チュートリアル/カスタムテクスチャーパック

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
このページには、ゲーム内のおいて存在しない内容が含まれているます。
これらの要素は、Minecraftの古いバージョンに存在します。

この記事では、カスタムテクスチャパックの作成方法を説明している。ゲームのJavaアーカイブminecraft.jarから適切なファイルを抽出し、その編集、新しく作成したテクスチャをまとめてゲームに戻すことに焦点を当てている。完成したコミュニティのテクスチャパックの一覧はテクスチャパックの記事を参照。

テクスチャパックの作成方法を簡略化するプログラムはリソースパッククリエイターを確認。

抽出[編集 | ソースを編集]

元のテクスチャは、ゲームJavaのアーカイブファイルminecraft.jarにある。Javaのアーカイブ形式は一般的なzip形式のサブセットであるため、すべてのzipアーカイブはそこからファイルを抽出できます。ゲームアーカイブの場所を特定し、そこからファイルを抽出するための正確な手順は、オペレーティングシステムによって異なる。以下は、新しいテクスチャパックを作成する際のファイルとサブフォルダの一覧である:

ファイル 説明 備考
pack.png テクスチャパック選択画面にある、パックのサムネイル画像 サイズは128×128ピクセル
pack.txt テクスチャパック選択画面にある、テクスチャの説明(任意) テキストは長すぎると表示されない
particles.png 全てのパーティクル レッドストーンパーティクルの色は変更できない
terrain.png すべてのブロック Beta 1.8以降、チェストはMobと同じようにitem/chest.png(とitem/largechest.png)に独自のテクスチャがあるが、チェストを壊す際のパーティクルエフェクトには地形ファイルのテクスチャが使用されている

水と溶岩のテクスチャIDはHDテクスチャパックでのみ変更できる

> 全てのブロックとアイテムは「texture」フォルダ内に個別のファイルで保存されるようになった[1.5アップデート]

achievement/ 実績のGUIに表示される
armor/ すべての防具がゲームの中に反映される これには帯電クリーパーや無敵状態のウィザーのものも含まれている
art/ ゲーム内のすべての絵画
environment/ 雪や、雨の
font/ ゲームのフォント
gui/ アイテムバー、持ち物、アイテムのサムネイル、ゲームのロゴ、メニュー画面の背景
item/ 看板トロッコボートチェストなどのアイテムのゲーム内のモデル ドアのファイルは、右から左右に配置されたドアの左右を示すテンプレートとして使用される
misc/ バイオームの草・葉の色、カボチャのヘルメット、時計の文字盤、足跡、地図の背景
mob/ すべての動物、敵などがゲームに反映される
terrain/ 太陽. ゲーム内では画像が横向きに反転する(書かれた文字は後ろ向きになる)
title/ パノラマ写真、ロゴ、black.png、Mojang、スプラッシュ
title/bg/ メニュー画面の背景 名前はpanorama0 - panorama5

Windows[編集 | ソースを編集]

テクスチャパックの編集可能なファイルを抽出するには、まず7-ZipやWinRARなどの圧縮プログラムをダウンロードし、デスクトップ上にテクスチャパックの保存用のフォルダを作成する。Windows Vista・7の場合は、デスクトップの「スタート」メニューに移動し、%appdata%と検索する。Windows XPでは、「スタート」メニューから「実行」をクリックし、%appdata%と入力する。roamingフォルダが存在しないこともあるが、存在することがある。その中にあるフォルダの1つを.minecraftという名前にする必要がある。これを開き、binのフォルダを開く(新しいランチャーがある場合はbinファイルがないかもしれないが、フォルダのversionsを開いて最新のバージョンのフォルダを選択するだけでよい)。次に、minecraft.jarファイルに移動して右クリックする。設定画面では「7-zip」または「WinRAR」のいずれかにする必要がある。その設定の矢印に従ってアクション画面を開き、「Extract to 'minecraft/」を選択する(テクスチャパックのフォルダには、「minecraft-desktop」のように「minecraft」という単語が含まれていることがベストである)。抽出されたファイルを検索する。するとデスクトップフォルダに抽出され、「minecraft」という題名のサブフォルダにあるはずである。このファイルを開くと1,335のクラスファイルが表示される。これらのすべてを削除する。タイプすると簡単にすべて選択できる。クラスを検索バーに入れ、ctrl + Aを押してから削除する(「splash」ファイルを削除しないように。「class best」というスプラッシュで選択される)。これで編集する準備が整った。

Mac OS[編集 | ソースを編集]

MacにはArchive Utilityというプログラムが付属している。まず、Finderを開き、Finder>ライブラリ>アプリケーションサポート> minecraft> binに移動する。フォルダがない場合は、Finder>(ユーザ)>ライブラリ>アプリケーションサポート> minecraft> binを確認。minecraft.jarを見つけて右クリック(またはcontrol +左クリック)し、「アプリケーションから開く」と「アーカイブユーティリティ」をクリックする。Archive Utilityが「minecraft」という名前の新しいフォルダを作成する。これは新しいフォルダであり、minecraft.jarはそのままであるため、minecraft.jarを変更せずに新しいフォルダを変更して削除することができる。デスクトップに新しいフォルダを作成し、必要なすべてのファイルをそのフォルダにドラッグする。これで編集する準備が整った。

Archive Utilityを使用している場合、minecraft.jar.cpgzというファイルがある場合は、代わりにファイル拡張子を変更する。jarを.zipに変更すると目的の効果を達成できる。

GNU/Linux[編集 | ソースを編集]

GNU / Linuxベースのシステムでは、ゲームアーカイブは通常~/.minecraft/bin/minecraft.jarにある。「〜」はユーザのホームフォルダで、通常は/home/にある。多くのデスクトップGNU / Linuxディストリビューションには、デスクトップ環境と統合するグラフィカルアーカイブユーティリティが付属している。zipおよびunzipコマンドラインプログラムが利用可能な場合、ターミナルで次のコマンドを使用して、デスクトップ上のフォルダにファイルを簡単に抽出することができる。

unzip -d ~/Desktop/my_texture_pack ~/.minecraft/bin/minecraft.jar pack.png pack.txt particles.png terrain.png achievement/* armor/* art/* environment/* font/* gui/* item/* misc/* mob/* terrain/* title/*

テクスチャの編集[編集 | ソースを編集]

terrein.pngの画像がそれぞれMinecrarft 1.4.5時点で何を表しているのか

テクスチャはPortable Network Graphics(PNG)形式であり、透過性を含むフォーマットを処理できる画像編集プログラムで編集できる。これに対応するさまざまなプログラムがあるが、ペイント(Windows)(ノッチを使用する場合もあります)、GIMP(Windows、Mac、Linux)、Paintbrush(Mac)などがある。各PNGファイルを必要に応じて編集し、32ビットの色深度で保存して透過性を維持する。

Microsoftペイントは透明度を処理しないが、それでもテクスチャの作成/編集に使用できる。基本的に、Windows XPでPNG画像を開くと、白と灰色の市松模様で透明性を示す画面がでてくる[Win7では動作しない - この種類の設定はない]。ツールバーには、「透明に変更する」などの画面のヒントが必要なツールがある。Microsoftペイントに移動し、テクスチャを作成/編集する。テクスチャで使用されていない色を見つけ、空白をその色で塗りつぶす。次に、コピーしてPNGイメージに貼り付ける領域を選択する。PNG画像の上に貼り付け、それが完全に上書きされることを確認。前述のツールを使用して不要な色を透明に変更するだけで、現在のドキュメント上のその色のすべての最後のピクセルが透明に変更される。

注意:間違った色をクリックしないように。文書内のすべてのテクスチャが混乱する可能性がある。

パッキングとインストール[編集 | ソースを編集]

編集が完了したら、変更したファイルのzipファイルを作成する(または、Minecraft 1.3では、ファイルと共にフォルダを使用することもできる)。すべてのフォルダのレイヤーを保存する。zipのルートフォルダには、以下に示すファイルとフォルダが必要である。そうでない場合は変更されない。テクスチャパックを選択したときに何も変わらないことがわかった場合は、ファイルがzipのルートにあり、フォルダが1つもないことを確認。

Windows[編集 | ソースを編集]

すべてのファイルを選択(編集済みかどうか確認)し、右クリックで、7-zipまたはWinRARオプションを選択し、[アーカイブに追加...]を選択する。アーカイブが開き、ファイルに名前を付けることができる。次に 「OK」を押すと、プログラムはすべてのファイルをzipアーカイブにする。Minecraftに入れるには、ランチャーを起動してログインし、タイトル画面で「テクスチャパック」に行く。左下の[フォルダを開く]ボタンをクリックし、ZIPをフォルダにドラッグする。テクスチャパックを選択し、コンピュータ上で表示する。

Mac OS[編集 | ソースを編集]

フォルダ内のすべてのファイルを選択し、右クリックして、「項目を圧縮(#)」をクリックする。「Archive.zip」という新しいファイルが表示されるため、ファイルの名前を好みの名前に変更する。Finder>ライブラリ>アプリケーションサポート> minecraft> Texture Packに移動し、.zipをドラッグする。今度はテクスチャパックを、Minecraftのメニュー画面の「Modとテクスチャパック」に選択し、パックをクリックして使用することができる。

Ubuntu/GNOME[編集 | ソースを編集]

Nautilus(ファイル)で、すべてのファイルを選択して右クリックし、圧縮」を選択する。名前の右側にあるファイルの拡張子メニューで、「.zip」を選択する。もう一度右クリックして「切り取り」を選択し、/ home / [ここにユーザを挿入] /。minecraft / texture packs /に移動する。右クリックして[貼り付け]を選択する。次に.minecraftに行き、options.txtを開く。「skin:」で始まる行を探す。その後に続くビットを.zipファイルの名前に変更する。たとえば、zipに「MyPack.zip」という名前を付けた場合は、行をskin:MyPackに変更する。


警告:他のディストリビューターやデスクトップでの手順は似ているかもしれないが、UbuntuでGNOMEシェルとUbntu with Unityを使っているかを確認するように

外部リンク[編集 | ソースを編集]