チュートリアル/ネザーウォートの栽培

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索

ネザーウォートは初めは入手するのが非常に困難な資源である。ネザー要塞の中でのみ見つけることができ、通常はごく少量である。しかし一度見つければ、任意のディメンションの何処でも、ソウルサンドに植えて、育てることができる。

動画[編集 | ソースを編集]

準備[編集 | ソースを編集]

ネザーウォート農場を作る前に、準備をすることは極めて重要である。適切な場所と資材が確保されていることを確認してほしい。

場所[編集 | ソースを編集]

ネザーウォートは成長にを必要としない。しかし、クリーパーには用心しなければならない。よって、農場は明るく、密閉された場所に作るべきである。

1.3.1以前のバージョンにおいては、農場をネザーに作らなければならないということに注意してほしい。このような場合は、農場が爆破されないように、爆発耐性値の高い素材で囲むと良い。

どの設計の農場を作るかに応じて、レッドストーンを設置するのに十分な余白をとる必要がある。よって、どのくらいのスペースが必要かを把握するために、農場の大きさを事前に知っておくことは大切だ。

資材[編集 | ソースを編集]

農場を作る前に、植えたいネザーウォートと同量のソウルサンドが必要になる。少なくとも1つのネザーウォートが必要だが、それ以上用意することを推奨する。農場を始めるために、ネザーウォートが育つのを終始待つ必要がなくなるからだ。

その他の必要な材料は設計によって異なる。他の材料は必要ないかもしれないし、以下の全ての材料が必要になるかもしれない。

設計[編集 | ソースを編集]

ネザーウォートはプレイヤーの手によって植えなければならず、村人 (農民)もネザーウォートを植えないため、ネザーウォートの全自動農場は実現不可能である。しかし、収集機構は自動化できるため、半自動農場の実現は可能だ。また、Legacy Console Editionにおいては、エンティティ数の制限を考慮する必要がある。もし、アイテムが200を超えると、200以下になるようそれらは削除されてしまう。

ディスペンサー式[編集 | ソースを編集]

以下の動画の設計では、ディスペンサーレッドストーン回路によって作動させられると、ホッパーが置かれた収集エリアに水を流し、ネザーウォートをチェストに保管する。中央に通路が設置されているため、ソウルサンドの上を歩くことなく農地に手が届き、簡単に植えなおすことができる。

以下の動画の設計では、ボタンを押すことで水が中央の地点に向かって流れ、ネザーウォートが収集される。収集地点が中心のため、より容易に収集される。ただし、植えなおすためにはソウルサンドの上を歩かなければならない。

ピストン式[編集 | ソースを編集]

この設計では、ネザーウォートを「振る」ことで、栽培・植え付けを容易にする。設計は以下の動画内で示されている。ピストンを作動させてソウルサンドを押してから、元の配置に戻すという単純なレッドストーン回路を用いる。