We have begun migration of most wikis to our new host, Amazon Web Services. All but the top 100 wikis are in read-only mode until the migration is complete. Estimated completion: TBD -- Update: Fri 10/20 11pm UTC - We have encountered some unexpected issues. Our staff is working around the clock to complete this process as quickly as possible. Thank you for your patience.

ゾンビピッグマン

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
ゾンビピッグマン
Zombie Pigman.png
Baby Zombie Pigman.png
体力値

20 (Heart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svg)

耐久値

2 (Armor.svg)

攻撃力

イージー: 6 (Heart.svgHeart.svgHeart.svg)
ノーマル: 9 (Heart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svgHalf Heart.svg)
ハード: 13 (Heart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svgHalf Heart.svg)

大きさ

高さ: 1.95ブロック
幅: 0.6ブロック

スポーン条件

ネザーの上に2ブロックの空間のある全ての明るさレベルの場所
オーバーワールドでブタの周囲3∼4ブロックの範囲に雷が落ちた際
オーバーワールドのネザーポータル周辺

初登場

歴史を参照

ドロップ

ドロップを参照

装備
ドロップアイテム


金の剣
(利き手)
ジャック・オ・ランタン
(頭)

カボチャ
(頭)

経験値

大人: 5
子ども: 12

内部ID

PC:57
PE:36

エンティティID

PC:zombie_pigman
PE:pig_zombie

ゾンビピッグマン(Zombie Pigman)は、ネザーにスポーンする中立的Mobである。

振る舞い[編集 | ソースを編集]

ゾンビピッグマンは常に4体の群れで出現する。しかし群れが集まってもっと大きな集団になることがある。ネザーではガスト の2倍の確率で出現する。待機状態のときはゾンビピッグマンの動きは若干遅いが、攻撃を受けるとはっきり判るほど速くなる。また1体を攻撃すると、周囲32ブロックの範囲内にいる同胞が警告をうけ、敵対的となりプレイヤーに向かってくることになるので、警戒すべきだ。400∼799ティック (20∼40秒) 経つと中立に戻ると信じられていたがこれは事実とは異なる。 挑発を受けたなら、攻撃的な音を0から39ティックの間隔で発する。ゾンビピッグマンが着火しつつもすぐに消火されるのが時折観察できる。それはゾンビピッグマンがゾンビを改変したものであり、ゾンビは日光で燃え死ぬが、ゾンビピッグマンは耐火性を備えているからである。ゾンビとは異なりゾンビピッグマンはドアを叩いたり壊そうとしたり (敵対していても)、村人を襲ったりはしない。 バージョン1.6.2で、子供のゾンビピッグマンが出現する可能性が追加された。スキンのヘルメットは無く、スキンの骸骨部分が顕になっている。

プレイヤーとの相互作用[編集 | ソースを編集]

  • ゾンビピッグマンを崖から落としたりするなどして環境からダメージを受けるようにしても、反応を示さない。
  • 挑発されたゾンビピッグマンはプレイヤーの周囲を包囲し攻撃してくる。
  • 敵対しているゾンビピッグマンの群れは侮れない相手となる。各々が剣の1撃あたりHeart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svgHalf Heart.svgのダメージをプレイヤーに与え (難易度ノーマルの場合)、ダッシュしたり俊敏のポーションを用いるか、の届かない上れない場所に移動するかしない限り逃げられないからである。
  • 捕らわれたゾンビピッグマンを見つけたなら、で、あるいはで傷つけられずに倒すことが出来る。
  • プレイヤーを追いかけている際、ブタがニンジンにつられているように振舞う。プレイヤーを追いかけるのに障害物や罠を迂回したりはしない。
  • プレイヤーがポータルに入り戻ってきても、周囲の敵対していたゾンビピッグマンは中立に戻ったりはしない (消滅あるいは死んだりしない限り)。時にはプレイヤーを追いかけポータルに入ったりもするだろう。
  • 難易度をピースフルに変更するとゾンビピッグマンは完全に消滅 (デスポーン) し、難易度を他に変更しても中立に戻る。
  • プレイヤーの死亡はゾンビピッグマンを中立に戻したりはしない。
  • ゾンビピッグマンを怒らせる範囲は、プレイヤーを見て追いかける範囲より非常に広い。
  • プレイヤーがブタに乗っていて雷を受けると、ゾンビピッグマンはプレイヤーの上に出現する。
  • ゾンビピッグマンはネザーポータルの枠の下の黒曜石の隣にも出現することが出来る[1]
  • ゾンビピッグマンも溺れる。
  • ゾンビピッグマンもトロッコに乗ることが出来る。線路を敷設すれば乗車しているゾンビピッグマンを眺めることも出来る。
  • 多くのゾンビピッグマンは、持っている金の剣とより上位の剣を喜んで交換するだろう。ただそうすることでゾンビピッグマンの攻撃力は上昇する。プレイヤーに対して剣を用いられないように、ゾンビピッグマンの前では剣を落としたりしないようにするべきだ。
  • 持っている剣とよりよい剣を交換後に、(エンチャントされていてもいなくても) 防具を与えることでゾンビピッグマンを「カスタマイズ」することが出来る。このようなことをする際は、クリエイティブモードにするか、予め囲っておいたほうがよいだろう。

外観[編集 | ソースを編集]

ゾンビピッグマンは、桃色 (ブタのような) と緑色の腐った肉の肌をした人間型をしていて、所々骨が露出している。金の剣を右手に持ち、ふんどしを着用している。時折金の剣はエンチャントされており、きらめく紫の光沢が見えるだろう。エンチャントされている確率は難易度が高くなると上昇する。

10月31日、ハロウィーン (収穫祭) の日には、ゾンビピッグマンはカボチャ(22.5%) あるいはジャック・オ・ランタン(2.5%) を頭にかぶって出現する可能性がある。ハロウィーンの日以外にこれを見たければ、コンピューターの時計を10月31日にすればよい。年次は不問である。

Pocket Editionでは、顔 (帽子のレイヤー) がなく、単に乾燥した頭蓋骨になっている (ギャラリー参照)。これがバグなのか意図したものであるかは不明である。Alpha0.11.0から、PC版と同じ顔になった。

戦闘[編集 | ソースを編集]

準備不足や不注意なプレイヤーにとって、突撃してくるゾンビピッグマンの群れは即死を意味する。しかし、どのゾンビピッグマンを敵対的にして、どれを中立のままにしておくかコントロールできれば、ゾンビピッグマンと戦うことは難しいことではない。ゾンビピッグマンの攻撃は「百聞は一見にしかず」に基づいており、つまりプレイヤーに仲間が攻撃されるところを目にしたときのみ敵対的になる。一旦敵対的になることが発生すると、一定の半径 (32ブロック) 以内のゾンビピッグマン達が敵対的になり、一定距離の中にいた場合はプレイヤーに向かってくる。ただし、32ブロックの範囲外のゾンビピッグマンが近づいてくると敵対的に変わる。こうなるとゾンビピッグマンから身を守らざるを得なくなり、近隣のゾンビピッグマンを更に怒らせることになるだろう。ゾンビピッグマンは一般的なMobであるので、間断なく戦わざるをえなくなるだろう。ゾンビピッグマンは壁の向こう側の攻撃にも気づく。敵対的になる判定の中心はプレイヤーではなく攻撃されたゾンビピッグマンにあり、遠くのゾンビピッグマンを弓で攻撃するとプレイヤーの近くのゾンビピッグマンは敵対的にさせないことが可能だ (しかしこれは賢明とは言えない)。

このルールを頭に入れておけば、弓を使ってゾンビピッグマンの群れを1匹ずつ狙い撃ったり、他のゾンビピッグマンは攻撃的に転じる範囲の外に置いたまま孤立しているゾンビピッグマンを倒したりできる。これは金塊(50%)、腐った肉(50%) の収集に活用できる。金塊9つから金インゴット1つが作製できるので、通常世界で金が存在しない、あるいは希少であるなら金塊の収集は非常に有用であろう。

苦労せずにゾンビピッグマンを倒す方法としては、3ブロックの高さの壁を4方向に持ち、2枚の2ブロック目の高さに穴を開けた「小屋」を作ることだ。プレイヤーは穴の開いた壁の下端の1ブロックを掘ってゾンビピッグマンを攻撃して、すばやく戻って穴を閉じ、そしてヒットアンドアウェイの要領で、穴の開いた壁に走って行き、ゾンビピッグマンを攻撃して、反撃される前に閉じている角に戻る、ことを全滅させるまで続ける。弓や、石/鉄/ダイヤモンドの剣はこの作業のスピードを著しく向上させ、前者はプレイヤーはただ閉じた角で動かずに撃っていればよく、後者は必要となる攻撃回数を減らす。可能なら、小屋はガストの攻撃で壊されない丸石で作るべきだ。

より簡単な戦術は3ブロックの高さの柱を建てることだ。そこから、ゾンビピッグマンを殴ったり矢で撃ったりしたりすることが出来る。ゾンビピッグマンが群がってきて、周りからプレイヤーを押すが、柱の上に居る限り一切のダメージは受けない。不利な点は、ガストがプレイヤーを攻撃し着火することがありうることである。ネザーには水が存在しないということもこの危険を増加させる。また石以外で出来た柱を破壊することもできるだろうし、火の玉で吹き飛ばされるかもしれない。

ソウルサンドによりゾンビピッグマンはかなり動きが遅くなり、プレイヤーが集団から逃げたり戦ったりすることがやさしくなる。ドアのブロックしたい片側だけにソウルサンドを置くことで一方通行のドアを作ることが出来る (後述)。

ゾンビピッグマン、スケルトンゾンビスプラッシュ 治癒のポーションでダメージを与えることができ、「負傷(Harming)」のスプラッシュポーションで体力が回復する。加えて「アンデッド特効(Smite)」のエンチャントがかかった剣はゾンビピッグマンへのダメージを増加させる。しかしゾンビピッグマンは耐火性を備えているので、「火属性(Fire Aspect)」のエンチャントがされた剣では通常のダメージを与えるのみである。

別のゾンビピッグマンの素晴らしい対処法は、「ノックバック(Knockback)」能力の付いた剣を持つか、さもなくば攻撃をあきらめることだ (ダッシュしたり俊敏のポーションを使わなければ相手の方が速いので)。ネザーにはプレイヤーを傷つけるような崖や溶岩の滝が満ちている以上、ダッシュすることは賢い選択ではないだろう。

敵対状態のゾンビピッグマンはゾンビやスケルトンと違い、障害物を認識せずにプレイヤーに直進しようとする。そのため崖やサボテン、深さ2の塹壕といった罠に容易に嵌めることができる。

養殖場[編集 | ソースを編集]

ファイル:Azureplatform.png
A Zombie Pigman farm attached to a mob grinder.

ゾンビピッグマンがネザーと、オーバーワールドネザーポータルに出現するので、金塊の安定した供給源となるゾンビピッグマンの養殖場を両次元に構築することが出来る。金塊に加えて、レアドロップである金インゴットと金のも得ることが出来る。

ネザーで養殖場を作るには、ゾンビピッグマンが出現するプラットフォームを作り、トラップドアを端に設置する。そしてハーフブロックを周囲の床面に敷き詰め (なんなら全体でも構わない) れば、ゾンビピッグマンは作製したプラットフォームのみに出現する。溶岩流を使ってゾンビピッグマンを中央領域に誘導できる。

通常世界で養殖場を作るには、直方体上に穴が開いたネザーポータル (黒曜石の節約のために角を落とす) を作成し、下の2つの黒曜石ブロックの端にトラップドアをあけて設置する (これでゾンビピッグマンが落下する)。ここから、を使ってゾンビピッグマンを落下あるいは窒息トラップへと誘導することができる。

落下トラップは自動化に便利であるが、窒息トラップではピストンでダメージ量を調整できる。こうすればプレイヤー自身でゾンビピッグマンを倒すことでレアドロップを得ることが出来、また「ドロップ増加 Ⅲ(Looting III)」のエンチャントが付加されたものも使えるだろう。

出現確率[編集 | ソースを編集]

(非透過)ブロックはティックごとに0~2000の範囲の乱数を生成する。この値が難易度値以下の場合、ゾンビピッグマンが出現する。[2] 難易度が高ければ出現の閾値が上がるため結果として出現率は上昇する。

動画[編集 | ソースを編集]

Zombie Pigman/video


歴史[編集 | ソースを編集]

ゾンビピッグマンのスキンの緑の液体は元々は血の赤[3]だが、古典的な血やゴア表現はMinecraftには無い方が良いというプレイヤーの好みの意見を反映して変更された[要出典]。スキンファイルには "thx xaphobia" とNotchからスキンの原作者XaPhobia (X__xの名でも知られている) への謝辞が書かれている。

ゾンビピッグマンはHalloween Update以前のプレビューではもともと武器を持たない温厚な生き物として表現されていた。

Alpha
1.2.0 ゾンビピッグマンがHalloween Updateガストと共に追加された。一旦攻撃されるとプレイヤーにずっと敵対しており、焼き豚を0∼2個ドロップした。
1.2.2 約2 Minecraft 日経過するとゾンビピッグマンは中立状態になった。
Beta
1.5 通常世界で雷に打たれた豚はゾンビピッグマンに変身するようになった[4]
1.8 ドロップアイテムが焼き豚から腐った肉へと変更された。
1.9pre1 ゾンビピッグマンのドロップアイテムが、腐った肉に加え金塊が追加された。
1.9pre2 ゾンビピッグマンはゾンビと同様に防御点2点を持つようになった。ダメージを8%軽減する。
1.9pre5 ゾンビピッグマン、スケルトンゾンビスプラッシュ 治癒のポーションでダメージを与えることができ、スプラッシュ 負傷のポーションで体力が回復する。加えて「アンデッド特効(Smite)」のエンチャントがかかった剣はゾンビピッグマンへのダメージを増加させる。
正式版
1.2.1 12w06a ゾンビピッグマンは稀に金インゴット、金のヘルメット、あるいは装備している金の剣をドロップするようになった。金の剣はエンチャントされているものもあり、レベル5のエンチャントがランダムに付加されている。
1.2.1 これ以前は、英語の言語パックで誤って"Pig Zombie"とされていた。同様にJavaプログラムコードではゾンビピッグマンは"pigzombie"とか"zombiepig"とかなっていた。
1.3.1 12w22a ゾンビピッグマンは通常世界のネザーポータルに出現するようになった。
1.4.2 12w32a ゾンビピッグマンは常にエンチャントされた剣を持ち、全種類の防具を着けることが出来るようになった。剣の場合はダメージにも影響する。
ゾンビピッグマンにアイテムを拾い上げる能力を持つ可能性が追加された。
12w34b 通常世界で、ゾンビピッグマンはネザーポータルから帰りたがるようになった。
12w36a ゾンビとゾンビピッグマンのモデルとテクスチャーが変更された (見た目の変更はないが、テクスチャーパックの互換性が無くなった)。
1.4.2 ハロウィーンの日に、ゾンビピッグマンがカボチャをかぶる可能性が追加された。
1.6.2 ゾンビピッグマン出現時に子供のゾンビピッグマンが混じるようになった。
1.11 16w32a ゾンビピッグマンのエンティティIDが PigZombie から zombie_pigman に変更された。
16w38a ゾンビピッグマンのドロップする金の剣の耐久力がランダムになった。

バグ[編集 | ソースを編集]

  • マルチプレイで、サーバーがモンスター無効になっている状態でブタが雷に撃たれると、クライアント側でのTNTバグのような、バグったゾンビピッグマンのオブジェクトになる可能性がある。それは通り抜けられ、動かず、物理法則を無視して、攻撃することができない。
  • 12w36aで、ブタに雷が当たってゾンビピッグマンが生まれたとき、剣を持っていない状態で出現する。

地上でブタが雷に当たってゾンビピッグマンになった場合、剣を持たないのは仕様。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • ゾンビピッグマンは溶岩に対してほぼ無敵だが、溶岩はのように落下ダメージを軽減しないため溶岩でダメージを受けることがある。従って、ゾンビピッグマンが充分に長い時間浮かんでいると、地面や溶岩湖の底や溶岩流などの地面に触れた瞬間に死んでしまうだけの落下ダメージを蓄積する可能性がある。
  • 通常世界で中立あるいは温厚なMobをスケルトンの矢の盾とすることができるように、ゾンビピッグマンをガストの火球からの防御として使うことが出来る。これによりゾンビピッグマンと敵対せずに金塊を容易くえることが出来るだろう。
  • カボチャを被っていたときゾンビピッグマンに倒されると、ゾンビピッグマンがそれを被っているのを見ることが出来るだろう。他のアイテム、防具武器でも同様の事が起きうる。
  • ゾンビピッグマンにガストの火の玉が直撃して爆発に生き残れば、攻撃しようとガストの方へ直線で向かう。この振る舞いはガストが地面に触れているとき (多くは天井が低い場所にガストが出現した場合) のみ観察される。これはおそらくゾンビピッグマンが空中のガストへのルートを見つけられないのが原因だ。しかし、火の玉が当たったゾンビピッグマンのみがガストを攻撃し、付近のゾンビピッグマンはそのような振る舞いを行わない。
  • ガストの声は非常に広範囲に届くため、ゾンビピッグマンはすすり泣くような声で鳴くと勘違いされることが多い。
  • ゾンビピッグマンの声や効果音は非常に遠くまで届き、岩盤の下の奈落にも届く。
  • ゾンビピッグマンの防具には耐久力がない (減らない)。防御力2点 (Armor.svg) の防具は多くのダメージ源からのダメージを8%軽減する。つまり、倒すには物理ダメージで22 (Heart.svg × 11)を与える必要がある。
  • ゾンビピッグマンは梯子を登ったり、登っている最中のプレイヤーを攻撃したり出来る。しかし、彼らはそれをメリットとして使おうとはせず、梯子が目の前にある場合のみそれを使う。
  • ゾンビピッグマンは「傷つけられない」投射物、例えば雪玉でも敵対的になる。
  • ヘルメットをつけていなくても、ゾンビピッグマンがドロップすることがある。
  • ゾンビピッグマンのモンスタースポナーは松明などの明かりでは無効に出来ない。明るさレベルとは関係なく出現するためである。
  • ゾンビピッグマンは通常燃えないようになっているが、プレイヤーが炎上している時に攻撃を受けると、一瞬炎上する。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

関連項目[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]