We have begun migration of most wikis to our new host, Amazon Web Services. All but the top 100 wikis are in read-only mode until the migration is complete. Estimated completion: TBD -- Update: Fri 10/20 11pm UTC - We have encountered some unexpected issues. Our staff is working around the clock to complete this process as quickly as possible. Thank you for your patience.

チャンク

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
1つのチャンクを視覚化したもの。
チャンクの大きさをダイアモンドブロックで視覚的に表している。

チャンク(Chunks)は、事実上無限なMinecraftの地形を分割する。チャンクは幅16ブロック、長さ16ブロック、深さ256ブロック(※バージョン1.2以降)の合計65,536ブロックで構成されている。最初にワールドに入ったときに、チャンクがプレイヤーの周りに生成され、プレイヤーが世界を歩き回ると必要に応じて近くのチャンクが生成される。

シングルプレイヤーでは表示距離や移動に依存して、生成されたチャンクの実数が変化する。マルチプレイヤーにおいて、プレイヤーごとに初期値では半径10のグリッド(21x21の合計441チャンク)がロードされ、既定値によりプレイヤーに送信される。この半径はサーバーで3-15の値を設定でき、回線の細い親サーバーでは大抵低い値になっている。他のチャンクが非アクティブの間、これらのチャンクで活動するもの(Mobのスポーン(Spawn)木(Tree)の成長、水(Water)の流れ、ドロップしたアイテム(Items)の消失等)は、ハードディスクに保存される。直近の30秒間にチャンクが保存されている場合、チャンクが再度保存されることはない。

スライム(Slime)は特定のチャンクにのみスポーンすることができ、スポーンの決定はチャンク座標で算出される。幾つかのユーティリティソフトやModは、プレイヤーにスライムがスポーンするチャンクを教えてくれる。詳しくはスライムの記事を参照。

Minecraftのレンダラーは描画するチャンクを16x16x16に8分割して、OpenGLのディスプレイリストにコンパイルすることで、描画速度を著しく向上させている。チャンク内のブロックが変更されるたびに再ビルドが必要になる。 [1]

チャンクの生成[編集 | ソースを編集]

チャンクはマップのシード値(Seed)を用いて生成される。これは同じシード値を再度使用した場合、(少なくとも同じMinecraftのバージョン上で)常に同じチャンクが生成されることを意味する。

チャンクの端を見つける[編集 | ソースを編集]

  • "F3" ボタンを押すと、プレイヤーのX、Y、Z座標を表示するデバッグ画面が開く。これらの座標はプレイヤーが動き回ることにより変化する。16で割り切れるX、Z座標がチャンク間の境界を示している。例えば(96, -32)は4つのチャンクが交わる角である。これらのチャンクの1つはX座標が80~95とZ座標-49~-32の間である。他の1つはX座標96~111とZ座標-33~-16の間で、その他も同じように続く。XかZのどちらかが16の倍数になったとき、プレイヤーはチャンクを横切って移動する。
  • レッドストーンリピーターに粘着ピストンを接続してタイマーをつくることができる。ピストンの正面にグロウストーンを置くと、ピストンが動いている間明かりが点滅する。プレイヤーが高い柱の上にいる場合、チャンク上をわずかな時間差で明かりが点滅しているのを見ることができる。これは通常のピストン2本でもつくることができる。
  • チャンクの境界線は上空から凍った川や池の上を見ると確認できる。(1.0.0のクリエイティブモードにて確認済み)

チャンクエラー[編集 | ソースを編集]

海でのチャンクエラー。

チャンクエラー(他にも欠損したチャンク(missing chunk)世界の穴(world hole)として知られる)は、シングルプレイヤーやマルチプレイヤーにおいて稀に起こるエラーである。チャンクエラーはクライアント側だけで発生し、他のプレイヤーは非常に稀な状況下でない限り見ることができない。サーバーに再接続するか、マップを更新することで大抵のチャンクエラーは修復される。プレイヤーはエラーの起きているチャンクに、ジャンプまたは落ちることができる。あるプレイヤーは落下したと報告し、またあるプレイヤーはエンダーパールのようにワープしたと報告した。液体を表示する方法が原因で、チャンクエラーの境界上にある液体は下方に流れだしているように見える。Modを導入していないサーバーでは、テレポートコマンドでこのバグから脱出できる。しかしながら、エラーの起きたチャンクに落ちたアイテムは回収することはできない。また、非固体のブロックはエラーの起きたチャンクに流れ込まない。チャンクエラーにブロックを設置した場合、チャンクエラー内のブロックが再出現する(設置したブロックは上書きされ、そこにあったものに変わる)。チャンクエラーでTNTを爆発させても再出現する。

チャンクエラーの回避策[編集 | ソースを編集]

チャンクエラーは通常Minecraftのクライアントがチャンクをロードできなくなる一時的なバグである。多くの場合、チャンクエラーを修正するためにログアウトしてから入り直すことが必要である。しかしながら、プレイヤーがチャンクエラーを回避できる方法は他にもある。

プレイヤーがチャンクエラーに歩いて入れば、チャンクエラーを直すことができる。[2] プレイヤーボート(Boat)トロッコ(Minecart)(あらかじめチャンクエラーの上に線路が敷いてあれば)に乗ってチャンクエラーの箇所を通過することができる。線路は見えないままであるが、トロッコは線路を通過する。目的地でエラーチャンクが発生した場合、単にサーバーに再接続するか、マップを更新することで到着時にエラーの起きたチャンクに落ちてトロッコを失わないようにする。[3]

明かり、爆発、他のチャンク内のブロック更新のプロセスはチャンクをリロードする原因となり、チャンクが見えるようにすることができる。このため、松明を設置してもチャンクエラーの場所を見えるようにすることができる。

別のタイプのチャンクエラーで、プレイヤーがSMPサーバーにいるときにチャンクが空に見えるものがある。プレイヤーがその上を歩いた場合、チャンクが見えないかのように振る舞う。そのチャンクから離れ(もしくは他の方法で)、再度チャンクに乗ると大抵エラーは直る。待っていても直る場合がある。

チャンクエラーの使い方[編集 | ソースを編集]

時折、チャンクエラーは世界の断面図に見え、鉱石、洞窟、ダンジョンや他の地下にある隠された構造物を簡単に探せる。マップをリロードする前にあらゆる興味深い鉱脈、洞窟、ダンジョンや他の構造物上の地表に印をつけることで使うことができる。

マルチプレイヤーサーバーでチャンクエラーが起きるフレンドがいるなら、チャンクエラーの側面に沿ってどこを掘ればいいのかを見ることができるので、他のプレイヤーのガイドとして役に立つ。これはチャンクエラーによって、他のプレイヤーが到達できないところにある資源をフレンドが指示してくれるということを意味する。

関連項目[編集 | ソースを編集]

参考[編集 | ソースを編集]

  1. http://www.youtube.com/watch?v=dTFkmfnkCfk&t=20m50s
  2. いくつかのケースにおいてチャンクエラーが解決するが、保障はできない。
  3. マップを更新する1つの方法として、ブロックや松明のようなアイテムを設置し、強制的にブロックを更新させる。この方法でチャンクエラーが解決するが、保証はできない。