チュートリアル/ブロックとアイテムの複製

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
このページでは、バグ・不具合を利用した仕掛けの作成を行う方法を示しています。
この種のバグは予告なしに修正されることがあり、修正されると仕掛けが動作しなくなります。
バグの利用は自己責任でお願いします。

このページでは、バニラのサバイバルモードで、アイテムブロックを複製する方法を紹介します。ダイヤモンドドラゴンの卵などの無限資源ではないブロックなど、通常では増殖できないものを「複製」できるので、「なんでも複製機」として扱えます。

これらのテクニックは多くの人々が「不正行為」とみなしており、Mojangはすべてのアップデートで複製を修正しようとしている事に注意して下さい。一部のサーバーでは、これらのテクニックは禁止されています。

ブロックを複製する最良の方法は、まずブロックをアイテムに変えてからアイテムを複製することです。ただし、ブロック自体を複製する方法は他にもありますが、それは特定のブロックに対してのみ有効です。シュルカーボックスを使えば、最大1,729個のアイテムを一度に複製することができるので、アイテムの複製が非常に簡単になります(シュルカーボックスを含む)。

なぜわざわざ?[編集 | ソースを編集]

アイテムやブロックの複製はとても便利です。例えば、膨大な量のガラスを手に入れたいとしましょう。砂漠に行って自分で採掘するのは非常に時間がかかるので、砂の複製機は非常に便利です。

この技を使って岩盤をたくさん壊したいと思ったら、プレイヤードラゴンの卵複製機を作って、多くのドラゴンの卵を作ることができます(ドラゴンの卵での岩盤除去は新しいバージョンでは修正されています。ドラゴンエッグは装飾的なものになります)

Java Edition[編集 | ソースを編集]

アイテムの複製[編集 | ソースを編集]

Alt + F4[編集 | ソースを編集]

この方法は簡単な方法で、Alpha段階の最初の頃からある方法です。この方法では、複製したいアイテムをドロップして、保存して終了します。その後、ワールドを再読込してアイテムを拾い上げ、約5秒後にAlt + F4キーを押します(Windowsの場合)。その後、ゲームを再起動してワールドを再読込します。アイテムが複製されているはずです。

死亡[編集 | ソースを編集]

この方法は非常に致命的ですが、プレイヤーにとっては必ずしもそうではありません。この方法では、アイテムを運ぶことができるMob(ゾンビロバラマなど)を非常に低い体力(ハート半分以下)にします。非常に正確なタイミングで、エンドポータルを通って移動するMobを殺します。装備したアイテムとMobが他のディメンションに現れるはずです。ポータルの片方では生きていて、もう片方では死んでいるようにゲームを騙すことで動作します。生きているMobはアイテムを持ったままポータルを通って移動し、死んだMobのアイテムもポータルに送られ、反対側のプレイヤーは複製されたアイテムとそれを持っているMobを集めることができます。

ゾンビ・ドラウンド[編集 | ソースを編集]

この方法は、ゾンビが死んでいる間にドラウンドに変化することができるという事実を利用したものです。ゾンビにアイテムを投げつけてアイテムを拾わせ、その瞬間にゾンビを殺すと、ゾンビは死んで持っていたものを落としてしまいますが、新たに生まれたドラウンドはアイテムの複製を持っています。これはハスクがゾンビに変身した時にも効果があります。

Ilmangoがサバイバルでの簡単な実装を示しています:

チャンクメモリオーバーフロー[編集 | ソースを編集]

チャンクメモリをオーバーフローさせると、チャンクをフリーズさせることができます。これは何を意味するかというと、このチャンク上の変更は保存されず、再度読み込んだ後に以前の状態に戻ってしまうということです。これを行うための最良の方法は、ランダムなUnicode文字の約50ページで満たされた本を作成し、それをチェストに入れておくことです。これを自動的に行うためのModがありますが、コピー&ペーストで手動で行うこともできます。これが動作するようにするために2つの異なる種類の本が必要になります。

0. 複製したいチャンクを選択し、そのチャンク内だけですべてを行います(F3 + Gキーを押すとチャンクの境界線が表示されます)。

1. ランダムな文字で埋め尽くされた22冊の本を手に入れて、それらを「X」と名付け、21冊の同じ本を、他の文字で埋め尽くし、それらを「Y」と名付けましょう。

2. チェストを置き、その中に複製したいアイテムを入れます。

3. 同じチャンクにチェストを置いて、このパターンにします:

X|Y|X|Y|X|Y|X|Y|X

Y|X|Y|X|Y|X|Y|X|Y

X|Y|X|Y|X|Y|X|Y|X

  • 左から各8種類の本が出ます。

4. その上にチェストを置き、そのチェストの中に本Xを8個スロット1に、本Yを8個スロット2に入れます。

5. ワールドに再接続してチャンクを再読込するか(シングルプレイヤーの場合)、200~300ブロック離れた場所に行って戻ってくるか(マルチプレイヤーの場合)

6. このように2つ目のチェストから本を移動させます:

X|Y|X|Y|X|Y|X|Y|X

Y|X|Y|X|Y|X|Y

7. 複製したいアイテムをインベントリに取り出すか、もう片方のチャンクにあるチェストに入れておきましょう。

8. チャンクを再び再読込します。

9. これで、チェストとインベントリにアイテムが入ったことになります。2つ目のチェストにある本は[4]と同じです。

1.14以上:

1) F3+Gを押してチャンクの境界を表示

2) 複製したいチャンクに樽を設置。その上にチェストを設置。

3) 複製したいアイテムを樽の中に入れます。

4) その後、ランダムなUnicodeの文字で埋め尽くされた100ページの25個の本と羽ペンをチェストにこのように入れます。

  • X=ランダムな本×1
  • Y=ランダムな本×2

X|X|X|X|X|X|X|X|X

X|X|X|X|X|X|X|X|X

X|X|X|X|X|Y

5) その後、ESCを押して「保存してタイトルに戻る」を選択してチャンクを保存するか(シングルプレイヤーの場合)、チャンクから400ブロック離れて歩くか(マルチプレイヤーの場合は、他のプレイヤーがネットに滞在していることを確認してください、他のプレイヤーは複製が動作しません)。この方法でチャンクが保存されます。

6) その後、再び自分のワールドにログインするか(シングルプレイヤーの場合)、チャンクまで歩いて戻るか(マルチプレイヤーの場合)。

7) チェストを開けて、こんな感じで本を動かします:

X= ランダムな本×1

  • X|X|X|X|X|X|X|X|X
  • X|X|X|X|X|X|X|X|X
  • X|X|X|X|X|X|X

8) 樽からアイテムを持ち出してインベントリに移動させたり、他のチャンクで樽に入れたりします。

9) ESCを押して「保存してして終了してタイトルに」を選択してもう一度(シングルプレイヤーの場合)、またはチャンクから400ブロック離れたところまで歩いてもう一度(マルチプレイヤーの場合)。

9) その後、ワールドを再ログインするか(シングルプレイヤーの場合)、再びチャンクに戻って歩いてください(マルチプレイヤーの場合)。そうすると、樽の中にアイテムが再出現し、樽の上のチェストにある本がこのパターンに戻ります:

X= ランダムな本×1 Y=ランダムな本×2

  • X|X|X|X|X|X|X|X|X
  • X|X|X|X|X|X|X|X|X
  • X|X|X|X|X|Y

10) これでアイテムが複製されました。

Earthcomputerによって発見:

YouTubeでのBarrenDomeのチュートリアル

完璧なタイミング[編集 | ソースを編集]

アイテムを複製するためのタイミング関連の方法は数多くあります。これらのほとんどは、いつでもゲームを一時停止したり、ログアウトしたりできるので、シングルプレイでしかできません。クリエイティブだと、必要なアイテムを簡単に複製することができます。

アイテムのドロップ[編集 | ソースを編集]

アイテムをドロップした後、拾った時と全く同じタイミングで再度ログインすると、ドロップしたものを複製することができます。これは2b2tの11/11の複製とも呼ばれています。

ピストン[編集 | ソースを編集]

ピストンが後退しているときに、ピストンの後部から額縁が取り外された(プレイヤーが壊した)とき、正しいタイミングだと額縁内にあったアイテムが2つ生まれます。この方法は、額縁の内側にあるブロックやアイテムであれば、シュルカーボックスを使って一度に複数のアイテムを複製することができます。この方法は、シングルプレイヤーとマルチプレイヤーのゲームモードの両方で動作します。

マルチプレイ専用[編集 | ソースを編集]

マルチプレイやLANサーバーが必要になります。この方法には3つの方法があります。

同一プレイヤーが二度[編集 | ソースを編集]

1つのサーバーで同じプレイヤーを2回ログインさせるゲームを騙す方法があります。これを行うには、Minecraftの2つのインスタンスを起動します。そのためには、お互いに干渉しないようにランチャーの新しいインスタンスを起動する必要があります。2つのインスタンスを同時に同じサーバー上でログに記録します。これを行うことで、ゲームは同じプレイヤーの2つを描画します。そして、複製されたプレイヤーを殺してインベントリを2倍にすることができます。まれにサーバーが誤ってプレイヤーを複製したり、ログアウトしたプレイヤーの「ゴースト」を残したりすることもあります。

プレイヤーデータの編集[編集 | ソースを編集]

このためには、2人の異なるプレイヤーとサーバーファイルへのアクセスが必要です。サーバーは、インベントリの内容を各プレイヤーごとに別々のファイルとして保存します。あるプレイヤーのインベントリデータを別のプレイヤーのインベントリデータに差し替えるだけです。これを受け取る側が空のインベントリを持っていればベストです。

ロバの在庫管理[編集 | ソースを編集]

1.15.2と1.16のスナップショットで20w12aまで動作します。チェストを装備した飼いならされたロバが必要です。あるプレイヤーがロバをシフトクリックすると、そのプレイヤーはロバのインベントリを見てアイテムを置くことができます。2人目のプレイヤーがロバに乗った場合、1人目のプレイヤーはロバのインベントリを表示し続けますが、既にプレイヤーがロバに乗っている場合、通常はロバのインベントリを表示することはできません。2人目のプレイヤーが切断すると、ロバも一緒に消えてしまい、ロバのインベントリはそのプレイヤーのデータの一部とみなされます。ただし、ゲームはロバのインベントリのコピーとGUIを一時的に読み込ませておき、最初のプレイヤーがアイテムを取り戻すことができます。2人目のプレイヤーが再接続すると、ロバのインベントリには2人目のプレイヤーが切断する前のものが含まれます。アイテムは再びロバのインベントリから取り出すことができ、倍の重複が発生します。

ブロックの複製[編集 | ソースを編集]

レール・カーペット[編集 | ソースを編集]

これは、レールカーペットをアイテムとして押したり落としたりする方法で移動させることで実現できます。これは、押す前に、ピストンが押そうとしているブロックのリストを作成するからです。次に、レール/カーペットの下にあるブロックが最初に移動され、レール/カーペットがアイテムとして飛び出します。これは多少修正されていますが、カーペットはまだ確実に複製することができます。1.15.2の時点では、カーペットは死んだウチワサンゴの上に置くことができます。死んだウチワサンゴがスライムブロックの側面に取り付けられていて、第2のスライムブロックが第1のスライムブロックの上にあり、カーペットを死んだサンゴの上に置くと、一対のスライムブロックを引っ張ると、カーペットはサンゴの上に残ったままアイテムとして落下します。カーペットは燃料にもなるので、素早く複製できるのはある程度便利です。

TNT[編集 | ソースを編集]

TNT複製はレール複製と同様の方法で動作します。TNTブロックはBUD動力であり、そのような仕掛けがピストンによって押されると、TNTは更新され、着火されたTNTエンティティに点火されます。そして、ピストンはTNTブロックの左のリストからTNTを移動させます。

重力ブロック[編集 | ソースを編集]

いろいろな方法がありますが、基本的な考え方は同じです。

重力に影響されるブロックをエンドポータルに向かって押し出します。ポータルに落ちるとエンティティとなり、別のディメンションの「スポーン地点」に移動しますが、元のディメンションから取り除かれる前に、ポータル内のディメンションに跳ね返り(通過しないように乗り物に乗って)、いくつかのピストンに捕まります。その後、ブロックに変わり、元の場所に戻されます。この処理はレッドストーンを使ってループさせることができます。それは、仕掛けを爆破するので、着火されたTNTを除いて、重力の影響を受けるすべてのブロックで動作します。

[編集 | ソースを編集]

の複製は、粗い土のクラフトレシピに依存しています。粗い土は2つの土ブロックと2つの砂利ブロックで作られ、プレイヤーはそこから4つの粗い土を得ます。プレイヤーが粗い土を掘ると、普通の土になります。この新しい土の一部は、多くの粗い土を作るのに使うことができます。上記の方法で砂利複製機を作っておけば、無限にこの作業を続けることができます。

リード[編集 | ソースを編集]

動物を最後まで連れてきて、リードをつけて、エンドポータルに誘導します。戻ってきたら、リードを2本落としているはずです。リードの片方がエンドで終わってしまうこともあるので、そこは必ず確認しましょう。これは動物をエンドに連れてくるときにも有効です。

Bedrock Edition[編集 | ソースを編集]

ピストンチェスト(バージョンでの動作を確認済み)[編集 | ソースを編集]

(全アイテムを複製)

チェストピストンで押されると、移動する前の一瞬の間に中身がバックアップされます。チェストのインターフェイスにいて、その瞬間にアイテムをインベントリにクイック移動すると、アイテムを受け取り、アイテムが入ったままチェストが移動します。

推奨されるのは自動ではありません。推奨される方法に必要なものは、少なくともスイッチ1個、粘着ピストン1個、チェスト1個、レッドストーンリピーター10個(全て最大遅延に設定されている)、レッドストーンダスト2個、ボタン1個ですが、粘着ピストンとチェストとボタンだけで済む簡易的なバージョンもあります。やり方は以下の通りです:

ピストン複製機の「簡単」な方法です。より高価で推奨されている方法と同じ指示に従いますが、より少ないブロックを使用します。
  1. ボタンを押します。
  2. ピストンがチェストを押すまで待機。
  3. チェストを開いてすぐカーソルをブロックに当てます。
  4. 最後の最後に、複製したいアイテムをシフトクリック。
    The "recommended" build of the Bedrock Edition piston-chest dupe method.
    Bedrock Editionのピストンチェスト複製方法の「推奨」構築。

正しく行えば、入れたものと同じ複製を持っているはずです。

  • 粘着ピストンを作る余裕がない場合は、この方法は片側1つの普通のピストンでも機能します。一方のピストンがチェストを押して、プレイヤーがチェストを開きます。その後は通常通りに続け、もう片方のピストンがチェストを押して元の位置に戻す前の最後の瞬間にアイテムをシフトクリックします。
  • この方法では、シュルカーボックスを使用して、一方の複製されたボックスの中身を他方のボックスに移動させることで、ボックス全体のアイテムを複製するまで、毎回得られる金額を倍増させることができます。
    • これは、中身のあるシュルカーボックスを作りすぎることで、ワールドで大規模なラグが発生するリスクがあります。この影響はRealmsサーバーのようなオンラインワールドではさらに大きくなるかもしれません。これを避けるために、複製した後のアイテムは必ず通常のチェストに移動させてください。

高速ディスペンサー(バージョン1.5.1-1.5.2+)[編集 | ソースを編集]

(スタックできるアイテムのみ)

この動画では、ディスペンサーとレッドストーンクロックを使って、任意の鉱石を複製する方法を説明します。

ベッド[編集 | ソースを編集]

ベッドは2つのブロックから作られているため、ベッドの近くで爆発すると、ベッドが2つのベッドアイテムをドロップすることがあります。これを繰り返して無限のベッドを得ることができます。

鉱石[編集 | ソースを編集]

金床を手に入れて、9個の鉄インゴット、9個のダイヤモンド、9個の石炭、9個の金インゴット、9個のラピスラズリ、9個のレッドストーンダスト、または9個のエメラルドのいずれかを手に入れます。鉱石のうち1つをランダムなものに名前を変えて、インベントリの残りの鉱石の上に置き、作業台に行きます。その鉱石のブロックをクラフトし、「すべてをクラフト」を選択します。これにより、プレイヤーは(選んだ鉱石の)1ブロックを手に入れることができます。残りの8個はインベントリに残っています。

重力ブロック(バージョン???-1.16.0+)[要検証][編集 | ソースを編集]

(ドラゴンの卵を除くすべての重力の影響を受けるブロック)

この動画では、任意の重力影響を受けるブロックを複製する方法を説明します。Java版での重力ブロックの複製と同様に動作します:落下するブロックがエンドポータルに入り、同じティック上のブロックになることによって。

このデザインがドラゴンの卵に効かないのは、ピストンがブロックを元の位置に押し込めるかどうかに依存しているからです。これにより、6回のレッドストーンティックごとにブロックを繰り返し複製することができます。しかし、ドラゴンの卵を手動で複製することもできます:

G
D
P

上図において、G、D、Pはそれぞれ砥石ドラゴンの卵ポータルを表しています。MCPE-15793のため、タイミングが正しく機能するためにはリピーターが必要です。自動重力ブロック複製機と同様に、エンドポータルフレームを交換するために巨大キノコを使用する必要があります。

使用するには、レバーをオフにすると、2つ目のドラゴンエッグがエンドに出現します。その後、レバーを再びオンにすると、ドラゴンの卵を壊して別のドラゴンの卵を配置することができます。このデザインは他の重力ブロックにも使えますが、一般的には自動版の方が効率が良いです。

[編集 | ソースを編集]

重力ブロック複製機(上記)を使用して、2つの砂利を複製します。2つの新しい砂利のブロックを使用して、2つのと組み合わせて4つの粗い土を作ります。クワを使って粗い土を普通の土にして、2つの砂利を複製します。

修正済の方法 (Bedrock Edition)[編集 | ソースを編集]

以下の方法を使用するには、その時点を過ぎてアップデートしないか、以前のアップデートに戻す必要があります(お使いのシステムで可能であれば、Xbox OneNintendo Switchなど、すべてのシステムで可能なわけではありません)。

金床での改名(バージョン1.5.1-1.5.2)[編集 | ソースを編集]

(スタックできないアイテムのみ)

金床の出力オプションから「半分取る」を削除され1.5.3でできなくなりました。

金床でアイテムのスタックに名前を付けるとき、元のスタックを枯渇させずに出力アイテムを受け取るために「半分取る」オプションを使うことができます。最後に再命名されたアイテムを取らない限り、元のスタックに行って拾ってさらに始めることもできますし、終わったら金床のインターフェイスから離れることもできます。

  • これをスピードアップする方法は、金床の近くに立っているときに「半分取る」を押してから「アイテムを捨てる」を押すことで、手動で各選択を移動させなくても、素早くスタックを通過することができます。

この方法で複製されたアイテムは、確かにクラシッククラフトと他の使用で使用することができますが、レシピで迅速に使用するのには動作しません。しかし、デフォルトの名前にアイテムを元に戻したい場合は、別のアイテムにそれをクラフトし、元に戻ってそれをクラフトすることによってそうすることができます(レッドストーンブロックレッドストーンダスト×9→レッドストーンブロックなど)、またはブロックとして配置し、アイテムに戻ってそれを壊すことによって、それを行うことができます。

  • ブロックがアイテムに壊されても名前が消えないこともあります。例えばシュルカーボックスのように名前を保持するようになっていたり、ランダムに名前が通常のブロックに残っていて、それを繰り返すと名前が消えてしまうこともあります。しかし、一部のアイテムは、エンダーチェストが黒曜石を落としているような別のアイテムに壊れることがあり、黒曜石はそれぞれエンダーチェストの名前を保持することになります(これはおそらく不具合)。