チュートリアル/ゾンビ襲撃の阻止

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索

深夜までに滞在しているとゾンビ襲撃が発生する可能性がある。この際ゾンビ明るさレベルなどの湧き潰し状況に関わらずスポーンする。

概要[編集 | ソースを編集]

詳細は「ゾンビ襲撃」を参照

防衛[編集 | ソースを編集]

村の安全を確保するには、プレイヤーによる支援が必要不可欠である。支援には次の例がある。

事前の対策[編集 | ソースを編集]
  • 村に充分な明るさを確保した1x2x2のスペースに二人の村人を閉じ込めておく。この方法であれば万が一村が壊滅的状況に追いやられたとしても、二人の村人が保護されているため後から繁殖して人口を取り戻す事が可能である。
  • 深夜(Minecraft 時間で時刻18000)が訪れる前に寝るか、夜明けまで村の外で待てばゾンビ襲撃発生の可能性は無くなる。
  • ゾンビ襲撃は少なくともドアが10個、村人が20人以上いる環境でのみ発生するため、ドアの数か人口をこれ以下に抑制すれば襲撃による脅威は無くなる。
  • 襲撃でのゾンビは村の郊外にスポーンするためや壁などで村全体を囲っておけばある程度被害を抑える事ができる。
  • 襲撃によりスポーンするゾンビがの上にスポーンすることはないため、村の周りを水で囲っておくのも得策であろう。
  • ゲーム難易度ハードで、且つドアと真正面に立つことが出来る状態であれば、ゾンビはドアを破壊してしまう。そのため家のドアを地面よりも1ブロック高くしておくのが有効だ。但し、朝になると村人が勝手に外へ出るため、夜のうちに出来るだけ全てのゾンビを処理しておいた方が良い。
  • 敵対的Mobに対して攻撃をするアイアンゴーレムを複数体村に配備しておけば、大多数のゾンビはその場で処理される。同じく攻撃にダメージは無いものの、スノーゴーレムも敵対的Mobを攻撃するため、襲撃のあった場合ゾンビの気を散らす事ができる。
  • 治癒のスプラッシュポーションはゾンビを含むアンデッドとの戦闘に於いて優れており、投げれば一定の範囲のゾンビにダメージを、村人の場合には体力を回復する。そのため事前に醸造しておけば効率よくゾンビを迎撃できるだろう。
襲撃後の対策[編集 | ソースを編集]
  • 襲撃により破壊されたドアがあった場合には新しくドアを設置する。但し、鍛冶屋の出入り口にドアは設置しない。これをすると村人は鍛冶屋の"外側"を"内側"だと認識して建物内部に入ろうとしない。また、村人が出入りできる家を作る際は、鉄のドアではなく木のドアを使用する。
  • ゾンビによって倒された村人は、難易度ノーマルで50%、ハードで100%の確率で村人ゾンビに変化する。そのため日中で燃えないように保護してから弱化のポーション金のリンゴ治療するのが望ましい。