サンゴ

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
サンゴ
Tube Coral.pngBrain Coral.pngBubble Coral.pngFire Coral.pngHorn Coral.png





透過

する

発光

しない

爆発耐性

?

回収道具

すべての道具

再生

JE: 可[1.13.1 で開発中]
BE: 可

スタック

可 (64)

可燃性

なし

ドロップ

JE: 自身(シルクタッチが必要)
BE: 自身

ID 名

データ値を参照

サンゴ(英: Coral)は、青、桃、紫、赤、黄の5色が存在する、非固体ブロックである。

入手[編集 | ソースを編集]

暖かい海洋で生成されたサンゴ。

サンゴは即座に破壊できるが、シルクタッチがエンチャントされた道具でないと入手できない。[Java Edition 限定]
サンゴは即座に破壊でき、常にそれ自身をドロップする。[Bedrock Edition 限定]

サンゴは、骨粉を水中のブロックに使うことで育つ[Bedrock Edition 限定] [要検証]。ただし、育つ環境は暖かい海洋バイオームのみである[Java Edition 限定] [1.13.1 で開発中]

自然生成から[編集 | ソースを編集]

暖かい海洋バイオームに生成されるサンゴ礁にて発見できる。

用途[編集 | ソースを編集]

サンゴは建築や装飾用のブロックとして使用される。また、サンゴは水中にのみ設置できる。

Bedrock Edition では、1ブロックの高さの水には設置できない。

データ値[編集 | ソースを編集]

ID[編集 | ソースを編集]

Java Edition:

ブロック ID 名

クダサンゴ
tube_coral

ノウサンゴ
brain_coral

ミズタマサンゴ
bubble_coral

ミレポラサンゴ
fire_coral

シカツノサンゴ
horn_coral

Bedrock Edition:

ブロック ID 名

サンゴ
coral

ブロック情報[編集 | ソースを編集]

データ値も参照

Bedrock Edition では、サンゴは以下のブロック情報を持つ:

データ値 説明

0 クダサンゴ

1 ノウサンゴ

2 ミズタマサンゴ

3 ミレポラサンゴ

4 シカツノサンゴ

歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition Classic
2009年5月21日このときから Notch は、ユーザーの「solarblade」によるサンゴへの言及について、興味を示していた。
Java Edition Alpha
2010年6月28日Notch がブログで、「サンゴを追加しようとしたけど、1つのブロックでサンゴを表現するのには骨が折れる。見た目がみんな同じじゃないからね。だけど、サンゴの周りに魚が見え隠れする表示を付けるともう決めてるよ。」と述べた。
Java Edition
2012年10月5日存在しないスナップショット 12marc40awesome には、Mob の魚や「魚ブロック」などのジョーク要素があったが、サンゴもそのうちの1つに含まれていた。
2017年11月18日Coral が MineCon Earth で発表された。黄色や赤色、青色の Coral、さらに Dead Coral やハーフブロックのバリエーションも公開された。
1.13 18w10a Tube Coral.png Brain Coral.png Bubble Coral.png Fire Coral 18w10a.png Horn Coral.png Coral が追加された。当時は Coral Plant という誤った名前だった。亜種も現在の Tube、Brain、Bubble、Fire、Horn ではなく、単に Blue、Pink、Purple、Red、Yellow であった。
18w10b Fire Coral.png 赤色の Coral のテクスチャが変更された。
18w10d Coral Reef が追加され、また、温かい海洋バイオームで生成されるようになった。
18w14b Coral Plant から Coral へと名前が変更された。
亜種の名前が Blue、Pink、Purple、Red、Yellow からそれぞれ Tube、Brain、Bubble、Fire、Horn へと変更された。
pre6 Coralに適応される新しい5つのサウンドイベントを追加: block.wet_grass.break, block.wet_grass.fall, block.wet_grass.hit, block.wet_grass.place, そしてblock.wet_grass.step.
pre10 入手するためにシルクタッチが必要になった。
開発中の Java Edition
1.13.1 18w31a 暖かい海洋バイオームの水中で骨粉を使用することで、サンゴが育つようになった。
Bedrock Edition
1.4 1.2.14 build 1 Tube Coral.png Brain Coral.png Bubble Coral.png Fire Coral.png Horn Coral.png Coral が追加された。
Education Edition
1.4.0 サンゴが追加された。

問題点[編集 | ソースを編集]

「Coral」に関する問題点は、バグトラッカーにて管理されている。問題点の報告はそちらで行ってほしい。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • ゲーム中のサンゴは植物とされているが、実際は付着生物、すなわち動物に分類される。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]