コマンド/particle

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Book and Quill.png
この記事は翻訳途中です。
あなたが内容を翻訳してみませんか?
particle
制限

オペレーター

初導入

1.814w04a
PE 1.0.5PE 1.0.5 build 1

パーティクルを発生させる。

構文[編集 | ソースを編集]

  • Java Edition
particle <名前> [<パラメーター>] [<位置>] [<偏差>] <速度> <総数> [モード] [<表示者>]
  • Bedrock Edition
particle <効果:文字列> <位置: x y z>

引数[編集 | ソースを編集]

JE<名前>パーティクル
BE効果:文字列basic_string

発声させるパーティクルを指定する。
Bedrock Editionでは、単一の単語(空白なし)か引用符で囲んだ文字列のいずれか。it must be a namespaced ID of a particle followed by particle parameters that are particle-specific.
  • dust requires three color channel parameters to be set along with the name, representing red, green, and blue, each being a value in the range 0 to 1; and an additional parameter representing size. For example: /particle dust 1.0 0.5 0.5 1.0 creates a pink particle at regular size. If one or more values are greater than 1, the particles change their colors. The greater the values the greater is the range of different colors.
  • block and falling_dust has a parameter in namespaced_ID[block_state=foo] format to specify a block, in which block states can be omitted when unneeded. For example: /particle block minecraft:grass_block[snowy=true]
  • item requires a namespaced ID of an item as a parameter. For example: /particle item minecraft:apple

JE<位置>vec3
BE位置: x y zCommandPositionFloat

パーティクルを発生させる位置を指定する。指定しない場合、デフォルトは実行者の位置となる。

JE: <偏差>vec3

浮動小数点数で構成される3次元座標でなければならない。チルダ・キャレット表記法を使用できる。
位置<pos>を中心にして、約8倍した3次元キューボイド体積の大きさを指定する(1 1 1を使用すると約8×8×8の大きさのキューボイドになる)。 不の値を使用することもできるが、正の値と同じ効果になる(-1 -1 -1を使用しても8×8×8のキューボイドになる)。生成されたパーティクルはキューボイド上に均等に分布しているわけではなく、ガウス分布を使用しているため、中心部で最も密度の高いパーティクル勾配が得られることに注意。チルダ・キャレット表記法を使用でき、結果の座標は偏差として使用される。
例外1: <名前>entity_effectambient_entity_effectの場合、<総数>を0にすると<偏差><速度>がRGBE値のようになり、0.0から1.0までの範囲になる。<偏差>の3つの値は色の赤、緑、青の成分を与え、<速度>は色を明るくしたり暗くしたりする指数を与え、128がデフォルトとなっている。
例外2:<総数>が0に設定されている場合、<偏差>はパーティクルの動作値として動作し、<速度>は乗数として動作する。<dx><dy><dz>はそれぞれ<動作:x>, <動作:y><動作:z>となる。初めから動作を持たないパーティクルはこの影響を受けない(barrierなど)。
例外3:<名前>noteの場合、<総数>が0だと<dx>は色の修飾子として動作し、<速度>は乗数として動作する。緑から始まり、色相はこれが増加するにつれて後方に移動する。

JE: <速度>浮動小数点

Must be a Single-precision floating-point format number. And it must be greater than or equal to 0.0.
パーティクルの速度を指定する。全てのパーティクルでは動作しない(例:angry_villager)。

JE: <総数>整数

Must be a 32-bit integer number. And it must be between 0 and 2147483647 (inclusive).
発生させるパーティクル効果の数を指定する。0の場合パーティクルは1つである。<総数>を0にするのが有用である理由については<偏差> の例外を参照。

JE: モード

表示モードを指定する:normalまたはforceforceにするとパーティクルが最大256ブロック先からでも見ることができ、最小のパーティクル設定を使用しているプレイヤーがパーティクルを見ることができる。

JE: <表示者>エンティティ

Must be a player name, a target selector or a UUID. And the target selector must be of player type.
パーティクルの表示範囲内の全員ではなく、どのプレイヤーがこのパーティクルを表示するかを制御できる。

結果[編集 | ソースを編集]

コマンドトリガーJava EditionBedrock Edition
any引数が正しく指定されていない場合 解析不可能 失敗
<対象>が1人以上のオンラインプレイヤーへの解決に失敗した場合 失敗 なし
パーティクルを誰も見られない場合
継いだ場合 指定されたパーティクルが発生する。

出力[編集 | ソースを編集]

コマンドエディション状況成功回数/execute store succeess .../execute store result ...
anyJava Edition失敗の場合000
成功の場合11パーティクルを見られるプレイヤーの数
Bedrock Edition失敗の場合0N/AN/A
成功の場合0N/AN/A

[編集 | ソースを編集]

東の10ブロック先に静止した巨大な爆発パーティクルを作るには:

歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition
1.814w04a/particleを追加。
14w29a引数force/particleに追加。
1.915w49aタグプレイヤー傍系/particleに追加
1.1317w47a/particleのパーティクル名を変更。
18w03a短縮形/particle <名前> <位置>を追加。
Pocket Edition
1.0.5alpha 1.0.5.0/particleを追加。
alpha 1.0.5.3/particleを削除。
Bedrock Edition
1.8.0beta 1.8.0.8/particleを再追加。
1.9.0beta 1.9.0.0/particleでのパーティクルをいくつか新しく追加。
1.12.0beta 1.12.0.2/particleでのパーティクルをいくつか新しく追加。