チュートリアル/建築に美しさを加える

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
このページは英語版 1335062 の内容です。

このチュートリアルでは家や建物に美的なアドバイスをする。外観の美しさは、相互作用するさまざまな要素からもたらされる。どういった建築スタイルや配色を選択するかによらず、外観のデザインの最も重要な点は詳細を追加することである。例えば、青いコロニアル様式の家を建てている場合、別の色をアクセントにして、さまざまな濃淡の青を混ぜ合わせて使用するのがよい。 玄関の柱やその前の茂みも忘れてはならない。人々はあなたのスタイルに必ずしも賛成できないかもしれないが、細部へのこだわりは否定できないだろう。

基礎[編集 | ソースを編集]

よりリアルな家具を追加するため、Carpenter's Blocksなどの家具Modを追加してもよい。

[編集 | ソースを編集]

ガラスの床は、特定の状況下(渓谷や川に架かる透き通った橋など)では見栄えがよくなるものの、ほとんどの建築物ではふさわしい材料ではない。屋外の造園以外で床に草ブロックや土ブロックを使用するのも勧められない。木材砂岩などのバリエーションを含む)で床を作るのがよい。タイル張りの感じを出すため、滑らかな石のハーフブロック、磨かれた花崗岩、閃緑岩、安山岩を使うのもよい。羊毛は装飾的だが、火災の危険がある。耐火建材としてコンクリートを使用した方がよい。カーペットは安価で、羊毛の優れた代替品である。また、菌糸ブロックをカーペットの下に置いて、カーペットを神秘的またはキラキラと見せることもできる。少し古びた感じを出したい場合、たとえば、石レンガでできている場合は、通常の石レンガに加え、ひびの入った石レンガや、丸石や砂利(もっとひび割れた石レンガとして使う)を加えるとよい。苔の生えた石レンガ/丸石を使用してもよい。床がすり減った/強く踏みつけられたように見えるようにするには、石や薄灰色の羊毛を使用する。砂岩の階段ブロックを逆さまに配置すると、ひびの入った砂岩の床として使える。台所、浴室、プールなどのタイルの床を再現するには、ダークプリズマリンを使うとよい。現代風の床にしたいなら、テラコッタ彩釉テラコッタを使うといいだろう。

[編集 | ソースを編集]

サバイバルの序盤であれば、美学か物質の保存かのどちらに焦点を合わせるかどうかは好みの問題だ。後者を選択した場合は、ガラスの節約のため、ガラスブロックを使用しないことを勧める。代わりにガラス板を使用したほうがよい。前者を選んだか、序盤を過ぎたのであれば、美学に照らして躊躇せずガラスブロックを使うべきだ。

地面から1–2ブロック上にある窓は外を見るという機能において優れている。より開放感を求めるなら、壁の一部を占める大きな窓を作るとよい。1x2の窓を作るなら、シャッターを模して端に木のブロックやトラップドアを追加してもよい。

ガラスブロックをもっと曇らせたい場合は、骨粉で白の色付きガラスを作るとよい。正しく使えば驚くほど見栄えがするだろう。他の色を使用することもできる。例えば、茶色にして泥で濁った感じにしたり、青色にして水とよくなじむようにしたりできる。

天井[編集 | ソースを編集]

天井が高さ2ブロックだとジャンプもできず、狭苦しい感じになる。広々とした感じを出したいなら高さ3–4ブロックは欲しい。また、エンダーマン(高さ3ブロック)がスポーンしないように十分な明るさを確保しておくこと。ただし他の場所でスポーンしたエンダーマンがテレポートしてくるのを防ぐことはできない。もしくは、天井に半ブロックを使うことで高さ2.5ブロックの部屋を作ることもできる。また、半ブロックを床に使うことでMobのスポーンを防止できる。

階段[編集 | ソースを編集]

フルブロックの段差を階段ブロックに置き換えると歩きやすくなる。長い階段が必要な場合は半ブロックを使用するとよい。垂直に移動するには、螺旋階段またはトロッコエレベーターを使用する。水平方向のスペースを使いたい場合は、半ブロックとフルブロックを使用する。 半ブロック/階段/フルブロックと配置することで、少し長い(1.5ブロック分の)階段にすることもできる。また、半/半/フル/フル、半/半/階段/フル/フル、といった感じでより長い階段にすることもできる。

廊下[編集 | ソースを編集]

複数の部屋がある場合は廊下を作る。大きな家の場合は3–4ブロック幅、小さな家の場合は2ブロック幅が目安である。ここにカーペットや羊毛で色どりを加える。スペースがある場合は、明るさを出すため窓の分のスペースを確保することを勧める。

屋外[編集 | ソースを編集]

低木、花、木、鉢植えの植物の庭を作る。木の上に1つか2つの葉ブロックを置いて生け垣を作る。大きい庭なら、中央に木の家、プール、噴水(下の方に具体例がある)など目立つものを加えてもよい。階段や半ブロックなどを配置して見栄えを良くすることを忘れてはならない。

安全の確保[編集 | ソースを編集]

集落や建築物を建てるときには、安全で有用で信頼できる建築方法でなければならない。ダイヤモンド、植物、噴水などで満たされ細かく装飾された家が爆発で破壊されるのはイヤだろう。家が炎に包まれていくのを見たくはないだろう。ここではいくつかの安全予防策を示す:

  • 木と羊毛に注意。可燃性だからだ。ひとたび火事になってしまえば、全部ではないがかなりの部分が焼け落ちてしまうだろう。
  • ファイヤーチャージ、火打石と打ち金、溶岩バケツを使用しない。すぐに何か起こるわけではないが、気付いた頃には炎上していることだろう。

その他[編集 | ソースを編集]

たくさんの空きスペースを確保し、ドアを使いすぎないこと。そうすればあなたの家は「デザイナー」以上のものに見えるだろう。たいまつの代わりにレッドストーンランプまたはシーランタンで部屋を明るくしたり、上品にシャンデリアを追加するとよい。殺風景な壁には絵画を置いてみよう。以下の手順で「壁掛けたいまつ」を作れる:(1)壁にたいまつを設置、(2)同じブロックに額縁を設置、(3)額縁に石のボタン/石の半ブロック/金床のいずれかを設置する。 を建物の中に飼うのもいいだろう。

内装[編集 | ソースを編集]

キッチン[編集 | ソースを編集]

テーブルを置こう。テーブルは伸ばしたピストンや、フェンス/壁の上にカーペット/感圧板を置くとそれっぽくなる。

シンクも必要だ。大釜を水で満たしたり、ホッパーを壁に向けて置き、蛇口を模して下向きのレバーかトリップワイヤーフックを置くとよい。レバーの後ろに水入り瓶を入れたドロッパーを置いておけば、蛇口をひねった時に水(入りの瓶)が出るようにできる。

かまどの上に鉄の感圧板を置き、その上に空間を空けて階段を付けるとキッチンコンロっぽく見える。

作業台は調理台として使えるし、ドロッパーに額縁を付けて雪の層を入れ、雪の層を回転させれば食器用キャビネットになる。

キッチンに島となる部分を追加してもいいし、フライパン掛けを模して鉄格子を置いてもいいし、ケーキやチョコレートケーキ(を模した日照センサー)をテーブルに置くのもいいだろう。

非常に高価だが、ビーコンを天井に置けばエレガントな照明になるだろう。

リビング[編集 | ソースを編集]

椅子やソファなど、装飾品を置こう。暖炉を置くときは火に注意。何で作ってもいいのだが、できれば石やレンガなど燃えない素材がいい。チェストにトラップドアを付けて閉じればキャビネットになる。チェストの下に隠しチェストを置くのもよい。

寝室[編集 | ソースを編集]

ベッド、絵画、ジュークボックスや、ドレッサー(チェストをドアで隠す)などを置く。 貴重品を保管するためにエンダーチェストを置いてもいいが、エンダーチェストを作るコストに見合わないかもしれない。

浴室[編集 | ソースを編集]

床にダークプリズマリンを使うと、浴室の小さなタイルっぽくなる。より大きなタイルにしたい場合は、ネザー水晶がいいだろう。彩釉テラコッタもタイルとして適している。

タオルラックにはフェンスやはしごを使うといい。鉄格子は小さなラジエーターに適している。

上下反対にしたネザー水晶の階段を向き合わせると、便座っぽくなる。一方には通常のネザー水晶ブロックとその上部にレバーを置き、その上にトラップドアを、反対側の階段の上になるように置く。

Some Designs[編集 | ソースを編集]

チュートリアル/家具英語版)も参照

家具[編集 | ソースを編集]

椅子

長椅子にするなら階段を増やすとよい。椅子は、底面に半ブロック(できればオーク)、肘掛けにトラップドア、背面にドアを使うことで高級感を出せる。

テーブル


村にあるようなテーブルはフェンスの上に感圧板を置けば作れる。カーペットを使うとより良い見た目になるだろう。複数のテーブルを連結する際にもカーペットの方が良くなる。しばしば、腰の高さに浮かせた半ブロックも使われる。脚が4つの大きなテーブルを作る方法として、フェンスと糸を置き、その上にカーペットを置くという方法も使われる。

Appliances[編集 | ソースを編集]

シンク

オーブン

洗濯機、衣類乾燥機、食器洗い機の場合はかまどの代わりにディスペンサーを使う。

冷蔵庫



ウォータークーラー


水槽



階段をひっくり返して、氷の向こう側に向ける。ガラス(水が流れるので窓ガラスにはしない)と魚入りバケツを使って実際に魚を飼育する水槽を作ることもできる。まず、ガラスで箱を作り、それからそれを魚のバケツと水の入ったバケツで満たす。装飾用に海草コンブシーピクルス、または水槽が十分に大きい場合はサンゴブロックを追加してもよい。より大きな水槽はイカ、さらに上部が開放されている場合はイルカを保持するために使用することができるが、サバイバルではかなり難しいだろう。ガーディアン入りの水槽も作れるが、ガーディアンはプレイヤーに対して非常に敵対的であるため、クリエイティブでのみ行うべきである。ガーディアンが攻撃するので、イカはガーディアンと同じ水槽に入れるべきではない。最終的にイカが死んでしまう。シルバーフィッシュは、「フィッシュ」と付くが魚ではないので、水槽に入れると溺れてしまう。

大きな建造物の装飾[編集 | ソースを編集]

噴水

側面図





上面図





建築スタイル[編集 | ソースを編集]

よい建築物を作るには、実世界の建築物を真似てみるのもよい。建物の形状、材料、そしておそらく場所も決定される。

中世風[編集 | ソースを編集]

Minecraft内で最もよく使われる建築スタイルのひとつであり、476–1500年ごろのスタイルである。建材として主に木と石が使われ、色とりどりのステンドグラスと屋根が神話的で空想的な印象を与える。プリズマリンレンガはその色と模様から、よく屋根になじむ。

コロニアル[編集 | ソースを編集]

このタイプの家屋は、植民地時代(1600–1700年頃)に、その地域の広さに応じて、レンガまたは木材を使用して建てられた。マサチューセッツ州には良質な粘土が豊富にあり、レンガは一般的な建材であった。さらに北には、より多くの木造の建造物がみられる。木製の建造物はペンキでどんな色にでもできるが、赤、白、黄色、青が一般的である。家の構造は非常にシンプルで、基本的に四角形でいくつかの窓と追加の装飾を施したものであった。森林バイオームによくなじむであろう。

ビクトリア[編集 | ソースを編集]

この様式は、ヨーロッパ人入植者の流入によってイギリスで生まれた、1840年から1900年頃にかけて使用されたスタイルである。当時の主力であり、ほとんどは大量生産されたレンガでできた、よく似た建物が並んでいた。ビクトリア朝建築は、産業革命期のイギリスの都市郊外の長屋によく見られる。このタイプの建築は非常に対称的なデザインで非常に当たり障りのないものであった。このスタイルは平らな地形で見栄えがよく、大きなレンガ工場の周囲に構築される。

現代風[編集 | ソースを編集]

この現代的なスタイルは、さまざまな色、レイアウト、および建材を特徴としている。通常、家は長方形でできていて、たくさんの窓がある。