スキン

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Steve Alex
ゲーム内に登場するデフォルトのプレイヤースキン、"Steve"。

画像ビューアで直接開いたときのSteve。

ゲーム内に登場するもう一つのデフォルトのプレイヤースキン、"Alex"。

画像ビューアで直接開いたときのAlex。

Disambig color.svg この記事では、プレイヤーのカスタムスキンについて説明しています。ワールドのテクスチャーについては「リソースパック」をご覧ください。

スキン(英:Skin)は、プレイヤーまたはMobのモデルに貼り付けられるテクスチャーを指す。

詳細[編集 | ソースを編集]

スキンはキャラクターの表面となるエリア(例えば、前頭エリア、左脚エリアなど)に分けられる。 スキンには単色のみが許可されており、透過色はデフォルトでは透明である第二レイヤーを除いて許可されていない。オフラインプレイではスキンの変更ができないため結果的に空のまま残されている。 もし第一レイヤーに透過ピクセルを残したままアップロードすると、ゲーム内では真っ黒なピクセルとして表現される。 第二レイヤーはキャラクターの眼鏡や帽子などの装飾に使われる。

加えて、Bedrock Editionには、通常のスキンの2倍の解像度のスキンを使用するオプションがある。 つまり、スキンテンプレートは、64x64だけでなく、128x128まで可能でである。 通常のテンプレートは引き続き適用されるが、プレイヤーは両方のサイズが2倍になっているため、操作するピクセル数は4倍になる。 最初のレイヤーでも透明度を使用できるが、5つのボディパーツに少なくとも1つの可視ピクセルが必要なため、完全に非表示のスキンを作成することはできない。 どちらのレイヤーでも半透明の色は使用できないため、透明度は0%または100%にする必要がある。

ワールドのテクスチャー[編集 | ソースを編集]

詳細は「リソースパック」を参照

「スキン」は、ブロックのテクスチャー、アイテムのスプライト、Mobのスキンなど、他のテクスチャーを指すこともある。そういったものの一覧はここにある。

ゾンビゾンビピッグマンもプレイヤー特有のスキンを適用できる(逆も同様)事実は注目に値する。スケルトンもプレイヤーのスキンを適用可能であるが、腕や足が細いことを忘れてはならない。もしスケルトンMobのスキンをプレイヤーのスキンとして使用しても、足と腕は細く見えない。

プレイヤーのスキンをゾンビ、ゾンビピッグマンに適用するには、ユーザーが.pngの正しい位置に配置して、テクスチャーの見た目が壊れることを回避する必要がある。

プレイヤーのスキンの変更またはインストール[編集 | ソースを編集]

Java Edition[編集 | ソースを編集]

Minecraftを購入したプレイヤーのみがキャラクターのスキンを変更できる。プロフィールページで有効な.png または.jpg 画像ファイルをアップロードすることによって、デフォルトのスキンが置き換えられる。

スキンには、3または4ピクセルの幅の腕を使用するオプションもある。これは、プロフィールページでも変更できる。[1]

minecraft.jar(旧ランチャー)またはMinecraft _version.jar(新ランチャー)のsteve.png およびalex.png ファイルも、リソースパックを介して変更および置換できるが、効果はリソースパックを使用しているプレイヤーにのみ表示され、デフォルトのスキンを持つすべてのプレイヤーに影響する。

Legacy Console Edition[編集 | ソースを編集]

Legacy Console Editionでは様々なAlexのスキンが利用できる。左から順に、テニス、タキシード、アスリート、デフォルト、スウェーデン、サイクリスト、囚人、ボクサー。

デフォルトのスキンタイプは18種類あり(スキンパックを除く)、そのうち9種類はSteveモデルに基づき、残りの9種類はAlexモデルに基づき、さまざまな服装と肌の色をしていた。ヘルプとオプションの「スキンの変更」でスキンを選択できるようになっていた。Developer AlexやParty Steveなど、AlexまたはSteveという名前のスキンが他にもいくつか存在したが、それらはデフォルトではなかった。Legacy Console Editionでは、プレーヤーが独自のスキンを作成できなかったため、透明なスキンは許可されていなかった。これにより、完全に透明なスキンのユーザーによる他のプレイヤーへの「いたずら」を防いでいる。プレイヤーは、ハッキングによってLegacy Console Editionにカスタムスキンを追加できる。ただし、これによりconsoleの保証が無効になり、プレイヤーは違法に改造されたゲームまたはコンソールによりオンラインプレイをBanされる危険を冒すことになる。

以下は公式にリリースされたスキンパックに含まれる他のバージョンのSteveとAlexである。

Bedrock Edition[編集 | ソースを編集]

Pocket Edition Alpha 0.11.0から、プレイヤーはデフォルトでSteveとAlexの二種類のスキンが選択でき、さらにカスタムスキン(Java版と同じフォーマット)を適用できるようになった。プレイヤーはフォトライブラリーから有効なスキン画像を選択しなければならず、二種類の主なモデルから選ぶことを促される。また、プレイヤーはMinecraftコインを使ってスキンパックを購入することもできる。レガシー スキン パックもBedrock Editionに実装されたが、プレイヤーはすべてのスキンにアクセスするためにXbox Liveにサインインする必要がある。5つの匿名スキンも含まれている。プレイヤーは独自のスキンパックを作成することもでき、それには、manifest.jsonファイル、skins.jsonファイル、および必要なすべてのスキンを含める必要がある。加えて、textsというラベルの付いたフォルダ内に追加の.langファイルを追加すればスキン名を表示できるが、なしでもスキンを登録できる。

キャラクタークリエイター[編集 | ソースを編集]

詳細は「キャラクタークリエイター」を参照
Information icon.svg
この項目はBedrock Edition、およびMinecraft Earth限定の要素です。
キャラクタークリエイターメニュー。

キャラクタークリエーターBedrock EditionおよびMinecraft Earthの機能で、プレイヤーは無料または有料のアイテムを使用してスキンをカスタマイズできる。 メインメニューのキャラクタープロフィールボタンを選択してアクセスできる。マントの装備にも使用できる。多くの衣料品はマインコイン(PlayStation 4ではトークン)を必要とするか、特定の実績を完了することで獲得できる。

スキンパック[編集 | ソースを編集]

詳細は「スキン/スキンパック」および「スキンパック」を参照
Legacy Console Editionで利用できるスキンパックの1つの例。

スキンパックはBedrock Editionにおいてダウンロードコンテンツとして利用可能である。スキンパックは、ゲームに含まれる2つのデフォルトスキンとともに、プレイヤーが選択できる新たなスキンを追加する。しばしばオリジナルのデザインと並んで他のビデオゲームのキャラクターをフィーチャーしている。

スキンの作成[編集 | ソースを編集]

この節では、where on the skin are deadmau5 ears located?についての情報が不足しています。
上記の内容を含めて節の内容を拡充してください。詳細については、議論ページを参照してください。

多くののプレイヤーは、自分だけの個性的なスキンを好む。インターネットで探せば作成済みスキンがいつでも手に入るが、多くののプレイヤーはスキンを自作している。

カスタムスキンはプレイヤーモデルを改変する大きな方法である。カスタムスキンはコミュニティー産の様々なスキンエディターを利用したり、デフォルトスキン画像のsteve.pngalex.png をPhotoshop、GIMP、Paint.netのような画像編集ソフトで手動で編集することで作成できる。steve.pngここから、alex.pngここからダウンロードできる。steve.pngalex.png を手動で編集する際は、元画像の寸法を維持し、スキンの背景(未使用のピクセル)を完全に透過するようにしなければならない。そうしないと、Minecraftが意図したようにスキンを認識できない可能性がある。

他の方法として、スキン作成ツールを使用する方が簡単な場合もある。それらはダウンロードするものやブラウザー内で動かせるものなど多岐にわたり、作成中のスキンを3Dモデルで表示する機能などを備えている。例えば、ツールが作成者をサポートするために様々なパーツのサンプル(帽子や靴、セーターなど)があらかじめ用意され、作成者に芸術的スキルがほとんどないかまったくない場合でも、希望どおりのものを作成できる。

カスタムスキンを作成後、いずれの方法で作成した場合においても、スキンを適用する前にMinecraft.netのプロフィールページの「Skin」(ここにある)に.png ファイルをアップロードする必要がある。マルチプレイの他のプレイヤーも新たなスキンを見ることができる。もしログインしていないかオフラインでプレイしているとき、カスタムスキンは適用されないことに注意する必要がある。

deadmau5のスキンはここにある。

Java Edition 1.8テンプレートは、スキンサーバーの1.8より前のスキンにも使用できるが、使用されるのは画像の上半分だけである。(つまり、両腕と両脚がそれぞれ同じになり、頭を除いてレイヤーのオーバーレイが適用されない。)スキンがJava Edition 1.7の場合、厳密に古いシステムを使わなければならない。

6桁の有効数字に、3.06013 × 1023,581通りのMinecraftスキンが存在する可能性がある。

歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition Classic
?カスタムプレイヤースキンのテスト。
0.0.18aカスタムスキンがリリースされた。
0.24_SURVIVAL_TESTプレイヤーのスキンには元々ヒゲがあったが、このバージョンで削除された。
Java Edition Alpha
v1.2.2プレイヤーのスキンが変更可能になった。
Java Edition
1.0.0Beta 1.9 Prerelease全ての底面のテクスチャ(頭と足を含む)が180度反転した。テクスチャははっきりと反転していて、回転していたわけではない事に触れる価値がある。なぜなら底面のテクスチャが、スキンの残りの部分によって意図された並びに反するように表示されるかもしれないからである。
2014年4月1日4月1日、エイプリルフールのジョークとして、全プレイヤーのスキンが村人のものに変更され、スキンの変更が無効になった。マントを所持していた場合、マントのみ正しく表示される。
1.814w03aスキンが改革され、左右の腕・脚が独立して編集できるようになった。また、頭部のみだった帽子レイヤーは全身に適用され、スキンの全体にオーバーレイできるようになった。これは2.29507 × 1011,328通りだったMinecraftスキンが3.06013 × 1023,581通りにまで広がったことを意味する。
14w04a右腕の第二レイヤーが一人称視点で表示されるようになった。
pre1腕が細い新しいプレイヤーモデルが追加され、新しいプレイヤーのスキンはアレックス(Alex)と呼ばれる。
1.915w47a第二レイヤー(帽子、ジャケット、袖、ズボン)で、完全透過・不透過だけでなく、半透過ピクセルも正しく表示されるようになった。
Pocket Edition Alpha
0.11.0build 1スキンが追加された。プレイヤーは'Steve'と'Alex'のモデルか、カスタムスキン(Java Editionと同じフォーマット)を選ぶことができる。
build 10都会人と町人の最初の2つのスキンパックが追加された。各スキンパックは5つの無料スキンと、残りの有料スキンを含んでいる。各スキンパックは$0.99。
0.12.3ハロウィンのコスチューム スキンパックが追加された。
0.13.0build 5バイオーム開拓者スキンパックが追加された。
0.13.1ホリデー スキンパック2015が追加された。
0.13.2西遊記スキンパックが追加された。
0.14.0build 7レッドストーンスペシャリスト スキンパックが追加された。
0.14.1Minecraft: Story Modeスキンが追加された。
0.14.3バイオーム開拓者スキンパック2が追加された。
0.15.4ヴィランズ スキンパックが追加された。
0.15.9MINECON 2016 スキンパックが追加され、期間限定で販売された。
2016年9月30日MinecraftのTwitterが、0.15.10のキャンプファイアの怪談スキンパックに追加される予定のスキンのティザーのツイートを開始した。
0.15.10キャンプファイアの怪談スキンパックが追加された。
2016年10月4日スキンパックがリリースされた後、キャンプファイアの怪談スキンパックの最後の「ティーザーツイート」が送信された。
2016年10月7日MINECON 2016スキンパックの期間限定オファーは終了し、すべてのアプリストアから削除され、その使用コードが期限切れになった。それが入手可能であったときに入手したプレイヤーは、まだそれを使用することができる。
Pocket Edition
1.0.0alpha 0.17.0.1ホリデー マッシュアップパック2016が追加された。
1.0.4見知らぬ人々 - バイオーム開拓者3スキンパックが追加された。
1.0.5パワーレンジャー スキンパックが追加された。
1.0.6中国神話マッシュアップパックが追加された。
1.0.7Falloutマッシュアップパックが追加された。
1.0.8マジック:ザ・ギャザリング スキンパックが追加された。
1.0.9ギリシャ神話マッシュアップパックが追加された。
1.1.0コミュニティスキンパックがあるMinecraftマーケットプレイスが追加された。
スカイリムマッシュアップパックが追加された。
1.1.3アドベンチャー・タイム マッシュアップパックが追加された。
Bedrock Edition
1.7.0パイレーツ・オブ・カリビアンが追加された。
1.8.0ナイトメアー・ビフォア・クリスマスが追加された。
1.9.0スティーブン・ユニバースマッシュアップが追加された。
1.11.4トイ・ストーリー・マッシュアップが追加された。
1.13.0beta 1.13.0.15キャラクタークリエイターがゲーム内に追加された。
Legacy Console Edition
TU3CU11.0Patch 11.0.1最初のスキンパックがダウンロードコンテンツとして利用可能になった。
TU24CU121.168種の'Alex'モデルのスキンがデフォルトのスキンパックに追加された。

脚注[編集 | ソースを編集]