スライムボール

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
スライム
Slimeball.png
種類

原材料

希少度

通常

再生

はい

スタック

はい (64)

初登場

Java Edition Alpha 1.0.11

データ値

dec: 341 hex: 155 bin: 101010101

名前空間ID

slime

スライムボール(Slimeball)とは、スライムがドロップするアイテムである。粘着ピストンマグマクリームリードスライムブロックに加工できる。

入手[編集 | ソースを編集]

ドロップから[編集 | ソースを編集]

一番小さな大きさのスライムを倒すと、0∼2個のスライムボールがドロップされる。スライムボールはMobから得られるので、再生可能資源となる。

クラフトから[編集 | ソースを編集]

材料 レシピ≫結果
スライムブロック

スライムボール9

用途[編集 | ソースを編集]

作製材料として[編集 | ソースを編集]

材料 レシピ » 結果
スライムボール
+
ピストン


スライムボール
+
スライムボール
+
ブレイズパウダー


スライムボール
スライムボールスライムボールスライムボールスライムボールスライムボールスライムボールスライムボールスライムボールスライムボール

歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition Alpha
Seeclet Friday 6 スライムボールが追加された。
Java Edition Beta
1.7 スライムボールは粘着ピストンの作製に用いられるようになった。
1.9pre3 スライムボールはマグマクリームの材料として用いられるようになった。
Java Edition
1.6.1 スライムボールはリードの材料として用いられるようになった。
1.8 スライムボールはスライムブロックの材料として用いられるようになった。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 以前は、スライムボールには特に用途がなかったので、一部のマルチプレイのサーバーでは貨幣として用いられていた。現在は粘着ピストンマグマクリームなどの材料となるので、通貨としての用途は好ましいものではなくなった。
  • マグマクリームは、スライムより多少は見つけやすいマグマキューブから直接得られ、またブレイズを倒すよりは楽なので、スライムボールを使ってマグマクリームを作るのはしばしば無駄と考えられている。しかし今やスライムは湿原に大量に発生し、多くの場合スライムボールを過剰に抱え込むので、マグマクリームをより楽に作ることが出来るようになった。
  • スライムは自身が収まりきらない空間に出現することがあるので、洞窟のあちこちにスライムボールが転がっているのを見かけることがあるだろう。
  • スライムはどんなに浅くとも水中から出ることが出来ないので、小さなスライムは1ブロックの深さの水、中くらいのものは2、大きなものは3ブロックの深さの水でおぼれてしまう。スライムは湿原にスポーンするので、沼の底に撒き散らされているのを見かけるだろう。
  • Pocket Editionではスライムボールはインベントリー編集でのみ得ることが出来る。ただし現時点では完全に用途が存在しない。