、それらを採掘して明確箱を作る必要があります。この戦略の有効性をさらに高めるために、領域の「正面」の角に松明を置いて、それぞれの側で過程を繰り返すことができます。最終的には、岩盤での採掘は非常に速く、資源が豊富で、安全な接近になります。しかし、鉱山の照明が悪い場所にはモブが出現する可能性があり、溶岩は退屈さの要因となります。上記の( )で示したように、この戦略は説明よりも実際にプレイしてみるのが一番です。

円形劇場採掘[編集 | ソースを編集]

基本的なこの字型の採掘からはじめて、1ブロック分の空間ができるまで高度を下げて「円形劇場」を作ります。そして、その先に出入り口を作って、もう一つの「円形劇場」を採掘しましょう。これは非常に便利で、階段を追加したり、椅子を追加したりして装飾することもできます。

さまよい人採掘[編集 | ソースを編集]

シンプルな採掘方法ですが、迷子になるリスクがあるのであまり使われていません。目的の鉱石が最も多く見つかる高度に達するまで階段を下ることからはじめ、採掘を開始します。時々方向を変えて、複数の分岐を作りましょう。上昇しているところがあれば、それを突っ切ってください。落ちているところがあれば、丸石では詩を書けます。ポイントは、Y座標を変えずに、出来るだけ多くの面積をカバーすることです。

強迫性障害採掘[編集 | ソースを編集]

この形態の採掘は比較的簡単です。鉱石を見つけるか、洞窟を作ります。鉱石を見つけたら掘り出します。そして鉱石の長編を測ります。小さな穴を完ぺきな立方体にすれば、おそらくもっと多くの鉱石を見つけられるでしょう。

シャベル採掘[編集 | ソースを編集]

単に希望の深さに階段を作成し、最初の花崗岩、閃緑岩、安山岩や砂利を見つけるためにトンネルを作ります。土や砂利を掘り出して鉱物を見つけます。これは、鉄や石炭を採掘するための効率的な方法であり、非常に安価です。必要なものは、スコップとツルハシ1本か2本だけで、エンチャントがなくても採掘できます。

最悪の場合[編集 | ソースを編集]

溶岩に落ちてもあわてずに、上に向かって泳いで逃げて、溶岩からできるだけ離れて下さい(できれば水へ)。そうすれば、たとえ死んでも溶岩にアイテムが破壊されることはありません。回復する必要がある場合は、金のリンゴを食べるか、治癒のポーション再生のポーションを飲んでモブから離れた場所に隠れて、水入りバケツがあればそれを使うようにしましょう。いずれにせよ死ぬことが分かっている場合は、F3F2を押して座標のスクリーンショットを撮りましょう。溶岩の近くで燃えて死にそうな場合は、角に立って土(または手で壊せるもの)で身を覆ってください。死ぬと、アイテムはその中に完全に封じ込められます。

ブロックに閉じ込められて窒息している場合は、下を向いて掘ってみてください。これは、閉じ込められた穴から出るのに役立つかもしれません。

戦闘中に死にそうになったら、F3F2を押してください。

何が起こっても、自分がしたことを振り返って、どうやって死んだのか、何をすれば改善できるのかを分析してみましょう。

ツルハシが壊れて洞窟につまずいて道に迷った場合は、手で脱出するしかありません。近くに廃坑があればチェックしてみてください、木材を使って作業台や道具を作ったり、予備の鉄のツルハシが浮いているかもしれません。

できれば、エンダーチェストを手に入れて、高価で重要なものから安価で価値の低いものまで、自分のものを入れ始めましょう。家にリスポーンするときは、別のエンダーチェストを入れて、自分の物を取り出します。

最高の場合[編集 | ソースを編集]

鉄鉱石の2スタックやダイヤモンド10個など、大量の資源がたまたまたくさん入手できていると、洞窟の中をさらに掘り下げたくなるかもしれません。この衝動に抵抗して、戦利品を空にするために基地に戻りましょう。長く探検しようとするよりも、戦利品を捨ててしまった方が長い目で見れば戦利品を失う可能性を減らすことができるかもしれません。鉱山の基地にベッドを置いておくと便利です。もし死んでしまった場合、鉱山の基地でリスポーンします。

可能であれば、貴重な資源を保管するためにエンダーチェストを持ち歩くか、自分がいる場所にチェストを置いて戦利品を入れ、チェストの座標を書き留めておきましょう。後でチェストに戻ってくることができます。f3を押すと現在の座標が表示されます。

安全面[編集 | ソースを編集]

採掘に行く際には、砂や砂利が原因で死なないようにしっかりと注意しましょう。慎重に判断して掘るようにしましょう。採掘に行くときには、採掘が終わったら、来た道を戻るようにしましょう。そうすれば、溶岩、水、砂利、砂が落ちてきて命を落とす心配がないので安全です。地下から脱出するために新しい道を掘ると、砂漠のバイオームの下に出口を掘ったことが分かったときに砂が落ちてくるかもしれません。または、海全体が出口に氾濫したときに溺れてしまう可能性があります。もし迷ってしまった場合は、階段状に掘れば砂や砂利で死ぬことはありませんし、水が入ってきても溺れることはありません。万が一砂利が落ちてきても慌てず、すぐにマウスの左ボタンを押し続けて砂利を掘り出しましょう。これで窒息することはありません。

階段のパターン:A=空気、B=ブロック

    A
   AB
  AB
 AB
AB


採掘に行くときは、絶対に貴重品を持って行かないでください。採掘中にそれらを失ったら後悔することになるので、鉄とダイヤモンドを大量に持っている間に危険な洞窟を掘り下げたくはありません。長旅のために物資は多めに持っていきましょうが、溶岩で失うことができる以上のものは持っていかないようにしましょう。通常、経済のために石のツルハシを使用したいと思うでしょうが、高度な鉱石(金、レッドストーン、そしてもちろんダイヤモンド)のために少なくとも1つの鉄のツルハシを運ぶようにしましょう。鉄を大量に持っているとせっかちになり、一般的に鉄のツルハシを使用することがありますが、高速ですが、石の道具を二倍使えば(ブロック単位)続けることができ、関係なくツルハシの多くを無駄にすることになります。速くて効率的に耐久性を高めたい場合や、黒曜石を集めたい場合はダイヤモンドツルハシを持っていきましょう。剣、または少なくとも弓といくつかの矢を持ってくることを確認してください。

採掘中に持っていく物資:作業台、かまど、棒、丸石、水入りバケツ、ツルハシ、剣、食料、防具、釣り竿。

ABBAルール[編集 | ソースを編集]

ABBAルールとは、VintageBeefが編み出した採掘方法で、2人以上のメンバーで一定時間採掘を行い、シルクタッチで鉱石を集めていく方法です。それぞれの鉱石には一定の得点が割り当てられていて、最後に参加者が得点を集計し、全員で集めた鉱石を勝者が手にします。この競争的な採掘方法は、スウェーデンのバンドABBAの「The Winner Takes It All(勝者が全てを手にする)」と呼ばれる曲に触発され名前が付けられました。

PvPは許可されておらず、参加者は通常ポーションやエンダーパールを使用します。

得点[編集 | ソースを編集]

鉱石・アイテム 得点
エメラルド 7
ダイヤモンド 5
3
ラピスラズリ・レッドストーン 1
名札 7-10
馬鎧 7-10
金のリンゴ? 10

鉄と石炭鉱石は得点になりません。チェストの中にある金インゴットは得点にカウントされる場合とされない場合があります。名札、馬鎧、その他の戦利品は得点にカウントされる場合とされない場合があります - 通常7~10点の価値があります。Guudeはチェストの中で金のリンゴを見つけたことがありますが、それは10ポイントにカウントされたのでしょうか?

鉱山防御[編集 | ソースを編集]

鉱山を守る1つの方法は、トンネル崩壊システムです。これは基本的に採掘者がボタンを押して壁にある粘着ピストンを引っ込め、壁から松明を引っ張り出します。これらの松明は屋根の中の砂や砂利を支え、落下を防ぎます。粘着ピストンが引っ込んでしまうと、松明は壁にくっついていないので消えてしまいます。これにより、砂や砂利が落下し、トンネルを塞ぐことができます。これは、ネットワークスタイルの鉱山で使用することができ、まだ閉塞を通過する動きを許可しながら、暴行されたトンネルを遮断します。また、「検疫エリア」で暴行するモブを罠にかけて、鉱山内での暴走を防ぐこともできます。