チュートリアル/戦闘

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
この記事はまだ書きかけです。
あなたが内容を拡充してみませんか?
この記事は内容の更新を必要とします。
情報の一部は、現在の最新バージョンには適応されません。

ここでは戦闘 (Combat) について書く。戦闘は Minecraft の生活に必要不可欠なものである。剣と弓以外での戦闘法も載せているため、ここで読んだことを生かして、平和な Minecraft の生活を送ろう。

剣での戦闘[編集 | ソースを編集]

での戦闘は、遠距離攻撃を行わない Mob に有利である。逆に、遠距離攻撃を行う Mob(スケルトンなど)には、距離差で不利を強いられてしまう。また、クリーパーも剣で戦うなら、ダッシュ攻撃してすぐ引くという、初心者には難しいことをしなければなく、危険を伴う。 剣で戦う場合、出来るだけクリティカルヒット(ジャンプして着地の瞬間に攻撃すること)をすると良いだろう。クリティカルヒットはダメージを1.5倍にできるため、少ない攻撃回数で Mob を倒すことができるからだ。 ただし、クモやクリーパーにはこれをするべきではない。クモは他の敵と違い、ジャンプしながら攻撃してくるため、自らがジャンプしているうちに攻撃されてしまうため、クリーパーはジャンプしているうちにクリーパーがすぐそばまで来てしまい、爆死してしまう危険があるためだ。

弓での戦闘[編集 | ソースを編集]

での戦闘は、剣とは逆に遠距離攻撃を行う Mob に有利である。十分に弓を引き絞っていれば、30ブロック程度は安定して当てられるだろう。しかし、遠距離攻撃を行わない Mob に弓を使うのは矢の無駄使いとなる上、弓を引き絞っている間に近づかれて攻撃される危険もある(ノックバックのエンチャントが付けられた弓は例外。)。戦闘に慣れないうちは、クリーパーやスケルトンは弓を使って倒したほうが良いだろう。また弓は、空中を飛ぶ Mob にも威力をいかんなく発揮する。ただし、空中を飛ぶ Mob はほとんどが遠距離攻撃を行うため、そこだけ注意して攻撃しよう。特にガストの飛ばす火の玉に当たると、崖から落下死し、アイテムを失うかもしれないため十分注意が必要である。

剣以外の道具での戦闘[編集 | ソースを編集]

剣以外の道具は、ツルハシシャベルクワのことである。剣以外の道具で攻撃するとより与えられるダメージが斧を除き減る(ツルハシ、シャベル、クワの順に与えられるダメージが少なくなっていく)。道具の耐久値の減りが2倍になってしまうため、剣以外の道具で戦闘するのはよい方法とは言えない。なお、これらを武器としても、剣と同様にクリティカルヒットは出すことができる。斧は同素材の剣より攻撃力が大きいが、上記の欠点に加え、攻撃の溜めの速度が遅いので使い勝手が悪い。斧を武器として使用するのは緊急時に留めるべきである。

火を武器にする戦闘[編集 | ソースを編集]

火を武器にして戦闘する場合は、まず火打石と打ち金か、ファイヤーチャージを手に入れておく必要がある。また、燃えている Mob から攻撃を受けると自分も燃えてしまうため、火を武器として戦う場合は燃やした Mob から攻撃を受けないようにしなければならない。また、ネザーの Mob は、火に対する耐性があるため、この攻撃方法は使えない。この方法は、日中のクモや遠距離攻撃を行わない Mob に有利だが、遠距離攻撃を行う Mob に対しては、燃やしたらすぐに逃げ、攻撃を受けないようにしなければならない。そうしないと、攻撃を受け、自分も燃えてしまうだろう。

この応用版として、溶岩を使う攻撃方法がある(詳しくは後述する)。また、肉を落とす Mob(ゾンビとゾンビピッグマン除く)を火で殺すか、火属性のエンチャントが付いた武器で倒すと焼けた肉を落とすため、製錬をしないで済む。これは燃料と手間の節約となり、効率的である。ただし、焼けた肉を落とすのはトドメの攻撃が炎上であるときのみである。溶岩そのものやプレイヤーの攻撃でトドメを刺しても、生肉を落とす。

TNT を使った戦闘[編集 | ソースを編集]

TNT を武器として戦う場合、爆発時のダメージで自分が死なないようにしなければならない。また、TNT が起爆するまでに対象の Mob が爆破地点から外れる場合も多いため、TNT で戦闘するのはかなり非効率的な攻撃方法である。サバイバルモードでは、TNT をクラフトすること自体が難しいため、サバイバルモードではこの攻撃方法は、かなり贅沢な攻撃方法となる。

それ以外の戦闘方法[編集 | ソースを編集]

  • 釣竿を使って攻撃することもできる。高所から攻撃したい Mob を引っかけ、そのまま釣り上げる。そうすると、Mob が空中に飛ばされ、落下ダメージで攻撃できる。高度は高いほうがよいが、地面から31ブロック以上の高さになると、釣竿を放り投げても地面に着かず、プレイヤーの手元に釣り糸が戻ってきてしまう。この攻撃方法で釣竿を使うと耐久値の減りが3倍になることと、釣り上げた際に Mob の攻撃を受ける可能性があることが欠点だろう。特にクリーパーは、難易度がハードの時、持ち上げられ、プレイヤーに接近した際に爆発する危険がある。注意点を理解すれば、釣竿は有用な攻撃方法となりえる。
  • ポーションを使って攻撃できる。攻撃として使うことができるポーションは、毒、ダメージ、弱体化などである(アンデッド系の敵には毒やダメージポーションの代わりにそれぞれ再生のポーション、回復のポーションを使う必要がある)。ポーションは範囲攻撃であるため、大量の敵のいるところに投げると効果的である。しかし、サバイバルモードではポーションを量産する事は難しいため、主にクリエイティブモードでの攻撃方法となるだろう。サバイバルモードで使用するならば、トラップタワーで使用するのが良いだろう。
  • ガストが撃ってくる弾を跳ね返して攻撃することもできる。跳ね返す時には手に何を持っていても構わない。弓でも跳ね返すことは可能だが、弓矢の無駄遣いである。この攻撃方法は跳ね返せなかった際のリスクが大きく、また跳ね返すことも慣れが必要であるため、少々危険が伴う。跳ね返してもガストに届くまでにタイムロスがあるために避けられる可能性もあり、攻撃方法としてはやや非効率的である。ガストには弓矢で攻撃するほうが良い。
  • 限定的ではあるが、雪玉を使って攻撃することもできる。通常雪玉を Mob に対し投げてもノックバックが起こるのみでダメージを与えることは出来ないが、ブレイズエンダードラゴンにはダメージを与えられる。スノウゴーレムを召喚すれば半永久的に雪玉を手に入れることができるため、この攻撃方法は実用性がある。ただし、これらの Mob とスノウゴーレムを直接戦わせるのはやめておいたほうがいい。さもなくばすぐにスノウゴーレムは倒されてしまうだろう。

溶岩での戦闘[編集 | ソースを編集]

溶岩での戦闘はハイリスクハイリターンな攻撃方法である。

溶岩での戦闘の利点[編集 | ソースを編集]

  • 敵対的Mob に大ダメージを与えられる
  • 溶岩での炎上は非常に長い時間続く
  • 範囲攻撃である
  • 戦闘終了後は溶岩を再利用できる

溶岩での戦闘の欠点[編集 | ソースを編集]

  • 溶岩の入手が難しい
  • 自らも溶岩に触れる危険がある
  • 速く溶岩を回収しないとドロップアイテムを失う可能性がある
  • 溶岩そのもののダメージや炎上ダメージで倒しても経験値を落とさない

盾を使用する戦闘[編集 | ソースを編集]

を戦闘で使用することで、有利に状況を運ぶことができる。盾は木材6個、鉄インゴット1個でクラフトできるため、比較的簡単にクラフトできる。盾を使えば、ゾンビの攻撃ばかりか、スケルトンの放つ弓矢も防ぐことができ、さらにはクリーパーの自爆によるダメージも防げる。だが盾は万能ではない。複数の Mob に対して使用すると横から回り込まれるし、正面からの攻撃しか防御できない。これらに気をつければ、盾は戦闘の強い味方となる。

Mob ごとの戦闘[編集 | ソースを編集]

難易度は特定記述がなければノーマルの場合を想定している。

ゾンビ[編集 | ソースを編集]

ゾンビは恐らく最もよく出会う Mob である。ゾンビは速度が遅く近距離攻撃しかできないため、剣で倒すのが一番良い。ゾンビが数体入るときも同様だが、1体を攻撃する間にもう他のゾンビに攻撃されないように注意しよう。大量のゾンビを相手するときは、ブロックを3つ積み上げて剣で殴り続けると良いだろう。周りに可燃物がなければ、溶岩を流したり燃やしたりするのも良い。3段ブロックを積み上げ攻撃するのは子どもゾンビにも有効である。子どもゾンビは速度が速い上に日光で燃えないため注意が必要である。拠点に閉じこもるという方法も良いが、ハードだと木のドアは破られるため鉄のドアを準備しよう。ハスクへの対処も同じである。

スケルトン[編集 | ソースを編集]

スケルトンは最もよく出会うであろう遠距離攻撃を行う Mob である。初心者の頃は剣で倒すしかないが、これは良い方法とは言えない。近づいている時に攻撃をほぼ確実に受けるからだ。弓で攻撃するのが最善だが、そこまで矢を持っていない場合は盾を用意し、攻撃を防御しつつ接近し剣で攻撃を繰り返すとダメージを抑えられる。ただ、スケルトンは左右への移動が速いため素早く盾を構える必要がある。また、スケルトンは同士討ちしやすいモンスターであるため、数体いる場合は同士討ちが終わるまで攻撃の当たらない場所に行き、終わったら残りの1体を倒せばダメージを大きく抑えられる。スケルトンのダメージは意外に大きいため注意。いずれにせよ、水に入った状態でスケルトンと戦うのは極力避けるべきだ。水中、水上では動きが抑制され、スケルトンの攻撃を避けるのがかなり難しくなるからである。ただし、ver1.13からは水中を泳げるようになったので、極端に水を避ける必要はない。ストレイへの対処はこれとほぼ同じでいいが、攻撃を受けると鈍化の効果が付くため攻撃を受けないようにしよう。

クリーパー[編集 | ソースを編集]

クリーパーは緑色の Mob である。速度こそ普通程度なものの、プレイヤーとの距離が1ブロックを切るとプレイヤーとの距離を4ブロックまで遠ざけなければ1.5秒後に爆発し、プレイヤーと地形にダメージを与える。この爆発は至近距離であれば即死するほどの威力があり、クリーパーが「シュー」といった音を出したらすぐに遠ざかろう。クリーパーは剣で戦う場合、ダッシュしながら攻撃し、クリーパーから退き…を繰り返すと良い。ダイヤの剣であれば歩いてクリーパーを連続的に攻撃すると3撃で危険性なく倒せる。地面に火を点けクリーパーにそこを通らせるのも良い。最も安全なのは弓で攻撃することだ。弓で攻撃すると大抵は一方的に倒せる。数体のクリーパーを相手にするときは、弓で対処すべきだ。剣で攻撃すれば他のクリーパーの爆発圏内に入ってしまい、大ダメージを受けるか死亡するかもしれない。

クモ[編集 | ソースを編集]

クモは明るさを8以上にすると中立になるという特徴を持つ Mob である。クモの速度は並より速く、歩く速度と同程度である。さらに攻撃する時にジャンプする。クモには剣で対処すると良い。ただし、ジャンプする前に攻撃しなければ攻撃を受ける可能性が高い。クモにはわざわざ弓を使うほどの危険性はない。ほかの Mob と同じく、火で炙ったり、溶岩で焼き殺すのも良い。明るい場所まで誘導して中立に戻すという手もある。ただし、一度でも攻撃すると敵対するので注意が必要である。洞窟グモへの対処はこれと大方同じでいいが、戦うところが廃坑であるため狭いので戦いにくい。攻撃されると毒状態になるため、攻撃をできるだけ受けないようにしよう。

エンダーマン[編集 | ソースを編集]

エンダーマンはオーバーワールドで出会う中で最も危険な Mob である。エンダーマンは普段は中立だが、プレイヤーと目が合うと敵対し近くにワープする。さらに速度も子どもゾンビ程度まで上がる。剣で攻撃するのであれば天井が2ブロックの高さの小砦を作ると良い。エンダーマンの高さは約3メートルで、プレイヤーの高さは約2メートルだからである(1ブロック=1メートルとして計算)。エンダーマンは1.5m程度プレイヤーが離れていても攻撃できるため、小砦の天井の大きさは最低でも2×2、できれば3×3の大きさがいいだろう。近くに大きな水場があるなら、そこに飛び込むのもよい。足を攻撃すればワープの可能性は減る。エンダーマンの攻撃力はかなり高いため、何もないところで戦うなら攻撃を受けないよう注意しよう。なおエンダーマンには飛び道具を当てようとするとワープする性質があるため飛び道具は使えない。また、火や溶岩を当ててもワープする。ただし、火は点くため有効ではある。また、昼間は目を合わせても数秒で中立に戻る。エンダーマンは一旦敵対すると死ぬまでプレイヤーを追い続けるため注意が必要である。

スライムとマグマキューブ[編集 | ソースを編集]

スライムマグマキューブはともに似た性質、外見をした Mob である。どちらの Mob も跳ねながら攻撃してくるため、思ったように攻撃できず、ダメージを受けやすい。近接攻撃しかできないため、剣で攻撃するのが良いが、それが苦手なら弓で攻撃してもよいだろう。剣で攻撃する場合、大きさが大きいため大サイズの状態が一番対処しづらい。数発剣でダメージを与えると分裂し、2〜3体の中程度の大きさに形状変化する。この状態は剣で2発程度ダメージを与えると分裂する。分裂後の小サイズのものは石剣の攻撃1発で倒せる。小サイズのスライムはプレイヤーにダメージを与えられないため、特に害はないが、マグマキューブはダメージを与えられるので早く倒そう。マグマキューブのジャンプ高はスライムよりかなり高いので、近接戦をする際は注意。

ゾンビピッグマン[編集 | ソースを編集]

ゾンビピッグマンはネザーに出現する Mob である。普段は中立だが、一度でも攻撃すると敵対する。その上敵対すると周囲32ブロックにいるゾンビピッグマンを呼び寄せるという厄介な性質も持つ。ゾンビピッグマンの攻撃力はかなり高く、集団で攻撃されるとすぐに殺されてしまう。もし敵対したならば、大量のゾンビを対処する時と同じ方法を取ると良い。ただし、敵対時の速度はゾンビより速いため、準備のための猶予があまりないことに注意しよう。また、新しいゾンビピッグマンがスポーンする前に全て倒し切らなければいくら倒してもゾンビピッグマンが来るのでジリ貧になってしまう。そして、「そもそも敵対しない」ことも手である。

ガスト[編集 | ソースを編集]

ガストネザーに出現し、飛行能力を持ち、遠距離攻撃をする Mob である。常に空中を浮遊し、プレイヤーを見つけると口から火の玉を発射する。空中を浮遊するため、剣による直接攻撃で倒すことは非常に難しい。口から発射した火の玉は剣または弓矢で跳ね返すことができ、これをガストに命中させることで倒すことができる。だがこれはかなり難しい。最善の方法は弓矢をガストに命中させることだ。ネザーに行く際は、弓矢を十分な量持って行くことを勧める。攻撃する際は、火の玉が当たり吹き飛ばされても大丈夫な広い所で戦うこと。

ブレイズ[編集 | ソースを編集]

ブレイズネザー要塞にスポーンする炎を飛ばす遠距離攻撃をするMobである。常に空中を浮遊し、プレイヤーが16ブロック以内に接近すると炎を3発撃つ。この性質上、弓で遠くから攻撃する事を推奨する。もし剣で戦う場合は、盾を構えながら近づいていくと、炎を無効化できるので楽に接近できる。接近できたら、そのまま剣で倒せば大抵ダメージを受けずに倒せる。

ウィザースケルトン[編集 | ソースを編集]

ウィザースケルトンはブレイズと同じくネザー要塞にスポーンするMobである。スケルトンと違い遠距離攻撃はしないが、プレイヤーを見つけると高速で追いかけてくる。ウィザースケルトンの攻撃力はハート3.5個分とかなり高く、さらにウィザーのステータス効果も付く。そのため、出来るだけ攻撃を受けないようにして倒そう。追いかける速度が速いので、剣を使って倒そうとすると、攻撃を受けやすい。ダメージを受けずに倒したいなら、盾を使うか、弓矢で倒すと良い。

 ガーディアン [編集 | ソースを編集]

エルダーガーディアン [編集 | ソースを編集]