ウィキのスタイルガイドが改定されました。スタイルガイドでは、ウィキに記事を書く際のスタイルについて解説しています。(9月19日更新)

As part of the Unified Community Platform project, your wiki will be migrated to the new platform in the next few weeks. Read more here.

チュートリアル/レコードの量産

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索

レコードはワールドの静寂を破る手助けをしてくれるが、手に入れるためには、非常に運がいいプレイヤーか熟練のプレイヤーかのどちらかである必要がある。レコードはクリーパースケルトンに倒された場合にドロップする。スケルトンとクリーパーを一緒にすることだけでなく、スケルトンにクリーパーを撃たせるのも難しい。

しかしながら、それが一番難しい部分ではない。スケルトンの攻撃があたった後、クリーパーは自分が取りうる唯一の方法、つまり爆発で反撃しようとするため、レコードを入手する機会が失われるのである。そのため、以下の条件を満たせばレコードが効率よく手に入れられる。

1. スケルトンとクリーパーを制御された位置で立ち止まらせる。

2. スケルトンがプレイヤーを打とうとする途中でクリーパーに当たるように矢を撃つようにする。

3. スケルトンを、クリーパーが爆発する範囲に近づけない。

つまり、レコードを大量入手する最もよい方法は、工場(簡便かつ迅速にレコードを作成する目的で設計された建造物)を建設することである。

超簡易版工場[編集 | ソースを編集]

ここに最も基本的で、単純な設計の一つがある。

ごく僅かな物資と管理しか必要としない。

モブを捕まえる為にピストンを使った構造を二つつくる。

クリーパーを弱らせ(二本の矢を使う)、スケルトンにクリーパーを倒させる。

落とし穴型工場[編集 | ソースを編集]

落とし穴型のレコード工場は、他の方法より少し時間が掛かるが、そこそこ簡単に準備できる。レッドストーンは一切使用しない。

まず、長さ7×幅1×深さ2の穴を地面に掘る。フェンスかその他適切なブロックを以下のように底に設置する。

OXOXOSO

X=フェンス、 O=無し、 S=普通のブロック

最初の区画にスケルトンを押し込む。2番めの穴にはクリーパーを押し込んでおく。雪玉を使うのが良い。クリーパーがジャンプしている時に矢で攻撃されると逃げ出してしまうため、プレイヤーはクリーパーがジャンプするのを止めるまで待つ必要がある。その後、プレイヤーは反対側の最後の区画に入り、クリーパーからできるだけ距離を取る。スケルトンはクリーパーを倒し、レコードが手に入る。

工場を作る[編集 | ソースを編集]

制御された工場[編集 | ソースを編集]

トラブルなくレコードを得るための、一つの単純な(しかし簡単ではない)方法は、スケルトンスポナーの隣にモブトラップを構築することである。トラップの最後に、モブを正確に22ブロック分の高さから地面に落とし、太陽に当てる。すると、落下ダメージでクモは死に、太陽でアンデッドが死ぬため、最後にクリーパーだけが残る。その後モブエレベーターでスケルトンを運び、クリーパーを撃つ。クリーパーとスケルトンはフェンスで隔離し、スケルトンスポナーをきちんと覆うことを忘れないように。

基本的な構成[編集 | ソースを編集]

両方のモブの居場所を固定する簡単な方法は、1×1×4の空間に閉じ込めることである。4ブロックの高さは、モブがジャンプして逃げ出さないためオススメであり(あるいはピストンでとどめても良い)、スケルトンが矢を射るのに十分なスペースでもある。モブの様子を見るため、ガラスブロックで作ることをおすすめする。全て地下に作れば、それぞれの穴にモブを導くだけでよく、地下でやることをやるだけだ。

注意:1.2.3より、モブは高い落とし穴を検出し、避けるようになった。

スケルトンとクリーパーを別々の所に閉じ込めておきたいが、互いに近づけすぎないようにしつつ、クリーパーの所に矢が届くようにしなければならない。小さなトンネルを掘るのも効果的だが、スケルトンの視界が狭くなってしまう。もっともよい結果を得るには、フェンスを使うと良い。クリーパーは飛び越えられないが、スケルトンが矢を射る余裕が残される。

注意:1.0.0より前は、フェンスはフルブロックと同じエリアを専有していたが、1.0.0より、フェンスは少し大きさが小さくなり、スケルトンとクリーパーがより近づけるようになった。1.0.0より前であれば3つのフェンスを使えば十分な距離が保てたが、クリーパーを爆発させたくなければ、現在では4つのフェンスが必要である。

後は間にフェンスを挟んだ二つの小部屋を用意し、クリーパーの側に穴を開ける。するとスケルトンはプレイヤーを見つけ、打とうと試みる。もちろん、クリーパーもプレイヤーを爆破しようとすることを考慮して、穴は部屋から3ブロックは離す必要がある。

ディスクの取得[編集 | ソースを編集]

今は一つしかない。スポーン後、ディスクはクリーパーの入っていた穴に残っている。取得するのに穴に入ることを望まない場合、クリーパーの部屋の底を通過する「スケルトン→クリーパー」の列に隣接する小さなトンネルを作り、水流を通過させるか、ホッパーを使って回収したりすることも出来る。そうすれば、落下したディスクは水流を通り出てくる。スケルトンが弓を射るのを待つ場所に移動させることもできる。

...しかし、小さな問題が1つある。フェンスの小さな当たり判定(上記参照)に、ディスクが引っかかって、回収できない場合がある。これを解消する方法は、床の下を掘り回収することである。または、クリーパーに最も近いフェンスの下にあるブロックを取り除き、ディスクを下に落とし、水に流したり、それ以外にも他の方法がある。

Mobトラップ[編集 | ソースを編集]

トラップの準備を。穴にMobを導く良い方法が必要である。工場を地下に置いたのならば、近くのスケルトン/クリーパーの注意を引いて、トラップにつながっている穴に落とすことができる。この方法をもっと簡単にするためできる方法が2つある。

トラップドア[編集 | ソースを編集]

穴にMobが入るのを防ぐため(スケルトンのいる穴にクリーパーを入れるのは大変危険)トラップドアを使用する必要がある。トラップに誘い込むときだけそれぞれの扉を開き、敵が入ってきたら閉める。

注:トラップは1.2.3のようには機能しない。それぞれのモンスターを穴に入れる唯一の方法は、ピストン釣り竿を使用する方法である。

ガラスのプラットフォーム[編集 | ソースを編集]

大きなガラスのプラットフォームを地面から数ブロック上に作れば、上から敵をより効果的に誘導することができる。プレイヤーの後に登ることができないようにはしごを追加する。1体誘導した後、すぐに入り口に走り、右のトラップドアを開け/閉じ(上記参照)、はしごを登る。それから、穴の上(ガラス越し)に立って、必要に応じて自分自身の位置を調整して落ちるのを忘れないように。このプラットフォーム上に小さな壁を作ることを忘れないように。見ていないときに落ちる可能性がある。

仕上げ[編集 | ソースを編集]

すべてのことを行った後、地下に入る手段が必要である。できれば待機場所の近くに、はしごで地下に移動できる道を作る。待機地点はクリーパー側の小さな窓の隣にあるため、スケルトンがプレイヤーを見、目の前にいるクリーパーを撃つ。クリーパーは遠すぎてスケルトンを攻撃することができないため、そこで立って攻撃を受け続ける。スケルトンの矢の約半分は、射撃でのランダムな性質のためクリーパーではなく、壁に当たってしまうが、それほど時間はかからずにクリーパーは死ぬ。何回かプレイヤーは攻撃しても良いが、最後の一撃はスケルトンが打たないと、ディスクを手に入れられないので注意。

また、同じ穴に多くのクリーパーを詰め込むこともできる。最終的には全員殺される。スケルトンにすべての作業をさせながら、他の作業をすることができる。プレイヤーはそこから移動する必要はない。水流をこちらに繋げば、ディスクを手の届く場所に移動させることができ、取りに行く必要がなくなる。

音に注意を払うように。すべてのクリーパーが死んだら、クリーパーの跳ねる音が聞こえなくなる。取るのに時間をかけると、スケルトンの攻撃を受ける。

詳細[編集 | ソースを編集]

これらは必須ではないが、トラップをより効率的に機能させることができる。

太陽からのスケルトンの保護[編集 | ソースを編集]

夜の間にクリーパーを大量に収集し、猛攻撃をすると決めたとする。しかし太陽光でスケルトンが燃え尽きていることに気付き落胆する。簡単な解決策は、ガラスのプラットフォームのように、スケルトンの穴の上に固体ブロックを配置するか、いっそのこと、溶岩を使用する。 ゾンビとスケルトンは、ソウルサンドの上では、昼間でも燃えない。さらに別の方法として、スケルトンがアイテムを拾うことができるならば、カボチャを与える。

入り口のカラーリング[編集 | ソースを編集]

緑色と薄灰色の羊毛で各穴の入り口を飾る。そうすれば、Mobを誘導するときに、どっちに入れるか判りやすくなる。

スケルトンが攻撃する窓[編集 | ソースを編集]

工場の側面の1つで、スケルトンの壁に小さな穴を開け、打ち抜くことができるようにする。これは、スケルトンが何らかの形で視界をロックしている場合に便利である。この場合、スケルトンを押すだけで、注意を戻すことができる。これを行うには、足下に窓を作成し、攻撃する恐れなしに攻撃させることができる。

待機場所を下げる[編集 | ソースを編集]

違いはあまりないようだが、望むなら地面にハーフブロックを置くことができ、スケルトンはより低く打つようになる。これがより良い結果をもたらしていると感じる場合はこのままにして、そうでない場合は床を再び平らにする。

複雑化[編集 | ソースを編集]

20×20の面積で、Mobが22ブロック落ちる場所に水を入れ、ネコでクリーパーを穴に逃げ込ませる。その後、オオカミを使って村人とスケルトンを怯えさせ、他の穴にトラップを分けることができる。その後、クリーパーが幅5ブロックの水流に落ちた後、クリーパーはスケルトンに撃たれる。そして、ホッパーやチェストに行って、戦利品が集まる。2つの水流を使用することに注意。

設計[編集 | ソースを編集]

レコード工場の効率的な設計を示す。

横から見た図[編集 | ソースを編集]

横から見た図。プレイヤーのところまで流れている水は省略。

頭のマークはスケルトン、クリーパー(足元に水)、プレイヤーを示す。

上から見た図[編集 | ソースを編集]

地下構造のみを示す。水はプレイヤーのところまで流れている。


頭のマークはスケルトン、クリーパー(足元に水)、プレイヤーを示す。

組織化されていない工場[編集 | ソースを編集]

すなわち、スケルトンにクリーパーを撃たせるための、一時的な建築物である。

指南[編集 | ソースを編集]

1. 持参物:
  • 弓 2本 (一つはエンチャント済み、もう一つはエンチャント無し)と、沢山の矢
  • 剣 1本
  • 砂、ソウルサンド、土、羊毛のいずれか3個
    • 砂利を使うと火打ち石になってしまうおそれがある。雪や粘土はブロックを落とさないので適さない。木は素手で壊すのにかかる時間が長い。
  • 時計 1つ
  • 暗視のポーション(必須ではないが、十分な明かりが無いのであればあると便利)
  • 他に何を持って行っても良いが、この方法では使わない。
2. 夕暮れをまつ。 モンスターが必要な作業をするのであれば、暗闇はあなたの友人だ。
3. 柱ジャンプ(ジャンプ中にブロックを置き、登っていく手法)で3ブロック分登る。
4. モブが来るのを待つ。モブが見えにくいなら暗視のポーションを飲む。周りをよく見渡し、何が来るのか確認する。
出会う可能性のあるモブ及び対処法一覧
モンスター 対処法
ウィッチ エンチャントされた弓を用いて、死ぬまで矢を撃つ。
エンダーマン 攻撃しない。
ウサギ (キラー) スライム ゾンビ クモ クリーパーを攻撃しようとしているなら、エンチャントされた弓を用いて死ぬまで矢を撃つ。あるいは剣を用いても良い。
スケルトン 仕事をしてくれるのを柱の上で待つ。終わったら剣で倒す。
クリーパー エンチャントしていない弓で矢を2本当てる。
5. レコードが落ちているのを確認したら、時計を見る。
  • 深夜前なら、柱の周りのモブを、可能なら剣を用いて倒す。柱を3ブロック掘り下げて、アイテムをあつめ、再びPillar jumpを用いて柱の上に戻る。
  • 深夜過ぎなら、朝を待ってから周りのモブを倒し、柱を壊して、アイテムをあつめる。
6. これを欲しい曲が全て出るまで毎晩繰り返す。平均して、12曲全て集めるのであれば49個のレコードを拾う必要がある。