コマンド/data

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Information icon.svg
この項目はJava Edition限定の要素です。

ブロックエンティティおよびエンティティNBTデータの取得、マージ、削除を行う。

構文
data get block <pos> [<path>] [<scale>]
data get entity <target> [<path>] [<scale>]
data merge block <pos> <nbt>
data merge entity <target> <nbt>
data remove block <pos> <path>
data remove entity <target> <path>
引数
pos
ブロックの座標を指定する。
target
対象のエンティティを指定する。
path (省略可能)
対象のNBTへのパスを指定する。
パスは以下のようなものである: foo.bar[0]."A [crazy name]".baz.
  • foo.barはfooの子のbarを意味する。
  • foo[0]はfooの第0要素を意味する。
  • "A [crazy name]"はエスケープが必要な文字を含む名前を「"」でエスケープしたものである。
scale (省略可能)
getで取得した値に掛ける倍数を指定する。
nbt
マージ/削除するNBTタグを指定する。
結果
引数が正しくないとコマンドは失敗する。
成功した場合:
  • get — 返値は引数の指定のしかたによる。
pathscaleも指定しなかった場合
posのブロックもしくはtargetのエンティティのNBT情報全てを、シンタックスハイライトしてコマンド実行者に通知し、1を返す。
pathのみ指定した場合
posのブロックもしくはtargetのエンティティの、pathで指定したNBT情報をシンタックスハイライトせずにコマンド実行者に通知する。返値はNBT要素の内容により以下のようになる:
  • 数値を取得した場合はその数値を返す。
  • 文字列を取得した場合はその文字列の長さを返す。
  • リストを取得した場合はそのリストの要素数を返す。
  • 複合型を取得した場合は直接の子要素の数を返す。
pathscaleを両方指定した場合
この場合、取得する値は数値でなければならない。取得した値をscale倍した値を返す。
  • mergetargetのエンティティのnbtで指定したブロックNBT情報をposのブロックにマージする。コマンド成功時は1を返す。
  • removeposのブロックもしくはtargetのエンティティからpathで指定したNBT情報を除去する。プレイヤーのNBT情報を除去することは許可されていない。コマンド成功時は1を返す。

歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition
1.13 17w45b /dataが追加された。