チュートリアル/エレベーター

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
この記事の内容は翻訳されていません。
あなたが内容を翻訳してみませんか?

ここにいくつかのエレベーターのアイデアがあります。

エレベーターって何?[編集 | ソースを編集]

エレベータは、建物内の特定の階に人や物資を運ぶ一種の、垂直輸送システムです。それらは、時々リフトとして知られています。 Minecraftでは、これを使って、アドベンチャーマップのプレーヤーを輸送したり、サーバークラウドで使用したり、さらに多くのことを行うことができます。また、プレイヤーのスポーンポイントを持つサーバーでは、複数のフロア(クラウドサーバーなど)から別のポータルにアクセスすることができます。

水上エレベーター[編集 | ソースを編集]

このエレベーターでは、プレイヤーを上下に運ぶための水が必要です。

チューブデザイン[編集 | ソースを編集]

注意:サバイバルモードでは乗ることを試みないでください。プレイヤーがダメージを受ける場合があります(幅1ブロックの水源で作られ、プレーヤーは端の近くで "外側"にとどまらない限り)。ライドアップは非常に遅くなります。

レンガはこれを作るのに適しています。ガラスを使って、もっとクールに出来ます!

  1. 幅4ブロック、高さ6ブロックの基盤を構築します。
  2. 2階を作ります
  3. 作っていない場合は、3ブロック上に2階を作って下さい。その後、上部を密閉します。
  4. 1階の出入り口を3ブロック高く、2ブロック広げてください。2階でも同じことします。
  5. 天井に穴を開け、、もしくは(おすすめはしないが)溶岩を入れます。
  6. オプション - エレベータの片側からブロックを掘り出し、ガラス板またはフェンスに置き換えることで、プレーヤーは、エレベーター内に僅かな隙間ができて、呼吸することが出来ます。

通気式エレベータ[編集 | ソースを編集]

サバイバルモードで使用するのに適した水上エレベーターを作る方法。

必要なもの:

  • いくつかのブロック
  • 看板
  • 水源

このエレベータの唯一の制限は、片側の長さが少なくとも2ブロックでなければならないということです。しかし、他のディメンションでは大型になる可能性があります。 シャフトを仕上げたら、それを満たす必要があります。水が流れないように水源を置き、看板の上に看板を置き、看板の上に水を置き、希望のサイズになるまで繰り返します。 この種のエレベータは、通常の水上エレベータよりも速いです。

交差式水上エレベーター[編集 | ソースを編集]

これは上記のエレベーターのよりコンパクトなバージョンであり、シングルとマルチで動作します。

必要なもの:

  • ツルハシ
  • 看板
  • たくさんの水バケツ
  • たくさんのブロック(オプション)

垂直に1×1のシャフトがあり、4つの側面すべてがカバーされています(コーナーは不要です)。下から出発して、地上からエレベーターの入り口の2ブロック目の反対側の壁に看板を置きます。この上に、水のバケツを置きます(これは入口の高さが2ブロックの場合にのみ有効です。3ブロック以上の場合は、下から2ブロック目に置きます)。 例えば:

 ____
|SIGN|
|    |
|    |

必要な高さになるまで、シャフトの壁面の看板とブロックを交互に置き、必要に応じて繰り返します。よりクールな外観にしたいのであれば、壁をガラスなどにすると良いでしょう。この方法(交差式水上エレベーター)は非常に高速で、不具合や遅延はありません。

浮動水上式エレベーター

あなたが、シャフトなしで水を浮遊させ、移動したい場合は、氷を使用するとできます。

必要なもの:

砂や砂利の柱を作り、側面に氷を置きます。次に、柱を壊して、新しい柱と氷の間に1ブロックの隙間を空けて新しい柱を作ります。新しい柱の上に、氷以外のブロックの側面にトーチを置いて、どれも氷のとなりにないことを確認します。氷がすべて溶けたら、砂/砂利の柱を破壊してください。あなたは泳ぐための浮遊する水の柱を残します。

ボートエレベーター[編集 | ソースを編集]

ボートで移動するエレベーターは、看板を使用して建設することができます。このエレベーターは、ボートを運ぶために看板と水を利用しています。エレベーターは建設が容易で、多くの資源を必要としません。

基本的なデザインは下の画像に示されています。左のエレベーターには土の壁があり、右のエレベーターにはガラスの壁があり、このデザインは透明に近づけています。この設計は、Minecraft 1.5の後でも動作し、運河のロックとして使用することができます。下のビデオは、このような動作の高さを示しています。これらのエレベーターはアプリ版では機能しません。

400px

ビデオ[編集 | ソースを編集]

チュートリアル/エレベーター/video

ボートデザイン[編集 | ソースを編集]

シンプルなマインクラフトのエレベーター[編集 | ソースを編集]

注:このエレベーターは、主に上昇するためのものです。1つはトロッコでエレベーターを降りることができますが、落下せず、ハシゴを使って建てられている場合に限り、上昇するよりも遅くなります。

名前のように、このエレベーターはハシゴを作るだけでなく鉄インゴットを集め、トロッコも作ります。

エレベーターを作成するには、1×1のシャフトが必要です。あなたが行きたい場所まで下に(または上に)移動します。シャフトが完成したら、シングルプレイヤーの場合は4つ、マルチプレイヤーの場合は5つのブロックで分割する必要があります。これはあなたが必要とするトロッコやはしごの数を把握するためです。

必要なブロックがすべて揃ったら、次の一連の手順に進みます。

  1. シャフト(トロッコ)を一番上までいっぱいにします。乗車後にエレベーターから出る場所があることを確認してください!
  2. 1番上に来たら、ゆっくりと下に行き、はしごを壁に置き、それらの上にトロッコを置きます。重要! トロッコが動かずに上に移動できるように、トロッコが十分に近いことを確認してください!
  3. あなたがシャフトの底に下りられれば、完成です!
  4. オプション:エレベーターの隣に別のシャフトを作成し、下にを入れて右に進むと、繋げられます。

上に行くには、最初(2つ目)のトロックの下に来て、右ボタンを押してください。正く行けば、まっすぐ上に行けます。トロッコ式エレベーターを降りるには、はしごを使用して建設されたと仮定して、1番上のトロッコに乗り、シフトを押して降ります。トロッコを乗り継いで、ゆっくりしたに下ります。


バリエーション

他の目的のために、サドル付きのブタはトロッコ代わりとしても機能する。

ピストン式エレベーター[編集 | ソースを編集]

ピストン式エレベータにはさまざまな配線設計があります。これらの原理は、ピストンを使って空気中に押し上ることです。このエレベーターは非常に高速で、いくつかのデザインでは昇降することができます。 ピストン式エレベーターには、2つの一般的な種類があります:ブロックとジッパーです。ブロックタイプは、あなたを押し上げるピストンを押し上げるピストンがあります。ジッパータイプは、階段で押し上げます

マルチフロアエレベーター[編集 | ソースを編集]

このエレベーターは、昇降することができ、希望する階で停まり、出発することが出来るが、複雑で、たくさんの資源を必要とします。このエレベータは、多くの場合、他の設計の特性が、マルチフロア回路に適用します。

昇降[編集 | ソースを編集]

昇降できるエレベーターは、ピストンが動が動かせるブロックに限るので、最大12個のユニットがあります。この建設も比較的遅いですが、小型のフォームファクターと簡単なレッドストーン回路なので、建物内に適しています。

高速化[編集 | ソースを編集]

高速ピストンエレベータは、はしごや動力付きトロッコのような、高さを必要とする従来の方法よりも高速です。これらは、実用的であるように設計されています。

ジッパー[編集 | ソースを編集]

ジッパー式エレベーターは、垂直に積み重ねられたピストンのペアを備えています。階段を使うと、反対側からも出ることができ、景色を見ることも出来ます。階段を使わない方は、片側のみ開きます。しかしジッパー式エレベーターはSMPがタイミングの誤動作を引き起こし、エレベータの機能を停止させる可能性があるため、大きな欠点でもあります。また、一番上に1×2のピストンを追加することで、プレイヤーが落下するのを防ぎ、昇降場に押し出されるので、便利です。

スパイラル[編集 | ソースを編集]

スパイラルエレベータは、ピストンの垂直方向に積み重ねられた螺旋(らせん)を特徴とします。ピストンや配線が上昇(下降)中のプレイヤーを囲む形になるので、景色を見るのには不向きです。しかし、このエレベーターはSMPの方が適しています。そうでないと、プレーヤーをすばやく運ぶことができず、ラグが起こったりするからです。

モデレート[編集 | ソースを編集]

これらのエレベータは、中程度で実用的な速度で動作します。これらは、他のほとんどのエレベータよりもより現実的な外観で動作するように設計されています。

ピストンワーム[編集 | ソースを編集]

ピストンワームのデザインでは、プレーヤーを上下に押すための交互ピストンのセットを使用します。これらのデザインは非常に資源にやさしく、構築が簡単です。

スロー[編集 | ソースを編集]

これらのピストンエレベータは、はしごや動力付きトロッコのような高さを必要とする従来の方法よりも遅いです。実用的ではありませんが、スタイルを念頭に設計されています。

シングルコラムエレベータ[編集 | ソースを編集]

シングルコラムエレベータは、複雑なレッドストーンの配線が必要なため、短くなっています。エレベーターとして、砂や砂利を使用すれば、押し込むためにピストンを使用することで簡略化できます。しかし、このエレベーターは、とても遅いです。

秘密の入り口と偽の行き止まりは、潜在的に広大な面積に気づいていないプレイヤーを騙せます。これらの偽装トリックを見つけるには、スイッチが隠されているか、何か他のことをすると考えられる場所を見つけることです。

スライムブロックエレベーター[編集 | ソースを編集]

スライムブロックエレベータは、バウンスとコンベアの2つの主なスタイルがあります。これらのエレベーターは非常に高速で、シンプルなものから難しいものまであります。これらは、スライムブロックの特性を利用してプレイヤーを移動させます。

コンベア[編集 | ソースを編集]

このデザインでは、スライムブロックをコンベアベルトのように上下に動かすメカニックを使用し、プレーヤーが立っている場所を動かします。

マルチフロア[編集 | ソースを編集]

コンベア方式を使用すると、非常に高速で複数階のエレベータを作成することができます。

バウンス[編集 | ソースを編集]

このエレベーターは、プレーヤーを一連のスライムブロックの上に跳ね返します。

Command block elevators[編集 | ソースを編集]

Beside from the minecart elevator, command block elevators can be made with some special effects, and are the quickest of all the elevators. The principle is that you can hit a button wired up to a command block with the /tp @p x y z command. (Alternatively, you can replace @p with your name, creating a player-specific elevator.) The most basic design is to have the command block behind the button. To get a little more complex, you will need a bit more room, or use repeaters. The basic objective is to have a command block with the /tell @p Going to [floor name] command, then a few moments later, having a command block with the previously mentioned /tp command to do the main part of going to a floor. Note that if you are using this with a high-rise building, you may need to create more than one elevator cab for serving more than a few floors, since this type of elevator may get a little big trying to serve 35 floors in one cab.

Another technique is to have two command blocks per floor, one sending the user one floor up, the other sending them one floor down. Align all the x and z coordinates, so that the player stays on one spot relative to the two columns, and can simply click repeatedly to ascend or descend multiple floors.

Using mods[編集 | ソースを編集]

If you're willing to use mods, then there are some that make building elevators easy, such as OpenBlocks, which requires an elevator block to be placed on every floor that you want the elevator to go to. Use the sneak key to go down and jump to go up.