コマンド/attribute

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
attribute
制限

オペレーター

初導入

Java Edition 1.1620w17a

Information icon.svg
この項目はJava Edition限定の要素です。
Grass Block JE8 BE5.png
このページには、 Java Editionの次回以降のアップデートに含まれるであろう要素に関する内容が含まれています。
これらの要素はJava Editionの開発版で登場していますが、これらの要素が含まれたJava Editionの正式なアップデートは行われていません。

属性の変更、および読み取りを行う。

構文[編集 | ソースを編集]

attribute <target> <attribute> (get|base|modifier)
... get [<scale>]
... base get [<scale>]
... base set <value>
... modifier (add|remove|value get)
... add <uuid> <name> <value> (add|multiply|multiply_base)
... remove <uuid>
... value get <uuid> [<scale>]

引数[編集 | ソースを編集]

<target>
属性が適用されているエンティティ。単一の対象のみ指定可能。
<attribute>
指定する属性名前空間ID
<scale>
返される前に値を乗算する数値
<uuid>
ハイフンで区切られた16進数で修飾子の UUID を指定する。同じUUID を持つ修飾子はスタックしない。
attribute <target> <attribute> (get|base|modifier)
... get [<scale>]
指定された属性の合計値を返す。
... base get [<scale>]
指定された属性の基礎値を返す。
... base set <value>
指定された属性の基礎値を指定された値に書き換える。
... modifier (add|remove|value get)
... add <uuid> <name> <value> (add|multiply|multiply_base)
同じUUIDの修飾子が存在しない場合、指定されたプロパティを持つ属性修飾子を追加する。
... remove <uuid>
指定されたUUIDの属性修飾子を削除する。
... value get <uuid> [<scale>]
指定されたUUIDを持つ修飾子の値を返す。

歴史[編集 | ソースを編集]

開発中のJava Edition
1.1620w17a/attribute が追加された。