「サーバー」の版間の差分

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
タグ: ビジュアルエディタ
(文章の修正、リンクの修正)
タグ: ビジュアルエディタ
1行目: 1行目:
Minecraft '''サーバー'''({{en|Server}})を使用すると、プレイヤーはオンラインで遊んだり、ローカルエリアネットワーク経由で他のプレイヤーと遊ぶことができます。ゲームの内部的にはシングルプレイのサーバーを実行しますが、これはシングルプレイと[[マルチプレイ]]を一致させ、バグ修正やゲームへの変更点が両方に適用されるようにするために行われました。公式のサーバーソフトウェアはリリース状態の[[Java Edition]]でのみ使用できます。[[Bedrock Dedicated Server]]は現在アルファ版です
+
Minecraft '''サーバー'''({{en|Server}})を使用すると、プレイヤーはオンラインで遊んだり、ローカルエリアネットワーク経由で他のプレイヤーと遊ぶことができ。ゲームの内部的にはシングルプレイのサーバーを実行すが、これはシングルプレイと[[マルチプレイ]]の状態を一致させ、バグ修正やゲームへの変更点が両方に適用されるようにするために行われた。公式のサーバーソフトウェアはリリース状態の[[Java Edition]]でのみ使用でき。[[Bedrock Dedicated Server]]は現在アルファ版。
   
 
== サーバーの種類 ==
 
== サーバーの種類 ==
 
{{See also|チュートリアル/サーバー上でのプレイ}}
 
{{See also|チュートリアル/サーバー上でのプレイ}}
Minecraftサーバーには複数の種類があり、独自のゲームプレイ機能、ルール、及び構造によって区別されます。サーバーが同じであることはありません。また、多くの場合、複数の種類間の線引は不鮮明であるか区別がつきません。特殊な種類のサーバーは、マップエディターまたはクリエイティブを使用してカスタムマップを作成し、CraftBukkitを使用して追加機能を提供します。これらのサーバーには、PvP志向サーバー、サバイバル、クリエイティブ、アドベンチャーのサーバー、経済が組み込まれているサーバー、ミニゲームが組み込まれているサーバーがあります
+
Minecraftサーバーには複数の種類があり、独自のゲームプレイ機能、ルール、及び構造によって区別され。サーバーが同じであることはなく、多くの場合、複数の種類間の線引は不鮮明であるか区別がつかない。特殊な種類のサーバーは、マップエディターまたはクリエイティブを使用してカスタムマップを作成し、CraftBukkitを使用して追加機能を提供す。これらのサーバーには、PvP志向サーバー、サバイバル、クリエイティブ、アドベンチャーのサーバー、経済が組み込まれているサーバー、ミニゲームが組み込まれているサーバーがあ
   
 
== サーバーのホスティング ==
 
== サーバーのホスティング ==
プレイヤーがサーバーを管理およびホストできるようにするために提供されるツールがあります。サーバーには、実行するための要件があります
+
プレイヤーがサーバーを管理およびホストできるようにするために提供されるツールがあ。サーバーには、実行するための[[サーバー/要件|要件]]があ
   
* '''デフォルトのマルチプレーヤーソフトウェア'''は無料でMojangがWindows、macOS、およびUnixライクなシステム(Linux、BSD ...)向けに対応しています。[[チュートリアル/サーバーのセットアップ|サーバーのセットアップのチュートリアル]]とMojangの[https://www.minecraft.net/ja-jp/download/server Minecraftマルチサーバーのダウンロードページ]を参照してください
+
* '''デフォルトのマルチプレーヤーソフトウェア'''は無料でMojangがWindows、macOS、およびUnixライクなシステム(Linux、BSD ...)向けに対応してい詳細は、[[チュートリアル/サーバーのセットアップ|サーバーのセットアップのチュートリアル]]とMojangの[https://www.minecraft.net/ja-jp/download/server Minecraftマルチサーバーのダウンロードページ]を参照。
* '''ワールドをLANに開放する'''と、ルーターにポートフォワーディングが設定されていない限り、ローカルネットワーク上のプレイヤーだけがアクセスできるサーバーが公開されます。詳細については、[[チュートリアル/サーバーのセットアップ|サーバーのセットアップのチュートリアル]]を参照してください
+
* '''ワールドをLANに開放する'''と、ルーターにポートフォワーディングが設定されていない限り、ローカルネットワーク上のプレイヤーだけがアクセスできるサーバーが公開され。詳細は、[[チュートリアル/サーバーのセットアップ|サーバーのセットアップのチュートリアル]]を参照。
* '''Bukkit、Spigot、Spongeなどの外部サーバークライアント'''は、サーバーにプラグインを追加することが可能で。これらは通常、荒らしからの保護、非バニラコマンド(例<code>/sethome</code>)、カスタムミニゲームなどを実行する大規模サーバーで使用されます
+
* '''Bukkit、Spigot、Spongeなどの外部サーバークライアント'''は、サーバーにプラグインを追加することが可能である。これらは通常、荒らしからの保護、非バニラコマンド(例<code>/sethome</code>)、カスタムミニゲームなどを実行する大規模サーバーで使用され
* '''レンタルサーバー'''は、別の会社によって外部でホストされているサーバーで。これらのホストサーバーは通常無料ではありません。プレイヤーはサーバーを借りる必要があります
+
* '''レンタルサーバー'''は、別の会社によって外部でホストされているサーバーである。これらのレンタルサーバーは通常無料ではなく、プレイヤーはサーバーを借りる必要があ
* '''[[Realms]]'''はMojangの公式ホスティングサービスで、限られたプレーヤーがサーバーに接続できます。Java Realmsは、 ''Minecraftの''他のエディションのRealmsとは別物で
+
* '''[[Realms]]'''はMojangの公式ホスティングサービスで、限られたプレーヤーがサーバーに接続でき。Java Realmsは、 ''Minecraftの''他のエディションのRealmsとは別物である
* '''専用サーバー'''は、より幅広いカスタマイズ性を提供するサーバーで。これらのサーバーは、柔軟性が高く、ほぼ完全に制御することが可能です
+
* '''専用サーバー'''は、より幅広いカスタマイズ性を提供するサーバーである。これらのサーバーは、柔軟性が高く、ほぼ完全に制御することが可能
   
 
== サーバーの管理とメンテナンス ==
 
== サーバーの管理とメンテナンス ==
 
{{see also|チュートリアル/サーバーのメンテナンス}}
 
{{see also|チュートリアル/サーバーのメンテナンス}}
   
サーバーは、管理者とオペレーターによって管理されます。通常、管理者がサーバーを担当し、オペレーターは手に負えないプレイヤーや荒らしを防ぎます。管理者とオペレーターは様々なコマンドを使うことができます。デフォルトのサーバーでは、`/op <プレイヤー名>`コマンドを使用するか、サーバーディレクトリ内の`ops.json`を編集してサーバーを再起動することで、プレイヤーをオペレーターまたは管理者として割り当てることができます
+
サーバーは、管理者とオペレーターによって管理され。通常、管理者がサーバーを担当し、オペレーターは手に負えないプレイヤーや荒らしを防。管理者とオペレーターは様々なコマンドを使うことができデフォルトのサーバーでは、{{Cmd|op|?}}コマンドを使用するか、サーバーディレクトリ内の<code>ops.json</code>を編集してサーバーを再起動することで、プレイヤーをオペレーターまたは管理者として割り当てることができ
   
ローカルサーバーはminecraft.netへのアクセスを必要とないため、インターネットに接続されていないローカルネットワークで遊ぶことができます。minecraft.netをプレイヤースキンのリポジトリ、またアカウントのリストを含むデータベースとして使用し、ハッカーや荒らしがサーバー上で偽のユーザー名を使用することを防ぎます。この設定及びその他の設定はserver.propatiesを編集して変更できます
+
ローカルサーバーはminecraft.netへのアクセスを必要とないため、インターネットに接続されていないローカルネットワークで遊ぶことができ。minecraft.netをプレイヤースキンのリポジトリ、またアカウントのリストを含むデータベースとして使用し、ハッカーや荒らしがサーバー上で偽のユーザー名を使用することを防。この設定及びその他の設定はserver.propatiesを編集して変更でき
   
チャンクが変更された場合、デフォルトでサーバーは30秒ごとに「world」フォルダーにlevelを保存します。
+
チャンクが変更された場合、デフォルトでサーバーは30秒ごとに「world」フォルダーにlevelを保存す
   
 
==== キックメッセージ ====
 
==== キックメッセージ ====
キックメッセージは、オペレーターがプレイヤーをキックした時、またはプレイヤーがサーバーに接続できない時に表示されるメッセージで
+
キックメッセージは、オペレーターがプレイヤーをキックした時、またはプレイヤーがサーバーに接続できない時に表示されるメッセージである
   
 
* '''End Of Stream''' (クライアントメッセージ) – サーバー時はクライアントへのデータ送信を停止しました。
 
* '''End Of Stream''' (クライアントメッセージ) – サーバー時はクライアントへのデータ送信を停止しました。
* '''Internal Server Error:java.net.Minecraft''' – サーバーがクライアントに未知の情報を送信しています。通常は[[https://minecraft-ja.gamepedia.com/Mod#%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9|サーバーmod]]から送信されます。
+
* '''Internal Server Error:java.net.Minecraft''' – サーバーがクライアントに未知の情報を送信しています。通常は[[mod]]から送信されます。
 
* '''Internal exception: java.io.IOException: Received string length longer than the maximum allowed (''[Number]''>256)''' – クライアントがサーバーに送信したチャットメッセージが最大文字数制限を超えました。
 
* '''Internal exception: java.io.IOException: Received string length longer than the maximum allowed (''[Number]''>256)''' – クライアントがサーバーに送信したチャットメッセージが最大文字数制限を超えました。
 
* '''Internal Server Error''' – クライアントの要求を処理する時にサーバーが例外を生成しました。
 
* '''Internal Server Error''' – クライアントの要求を処理する時にサーバーが例外を生成しました。
38行目: 38行目:
 
* '''Outdated client''' ('''Please use {version}''') – サーバーはクライアントよりも新しいバージョンの``Minecraft``を実行しています。
 
* '''Outdated client''' ('''Please use {version}''') – サーバーはクライアントよりも新しいバージョンの``Minecraft``を実行しています。
 
* '''Outdated server''' ('''I'm still on {version}''') – クライアントはサーバーよりも新しいバージョンの``Minecraft``を実行しています。
 
* '''Outdated server''' ('''I'm still on {version}''') – クライアントはサーバーよりも新しいバージョンの``Minecraft``を実行しています。
* '''You are banned from this server''' (Maybe followed by '''Reason: {reason}''' and/or '''Your ban will be removed on {date}''') – クライアントがアクセスを拒否され、管理者に許可を受けるまでアクセスが拒否されたままになります。
+
* '''You are banned from this server''' ('''Reason: {reason}''' もしくは '''Your ban will be removed on {date}''' が後に続く場合がある) – クライアントがアクセスを拒否され、管理者に許可を受けるまでアクセスが拒否されたままになります。
 
* '''You have been IP banned.''' - クライアントのIPがアクセスを拒否されました。
 
* '''You have been IP banned.''' - クライアントのIPがアクセスを拒否されました。
 
* '''Kicked by an operator.''' - コマンド{{cmd|kick}}によってクライアントが切断されました。<ref>{{cmd|kick}}コマンドはカスタムメッセージでプレイヤーを切断することができます。</ref>
 
* '''Kicked by an operator.''' - コマンド{{cmd|kick}}によってクライアントが切断されました。<ref>{{cmd|kick}}コマンドはカスタムメッセージでプレイヤーを切断することができます。</ref>
47行目: 47行目:
 
* '''You have died. Game over, man, it's game over!''' - クライアントは死んでいますが、[[ハードコア]]で参加しようとしました。
 
* '''You have died. Game over, man, it's game over!''' - クライアントは死んでいますが、[[ハードコア]]で参加しようとしました。
 
* '''You have been idle for too long!''' - クライアントは許可された時間よりも長くアイドル状態でした。
 
* '''You have been idle for too long!''' - クライアントは許可された時間よりも長くアイドル状態でした。
*'''Out of memory!''' - これはメモリが100%消費された場合、またはX/Zを超えて移動した場合に発生します: Beta 1.7.3以下では±34,359,738,368([[ファーランド]]を参照)。(F3の[[デバッグ画面]]に表示されます
+
*'''Out of memory!''' - これはメモリが100%消費された場合、またはX/Zを超えて移動した場合に発生します: Beta 1.7.3以下では±34,359,738,368([[ファーランド]]を参照)。(F3の[[デバッグ画面]]に表示され
  +
<references />
   
 
== 歴史 ==
 
== 歴史 ==
56行目: 57行目:
 
!機能
 
!機能
 
|-
 
|-
  +
|2012年1月12日
|January 12 2012
 
 
|1.1
 
|1.1
 
|Forgeサーバーの作成
 
|Forgeサーバーの作成
 
|-
 
|-
|April 4 2012
+
|2012年4月4日
 
|1.2.5
 
|1.2.5
 
|バニラサーバーの作成
 
|バニラサーバーの作成
 
|-
 
|-
  +
|2015年12月9日
|December 9 2015
 
 
|1.8.9
 
|1.8.9
 
|バニラrealmsの作成
 
|バニラrealmsの作成
 
|-
 
|-
  +
|2016年11月26日
|November 26 2016
 
 
|1.10 or 1.1
 
|1.10 or 1.1
 
|Spigotサーバーの作成
 
|Spigotサーバーの作成

2020年9月21日 (月) 02:29時点における版

Minecraft サーバー(英:Server)を使用すると、プレイヤーはオンラインで遊んだり、ローカルエリアネットワーク経由で他のプレイヤーと遊ぶことができる。ゲームの内部的にはシングルプレイのサーバーを実行するが、これはシングルプレイとマルチプレイの状態を一致させ、バグ修正やゲームへの変更点が両方に適用されるようにするために行われた。公式のサーバーソフトウェアはリリース状態のJava Editionでのみ使用できる。Bedrock Dedicated Serverは現在アルファ版。

サーバーの種類

Minecraftサーバーには複数の種類があり、独自のゲームプレイ機能、ルール、及び構造によって区別される。サーバーが同じであることはなく、多くの場合、複数の種類間の線引は不鮮明であるか区別がつかない。特殊な種類のサーバーは、マップエディターまたはクリエイティブを使用してカスタムマップを作成し、CraftBukkitを使用して追加機能を提供する。これらのサーバーには、PvP志向サーバー、サバイバル、クリエイティブ、アドベンチャーのサーバー、経済が組み込まれているサーバー、ミニゲームが組み込まれているサーバーがある。

サーバーのホスティング

プレイヤーがサーバーを管理およびホストできるようにするために提供されるツールがある。サーバーには、実行するための要件がある。

  • デフォルトのマルチプレーヤーソフトウェアは無料でMojangがWindows、macOS、およびUnixライクなシステム(Linux、BSD ...)向けに対応している。詳細は、サーバーのセットアップのチュートリアルとMojangのMinecraftマルチサーバーのダウンロードページを参照。
  • ワールドをLANに開放すると、ルーターにポートフォワーディングが設定されていない限り、ローカルネットワーク上のプレイヤーだけがアクセスできるサーバーが公開される。詳細は、サーバーのセットアップのチュートリアルを参照。
  • Bukkit、Spigot、Spongeなどの外部サーバークライアントは、サーバーにプラグインを追加することが可能である。これらは通常、荒らしからの保護、非バニラコマンド(例/sethome)、カスタムミニゲームなどを実行する大規模サーバーで使用される。
  • レンタルサーバーは、別の会社によって外部でホストされているサーバーである。これらのレンタルサーバーは通常無料ではなく、プレイヤーはサーバーを借りる必要がある。
  • RealmsはMojangの公式ホスティングサービスで、限られたプレーヤーがサーバーに接続できる。Java Realmsは、 Minecraftの他のエディションのRealmsとは別物である。
  • 専用サーバーは、より幅広いカスタマイズ性を提供するサーバーである。これらのサーバーは、柔軟性が高く、ほぼ完全に制御することが可能だ。

サーバーの管理とメンテナンス

サーバーは、管理者とオペレーターによって管理される。通常、管理者がサーバーを担当し、オペレーターは手に負えないプレイヤーや荒らしを防ぐ。管理者とオペレーターは様々なコマンドを使うことができ、デフォルトのサーバーでは、/op <プレイヤー名>コマンドを使用するか、サーバーディレクトリ内のops.jsonを編集してサーバーを再起動することで、プレイヤーをオペレーターまたは管理者として割り当てることができる。

ローカルサーバーはminecraft.netへのアクセスを必要とないため、インターネットに接続されていないローカルネットワークで遊ぶことができる。minecraft.netをプレイヤースキンのリポジトリ、またアカウントのリストを含むデータベースとして使用し、ハッカーや荒らしがサーバー上で偽のユーザー名を使用することを防ぐ。この設定及びその他の設定はserver.propatiesを編集して変更できる。

チャンクが変更された場合、デフォルトでサーバーは30秒ごとに「world」フォルダーにlevelを保存する。

キックメッセージ

キックメッセージは、オペレーターがプレイヤーをキックした時、またはプレイヤーがサーバーに接続できない時に表示されるメッセージである。

  • End Of Stream (クライアントメッセージ) – サーバー時はクライアントへのデータ送信を停止しました。
  • Internal Server Error:java.net.Minecraft – サーバーがクライアントに未知の情報を送信しています。通常はmodから送信されます。
  • Internal exception: java.io.IOException: Received string length longer than the maximum allowed ([Number]>256) – クライアントがサーバーに送信したチャットメッセージが最大文字数制限を超えました。
  • Internal Server Error – クライアントの要求を処理する時にサーバーが例外を生成しました。
  • Disconnected - メインメニューの「切断」ボタンを使用してプレイヤーが切断しました。
  • Illegal characters in chat – クライアントは、§記号などの特殊文字の送信を拒否されました。
  • disconnect.spam - クライアントがチャットメッセージを送信しすぎています。
  • Read timed out – サーバーがプレイヤーとの接続を失いました。
  • Bad login – クライアントがオフラインモードで実行されており、認証サーバーに接続できません。
  • Outdated client (Please use {version}) – サーバーはクライアントよりも新しいバージョンの``Minecraft``を実行しています。
  • Outdated server (I'm still on {version}) – クライアントはサーバーよりも新しいバージョンの``Minecraft``を実行しています。
  • You are banned from this server (Reason: {reason} もしくは Your ban will be removed on {date} が後に続く場合がある) – クライアントがアクセスを拒否され、管理者に許可を受けるまでアクセスが拒否されたままになります。
  • You have been IP banned. - クライアントのIPがアクセスを拒否されました。
  • Kicked by an operator. - コマンド/kickによってクライアントが切断されました。[1]
  • Flying is not enabled on this server - クライアントがサバイバルモードまたはアドベンチャーモードで5秒を超えて飛行しようとしました。
  • Attempting to attack an invalid entity - ??、クライアントが自分を攻撃しようとした時に発生します。
  • Illegal stance - ??、クライアントが非常に高いまたは低い場合に発生します。
  • Illegal position - クライアントはX/Zを超えています: ±30,000,000 (1.6.4以下では±32,000,000)。
  • You have died. Game over, man, it's game over! - クライアントは死んでいますが、ハードコアで参加しようとしました。
  • You have been idle for too long! - クライアントは許可された時間よりも長くアイドル状態でした。
  • Out of memory! - これはメモリが100%消費された場合、またはX/Zを超えて移動した場合に発生します: Beta 1.7.3以下では±34,359,738,368(ファーランドを参照)。(F3のデバッグ画面に表示される)
  1. /kickコマンドはカスタムメッセージでプレイヤーを切断することができます。

歴史

日付 バージョン 機能
2012年1月12日 1.1 Forgeサーバーの作成
2012年4月4日 1.2.5 バニラサーバーの作成
2015年12月9日 1.8.9 バニラrealmsの作成
2016年11月26日 1.10 or 1.1 Spigotサーバーの作成

外部リンク