コマンド/spawnpoint

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索

プレイヤーのスポーン地点を設定する。スポーン地点の設定はネザージ・エンドでも行うことができる。

構文[編集 | ソースを編集]

  • Java Edition
spawnpoint [<targets>] [<pos>] [<angle>]
  • Bedrock Edition
spawnpoint [player: target] [spawnPos: x y z]

引数[編集 | ソースを編集]

JE<targets>entity
BEplayer: targetCommandSelector<Player>

Must be a player name, a target selector or a UUID[Java Edition限定]. And the target selector must be of player type.
スポーン地点を設定するプレイヤーを指定する。省略された場合、コマンドの実行者が指定されたものとして扱われる。

JE<pos>block_pos
BEspawnPos: x y zCommandPositionFloat

Java Editionでは、it must be a block position composed of <x>, <y> and <z>, each of which must be an integer or tilde and caret notation.
Bedrock Editionでは、浮動小数点数で構成される3次元座標でなければならない。チルダ・キャレット表記法を使用できる。
新しいスポーン地点の座標を指定する。省略された場合、Bedrock Editionでは指定したプレイヤーの座標が、Java Editionではコマンドの実行座標が指定されたものとして扱われる。

JE<angle>angle

ヨー角を、浮動小数点数を用いて度単位で指定する。-180.0が真北、-90.0が真東、0.0が真南、90.0が真西であり、179.9は真北からほんの少し西側となる。チルダ表記法を使用することができ、コマンドの実行者のヨー角を基準とする相対値を指定できる。
スポーン時に向いている方向(ヨー角)を指定する。省略された場合、コマンドの実行者が向いている方角が指定されたものとして扱われる。

結果[編集 | ソースを編集]

コマンドトリガーJava EditionBedrock Edition
any引数が正しく指定されていない場合 構文解析不能 失敗
<targets> または player: target に指定されたプレイヤーの解決に失敗した場合 失敗
<targets> または player: target に何も指定されていない、かつコマンドの実行者がプレイヤーではなかった場合
成功時対象のプレイヤーのスポーン地点を指定された座標に設定する

出力[編集 | ソースを編集]

コマンドエディション状況成功回数/execute store succeess .../execute store result ...
anyJava Edition失敗時000
成功時11スポーン地点が設定されたプレイヤーの数
Bedrock Edition失敗時0N/AN/A
成功時スポーン地点が設定されたプレイヤーの数N/AN/A

歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition
1.4.212w32a/spawnpoint が追加された。
1.16.220w29aプレイヤーがリスポーンした際に向いている方角を設定するパラメータ angle が追加された。
Pocket Edition Alpha
0.16.0build 1/spawnpoint が追加された。

関連項目[編集 | ソースを編集]