チュートリアル/キノコの栽培

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索

小さなキノコの養殖[編集 | ソースを編集]

キノコ明るさレベルが12より大きい場所にしか成長しないので、育てる際には光源の配置を注意深く検討する必要があります。キノコはどこにでも設置できますが、明るい場所やブロック、水、作物サボテン苗木などの余分な空間は必要ありません。 しかし、夜間であっても、昼間の明るさが12未満のブロックにのみ植え付けることができます。例外は菌糸ポドゾルで、植え付けて日差しを保てば養殖できます。植えられないものを含む他の不透明ブロックにゆっくりと広がります。キノコは、元のキノコの周りに9×9×3(奥行、幅、高さ)の領域に5つ未満のキノコがある場合にのみ広がります。

基本的なキノコの農業における主な危険としては、栽培は暗い屋内の部屋でなければならず、しばしばモンスターが同じ場所にスポーンすることがある(ピースフルを除く)ことです。これはいくつかの方法で対策することができます。簡単な方法は、キノコを成長させたい場所から上の2ブロック上に松明を置くことです(天井の頭上にある小さな穴で切れることもあります)。もう一つの方法は、育てるところを1ブロック高くして、ハーフブロックで道を舗装することです。Mobはハーフブロックにスポーンできないので、危険を取り除くことができます。水を使用して、キノコを部屋の外に出して収集場所に送ることもできます。ネザーにいるMobは小さな空間に出現しないので、キノコを育て始めるのに安全な場所です。

最近のバージョンの変更により、通常のキノコの栽培は困難になりました。別の選択肢は、大規模な地下室を準備して、骨粉を使用して複数のキノコを採ることが出来る巨大なキノコを成長させることです。

増殖システム[編集 | ソースを編集]

ティックごとに、すべてのキノコは、1100 の確率で以下のことが行われます:

キノコを中心とした3×3×3の立方体のランダムなブロックを選択します(キノコ自体はブロックではありません)。特にキノコ自身の高さ、中間の3×3の正方形を好むので、上段と下段にはそれぞれ 14 の確率、キノコの高さには 12 の確率になります。選択したブロックにキノコが植えられれば(空気明るさ=12、下のブロックは不透明ブロックにします)、次のようにしてください。
前に選択したブロックを中心に3×3の正方形の別のランダムブロックを選択します。このブロックがキノコも支えられる場合は、そこに作成します。

最初にランダムに選択されたブロックは、キノコ自体、それが上にあるブロック、または上記のブロックでもよいことに注意してください。上記で3つすべての場合で失敗すると、全体的な普及率がさらに低下します。

以下は、アルゴリズムから推定することができます。

  • キノコは、途中のブロックが空いている場合でも、離れた二つのブロックに拡散する可能性があります。
  • キノコは、3つの軸すべてに沿って斜めに広がることがあります。

基本的なキノコの農業[編集 | ソースを編集]

この方法は、初心者のキノコの農家にとって、モンスターが湧かない採掘が必要な農場を確実にするため、徹底した照明によるものです。必要に応じて、高さを2ブロック、水平に大きくします。定期的に1ブロックを部屋の天井に掘り、凹んだ所に照明やトーチを置きます。これは明るさが12の床の高さに当たって、キノコの成長と伝播を可能にします。6個の四角ごとに1個の松明を設置すれば、モブがスポーンする危険はありません。この設定は、最も速くキノコを成長させる方法です。キノコを床の上に広げて、成長するまで待ちます。

巨大キノコ[編集 | ソースを編集]

巨大なキノコの最低成長条件

赤か茶色のキノコのいずれかに骨粉を使用すると、十分な部屋があれば巨大キノコが成長して、適切なブロックにキノコが植えられれば育ちます。巨大キノコは収穫時に20個以上のキノコを収穫できます。

右側の画像は最小の成長要件を示しています。

  • 写真の木は、そのサイズの巨大キノコを成長させるのに必要な最小の高さを示しています。巨大キノコは、5、6、または7ブロックの高さで、最大高さは1ブロック上の利用可能なスペースよりも短くできます。したがって、7メートル上にブロックがある場合、巨大キノコは常に5ブロックの高さに成長します。
  • 下のハーフブロックは、必要な領域(7×7)と、軸にすぐ隣接するブロックが空気でなければならないという事を示しています。
  • 右側の菌糸は、巨大な赤いキノコの足跡が小さいので、必要なスペースが重なる領域を示しています。キノコは、ポトゾル、または菌糸ブロック(図に示していない)の上に植え付けないといけません。
  • 赤いキノコの中にある場所にブロックを置いても、キノコの成長は妨げられません。キノコの茎がある場所の周りに土ブロックを設置するとさらに表面に近いキノコを設置することができて、光を遮断できます - その後そのトンネルを埋めると、成長したらキノコの中の土を削除します。

また、地面に1×1×1の穴をあけて、その中に水を入れれば、キノコを置いて、その上に骨粉を使用できます。日中でも可能です!

巨大キノコは、スペースよりも高い高さで成長しようとしても、失敗して骨粉が無駄になってしまうことがあるので注意してください:なので、骨粉が無駄にならないよう、最大のスペース(7×7×8)を確保して栽培するのが理想的です。

栽培の方法[編集 | ソースを編集]

これらの方法の一部は最新のバージョンに適応しない可能性があるので、適応しないものがあればコメントを残してください。

トンネル法[編集 | ソースを編集]

菌糸を使わずに(骨粉を使って)いつでも地表に赤いキノコを成育させる方法としては、キノコが成長するはずの数ブロックからトンネルを掘って、トンネルの先の地表から2~3ブロック下にキノコを植えます。その後、キノコの上から地上に向かって1ブロックで掘ります。キノコが成長するほど地下深い場合、光が当たっても飛び出すことはありません。光があれば、骨粉を使用してキノコが成長するかどうかを確認します。成長しない場合はキノコの邪魔になるブロックが多すぎる可能性がありますが、その場合は地面に近い所に植える事でキノコが成長する可能性があります。

半自動栽培[編集 | ソースを編集]

  • ステップ1

各行15ブロックの長さで、2ブロックおきに線状にレッドストーンを敷きつめます。この回路にボタンを取り付けて、線の間を粘着ピストンで埋めます。全てのもの(ピストンとレッドストーン)の上に土を設置します。この回路にレバーを取り付けます。長さは必要に応じて変えると回路を調整できます(配線がしやすいので、私は長い方が好きです)。

  • ステップ2

レッドストーンの上の土にキノコを植えます

  • ステップ3

ボタンを押すとキノコが外れて、レバーを下げると水がプレイヤーのところに落ちてきます。廊下を作ってデザインを繰り返して、繰り返すごとに床を1ブロックあげます。水が中央の溝にこぼれ、キノコがプレイヤーの方に向かってきます。

全自動キノコ農場[編集 | ソースを編集]

水入りディスペンサーと日照センサーを使った回路[編集 | ソースを編集]

以下のデザインでは、中央の土台にキノコを植えて、新しいキノコは横の土台に広がっていきます。一日に一度、水が土台の上を流れて、新しいキノコがホッパーへ運ばれて、最終的にはチェストへと運ばれます。

中央の土台には、1種類4個までのキノコをまとめて植えます。キノコを多く植える事で拡散速度が上昇しますが、その分成長する上限にも早く到達します。動画では、1日の生産量が多くなるように、各種類のキノコが3つずつ植えられています。

動画では、キノコはガラスの上に伝播しないので、中央の土台の真ん中はガラスにしていますが、効率を上げるには、横の土台は1ブロックの高さにして、中央の土台は3ブロックの高さにします。

日照センサーを使った回路は、一日に一度、2つの遅延パルスが出力されて、水バケツが入ったディスペンサーが作動して、水が約12秒間流れて、横の土台に広がった新しいキノコがホッパーの回収地点まで運ばれます。

菌糸が入っている場合はガラスで覆うこともできますし、他の不透明ブロックで覆うこともできますが、どちらのデザインも動画で紹介されています。

レッドストーンの明るさとトロッコの仕組みを使用する[編集 | ソースを編集]

(最新バージョン不適応)

変更可能な明るさレッドストーン、小さなトロッコの仕組みを使った全自動キノコ農場を作ることができます。しかし、この種の農場は非常に複雑で、例をあげずに説明するのは難しいので、この節の一番下に動画を掲載し理解しやすくしました。

3×3の正方形の丸石の「輪」の中に溶岩を置いて、溶岩の上にブロックを置き溶岩を覆って、溶岩の上にあるブロックの四方に看板を取り付けることで、変更可能な光を作ることができます。火は看板に延焼しようとしますが、看板は現在燃えないので、一時的に角のブロックの1つの丸石に火が付きます。

が発生する場所から2つ離れた場所にブロックを置くことで(つまり、火が発生する輪の各角に2つずつ、合計8つのブロックを置く必要があります)、中がキノコが成長できる暗さになることもあれば、成長しない明るさになることもあります。その外側にさらに2つの輪を設置します。1つはキノコが斜め上に成長するためのもので、もう1つは斜め下に成長するためのものですが、丸石の輪を輪の上に設置して、成長するマスと種のマスを続けて配置することで、マップの上まで農場を作り続ける事が可能です。

この仕組みの2つ目の部分であるレッドストーンは、ライトが点灯した際に成長ブロックが更新するのに使用され、中のキノコが土台から「飛び出して」ドロップする原因となります。キノコは、自分の地面の状態がチェックされない限り、光のレベルが高すぎて成長できない場合には植えられたままになります。これは複雑に聞こえるかもしれませんが、隣の四角の状態を変える必要がある事を意味します。レッドストーントーチの輪を設置して、ブロックに信号を送ることで、自分で何もしなくてもキノコが飛び出すようになって、レッドストーン回路を使用してこの動作を停止・開始することができます。

一般的には、レッドストーン信号を流している最下層の各成長地点から3つ離れたところにブロックを配置して、成長地点に最も近い側にレッドストーントーチを置くことによって完成します。その後、システムの残りの部分まで固体ブロックとトーチを交互に行うことでできます。一番下の層はレッドストーン回路の一部として大量のレッドストーンを必要としますが、追加するときは8つのレッドストーントーチしか必要としません。

この仕組みの問題は、照明がランダムなので、すべてのキノコを収穫するには、ボタンを何度も押す必要があるということです。これの解決方法は、トロッコを置くことです。遠隔操作でオンオフできるようにて、前後に移動するだけにします。このレールの中にディテクターレールを配置して、レッドストーン回路の最下層とつなげることで、機械を1つのレバーだけでオン/オフにして、必要なときにオンにすることができます。その後、自分の望む場所にキノコを運ぶため、キノコ農場の下に水の溝を作ったり、単に自動農場の下を走って落とすキノコを収集することもできます。

手順と視覚的な例を含む動画については、全自動キノコ農場のつくり方を参照してください。 全自動キノコ農場のつくり方

ピストンを使用する[編集 | ソースを編集]

ピストンを使用することで、シンプルで完全に自動化されたキノコ農場を構築できます。まず、高さ2の部屋が必要です。この部屋では、幅2の床に水流が必要です。この水流の目的は、単に収穫したキノコを部屋から運び出すだけのものです。キノコは、他のすべてのブロックを空のままにして、この水流に沿って植えられなければなりません。最後に、ピストンは水流に向かって配置する必要があって、キノコが植え付けられていたブロックの他に配置する必要があります。

ピストンは外部スイッチに配線する必要があります。水龍によって収集地点にキノコが集められます。その後、部屋は完全に暗くなるように密閉する必要があります。唯一の開口部は水流のみで、幅1x1でなければなりません。これは唯一の開口部で、スポーンしたモンスターは部屋を出ることはできません。最終的にキノコはピストンの前のブロックに広がります。ピストンをオンにすると、キノコが収穫され、水流に押し出される。再植え付けをしなくてもピストンをオフにすることによってリセットされます。

アレンジすると、効率が向上します。このシステムは高さ1の部屋に配置することもできますが、これは準備がより困難になります。

ピストン/ガラス基調(ドライ栽培)[編集 | ソースを編集]

このアイデアは、キノコの下のブロックをガラスに変更させることによって飛び出させることができるというものです。ピストンを使用すると、交互にブロック・ガラスが置いてある12ブロックが押され、キノコが成長しているキノコが飛び出します。

NetherMushFarm.png

基本的な準備は、キノコの列の両側で互いに向き合うピストンを2組設置することです。ボタンを押すと、最初のピストンがキノコを飛び出させて伸びる信号が送信されます。信号は12ティック(3リピーター)遅れ、反対側のピストンが農場をリセットします。

一般的に、これは「水」の方法が使用できない、ネザーでの使用のために設計されています。他の「ドライ」方式に比べた利点としては、単純性とリソース要件の低さです。

巨大なキノコの農業(屋外•菌糸なし)[編集 | ソースを編集]

外でキノコを養殖する方法があります:農場にしたい場所に1x1の穴を掘ります。1x1の穴にバケツの水を入れます。その後、水にキノコを植えて、すぐにそれを骨粉をかけます。

動画[編集 | ソースを編集]

HybridCraftによる動画チュートリアル

歴史[編集 | ソースを編集]

  • 1.6のアップデートで、キノコはゆっくりと近くの不透明なブロックに広がるようになったので、農場の作成ができるようになりました。しかし、キノコが広がる速度はかなり遅いので、農場を始めるのは試練です。
  • ベータ1.8の時点で、キノコの広がりは、元のキノコの周りの9x9x3の領域に5未満のキノコがある場合にのみキノコが広がるようになっています。これによりキノコの農業が非常に非効率的になり、以前に証明された方法の多く(特に「水流しきりペンタパイプ」)は1.8以上では動作しません。しかし、巨大なキノコの追加により、より速い代替手段ができた。