カカオの実

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Disambig color.svg この記事では、カカオの果実について説明しています。収穫された実のアイテムについては「カカオ豆」をご覧ください。
カカオの実
Cocoa Age 0.pngCocoa Age 1.pngCocoa Age 2.png
再生

スタック

可(64)

回収道具

爆発耐性

?

硬度

0.2

発光

しない

透過

する

可燃性

なし

溶岩からの引火

しない

Clock JE2 BE2.gif
この記事は内容の更新を必要とします。
情報の一部は、現在の最新バージョンには適用されません。

カカオの実(英:Cocoa Pod)は、通常のジャングルの木の幹に生っているのが見つかる果実である。カカオの実はジャングルの原木にカカオ豆を植え、実に生長するので再生可能な資源となる。果実からカカオ豆を収穫でき、これを植えて更なる実を育てることも、茶色の染料として用いることも、あるいはクッキーの材料とすることも出来る。収穫の際、果実は消滅前に少し赤く光る。

入手[編集 | ソースを編集]

ブロック カカオの実
硬さ 0.2
回収道具
採掘時間[注釈 1]
デフォルト 0.3
0.15
0.1
0.05
ダイヤモンド 0.05
ネザライト 0.05
0.05
0.2
  1. 時間はステータス効果を持っていないプレイヤーが使用するエンチャントされていない道具とし、単位は秒とする。詳細は採掘 § 速度を参照のこと。

栽培[編集 | ソースを編集]

詳細は「Tutorials/Cocoa Bean Farming」を参照

ジャングルの木の原木にカカオ豆を植えることが出来る。カカオの生長は3段階で、最初は小さく緑色をしていて、2段階目は少し大きくなり褐色を帯びる。成熟するとさらに大きくなりオレンジ色になる。第1、2段階目の実を収穫するとカカオ豆は1つしか得られない。成熟した実を収穫すると、豆を2∼3個得ることが出来る。実に骨粉を用いて促成させることが出来る。実が実っている原木をピストンで押すことで収穫することも出来るし、水で流しても収穫できる。 村にあるような農場を改良して2種類の作物を栽培するようにすることも出来る。樫の原木の代わりにジャングルの原木を用いるのだ。これによりカカオ豆だけではなく小麦も収穫できるようになる。

利点

  1. 1つのカカオ豆から8枚のクッキーが作製可能で、1房のカカオの成熟した果実からは3つのカカオ豆が収穫でき、結果として1房の果実から24枚のクッキーが作製可能である。
  2. カカオの実の生長は非常に速く、数秒から2・3分で成熟する。
  3. カカオの実は真っ暗闇でも生長する。松明が足りない状況でもカカオ豆を育てることが出来る。

欠点

  1. クッキーは他の収穫可能な食料資源と比べると空腹度回復量が非常に小さい。
  2. クッキーの作製と染色に用いるくらいしか、カカオ豆の利用法は存在しない。
  3. ジャングルの原木でのみ栽培可能(これは見つかりさえすれば問題にはならない)。
  4. パンや肉類に比べ、クッキーは満腹の状態を維持する時間が短い。

歴史[編集 | ソースを編集]

Jebはカカオの実について2012年5月8日にスクリーンショットつきで明らかにした[1]

Java Edition
1.3.112w19aカカオの実が追加された。
クリエイティブモードでは、カカオの実に対してアイテム抽出キーを用いると「Cocoa」という名前のアイテムが取得できる。これを植えると小さな果実になる。
12w21aカカオの実に対してアイテム抽出キーを用いた場合のバグが修正された。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • カカオの実のそばにいるときに生長しても、プレイヤーは押し出されず通り抜けられる。
  • プレイヤーにより植えられたジャングルの樹木にはカカオの実は自然には生らない。
  • カカオの実をエンチャント「幸運」の付いたツールで収穫しても、カカオ豆の収穫量は増えない。
  • を流してカカオ豆を収穫することが出来る。また実が生っている原木をピストンで動かしても収穫可能であり、半自動のカカオ豆農場が出来る。1.3.1の段階で、ジャングルの原木を別のジャングルの原木で押すと、カカオ豆がドロップしないバグがあったようだ。
  • カカオの実は真っ暗闇でも生長する。
  • 外部ツールを使ってカカオのデータ値を12∼15にすると、ドラゴンの卵のテクスチャーをしたカカオを得ることが出来る。これはMinecraftがテクスチャーの選択にメタデータを基準としているためで、同様のものが小麦、カボチャやスイカの茎でも起きる。これは通常の/giveコマンドでは起こらない。

脚注[編集 | ソースを編集]