コマンド/teleport

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索

エンティティをテレポートさせる。

ほとんどのコマンドは、既に生成されたチャンクにしか影響を及ぼせないのに対し、このコマンドは、生成されていないチャンクにテレポートさせることができる。その場合、テレポート後にチャンクが生成される。

構文
  • Java Edition
/teleport <エンティティ> <x> <y> <z> [<y軸回転> <x軸回転>]
  • Bedrock Edition
/teleport <destination: target>
/teleport <destination: x y z> [y-rot: rotation] [x-rot: rotation]
/teleport <victim: target> <destination: target>
/teleport <victim: target> <destination: x y z> [y-rot: rotation] [x-rot: rotation]
引数
エンティティ (BE: victim: target)
テレポートさせたいエンティティを指定する。プレイヤー名かターゲットセレクターで指定する。
x y z (BE: destination: x y z)
テレポート先の座標を指定する。x と z は -30000000~30000000、y は -4096~4096 の範囲内である必要がある。チルダ表記法で相対座標を指定することもできる。この場合、前回のコマンドを実行した場所が基準となる。
destination: target[Bedrock Edition限定]
テレポート先のエンティティを指定する。プレイヤー名かターゲットセレクターで指定する。
y軸回転 (BE: y-rot: rotation)(省略可能)
水平方向の回転を指定する。-180.0 で北向き、-90.0 で東向き、0.0 で南向き、90.0 で西向きである。チルダ表記法で、前回の回転に対する相対を指定することもできる。
x軸回転 (BE: x-rot: rotation)(省略可能)
垂直方向の回転を指定する。-90.0 で真上、90.0 で真下になる。チルダ表記法で、前回の回転に対する相対を指定することもできる
結果
引数が正しくない場合や対象のエンティティが見つからない場合、このコマンドは失敗する[要検証]
成功すると、対象が指定した場所にテレポートする。
/tpコマンドとの違い
  • Java Edition
    • 相対座標を用いた場合、このコマンドはコマンドを実行した場所が基準となる。それに対して、/tp コマンドは対象のエンティティが基準となる。
  • Bedrock Edition
    • 特に違いはなく、/tp コマンドの別名である。