スカイディメンション

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Grass Block Revision 2.png
このページには古い情報、またはゲームから削除された機能についての内容が含まれています。
スカイディメンションはジ・エンドを作成するために改訂されました。
この要素は、完全かつ一般的な利用として公開されていません。
いずれかのツールを用いることで扱うことができますが、予期せぬバグクラッシュを招きかねません。
Book and Quill.png
この記事の内容は翻訳されていません。
あなたが内容を翻訳してみませんか?
スカイディメンションの初期のスクリーンショット

スカイディメンション(Sky Dimension)ネザーの反対のディメンションとして計画されていたディメンションである。

スウェーデンのゲームサイトでのライブウェブキャストでは、Notchはスカイディメンションは、「おそらく、夢の世界である」ということ、プレイヤーがベッドで眠るとスカイディメンションに転送されると発表した。

当初スカイディメンションはBeta 1.8のアドベンチャーアップデートで実装される予定だった。しかし、Notchがネザーをとても気に入ってしまったためスカイディメンションの実装は保留となった。[1]

スカイディメンションのコンセプトは「エンダーマンとエンダードラゴンの故郷」と言われている。[2]

その後Notchはスカイディメンションの開発をまだ行っているとツイートした。 [3] しかし、jebはこの後「スカイディメンションの開発は行われておらず、再び開発をすることは無いとツイートした。[4][5]

ver1.7でワールド生成を変更することでスカイディメンションのような浮島を生成できるようになった。

Mod上でのスカイディメンション[編集 | ソースを編集]

確認事項
スカイディメンションは、常に昼である、島が浮かんでいる、島の下に雲がある、ほとんどのMobが友好的であるなど、Aether Modに非常に似ている。

Notchは、Beta版1.6と1.7でのスカイディメンションの初期のプロトタイプのためにデータを残した。そのため数々の改造を使用してスカイディメンションの未完成のバージョンにアクセスすることが可能である。

このMod上のスカイディメンションでは、地形の生成はオーバーワールドと非常に似ているが、は降らない。 (しかし雲は雨を降らせているかのように空を覆っている。) しかしまれに、サトウキビ 、レッドストーンラピスラズリが生成される。さらに稀ではあるが、 ダイヤモンドも生成される。 また、バニラ状態でのスカイディメンションのように、ダンジョン石炭も生成される。 Mobは、 ニワトリや、非常に稀にがスポーンする。スカイディメンションの島の下には、雲の層と奈落の層がある。

歴史[編集 | ソースを編集]

Cleanup.svg
この節はMinecraft Wikiの品質基準を満たしていない恐れがあります。 この記事を整理して下さる協力者を求めています議論ページには提案があるかもしれません。

Indevマップタイプにはフローティングというものがあった。それはマップテーマに基づき、たくさんの浮遊島を生成していた。

The present implementation of the Sky Dimension was first announced when Notch tweeted a picture of the dimension. It was probably made to be like a "heaven," because the Nether was considered to be like a hell, and The End is similar to limbo and/or slip space. The Sky Dimension was not completely confirmed until Notch released an update via Twitter stating: "And because PC Gamer made such a big deal of the Sky Dimension, I guess I'll have to finish it. Consider it confirmed."[6]

On July 2, 2012, Jeb stated that returning the Sky Dimension to the game was no longer planned.[4]

バグ[編集 | ソースを編集]

A world corruption on singleplayer.

Originally, the Sky Dimension was hidden within the region 0 (Overworld) code. However, starting in Beta 1.9 Pre-release 3, it was given its own region: Region 2, with Region 1 being the Nether. However, instead of Sky Dimension chunks spawning within its region, they would generate in the Overworld on Multiplayer servers. This is most likely due to an issue with map generation and saving causing Sky Dimension chunks to save over Overworld chunks rather than being made in their own, separate map files like the Nether does. If a world with Sky Dimension chunks is brought from multiplayer to singleplayer, the area of the chunks will always be Plains biome, even if snow generated naturally on the ground.

Tips[編集 | ソースを編集]

  • The Sky Dimension is an inversion of The Nether, where as the latter is basically a large cave with monsters and a massive open space within, the former are peaceful floating islands spawn surrounded by open space. The Nether may also be thought of as being a hell with The Sky Dimension being a heaven; although the hazards present in each dimension are similar, falling from the sky dimension is just as lethal as falling from a cliff into the lava ocean in the Nether.
  • The Sky Dimension, similar to the Nether, has weather disabled. This is likely explained by the fact that it is above the clouds.
  • Using the Amplified world type, it is possible to get a world that looks somewhat like the Sky Dimension in Vanilla 1.7.2+, but the Ore distribution is the same as in a regular world (i.e. iron will not usually generate on the floating islands)
  • Far Lands do generate in Sky Dimension. But the way they generate looks completely different to The Overworld Far Lands.[7]

画像[編集 | ソースを編集]

The first released screenshots of the Sky Dimension:[8]

関連項目[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

外部リンク[編集 | ソースを編集]