スポナー付きトロッコ

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
スポナー付きトロッコ
Minecart with Spawner.png
種類

乗り物

希少度

通常

再生

不可

スタック

不可

内部ID

47

エンティティID

スポナー付きトロッコ

ドロップアイテム

トロッコ (1)

体力

6♥♥♥

名前空間ID

スポナー付きトロッコ

スポナー付きトロッコ(Minecart with Spawner)は、トロッコモンスタースポナーが合体したエンティティである。

入手[編集 | ソースを編集]

スポナー付きトロッコはインベントリからは入手できず、コマンド(/summon)で入手する。

用途[編集 | ソースを編集]

スポナー付きトロッコは、通常のモンスタースポナーとNBTタグが同じであり、同じ様に動作する。[1]

データ値[編集 | ソースを編集]

スポナー付きトロッコは、Mobの特性と関連付けられたエンティティデータを持つ。エンティティIDは spawner_minecart である。

  • Nbtsheet.png Entity data
    • すべてのエンティティに共通するタグ テンプレート:Nbt inherit/entity/templateを参照
    • Tags common to all minecarts Template:Nbt inherit/vehicle/templateを参照
    • Nbtsheet.png SpawnPotentials: スポーンできるエンティティのリストで、省略できる。2種類以上のエンティティをスポーンさせることができる。これがなくて SpawnData タグが存在する場合、次にエンティティをスポーンさせる時に自動生成される。その場合、スポーンさせるエンティティは1種類のみで、EntityID と SpawnData から決められる。
      • Nbtsheet.png: スポーンさせるエンティティの候補。エンティティをスポーンさせた後にこれらのリストからランダムで次の候補が決まる。
        • Nbtsheet.png Type: スポーン候補のエンティティID を指定する。前候補がスポーンした時に次候補として EntityID をこの値で上書きする。
        • Nbtsheet.png Weight: 他候補より相対的にどのくらい確率が高いかを指定する。1より大きい必要があり、負の数は指定できない。
        • Nbtsheet.png Properties: スポーン候補のエンティティのデータタグ。これは省略できず、無い場合は自動的に生成される。
    • Nbtsheet.png EntityIddeprecated in 1.9: 次にスポーンさせるエンティティの ID を指定する。Mob の ID でなくても動作する。SpawnPotential タグがある場合、この値は順次上書きする。
    • Nbtsheet.png SpawnData: 次にスポーンさせるエンティティのデータタグが含まれる。エンティティフォーマットMobフォーマットのいずれかを使用することができる。省略可能で、Mob の装備や村人の職業、ヒツジの羊毛の色など そのエンティティにとってランダムに決められるデータを省略した場合、通常通りランダムになるが、指定した場合手動で指定しなければならなくなる。ただし、座標はこの限りではなく Pos を指定しない限り通常通りランダムになる。これはスライムやマグマキューブのサイズおよび体力でも同様である。また、EntityID と共にスポナー内で回転する模型の外観を決める要因でもある。SpawnPotentials タグがある場合、これは順次上書きされる。詳細は上記を参照。
    • Nbtsheet.png SpawnCount: スポナーの1回の抽選で同時にスポーンさせることができるエンティティの数。デフォルトは4。MinSpawnDelay も設定する必要がある。
    • Nbtsheet.png SpawnRange: スポナーがエンティティをスポーンさせるときのランダムな位置をスポナーを中心とした範囲で設定する。スポナーを基準としてこの値が x,z の一辺の長さとする正方形で、y=-1~+2 の直方体である。垂直方向は整数だがスポナーとの距離に反比例した確率でランダムである。デフォルトは4である。
    • Nbtsheet.png Delay: 次にエンティティをスポーンさせるまでの時間をティックで表す。0にするとプレイヤーがスポーン範囲に入った瞬間にエンティティがスポーンする。-1にした場合、エンティティはスポーンせずにこの値がリセットされ、次のスポーンの準備をする。これは EntityId/SpawnData が「次にスポーンさせるエンティティ」を設定するため、SpawnPotentials を指定しても1回目の召喚がランダムにならない仕様を回避するためにある。
    • Nbtsheet.png MinSpawnDelay: スポナーが Delay をリセットするときの最小値。
    • Nbtsheet.png MaxSpawnDelay: スポナーが Delay をリセットするときの最大値。 MinSpawnDelay と同じ値にすることも可能。0にするとクラッシュするため、1以上にする必要がある。
    • Nbtsheet.png MaxNearbyEntities: スポナーが周囲(x,z が SpawnRange×2+1、高さが8の直方体)にスポーンさせ続けるエンティティの最大数。スポナーの EntityID と一致するエンティティがこの値以上存在する場合、スポナーはエンティティのスポーンを停止する。物理的な位置ではなく、当たり判定に関連している。また、この範囲と重なるすべてのチャンク内のエンティティはすべてこの範囲だけでなく、ID と当たり判定の重なりがテストされる。つまり、この範囲の外に大量のエンティティがいる場合、ゲームが重くなり得ることを示している。
    • Nbtsheet.png RequiredPlayerRange: スポナーが稼働し始める条件となる、プレイヤーとの距離。範囲は球体状である。なお、スポナーはゲームティックごとに全プレイヤーとの距離をチェックする仕様になっている。MaxNearbyEntities も設定する必要がある。

歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition
2013年1月7日Nathan Adamsは、トロッコに乗ったモンスタースポナーが村に豚をスポーンさせる画像をツイートした。
その日の午後には、複雑な線路を走っているモンスタースポナーの画像をツイートした。[2]
2013年2月6日Adamsは、ブタをスポーンさせるスポナー付きトロッコの画像をツイートした。
1.5 13w06a スポナー付きトロッコが追加された。
1.11 16w32a エンティティIDが MinecartSpawner から spawner_minecart に変更された。

問題点[編集 | ソースを編集]

「スポナー付きトロッコ」に関する問題点は、バグトラッカーにて管理されている。問題点の報告はそちらで行ってほしい。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]