チュートリアル/ブロック更新検出器

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Book and Quill.png
この記事は翻訳途中です。
あなたが内容を翻訳してみませんか?
Clock JE2 BE2.gif
この記事は内容の更新を必要とします。
この記事を更新して、最近のアップデートや新たな情報を反映してください。
Disambig color.svg 「ブロック更新検出器」はこの項目へ転送されています。ブロックについては「オブザーバー」をご覧ください。

ブロック更新検出器Block Update Detector、BUD回路)は、ゲームの仕様を使用し、近くのブロックの変化を検出するレッドストーン装置です。多様な構成がありますが、どれも基本的には同じ考えに基づいています:レッドストーン回路はゲームの仕様的には変化するべき状態になっても、ゲームがそのブロックをその法則に従うように更新しないことがあります。この更新されなかったブロックが「検出器」として機能します。隣接するブロックが何か状態を変化させると、ゲームはその検出器を含め隣接しているすべてのブロックを更新し、検出器のブロックを作動させます。回路はその後他の動作を行い、ほとんどの構成では、待機状態に戻ります。

注意:レッドストーンはブロック更新とは大きく分かれており別物のため、以下に挙げたBUD回路のほとんどはBedrock Editionでは動作しません。

検出するもの[編集 | ソースを編集]

BUD回路は、検出器ブロックの隣で発生した以下の事象を検出します:

一部のBUDが検出できない可能性があるブロック・ブロック状態の変化:

BUD回路の種類[編集 | ソースを編集]

以下はSethBling氏による総合的な動画で、主にレッドストーンブロックを利用した小型なBUDの数々を紹介しています。

ゲーム内では[編集 | ソースを編集]

Observer JE4 BE3.png

BUD回路はゲーム内で小型ブロック形式になり、1.11スナップショット16w39aで「オブザーバー」と呼ばれるものが追加されました。オブザーバーはブロックの更新を検出するのではなく、ブロック状態の変化を検出します。

ピストンを利用したもの[編集 | ソースを編集]

多くのBUD回路は準接続と呼ばれるピストンの特性を利用しています。ピストンはその1ブロック真上の空間を介して動力を受けることができます。この場合、動力源はピストンの真上、側方、または2ブロック上のブロックになる。ただし、このように動力を受け取っているピストンはすぐには動力源の状態の変化に気づきません。ピストンの周辺のブロックが更新されることでそれに反応し、ピストンが動く。ピストンの状態が動力源の状態を制御する循環回路を形成することによって、単純なBUD回路の検出器になります。

この設計では、ピストンは隣接するブロックの更新のみに反応して伸びますが、伸びた後は、ピストンの伸長部分が、隣のリピーターの無効化に気づくため、すぐに引っ込んでしまいます。これがピストンBUDのリセット方法です:遅延させ、延長させたピストン伸長部分の隣で電源を走らせることで、回路は常に短信号状態になります。

注意:粘着ピストンの斜め上のブロックが水平方向に隣接するようになると、回路は絶えず短信号を発生させます。

この設計の検出器ブロックは複数に拡張できます。この設計のピストンはすべて検出器です。

複数の検出器ブロックを搭載したピストン利用型「BUD列」。全てのピストンが粘着です。

レッドストーンブロックを使った1ブロック幅の連結可能な設計:

代替方法:プレイヤーが粘着ピストンを地面と平行に置き、ピストンヘッドに面するようにレッドストーンブロックを置き、ピストンに斜めに隣接するブロックに動力を与えるリピーターを通してピストンの側面にレッドストーンブロックを接続すれば、完全に機能するBUDになります。そして、リピーターに既定の1ティック遅延以外の任意の数ティックの遅延を設定するとT-BUDになります。リピーターを既定の1ティック設定に戻すことで逆にすることもできます(これはレッドストーンブロックのリリース以降にしか機能しませんが、理論的には通常のブロックとレッドストーントーチを使ってその効果をまねることもできます)。

1回限りですが、非常に小型であり、簡単に隠せるため、トラップに最適な設計として次のようなものがあります:ピストン(特に粘着ピストンが便利)を地面に平行に置き、ピストンヘッドとピストンの1ブロック上を除いた面のどこかにブロックを1つ置きます。ブロックのピストンに面した側にレッドストーントーチを置きます。そして、ブロックの反対側のどこかにレバーを置き、スイッチを入れます。レッドストーントーチはとtれてしまいますが、ピストンは伸びたままになります。これでピストン以外はすべて壊せますが、トーチを壊してからレバーを壊すようにしてください。その後ブロックが更新されると、おそらく被害者の下の床を引っ張り、ピストンが引っ込むようになります。ただし、検出器が起動された後再び使用するためには再構築する必要があることを覚えておいてください。


The design looks something like this:

もしくは、もっと小さい2x1 (延長した場合は3x1)のBUD回路を作ることもできる:上下以外の方向を向いた粘着ピストンを二つ縦に積み上げ、両方の粘着面にレッドストーンブロックを設置する(訳注:下側のピストンからレッドストーンブロックを配置しないと、設置時にBUDが起動してしまう)。下側ピストン周囲のブロックが更新されると(破壊、設置、etc)、下側のピストンが伸びる。 コンパクトなBUD回路が求められがちなトラップ向きのBUD回路である。唯一の欠点は、リセットが必要なことである。

Another extremely compact design involves using 1 sticky piston facing up with a slime block and redstone block stacked on top of it. This design is 1x3 (1x4 when extended) and allows the piston to be updated from 5 of its sides. It does not need to be reset after triggering, but you do need to make sure that the slime block isn't grabbing a wall in order to activate in the first place.

Stuck-Piston Based[編集 | ソースを編集]

The following designs works because pistons can't be pushed by other pistons while extended. And when a piston retracts, it doesn't notify any other pistons that were trying to push it. The piston with the block attached to it is sticky and acts as the sensor. This design has the advantage of a low profile, and also that the quirk it exploits is less "buggy" and less likely to be fixed in the future.

A perpendicular "stuck piston" BUD switch. The piston with the block attached to it is sticky.
An in-line "stuck piston" BUD switch. Left piston is sticky.)

The latter design above can also be extended to an array in a variety of ways, including a one-wide design.

A very compact "in-line" BUD array. Every piston is a sensor except the one next to the obsidian. None of the pistons are sticky.
A one-wide BUD array. Every piston is a sensor except the one next to the obsidian. None of the pistons are sticky.

The more compact versions were first discovered in the video below.

The stuck-piston principle can also be used to hide a BUD completely underground, as shown by this video:

ドロッパーを利用したもの[編集 | ソースを編集]

これについての動画を以下にあげる。これがドロッパーを利用したもののすべてである。この動画では準接続(BUD化)とドロッパーのアイテム輸送機能を利用している。

バリエーション[編集 | ソースを編集]

Other devices can be built using the same underlying principle as the BUD switch.

T-BUD[編集 | ソースを編集]

BUDスイッチからリセット機構を除くことによってToggle-BUD(T-BUD)ができる。この仕掛けは2つの安定した状態を持ち、ピストンの隣の更新を検知したときに切り替わる。T-BUDはBUDスイッチをT-フリップフロップ回路に接続したものに等しいが、構築ははるかに簡単である。これはかまど草ブロックベッドのようなブロックの状態を追跡するのに役立つ。しかし、2ブロック離れた場所にいくつかのブロックを設置するのに便利な機能がある。2ブロック離れた場所にレッドストーンを置くと、それが破壊されたときのみ作動するスイッチができ、レッドストーンリピーターを置いた場合、設置でのみ作動するスイッチができる。

注意:Minecraft 1.7.4以降は画像内のリピーターは遅延レベルを2にする必要がある。1ティックのままだとBUDになる。[要検証]



CUD[編集 | ソースを編集]

コンパレータ更新検出器(Comparator Update Detector;CUD)は、コンパレーターを利用した回路で、チェストのインベントリの変化や開閉、看板の設置やコマンドブロックの変化などを検出する。また、通常のブロックの変化も検出し、いくつかのデータが変化する。

TEDUD.png

コンパレーターは通常、チェストなどのインベントリのあるブロックが後ろにあり、それにアイテムがある場合に信号を出力する。コンパレーターが変更を検出すると、ブロック自体が更新され、チェストがブロックにブロックされているため、コンパレーターが現在のものを出力しないように「通知」する。ピストンはCUDのリセットにのみ必要とされる。

歴史[編集 | ソースを編集]

The earliest known BUD switch is on the Minecraft Forums. [1]
The term "BUD switch" was later coined by YouTuber EthosLab. [2]


Java Edition Alpha
1.0.1Water based (non-renewable) and redstone dust based BUDs are now possible to make.
Java Edition Beta
1.3With the addition of repeaters, renewable water based and powered rail based BUDs are now possible to make.(Redstone dust is non-renewable.)
1.7With the addition of pistons, piston-based and stuck-piston-based BUDs are now possible to make.
Java Edition
1.2.112w07aレッドストーンランプが追加され、レッドストーンもBUDに使えるようになった。
1.513w01aレッドストーンのコードの変更によりデータの変更を更新するタイプのBUDの多くが使えなくなった。
With the addition of redstone blocks, a simpler piston based BUD is now possible to make.
レッドストーンランプがBUD回路に使えなくなった。
1.814w25aWith the fix of MC-56541, redstone torch based BUDs are now possible to make.
1.1116w39aオブザーバーが追加された。