コマンド/schedule

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索

関数の実行を遅らせる。

構文
schedule function <function> <time>
引数
<function>
実行する関数を指定する。
<time>
遅らせる時間を指定する。単位として、日・秒・ティックを使用でき、省略するとデフォルトの単位となる。
整数+文字(d|s|t|)の形式に従う必要がある。
例: 2d は、ゲーム内の2日を表す。
例: 250 または 250t は、250ティックを表す。
結果
引数の形式が不正であったり、関数が [ワールド名]/datapacks/[データパック名]/data/[名前空間]/functions の下のトップレベルのフォルダに存在しない場合は失敗する。
成功すると、指定された時間が経過したのちに関数を実行する。
注意
execute as ... コマンドと共に使用したとしても、関数は必ずサーバーを主体として実行される。
スケジューリングされたがまだ正常に完了していない関数と同じ関数をスケジューリングすると、上書きが発生する。もし5秒後に関数をスケジューリングし、5秒以内に同じ関数をスケジューリングしたならば、新しくスケジューリングされたほうだけが実行される。

歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition
1.14 18w43a /schedule が追加された。