We are currently performing an upgrade to our software. This upgrade will bring MediaWiki from version 1.31 to 1.33. While the upgrade is being performed on your wiki it will be in read-only mode. For more information check here.

ケーキ

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
ケーキ
Cake.pngCake1.pngCake2.pngCake3.pngCake4.pngCake5.pngCake6.png
透過

する

発光

しない

爆発耐性

2.5

回収道具

すべての道具

再生

スタック

可 (64) ‌[BELCE限定]
不可 ‌[JE限定]

可燃性

指定なし

溶岩からの引火

おそらくしない

ドロップ

なし

データ値
Block
dec: 92 hex: 5C bin: 1011100
Item
dec: 354 hex: 162 bin: 101100010
名前空間ID

cake

ケーキ(英:Cake)は、プレイヤーが食べることのできる食料ブロックである。

入手[編集 | ソースを編集]

一度ケーキを設置すると、スポナーと同様に、シルクタッチを使用しても回収することはできない。

ブロック ケーキ
硬さ 0.5
採掘時間
0.75

クラフトから[編集 | ソースを編集]

材料 クラフトのレシピ 説明
牛乳入りバケツ +
砂糖 +
 +
小麦

クラフト後には、牛乳入りバケツは空のバケツとなり、作業台の上に残る。

取引から[編集 | ソースを編集]

農民の村人の4段階目の取引において、エメラルド1個と交換することができる。

自然生成から[編集 | ソースを編集]

Bedrock Editionでは、ケーキは、4.1%の確率で埋もれた宝のチェストの中に、1個生成される。

用途[編集 | ソースを編集]

ケーキは、他のほとんどの食料とは異なり、ホットバーのアイテムから食べることはできず、食べる前にブロックの上に設置する必要がある。

設置されたケーキを使用することで、ケーキを食べることができる。ケーキは7切れからなり、食べるごとに1切れを消費する。1切れにつき満腹度を 2 ()隠し満腹度を 0.4 回復する。したがって、7切れ全てを食べた場合、満腹度を 14 ()、隠し満腹度を 2.8 回復する。

ケーキを食べる際のアニメーションやサウンドはなく、1ティックで1切れを食べることができる。また、複数のプレイヤーで同時に食べることもできる。

レッドストーン回路の構成要素として利用することもでき、レッドストーンコンパレーターを接続すると、強度 14 の信号が出力される。この信号は、ケーキを1切れ食べるごとに 2 ずつ減少する。

Panda の餌として[編集 | ソースを編集]

Panda は、アイテムとなってドロップしたケーキに向かって移動し、それを拾い上げて食べる。‌[JE 1.14で開発中]

技術的情報[編集 | ソースを編集]

データ値[編集 | ソースを編集]

Bedrock Edition では、ケーキは以下のデータ値を使用する: ケーキのデータ値はどの程度食べられたかを指定する。

DV 詳細
0 まだ食べられていない状態
1 1切れ食べられた状態
2 2切れ食べられた状態
3 3切れ食べられた状態
4 4切れ食べられた状態
5 5切れ食べられた状態
6 6切れ食べられた状態

ブロック状態[編集 | ソースを編集]

名前 初期値 説明
bites0–6何切れ食べられたか

実績[編集 | ソースを編集]

アイコン 実績 ゲーム内での説明 実際の条件(異なる場合) 入手可能 得られる Xbox ポイント トロフィーの種類 (PS)
Xbox PS Bedrock Nintendo
絵に描いた○○○小麦に砂糖、牛乳、それから卵!作業台ケーキを作るPS3代替40Gシルバー
ケーキは嘘です代替PS4, PSVita代替30Gブロンズ

歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition Beta
2010年11月23日Notch は、Minecraft2010 Indie of the Year Awards英語版を受賞した場合、Minecraft にケーキを追加すると述べた。
1.2Minecraft が受賞したため、ケーキが追加された。この時点では、体力を 18♥ × 9 回復する。
1.5プレイヤーがケーキをクラフトした際に獲得できる「絵に描いた○○○」などの実績が実装された。
1.8?満腹度を 12 () 回復するようになった。
Java Edition
1.2.1?クラフトした際に、空のバケツ作業台に残ったままではなく、プレイヤーインベントリに移動するようになった。
1.7.213w37aブロック ID 92(ケーキ)のアイテムの形態が削除された。このため、インベントリからも削除され、ワールドにはブロックとしてのみ存在する。
1.814w02a農民の村人から、1個のエメラルド交換できるようになった。
14w28a6切れから7切れになった。
レッドストーンコンパレーターが信号を発するようになった。
クラフトした際に、空のバケツ作業台に残るようになった。
1.1317w47a平坦化」に伴い、ブロックの数値 ID 92、およびアイテムの数値 ID 354 が削除された。
開発中のJava Edition
1.1418w43aPanda が投げられたケーキを食べるようになった。
Pocket Edition Alpha
0.7.0ケーキが追加された。この時点では、体力を 18♥ × 9 回復する。
0.12.1build 1満腹度を 12 () 回復するようになった。
Pocket Edition
1.0.4build 1農民の村人から、1個のエメラルド交換できるようになった。
Bedrock Edition
1.2スタックできるようになった。
1.4beta 1.2.14.2埋もれた宝チェストの中に出現するようになった。
1.8beta 1.8.0.8Panda が、アイテムとしてドロップしたケーキを食べるようになった。
Legacy Console Edition
TU1CU11.0Patch 1ケーキが追加された。
TU6このバージョンのみ、スタックできるようになった。
New Nintendo 3DS Edition
0.1.0ケーキが追加された。

問題点[編集 | ソースを編集]

「ケーキ」に関する問題点は、バグトラッカーにて管理されている。問題点の報告はそちらで行ってほしい。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 現実世界の縮尺を当てはめると、ケーキは直径875mm、高さ500mmになる。
    • ケーキ一切れは145.8mmほどの厚さになる。
  • ケーキの設置音は羊毛のものと同じである。
  • ケーキは音をたてずに食べることが出来る。
  • ケーキをに設置したとき、ケーキの上を歩くと、まるで氷の上に立っているかのように滑りスライドする。他のハーフブロックも同様である。
  • 他の透過ブロックと同様に、チェストの上にケーキがあっても、開閉に影響しない。
  • ケーキを地面に置き、一つ上の高さにあるブロックの横につける形で設置するとケーキを重ねられる。チェストに松明を着けるのと似た状況となる。下のケーキを食べきると、上に重ねたケーキは消えてしまう。これはケーキを設置したブロックを破壊した場合と同じである。
  • ハーフブロックに設置すると、通常のブロックの上に置いたかのように浮いた状態になる。
  • ケーキの幅は7/8ブロックなので、下のブロックの縁に立つ事が可能だ。サボテンでも同じ事が云えるが、触れるとダメージを負うのであまりお勧めできない。
  • ケーキは溶岩では破壊されない。
  • 松明のように、上から落ちてくる砂や砂利を破壊出来る。
  • ケーキはブロックとして、またアイテムとしての2種類のものが存在する。アイテムは作製して出来るもので、スタック出来ない。ブロックとしてのケーキはインベントリーの編集、もしくはクリエイティブのアイテム抽出にて得ることができ、他のブロックと同様に64個スタックできる。
  • ケーキは設置すると四角いが、持ち物としては丸い。
  • ケーキはピストンと並んでゲーム内で一番複雑な製作チェーンとレシピになっている。作製するのに4種類、計9つのアイテムを必要する。
  • ケーキはピストンに押されると消滅する。
  • ケーキには0∼15の範囲のダメージ値を設定できるが、7∼15の範囲のものはマップエディターを使用することでのみ入手できる。
  • ダメージ値を7∼15に設定したケーキを地面に置くと、補色で表示される。
  • 12以上のダメージ値を持つケーキの上に乗ることは不可能である。なぜなら、プレイヤーは'負の'ケーキブロックの両端に同時に接触しなければならないからだ。
  • ダメージ値を7∼15に設定したケーキは食べられるが、消滅するまでに満腹度のアイコンを1しか回復しない。
  • ケーキはベッドの上に設置可能で、プレイヤーの画面では寝ている間ケーキが頭上に表示されているように見える。
  • ケーキはハーフブロックよりも薄いので、フェンスやピストンループなどで歩道を作成するのに使われる。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]