チュートリアル/ブタの乱数発生器

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索

このチュートリアルでは、ブタの乱数発生器の構造について解説する。これはレッドストーン回路においてランダム性を与えるために一般的に使われたシンプルな方法である。これは Mob がランダムにうろつき歩くことを利用して、感圧板やトリップワイヤーフックを使用し、これをレッドストーン信号に変換して行う。ブタの乱数発生器が用いられるものとしてギャンブルマシーンやボスバトルが上げられる(乱数発生器はドロッパーホッパーレッドストーンコンパレーターを用いればより手軽にできることに注意)。

材料[編集 | ソースを編集]

作り方[編集 | ソースを編集]

  1. 乱数発生器のために部屋を作る。これは Mob が中に入れば十分である。
  2. 部屋の中に感圧板かトリップワイヤーを置く。
  3. 部屋の中に Mob を入れ、感圧板かトリップワイヤーが作動するかを確認する。
  4. 感圧板かトリップワイヤーをレッドストーン回路に繋げる。

ヒントとテクニック[編集 | ソースを編集]

  • 友好的Mob を使用することが推奨される。それはデスポーンせず、且つ中に設置することが容易だからである。
  • もし敵対的Mob を使う必要があるならそれらをデスポーンさせないために、鎧か何かを装備させる(これはゾンビスケルトンゾンビピッグマンに対して効果を発揮する)か、もしくは名札を使う必要がある。これらの全ては Mob がデスポーンすることを阻止する。
  • もし Mob がプレイヤーから離れすぎていた場合、Mob は動作を停止するため、乱数発生器はできるだけプレイヤーの近くに設置することが推奨される。
  • ブタの乱数発生器によく使われる Mob はスノウゴーレムニワトリの2つである。スノウゴーレムは音を立てずに移動し、さらに乱数発生器内部で作れるため建築が容易になる。そしてニワトリは使用できる Mob の中で最も小さいものである(乱数発生器を小さくできる)。
  • 出力頻度を減らすには部屋を大きくするか、いくつかの感圧板を撤去する。増やしたい場合はその逆を行う。

乱数発生機の例[編集 | ソースを編集]

FVDisco's slot machine A great example of 3 pig randomisers in use in a slot machine!