We are currently performing an upgrade to our software. This upgrade will bring MediaWiki from version 1.31 to 1.33. While the upgrade is being performed on your wiki it will be in read-only mode. For more information check here.

コンポスター

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
コンポスター
Composter.png
Composter full.pngComposter contents ready.png
透過

部分的

発光

しない

爆発耐性

?

回収道具

再生

スタック

可 (64)

可燃性

指定なし

溶岩からの引火

おそらくしない

ドロップ

自身

名前空間ID

コンポスター

この記事はまだ書きかけです。
あなたが内容を拡充してみませんか?
Information icon.svg
この項目はJava EditionBedrock Edition、および PlayStation 4 Edition限定の要素です。

コンポスター(英:Composter)は、種や植物を骨粉へ変えることのできるブロックである。

入手[編集 | ソースを編集]

クラフトから[編集 | ソースを編集]

材料 クラフトのレシピ
いずれかのハーフブロック

自然生成から[編集 | ソースを編集]

コンポスタ ーは、の畑に自然生成される。

用途・使用法[編集 | ソースを編集]

コンポスターは骨粉の生産に使用される。プレイヤーは、コンポスターに対してアイテムを使用することで、アイテムの堆肥化ができる。このため、コンポスターを使用して必要のない植物などのアイテムをリサイクルできる。また、レッドストーンコンパレーターを使用した際に最大で強度7のレッドストーン信号を発するため、レッドストーン回路でも利用できる。

堆肥レベル[編集 | ソースを編集]

”堆肥化”可能なアイテムを入れれば、コンポスターに”堆肥”を埋められる。この”堆肥化”に成功すれば、緑のパーティクルが発生する。下部の表に対応しているアイテムが書かれている。これらのアイテムにはそれぞれ異なる”堆肥化確率”が定められていて、この値が高いほど、アイテムを加えたときに(コンポスター中の)堆肥の層を1層重ね上げられる確率が高くなる。この層はポドゾルのような見た目をしている。コンポスターの中の堆肥が7層目に達すると、堆肥の見た目が変化する。このとき、コンポスターを使用して骨粉を回収できる。

下部の表には、コンポスターに加えられるアイテム、そのアイテムで堆肥の1層を重ね上げられる確率、またそれがコンポスターを完全に埋めるのに平均して必要なアイテム数が書かれている。

30% 50% 65% 85% 100%
堆肥レベルを最大にするために必要なアイテムの平均個数
≈23.33 14 ≈10.77 ≈8.24 7

ホッパー[編集 | ソースを編集]

コンポスターは、ホッパーの上に設置して接続することができる。コンポスターが骨粉を生成すると、ホッパーに送られ、チェスト、かまど、他のホッパーなどが下にあればそこに渡る。(詳細はホッパーを参照)ただ、ホッパーはコンポスターの隣に接続できない。.

また、コンポスターの上部にホッパーを設置して、アイテムをコンポスターに送ることができる。

透過ブロックとしての性質[編集 | ソースを編集]

コンポスターは光を完全に透過する。しかし、これに隣接するブロックの面は描画されない。

技術的情報[編集 | ソースを編集]

ブロック状態[編集 | ソースを編集]

名前 初期値 説明
level0,1,2,3,4,5,6,7,8コンポスターの堆肥レベル。8 の場合に骨粉を入手できる。


歴史[編集 | ソースを編集]

開発中のJava Edition
1.1419w03aコンポスターが追加された。
19w03bすべてのキノコブロックが堆肥化できるようになった。
19w04a村の畑に自然生成されるようになった。
19w05aChanged how often the player fills a layer.
堆肥化の確率が 10/20/50/80/100% から 30/50/65/85/100% へそれぞれ変更された。
開発中のBedrock Edition
1.10beta 1.10.0.3コンポスターが追加された。試験的なゲームプレイでのみ利用可能で、Java Editionとは異なるレシピである。

問題点[編集 | ソースを編集]

「コンポスター」に関する問題点は、バグトラッカーにて管理されている。問題点の報告はそちらで行ってほしい。