Join The Fan Lab, a private Fandom research community for users in the US and UK where you will be asked to share your opinions on all things gaming and entertainment! Click here to see if you qualify

チュートリアル/ヒントとテクニック

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Cleanup.svg
この記事はスタイルガイドの基準を満たす必要があります。 [議論]
この記事を整理してくださる協力者を求めています
Book and Quill.png
この記事は翻訳途中です。
あなたが内容を翻訳してみませんか?

ここでは、マインクラフトに慣れていない人のために、ヒントと裏ワザをいくつか紹介します。一部のページの「トリビア」欄にもヒントがしばしば記載されていて、多数の詳細が書いてある可能性が高いことも覚えておいてください。

シャベルを使用しない砂や砂利の収集[編集 | ソースを編集]

金床以外の重力の影響を受けるブロック(砂利など)を掘ってシャベルの耐久値を無駄にしなくてもも、松明を使用して収集できます。松明を手に持って一番下にあるブロックを破壊し、すぐにそのブロックのあった場所の床に松明を設置します。重力の影響を受けたブロックの柱は落下中のブロックというエンティティに変わります。これは地面に着地しますが松明などのブロックの中に入ると壊れます。松明を置くのが速すぎると重力の影響を受けるブロックがエンティティに変わらなくなり、松明がブロックを支えるような状態になる場合がありますが、その場合は松明のすぐ上のブロックを壊せば残りの柱が落ちてきます。ただし、この方法で砂利を壊すと火打ち石ドロップしません。これは必要な資源に応じてプレイヤーが検討する必要があります。

コンパスを使わずに方角を知る[編集 | ソースを編集]

コンパスを使用しなくても、いくつかの方法を使えば、マインクラフトのワールドの基本的な方向を把握できます。

まず、ブロックを殴ってブロックが採掘されるときに発生する亀裂の方向を確認することで北を見つけることができます。亀裂については、ブロックの側面を殴った場合、亀裂がほぼ真上に向かっているもの、右に向かっているもの、そしてほぼ真下に向かっているものがあるはずです。次に地面のブロックを殴って、側面に見られるのと同じ向きの亀裂になるようにすると、ブロックの側面でほぼ真上を指していた亀裂が北を指しています。

もしくは、空にある太陽は常に西に向かって移動しているので、これを利用して方向を知ることもできます。

パソコン版では、F3を押してデバッグ画面を表示するとプレイヤーが向いている方向に関する情報が表示されます。

地図(コンパス8枚で囲んでクラフト)を持っている場合は、矢印がどこを向いていても常に基本的な方向は上が北になっています。

ピースフルモード[編集 | ソースを編集]

ゾンビクリーパー等の敵対Mobに苦労している場合、または食べ物が見つからない場合は、ワールドの難易度ピースフルにするだけで問題は解決します。満腹度体力はすぐに再生するので、満腹度によって健康に害が及ぶ事はありません。また、全ての敵対Mobが瞬時にデスポーンします。これは大きな建造物やピクセルアートを構築するときに非常に便利ですが、マインクラフトのやりがいや楽しさの多くを奪ってしまうため、ほとんどのプレイヤーはこれを嫌い、特にほとんどの人が「非常時ボタン」として使用しています。しかし、ワールドの難易度をロックする設定があるので、この設定を有効にすることで、ゲームプレイの「正直さ」を保てます。

木からの原木収集[編集 | ソースを編集]

にある原木ブロックを全て手に入れたいが、上のブロックまで届かない場合には、下のブロックをそのままにしておいて、ジャンプして登って残りのブロックを手に入れてみてください。それが終わったら下の原木を収集します。これを使っても上のブロックに届かない場合は、丸石、別の原木などのブロックや壊れやすいブロックを下に置いて、上の方へと押し上げていきます。森林バイオームで原木を収集している場合は、「木の切り株」は後回しにした方が良いかもしれません;戻ってくると、最後の原木ブロックの周りにリンゴ苗木が落ちてきます。翌日は最後のブロックを取り除いてから収集を始めるのが良いでしょう。

レシピを覚える[編集 | ソースを編集]

クラフトレシピを覚えるのに苦労している人は、釣り竿のような、実物と似ているようなものを見てみましょう。釣り竿のようにが並んでいるところに注目してみて下さい。ドアでは木材を2列置いて長方形で扉の形を作ったり、は2個の木材、丸石、鉄インゴットダイヤモンドなどを刃に使い、柄は棒を使うなど、多くのレシピがこのような特徴を持っています。また、ゲームを一時停止して当ウィキのアイテムのページにアクセスしてレシピを確認することもできます。また、時間やアイテムを無駄にするのを避けるために、ダイヤモンドのレギンスの上にヘルメットの形をしたダイヤモンドを重ねて2つにすると、素早くヘルメットとレギンスを手に入れられます。

名前 材料 クラフトのレシピ
ダイヤモンドのレギンスまたは
ダイヤモンドのヘルメット
ダイヤモンド
ダイヤモンドのチェストプレートまたは
ダイヤモンドのヘルメットまたは
ダイヤモンドのブーツ
ダイヤモンド
トロッコまたは
バケツ
鉄インゴット

また、額縁を3×3の形で壁に設置すればレシピの形を作ることもできます。

レシピ本は、レシピを覚えなくても済むだけでなく、クラフトを容易に済ませることができるため、クラフトにレシピ本を代わりに使うこともできます。

スポーン地点を設定する[編集 | ソースを編集]

拠点がスポーン地点から離れていても、羊毛が3個と木材が3枚あればベッドを作ることができます。夜に一度でもベッドで寝れば、そのベッドに自分のスポーン地点が設定されます。ただし、ベッドが壊れてしまうとスポーン地点が失われてしまい、そのプレイヤーは最初にワールドを始めた際のスポーン地点にスポーンすることになるので注意が必要です。したがって、最初のベッドを取り除く前に、2つ目のベッドを作って置き、そこで寝るのが賢明なアイデアでしょう。そうすれば最初のベッドを移動させている間にプレイヤーが死んでしまい元のスポーン地点でスポーンすることはありません。

ベッドの周りの装飾には注意して下さい。一部のブロックはプレイヤーがベッドに入れるようになりますが、ベッドがスポーン地点として機能するのを妨げます。ハーフブロックなどの高さが半分のブロックを使っても、ベッドを完全に取り囲まないようにしてください。また、ベッドの横にガラスを置いた場合、プレイヤーはガラスの上に自然スポーンすることができないため、ベッドの横にスポーンできない場合があります。ベッドが塞がれていてどこかで死亡した場合、「ベッドがないか、塞がれています」というメッセージが表示されて、元のスポーン地点に戻ることになります。

また、新しいスポーン地点を設定したい場合は、プレイヤーがベッドの上に立てる必要がある事にも注意して下さい。これは、プレイヤーがベッドの上にブロックを置いて寝ている場合、スポーン地点がリセットされないことを意味しています。

ベッドと拠点[編集 | ソースを編集]

廃坑要塞湿地帯ウィッチの小屋など、多くのアイテムを手に入れることができる構造物を発見した場合、その富に誘惑されるかもしれません。しかし、家から遠い場合は入ろうとしないでください。死んだときに貴重なアイテムを失う恐れがありますし、もし場所が分かっていても到達するまで間に合わないこともあります。これに対処するには、発見した構造物のはずれにベッドを置いて寝ることで新たなスポーン地点を設置するとよいでしょう。遠く離れた場所を探索する際には常にベッドを持ち歩くようにしましょう。

keepInventorytrueに設定されていない状態で死ぬと、アイテムを持っていない状態でリスポーンすることを考慮して下さい。地下深くで死んだ場合、落としたアイテムとの間にモンスターがいる可能性が高いです。近くにスポーン拠点を作る予定がある場合は、その拠点には戦場に戻ってくる前に適切な装備をするのに十分な資源が必要となります。スポーン拠点の基本的なものとしては、少なくとも鉄を半スタック(またはそれを使って作った装備品、以下参照)、木材を半スタックと石炭を16個、食料です。他の装備品(松明、フェンスはしごなど)の供給も有用です。もう一つのテクニックは、エンダーチェストを使用することです。この方法では、第一拠点の資源にアクセスできます。ただし、この方法を使うためには、第一拠点にももう一つエンダーチェストが必要で、そこにアイテムを入れておくことも忘れないでください。この方法は、必要な資源を持っている上級プレイヤーに適しています。

拠点にストックする余裕がない場合は、遠方の拠点でリスポーンした方が良いかもしれません。死亡地点からチャンク読込範囲外に出ることができます。プレイヤーのアイテムは読み込まれていないチャンクでは消えることはないので、装備をし直して、死亡地点から数百ブロック離れた場所に移動して、5分が立つ前にできるだけ早く戻ってくることが必要です。その準備として、地表から採掘場までの経路、特に適切な入口を徹底的に印付ける事が必要です。

近くにスポーン拠点を決めた場合には、まず安全を第一に考えて、明るく、危険な場所から遮断されていて、特にクリーパーから守ることができるものを選びます(・丸石の壁、ドア、入口の前を見張るガラスやフェンスの窓)。小さな部屋でもいいのですが、作業台かまど、物資を保管するラージチェストが1つ以上入る十分なスペースが必要です(必要に応じて床に埋め込むこともできます)。もちろん、ベッドのスペースやベッドの頭の横にあるリスポーン用の自由なスペースも必要です。また、壁の下に半分隠すこともできる無限水源のスペースも必要です。

拠点に必要とするものは、ベッド、作業台、かまど、そしてチェストになります。ベッドを作る羊毛がない場合は、糸(廃坑に豊富に存在)を使って作ることもできます。チェストには少なくとも鉄の防具のフルセット、鉄の剣、バケツを2つ、鉄のツルハシ、またはハサミ火打石と打ち金が入っている必要があります(驚くべき偶然の一致ですが、これは半スタックの鉄で作ることができるものです)。また、石のツルハシ、シャベル、弓、矢を半スタック以上、好ましくは1スタック持っている必要があります。一部の道具を事前にクラフトしておきます:チェストをもう1つ、最低でも松明を半スタック。フェンス、フェンスゲート、はしご、ドア、または何でも、便利になるかもしれません。食料にはかなりの量を必要とするので、少なくともステーキ豚肉を16個、または回復量が少ない物はもっと準備しておきましょう。注意したいのは、予備のブロックを何個か入れておくことです。丸石、砂利、土、木材も余分に入れておきましょう(砂はあまり役に立たないですがガラスに製錬すれば便利になります)。石炭、糸、レッドストーンなどの原材料も予備があると便利です。可能であれば、地図の予備のコピーと時計(必要であれば額縁に入れておくこともできる)を用意しておきましょう。

深みにはまる前に、一度はベッドで寝る事を忘れないでください。ただ置くだけではなくベッドの中で寝ないと駄目です。そうすればプレイヤーが死んでも、危険な洞窟の中でも無力ではなく、安全な拠点に戻って復讐に必要なものが揃っているので、アイテムを少しでも手に入れることができます。クリーパーの攻撃などの負債は対象外なので注意しましょう。

ワールドをLANに開く[編集 | ソースを編集]

ダイヤモンドの防具、ダイヤモンドの剣、ダイヤモンド、金、鉄などの貴重なアイテムをたくさん持っているならば、自分の努力が全て無駄になる事をより恐れるでしょう。残念ながら、溶岩に穴を掘ってしまった場合は、プレイヤーが持っていたアイテムはすべて永遠に失われてしまうことを意味します。多くのプレイヤーはこのような事態になったときにワールドを削除してしまいますが、絶対に削除してはいけません。拠点を作るのにかかった労力を考えてみてください。必要としているものを見つけるよりも、拠点を立てるのに時間がかかったのです。もし削除されてしまったら、そのワールドは永遠に消えてしまいます。アイテムを取り戻す方法があります。「LANに開く」という設定があり、これを押すとチートを有効にできます。チートを有効にすると、クリエイティブモードにしたり、失われたアイテムを取り戻したり、/gamerule keepInventorytrueに設定したりできます。ただし、多くのプレイヤーがこれをチートと考えていることに注意して下さい。多くのプレイヤーは、失敗を反省してやり直した方が良いと考えています。


しかし、マルチプレイでプレイしていて、自分がサーバーの管理者ではない場合、LANワールドは無効になっています。その場合、マルチプレイを主催しているプレイヤーにアイテムを貰ったり、シングルプレイの新しいワールドを作って貰ったりすることができます。

非常用シェルター[編集 | ソースを編集]

もし真夜中に多くの敵対Mobに襲われて動けなくなった場合は、非常用シェルターを作ることができます。3ブロックを掘り下げて、その上にブロックを置いて安全な場所を作ります。光源がない暗闇の中を避けたい場合は、松明を持っている必要があります。ベッドを置くために境界を拡大したい場合があります。はしごを持っていない場合は柱のジャンプによって穴から出ることができます。この方法はお勧めできません。掘り下げるのではなく、柱ジャンプという方法があります。ジャンプしながら自分の真下に柱を作るだけで、10~12ブロックも上がればスケルトンからの矢が届かなくなり、ファントム意外のモンスターからも射程外になります。しかし、クモを退治するには自分の身を隠さないといけないため、地面を掘った方がはるかに効率的です。掘り下げるのではなく柱ジャンプを使うことで、溶岩の穴や洞窟に出る可能性もなくなりますが、いずれも地表から3ブロックの場所に発生することは稀です。また、最後の手段として、難易度をピースフルにしてリラックスることもできます(ピースフルモードの節を参照)。

対ゾンビドア[編集 | ソースを編集]

難易度がハードに設定されている場合、ゾンビは夜になるとドアを破壊することがあります。そこで、鉄のドアを作ったり、拠点の安全を犠牲にしたりする必要のない解決策を紹介します。単純にドアを壊して、ドアがあった場所に垂直になる様にドアを設置します。ドアがある穴から出て、右クリックでドアを開けます。これで、ドアが正しく設置されていれば、ゾンビはドアが開いていると思って避けるようになります。また、ドアの前に土や丸石のような普通のブロックを置いて、ゾンビがドアにたどり着くのを防ぐこともできます。ブロックをドアの外側に置けば、ゾンビはドアを壊すことがありません。ブロックがドアの内側に置かれている場合、ゾンビはドアを破壊することはできますが、それ以上中に進むことはできません。

また、ドアの上に砂や砂利を置くこともできます。そうすることで、ゾンビがドアを壊すと、落下してきて入り口を塞ぐことができます。もしくはドアの後にや溶岩の堀を作ることもでき、ゾンビなどのMobの侵入を防ぐこともできます。家の中に可燃物が無いこと、溝の周りに何かがある事を確認して下さい。

最も簡単な解決策は、ゾンビがドアとして認識しないことを利用し、ドアの代わりにフェンスゲートを使うことです。ただし、爆発時の探知範囲の仕組み上、フェンスゲートをフェンスとして扱うクリーパーには注意が必要です(クリーパーはフェンスと同じ空間にいるため、フェンスに遮られていてもカウントダウンを開始します)。アンデッドの侵入者から身を守る最も低コストな方法は、ドアの前に1×3の穴を掘ることです - ドアを破壊するには、ゾンビはドアの上半分を壊さなければなりません。ゾンビがドアの穴の上にいる場合、ゾンビはドアの上半分を壊すためにはジャンプしなければならず、ゾンビのドア破壊がリセットされます。この方法は、ドアが住居の外壁と同じ高さに設置されている時のみ機能することに注意して下さい。また、ドアの下にブロックを置くと、ゾンビがジャンプしたり、壊れたり、落ちたり、失敗したり、繰り返したり、全く同じ仕組みが強制されますが、単に3ブロックの高さのドアを作り、ドアと上に別のブロックを置く代わりに、下にブロックを置き、上の2ブロックのスペースにドアを置けば、村人はまだこれらのドアを使用できます。

もう一つの方法は、ドアの周りにドア枠を作ることです。そして、真ん中のブロックにトラップドアを追加します。ゾンビがドアを破壊することはありません。

侵入者センサー[編集 | ソースを編集]

Mobの足跡を検出するには、家を木材で囲むだけでよいです。Mobが木材の上を歩けば、木材の音を立ててプレイヤーにその存在を知らせます。その後、プレイヤーは掘り下げたり、戦闘の準備をすることができます。望ましい半径は5ブロック先です。

注:これを効果的に行うためには、音量をある程度大きくする必要があります。

その下に音符ブロックのある感圧板を追加することで音量を上げることができ、どの感圧板が押されているかを見る事で、見えないMobやプレイヤーを見つけることができます。

トロッコの外周[編集 | ソースを編集]

プレイヤーが定住していて、線路とトロッコを作るのに十分な量の鉄を持っている時に最も効果的に機能する拠点を守るテクニックです(パワードレールも便利なので、金とレッドストーンもいくつか必須です)。レール矢パワードレールで家を囲み、トロッコを何個か作り、周囲を回転させるように設定します。家に近づいてきたMobは全てトロッコにすくいあげられて連れて行かれてしまいます。このトラップには、トロッコに乗ったMobを窒息させる用に、1ブロックの高さのトンネルを追加することもできます。また、プレイヤーがトロッコに乗せることもできます - 移動速度が速いので、ほとんどのMobはプレイヤーを攻撃できません。しかし、これを使用するにははるかに多くの技術を必要とし、クリーパーは爆発する可能性がまだあります。さらに、Mobは線路を横切って歩くことはありません。

採掘[編集 | ソースを編集]

ゲーム名からもわかるように、採掘は最も重要なことです。採掘して資源を得る必要があります。松明を32本、常に予備のためにツルハシを9~10本持っておきます。シャベルも便利なので、インベントリに何個か入れておきましょう。最後のルールは、安全で楽しいことです。

鉱石を探そうとする時は、石からたくさんのツルハシを作ることで、ダイヤモンド、金、またはプレイヤーが採掘で見つけるのに苦労しているものを含む貴重品を節約することができます。石のツルハシを使って鉱脈を探し、貴重なツルハシを使って鉱石を採掘します。どんなものでも貴重なツルハシを使って採掘していると、貴重な別の鉱脈を見つける前に壊れる可能性があり、さらに悪い事に、複数のツルハシを使用した場合、その鉱石を見つけるまでにプレイヤーが費やした貴重品よりも採掘できた鉱石の量が少なくなる可能性があります。

トンネルが溶岩の中を通っている場合は、ガラスを使って溶岩を遮りながら光を入れるようにしてください。

注:Java Editionでは、F3を押すと明るさレベル(BL,SL)が表示されます。7以下になるとモンスターが出現します。

ブランチマイニング[編集 | ソースを編集]

これはおそらく最も安全な採掘方法で、より高い報酬を得ることができます。この方法は、高さ11まで階段を掘り、途中で見つけるかもしれない洞窟をふさぐことで構成されています。この高さはダイヤモンドを見つけるのに理想的な高さです。ダイヤモンド鉱石は高さ5から17の間で見つけることができますが、高さ11以下では溶岩湖がとても危険です。念のため、ホットバー水入りバケツを用意しておきましょう。Java EditionではF3を押すか、Legacy Console Editionでは地図を使って、プレイヤーがどの高さ(Y軸)にいるかを確認します。Y=11まで行ったら、高さ3ブロック、幅1ブロックのトンネル、または分岐を任意の方向に採掘を開始します。30~40ブロックほど採掘を続け、全ての資源を集め、松明を断続的に設置し、途中で洞窟を塞ぎます。洞窟を探索したい場合はすればよいですが、ブランチマイニングとして分類されなくなります。分岐の最初に戻って、3ブロックの間隔を移動し、同じ方法を繰り返します。

ここに例を示します:

X=トンネル

|_|_|X|_|_|X|_|_|X|

それぞれの枝道の間に2ブロックの幅の間隔を空けておくのは、1ブロックだけしか残さないと、一方のトンネルでは右の壁、もう一方のトンネルでは左の壁として見えてしまい、効率が良くないからです。

採掘の際には、木材、鉄インゴット(または丸石)、木炭や石炭を最低でも半スタックから1スタック持っておくようにしましょう。これは、非常に少ないインベントリを取る道具や松明の大規模な再生可能な供給を保証します。必要に応じて道を追加することもできます。

複数の高さで採掘する場合は4ブロック間隔が最適だと思われます。これは少し危険かもしれませんが、ツルハシの節約になります。

X=トンネル

|_|_|_|X|_|_|_|X|_|_|_|
|_|X|_|_|_|X|_|_|_|X|_|
|_|_|_|X|_|_|_|X|_|_|_|

コンパクト[編集 | ソースを編集]

8×8ブロックを1ブロック下に掘り下げるなど、任意の大きさにすることができます。次に、もう1つ下のブロックをすべて採掘しますが、角のいずれかのブロックは採掘しないでください。その後、これを繰り返しますが、代わりにその1ブロックを採掘しないのではなく、その隣のブロックを採掘しません。これが深くなるにつれて、階段が形成され始めます。おそらく鉱石を多く得るにはこれが最良の方法であり、最も安全ですが、作り、回復し、ブロックを取得するのは断然難しいです。松明やグロウストーンなどを1~2スタックと、ツルハシがたくさん必要になります。

地上[編集 | ソースを編集]

拠点の裏に1×2×2の出入り口を作ります。その簡単な階段の後に、巨大な部屋を作り、いくつか異なる方法で鉱山を掘ることができます。上下左右 - 山をくり抜けば、石炭や鉄を大量に入手できますが、金、レッドストーン、ラピスラズリ、ダイヤモンドに遭遇することはありませんし、溶岩もわずかな可能性が残っています。

洞窟探検[編集 | ソースを編集]

洞窟を見つけて、その洞窟の分岐を探索します。現在の分岐を探索中に洞窟が分岐した場合はランダムでいずれかの道を下ります。行き止まりになったら、戻って通った道の石炭や鉄などを採掘します。置いた松明を少しは残し、洞窟を照らし続け、モンスターの出現を防ぎます。それを行ったら、洞窟の別の分岐を下って行き、洞窟が完了するまで上記の方法を繰り返します。そして、この洞窟を採掘したことが分かるように、何らかの方法で洞窟に印を付けます。鉱石がより明白である一方で、Mobの攻撃の危険性が高いためこれはピースフルモードやイージーモードに最適です。

水クッションのある坑道[編集 | ソースを編集]

はしごを約7スタック、水バケツを1つ、鉄を何本かとダイヤモンドツルハシと看板が必要です。水をどこに置くかを示すのに便利ですが、看板は任意です。

まず、岩盤の高さに1×2の穴を掘ります。自分の真下を掘らないように注意して下さい。溶岩源にぶつかった場合は、採掘を中止するか、溶岩の周りの道を探してみてください。

それを行ったら、下に行けるように、または穴から戻って戻れるように、片側に沿ってはしごを設置します。はしごの反対側の底面から3ブロック上に看板を置きます。看板のすぐ上にを置きます。これで、はしごを使わなくても下に降りることができます。

ゲームをさらに進めて、ネザーに行けるようになったら、坑道から出る簡単な方法は、坑道の側面から約2ブロック下にトンネルを作り、そこに到達した所にソウルサンドブロックを置いて、水でトンネルを埋める事です。正しく行われていた場合、ソウルサンドによって気泡柱が作成され、そこに入るとプレイヤーは地上まで迅速かつ安全に運ばれます。到達しない場合は、水源追加する必要があります。最初に掘り下げる際の溶岩に気を付けてください。一度作業したら、自由に好きなように編集して下さい!

格子状採掘[編集 | ソースを編集]

ブランチマイニングと似ていますが、1×2ではなく2×2のトンネルを掘り、16ブロックごとに新しいトンネルを掘り、格子模様を作成します。この方法は、チャンクの境界線上に構築された場合、チャンクを分離し、鉱石を採掘することができます。

渓谷採掘[編集 | ソースを編集]

渓谷はマインクラフトのワールドにある深く切り込んだ構造物で、渓谷が十分に低くなると、石炭や鉄などの鉱石や、金、レッドストーンなどの鉱石までが露出することがよくあります。多くのプレイヤーはこれに誘惑され、渓谷にすぐに飛び込むことにします。しかしこのようなことをしてしまうと、戻ってくるのが難しくなり、落下ダメージを受ける事になります。そのため、安全な方法で谷底に降りる必要があります。これには方法がいくつかあります。

一つは、砂や砂利をたくさん用意することです。ブロックを縁の横の空中に置いて、それらが渓谷の底に落ちて積み重なるようにします。プレイヤーの高さまで達したら、飛び乗って掘り下げます(注:まっすぐ下に掘るのはこの時だけです)。底に着いたら鉱石を取りに行き、ブロックを積み直して上に戻ります。また、ジャングルや湿地帯のバイオームにはたくさんのツタがあるので、ハサミを使って木からツタを取ってきて、谷の縁に置いておくこともできます。時間の経過とともに成長していき、はしごと同じように使うことができ、戻ってくるたびに簡単に登ることができます。

もう一つは、滝を作ることです。渓谷の端に簡単な池を作り、渓谷との境目となる側を開放したままにします。バケツを作り、水を入れ、谷にあふれ出すように池を満たすか、水バケツを端から1~2ブロック離れた場所に捨てることができます。すると、池から水が漏れて渓谷の底に落ちていきます。これを利用して簡単に降りて戻ってくることができます。本当にあせっている場合は、谷底の水の中に飛び降りることもでき、落下ダメージから守ることができます。ただし、地下で発見されるほとんどの渓谷には溶岩が側面や底部の湖から流れ込んでいるので注意が必要です。お見逃しなく。溶岩の上で行うのは危険です:水はその下の溶岩を鎮めることができますが、溶岩が7ブロック以上離れた場所に広がっている場合は残りの溶岩にプレイヤーを運び込もうとする水流が発生します。泳いで戻ってくるか、対処する準備をしておきましょう:フェンスやブロックには元の滝があるかもしれませんし、2つ目のバケツを持ってきて水を捨て、溶岩の端に近づいて回収することもできます。いずれにしても、上に立てるような水のない黒曜石をいくつか作ることが大切です。

採掘をせずに石炭を入手する[編集 | ソースを編集]

拠点を作って丸石を採掘したが、燃料や環境を照らす石炭が見つからない場合、かまどを作って原木を製錬して下さい(まだ木材にクラフトされていない)。製錬したい原木3つごとに燃料として木材を2つ使ってください。これにより、石炭ブロックを作りたい場合を除いて、石炭に相当する木炭を製錬することができます。

家を建てる[編集 | ソースを編集]

序盤の建築にお勧めのもの:

初心者は、丘や山の側面をくり抜くことをお勧めします。これはすぐにできて、良い拠点になりますが、迷子になった場合に、松明を入口の周りに付けるなどしなかった場合は家を見つけるのが難しくなることを覚えておいてください。良い点は、ゾンビ以外のMobが光源でプレイヤーを追跡できないことです。2つ目のデザインは、沢山の原木を集めて木材の家を作ることです。これらは簡単に目立ち、見栄えが良く、機能的にも優れています。悪い点は、木材やそのハーフブロックは可燃性であり、によってが付く可能性があります。

より耐久性のある拠点としては、丸石や石、石レンガなどがありますが、一時的な拠点以外は土を使わないようにしましょう(土はクリーパーに簡単に壊されてしまいます)。砂や砂利は重力の影響を受けるので、砂や砂利の上には立てないようにしてください。これはプレイヤーが拠点を拡張したり地下室を掘ったりする時に非常に困難になります。黒曜石は入手が非常に困難ですが、クリーパーが吹き飛ばせないので、家を作る材料としては黒曜石が最適です。

中盤の建築にお勧めのもの:

時間をかけて、沢山のチェストがある専用の物置を作ります。30分ごとに再編成するのは苦痛です。

基本寸法で簡単に拡張できる農場をいくつか作ってください。

最初に拠点を木で作った場合、丸石や黒曜石のようなより耐爆性の高い物に変更した方が良いかもしれません。

暗闇[編集 | ソースを編集]

石炭や木炭を使い果たした場合は、明るさレベルが7以下になると敵対Mobがスポーンすることを覚えておいてください。この知識を使って拠点の松明を節約しましょう:たとえ少し薄暗くても、松明から6ブロック以内の空間には敵が湧きません。また、モンスターはプレイヤーの近く(24ブロック以内)ではランダムにスポーンしません。何が来ているか確認したいだけであれば外周だけを照らせばよいですし、新しい借り手を見つけるために戻ってくる必要がないようになら拠点に光を当てた方が良いです。ですが家の前にモンスターは出てきません。

Light Tip[編集 | ソースを編集]

To avoid vision problems (trying to see ores in dark places is very hard for your eyes, they get tired and vision degrades) change the brightness setting. By default, Minecraft has "gloomy" brightness setting. Set it up (bright recommended). This will save your vision. Moreover, you will not need as many torches. Especially in the Nether, where everything is lighted enough without torches on "bright" setting.

Upper-tier ores[編集 | ソースを編集]

See some redstone, diamond, or some fancy ore? Don't use low-level pickaxes to mine them! When the ore mines as slowly as breaking stone with bare hands, that's a hint that it won't drop anything! Indeed, if anything but obsidian takes more than two seconds to mine, you are using the wrong pickaxe. The rules are that wood (or gold) pickaxes only mine coal and (cobble)stone, while stone also mines iron and lapis lazuli ore. Iron mines all blocks but obsidian, and diamond pickaxes can even mine obsidian. Be careful - upper-tier ores are deep enough that you are likely to run into lava lakes. Remember your water bucket!

Item durability[編集 | ソースを編集]

Mining deep underground and suddenly, inexplicably, your Pickaxe turns into your hand! Is it a bug? No, it's the item durability feature! Take care to look at the 'health' of your item (the little colored bar underneath the item) before departing on any long trips, be it exploring or mining, as the last thing you want to do is to take the long trip back home just for an Axe, or a Pickaxe. Time is precious, so try bringing along a crafting table, or stock up on tools if you have to. Try not to use tools up completely—instead, hang onto the almost-dead tool while you switch to a new one. Then when the new tool is itself mostly used up, you can combine the two. This pools their remaining durability, with a "repair bonus" for good measure. Also, if you press F3+h it shows the durability of your weapon/armor.

Ravine mining[編集 | ソースを編集]

We've all been there. The level generator has created a giant ravine. After you get past the initial "where did that come from?", you'll often see some rare ores within. Well, don't think about jumping down, because that will lead to (nearly) certain death! There are two ways that you can use to get to the bottom without digging lengthy staircases. Either way, take a careful look down to see what you're descending into....

One way is to get plenty of sand or gravel. Place blocks in midair (next to the edge), and allow them to fall to the bottom of the ravine in a stack. When they reach your own level, jump on and dig down. (Note: This is the only time when digging down should be attempted.) When you reach the bottom, give yourself a high-five, go get the ore, and re-stack the blocks to get back up. (See 柱ジャンプ.)

Another method is to make a waterfall. Build a simple pool on the edge of the ravine, leaving the side that borders the ravine open. Make a bucket, fill it with water, and fill the pool so that it overflows into the ravine. (Or you can just dump your water bucket a block or two away from the edge.) The water will leak out of the pool and fall to the bottom of the ravine. This can be used as an easy way to get down and back up. If you're really impatient, you can actually jump down the ravine into the water at the bottom, which will protect you from a fair bit of fall damage. Be careful however, as most ravines found underground have lava pouring from the sides or in lakes at the bottom. Don't miss ;). Doing this over lava is dangerous: The water will quench lava directly under it, but if the lava extends more than 7 blocks away, you'll have a water current trying to carry you into the remaining lava! Be prepared to swim back up or deal with the situation: Fences or blocks might contain your original waterfall, or you can bring a second water bucket to dump (and then retrieve) closer to the edge of the lava. Either way, the idea is to get you some water-free obsidian to stand on.

Farming techniques[編集 | ソースを編集]

Rarely do passive mobs ever respawn after they have been killed, which means meat can only last so long (unless you have 2 of each animal and breed them). At this point, starting a farm is the best idea.

Wheat farms[編集 | ソースを編集]

Most people will start a wheat farm first because wheat seeds are one of the first items one can acquire. Note that all methods for wheat will work identically for potatoes and carrots, except that those don't have separate seeds—you replant the crop.

Besides seeds, you will need dirt/grass, a hoe, light, and water. One source block of water will hydrate farmland four blocks in every direction, including diagonally. Therefore, the most effective wheat farm is 9×9 with a source block in the middle. Again, that one source block extends to all tilled soil in the 9×9 area. That area yields 80 wheat after fully grown (9 x 9 = 81, minus one for the source block is 80). This not only saves water sources, but also gives more room to grow crops for less water.

If you want to farm more efficiently with only having to use a single bucket of water/Water source, it's best to make a multi-level greenhouse. Here is one plan:

Make the floors 12 long by 13 wide it will allow for a walkway to put torches on. The plots go as follows: 8 rows by 4 columns, a trench 8 blocks long, then another 8 rows by 4 columns. Make each level 5 blocks high minus the foundation layer. Place an extra layer of cobblestone or wood beneath each new level to prevent water drops from leaking. Place a hole in the ceiling where the water will enter from the top levels and on the ceiling of each floor, torches or glowstone can be placed to accelerate crop growth. Repeat for as many levels as desired. When flooding the trench at the top, remember this, it is necessary to have the holes in a zig zag pattern to allow the water to flow from level to level. This will net 64 Wheat per floor and will allow faster crop growth since the crops will all be in the same confined area. To clarify the trench system: If the ceiling of one level has a hole on one side of the water trench, make the hole of the floor above or below on the other side of the water trench. This allows for only one bucket of water to be used for optimal farming. Water flows 8 blocks in a trench and will spread the same for each level it goes to, the last block is purposely made to be a hole to capitalize on this.

Pumpkin/Melon Farms[編集 | ソースを編集]

You'll likely find pumpkins first, and these are far more useful—melons provide small-change food (similar to cookies) and are used for brewing, but pumpkins provide Jack-o-lanterns, which are valuable for marking your way and the direction home. (They also can be used to create ゴーレム and make pumpkin pie. You can also wear them on your head to prevent endermen from seeing you.) However, the two crops grow almost identically. They do use farmland, so that 9×9 plot with a water block works well, but instead of planting the whole field, you will plant half the squares, in strips. These will grow into stalks, each of which needs dirt or farmland next to it to place a fruit. When you harvest the pumpkins or melons, leave the stalk to grow another fruit. See the appropriate tutorial for advice on how to arrange the fields.

Sugarcane Farms[編集 | ソースを編集]

Once you are past the initial "I NEED FOOD NOW" stage in your world and are ready to craft some more complex items, you may want to start sugarcane farming in order to craft sugar and paper, sugar being a key component of cake, pumpkin pie, and some potions; and paper being required to craft maps, books, bookshelves, enchantment tables, and firework rockets. When you come across a patch of sugarcane (it grows near water), break it down and take it to your base. One more tip is that you can place sugarcane underwater (doesn't matter how deep) on sand or dirt that is adjacent to water. Doing this should create an air bubble so you can breathe underwater. You can use this trick to aid in the creation of underwater structures.

Fishing[編集 | ソースを編集]

Once you have string, fishing becomes an extremely viable source of food, especially as fish are infinite but passive mobs do not respawn. Catching 7 or 8 fish will easily earn you a couple of levels per minecraft day, depending on what level you are at. Fish, while not as good for hunger as meat, can be much easier to obtain. Try building a small island in the middle of a lake, as this will prevent mobs from attacking from behind at night. Also remember, if you ever find yorself just a couple of levels short for an enchantment, fishing will get it for you. (Although a better option is to kill mobs at a spawner). If you are playing PC release 1.7 or higher, you also have a chance to fish up treasure such as saddles and enchanted bows and fishing rods. See fishing for more information.

If you are more advanced in your world and have more resources you may want to build an AFK fishing farm. There are many designs on youtube if you would like to make one.

256 Tips and Tricks about Minecraft[編集 | ソースを編集]

For people wanting to find out more information about Minecraft and learn new tricks. This is basically a big collection of general information about Minecraft.