コマンド/kill

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索

対象プレイヤーや Mob やアイテムなどのエンティティを死亡・消滅させる。

構文
  • Java Edition
/kill [プレイヤー|エンティティ]
  • Pocket Edition
/kill [target: target]
引数
プレイヤー|エンティティ (PE: target: target)(オプション)
死亡または消滅させる対象を指定する(これにはアイテムや乗り物などの「無生物系」も含まれる)。ここにはプレイヤーの名前を入れるか上記のターゲットセレクターを指定する。何も指定しない場合、コマンドを実行したプレイヤー自身が死亡する。コマンドブロックで使用する場合、この引数は必須になる。
結果

指定した "プレイヤー|エンティティ" が複数であったりプレイヤーがオンラインでない場合、このコマンドは失敗する。

成功した場合、無生物系のエンティティは消滅し、生物系のエンティティには3.4×1038のダメージを与える。このコマンドによって死亡した場合、クリエイティブモードであったり高いレベルの耐性のステータス効果を得てもきちんと死亡メッセージが表示される。また、プレイヤーや Mob はアイテムをドロップしスライムマグマキューブやより小さいサイズのものがスポーンする。ボートトロッコアイテムエンティティ経験値オーブを対象にした場合、それらは破壊される。

使用例
  • 自殺する場合
/killもしくは/kill @s
  • Bob という名前のプレイヤーを死亡させる場合
/kill Bob
  • 自身を含んだ一定のチャンク内のすべてのエンティティを死亡させる場合
/kill @e
  • 落ちているアイテムすべてを消滅させる場合
/kill @e[type=item]
  • プレイヤー以外のすべてのエンティティを消滅させる場合
/kill @e[type=!player]