苗木

提供: Minecraft Wiki
ジャングルの苗木から転送)
移動先: 案内検索
苗木
Oak Sapling.pngSpruce Sapling.pngBirch Sapling.pngJungle Sapling.pngAcacia Sapling.pngDark Oak Sapling.png
透過

する

発光

しない

爆発耐性

0

回収道具

すべての道具

再生

スタック

可 (64)

可燃性

指定なし

溶岩からの引火

おそらくしない

ドロップ

自身

データ値

dec: 06 hex: 6 bin: 110

名前空間ID

ID を参照

苗木(英:Sapling)は、樹木に成長させることができる非固体ブロックである。

入手[編集 | ソースを編集]

苗木は任意の道具で破壊することができ、それ自身をドロップする。

葉から[編集 | ソースを編集]

ハサミ以外の手段で破壊した際に、5%の確率で苗木がドロップする。ジャングルの葉は2.5%の確率で苗木がドロップする。

幸運のエンチャントがついた道具で破壊すると、ドロップの確率はレベル I で6.25%(ジャングルは2.78%)、レベル II で8.33%(ジャングルは3.125%)、レベル III で10%(ジャングルは4.17%)となる。

自然生成から[編集 | ソースを編集]

オークの苗木は、の鍛冶屋のチェストの中に、25.6%の確率で3~7個生成される。

Bedrock Editionでは、16.7%の確率で、ボーナスチェストの中に4個入っている。

ダークオークの苗木は、森の洋館の部屋に自然生成される。また、その部屋にあるチェストにも生成される。

用途[編集 | ソースを編集]

樹木を育てる[編集 | ソースを編集]

苗木には、オーク、シラカバ、マツ、ジャングル、アカシア、ダークオークの6種類がある。

苗木はポドゾル草ブロックへ設置されている場合に木へと成長する。オーク、シラカバ、および(通常の)マツは耕地でも成長する。2×2の木では、土や草ブロックかどうかの判定が北西に設置されている苗木のみに行われる。苗木は最低でも明るさレベル9以上を必要とする。また、苗木の種類によるが、周りにある程度のスペースが必要である。必要なスペースは以下のとおりである。

  • オークは、上に最低でも5ブロック
  • シラカバは、上に最低でも6ブロック
  • マツは、単体で設置した場合、上に最低でも7ブロック
    • 2×2で設置した場合、上に最低でも14ブロック
  • ジャングルは、単体で設置した場合、上に最低でも5ブロック
    • 2×2で設置した場合、上に最低でも11ブロック
  • アカシアは、上に最低でも6ブロック
  • ダークオークは、上に最低でも上に7ブロック必要であり、必ず2×2で設置しなければならない

骨粉を使うことで、苗木の成長を加速させることができ、明るさに関係なく成長する。

苗木の成長には2段階ある(これらの見た目に違いはない)。まず、木の高さが決定され、そして、地面とスペースがチェックされる。地面が適切なブロックでない場合や、十分なスペースがない場合は、苗木は成長しない。

オークの苗木が成長するときに土がある場合、土を通り抜けて成長し、土は原木に置き換えられる。

単体で設置された苗木、および2×2で設置された苗木に隣接するブロック(ハーフブロックを含む)があった場合、樹木へ成長しない。対角線上に設置されたブロックは、単体の苗木は成長するが、2×2の苗木では成長しない。オークの木は、上に十分なスペースがあれば隣接するブロックを無視して成長する。

装飾として[編集 | ソースを編集]

どの種類の苗木も植木鉢に設置することができる。

燃料として[編集 | ソースを編集]

苗木はかまどの燃料として使用することができ、苗木1個につき0.5個分のアイテムを製錬できる。

技術的情報[編集 | ソースを編集]

ID[編集 | ソースを編集]

1.13 以降の Java Edition
ブロック ID
オークの苗木 oak_sapling
マツの苗木 spruce_sapling
シラカバの苗木 birch_sapling
ジャングルの苗木 jungle_sapling
アカシアの苗木 acacia_sapling
ダークオークの苗木 dark_oak_sapling
Bedrock Edition および 1.12.2 までの Java Edition

6種類とも名前IDは sapling で、数値IDは6である。これらは後述するデータ値によって苗木の種類と成長できるかどうかを分けている。

データ値[編集 | ソースを編集]

Bedrock Edition および 1.12.2 までの Java Edition では以下のデータ値によって種類や成長できるかどうかを分けている。

ビット
0x1
0x2
0x4
0~5の3ビットの値はどの苗木かを指定する:
  • 0: オークの苗木
  • 1: マツの苗木
  • 2: シラカバの苗木
  • 3: ジャングルの苗木
  • 4: アカシアの苗木
  • 5: ダークオークの苗木
0x8 樹木に成長する場合に設定される (stage:1)

したがって、データ値は以下の表のようになる:

データ値 説明
0 オークの苗木
1 マツの苗木
2 シラカバの苗木
3 ジャングルの苗木
4 アカシアの苗木
5 ダークオークの苗木
8 オークの苗木 (stage:1)
9 マツの苗木 (stage:1)
10 シラカバの苗木 (stage:1)
11 ジャングルの苗木 (stage:1)
12 アカシアの苗木 (stage:1)
13 ダークオークの苗木 (stage:1)

ブロック状態[編集 | ソースを編集]

名前 初期値 説明
stage00
1
苗木の成長段階。1 のときに樹木になる。
1.12.2 まで
名前 初期値 説明
stage00
1
苗木が成長するかどうか。
1のとき、樹木へ成長する。
typeoakoakオークの苗木
spruceマツの苗木
birchシラカバの苗木
jungleジャングルの苗木
acaciaアカシアの苗木
dark_oakダークオークの苗木

歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition pre-Classic
rd-161348SaplingClassic0.0.13a.png苗木が追加された。
Java Edition Classic
0.0.11aSaplingClassic0.0.11a.pngテクスチャが変わった。
0.0.13aSaplingClassic0.0.13a.pngテクスチャがオリジナルに戻った。
0.24 (2009年8月25日)木に成長するようになった。
Java Edition Indev
0.31Sapling Indev.pngテクスチャが変わった。
Java Edition Infdev
2010年4月20日苗木は、元々の様子の代わりに派手で大きい木に成長することができるようになった。
2010年6月7日再び普通の木に育つようになった。
Java Edition Beta
1.5シラカバ、マツ、オークの木からは対応するシラカバの苗木、マツの苗木、オークの苗木がドロップするようになった。以前は木の種類によらずオークの苗木がドロップしていた。
すべての苗木はかまどで用いることが出来る。その燃焼時間はと同じ。
アップデートが適用されると、植えられている苗木はランダムにシラカバかマツの苗木に変化していた。
Java Edition
1.112w01aオークの苗木がの鍛冶屋のチェストに生成されるようになった。
1.2.112w04aGrid Oak Sapling.pngオークの苗木のテクスチャが変更された。
ジャングルの苗木が追加された。
1.3.112w17a苗木にそれぞれに応じた名称が追加された。
1.4.212w34a植木鉢が追加された。苗木を飾れるようになった。
1.7.213w43aアカシア、覆われたオークの苗木が追加された。
1.7-pre覆われたオークからダークオークに名前が変わった。
?ダークオークの苗木を成長させると、ブロックをに置き換えるられるようになった。ダークオークの木の既存の部分が存在する場合、木はランダムに下に成長し、途中のブロックを木材で置き換える。
1.8.2pre4ダークオークの苗木を使用してブロックを交換することはできなくなった
1.1116w39aダークオークとシラカバの苗木が森の洋館で生成されるようになった。
1.1317w47asapling IDの様々な種類のブロック状態が独自のIDに分割されるようになった。
平坦化以前のブロックの数字IDは6だった
Pocket Edition Alpha
0.3.2オーク、シラカバ、マツの苗木が追加された。
0.9.0build 1ジャングル、アカシア、ダークオークの苗木が追加された。
build 5マツの苗木が巨大なマツの木の成長に使用できるようになった。
Pocket Edition
1.1build 1ダークオークとシラカバの苗木は、森の洋館で生成される。
Legacy Console Edition
TU1オークの苗木が追加された。
TU9シラカバ、マツの苗木が追加された。
TU12ジャングルの苗木が追加された。
TU31CU191.22Patch 3アカシアとダークオークの苗木が追加された。

問題点[編集 | ソースを編集]

「苗木」に関する問題点は、バグトラッカーにて管理されている。問題点の報告はそちらで行ってほしい。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 苗木が設置されたブロックにプレイヤーが立っていた場合でも、木はプレイヤーの上に成長し窒息を発生させる。そして、そのままブロックの外へと押し出される。
  • 骨粉を使用することで、必要な明るさが足りていなくても苗木は成長する。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]