ダッシュ

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索

ダッシュ (英語ではSprinting)とは移動機能の一つであり、プレイヤーの移動が速くなり、毎秒約5.6メートルになるものである。通常の歩行速度、毎秒約4.3メートルと比べると約30%速い。プレイヤーは「前進」キー (標準ではW) を素早く二回押し、かつ最後の一回は押し続ける or by holding forward and double tapping reverse.ことでダッシュすることができる。ダッシュによって難易度は高いが水平方向に4ブロック分(通常は2ブロック)のジャンプができる。ジャンプの高さは通常と変わらない[1]

ダッシュは満腹ゲージが70%以上 (7本の肉) の場合に使うことができる。しかし、40メートルまたは7秒ごとに、満腹ゲージの食べ物アイコン半分の割合で激減させる (隠し満腹度が0の場合)。プレイヤーがダッシュするとき、足下から走っているブロックの種類に応じてエフェクトが生じる。ダッシュ中にMobイカは除く)を攻撃した場合は大きくノックバックさせることができる[2]

固体ブロックにジャンプせずにぶつかったり、防御などスニークが起こる動作を行うとダッシュは停止する。Mobに突っ込むときにはダッシュを止めるべきでない。Mobへの攻撃はダッシュ状態を止めるが、ブロックの破壊は大丈夫だ。「左」または「右」キー (標準ではそれぞれAD) でダッシュ中に速度を落とさず方向転換できる。

「ダッシュ状態」に切り替わると画面にも小さな変化が生じる (FOVが10増加する)。これは速さを表現するためである。

Xbox 360 Editionでは、クリエイトモードでは飛行中のダッシュにより「ダッシュ飛行」とでも言うべきことが可能になる。これにより毎秒約6メートルの速度になる。

動画[編集 | ソースを編集]

歴史[編集 | ソースを編集]

ダッシュはPAX 2011にて言及された。ダッシュ機構は戦闘システムを拡張しプレイヤーの機動性を増とされた[3]

2011年9月2日にJebは、通常の歩行とダッシュの違いを示す動画を投稿した[4]

ダッシュ機構はBeta 1.8pre1にて、飛行と共に実装され、正式リリースとしてはBeta 1.8Adventure Updateとして公開された。

豆知識[編集 | ソースを編集]

  • 水中をダッシュするときはわずかに速くなる。速さの違いはほぼ体感できない。また、水中での上下運動(ジャンプボタン押しっぱなし)が速くなる。
  • ダッシュとジャンプボタン押しっぱなしを同時に行うと地上でもっと速く移動できる。
  • ヤマネコアイアンゴーレム村人の子供は、プレイヤーのようにダッシュすることができる。
  • ダッシュとジャンプ (「ジャンプ」キーを何度も押す) を低い天井 (2ブロック高) で行うと、通常のダッシュの約2倍の速さで移動することが出来るようになる。ただしこれは非効率的といえるかもしれない。なぜなら満腹度を毎秒1単位減らすためである。ただしピースフルモード、あるいは食物が豊富な場合には非常によい移動方法になるだろう。
  • 上と同じことをの上で行うことで、驚くべきことに毎秒16ブロックの移動速度を得る事が出来る。これはパワードレールでのトロッコの最大速度の 2倍 になる。
  • 上に加えてトラップドアを氷に載せることで、1000ブロックを54秒で移動できる (毎秒18.518ブロック)。
  • ダッシュ中は、床の1ブロックの隙間をそこに何もないかのごとく走ることが出来る。これにより荒地をより簡単に移動することが出来る。
  • ヤマネコとペットのネコは、驚くとしばしばダッシュする。ネコ類のダッシュは小さな点を巻き上げ、これは引っ掻き (Clawing) としても知られている。2ブロック高の壁に向かい合っている間の、ネコ類のダッシュの奇妙な習性 (もしくは能力) によるものと思われる。飛び越えることは出来ないので、小さな点が足元から飛び散ることを示すのみである。このように、実際のネコの柱の引っ掻きを模倣しているのだろう。

不具合[編集 | ソースを編集]

  • 透過ブロック (リピーターガラス耕地…) の上をダッシュするとき、ブロックに沈み込みうる。
  • によってダッシュ状態は中止されない。またダッシュによって通常のパーティクルが発生する (水ブロックのパーティクル)。しかし、水中では体感できるほど通常より速く移動することができない。
  • 羊毛ハーフブロック上をダッシュするときのパーティクルは灰色になる。これは葉やつる、スイレンの葉、草、シダの色はゲームのバイオーム毎に基づき動的に色が適用されるため、あるいはハーフブロックや羊毛のようにダメージ値と呼ばれる付加データによりテクスチャーが変更される為である。
  • SMPでは、時々ダッシュを開始しても、ダッシュの開始と停止が繰り返されることがある。これはプレイヤーが前進キーを離すまで続く。
  • 稀に、マルチプレイでは立っているときにもダッシュのパーティクルが発生するという報告がある。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

参考[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]