エンドポータル

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
起動済みのポータル

エンドポータル(End Portal)(エンダーポータル(Ender Portal)と呼ばれることもある) は、エンドへの移動に用いられる、自然に生成される構造物である。要塞シルバーフィッシュスポナーがある部屋に存在し、枠は12個のエンドポータルブロックにより、地面に対して水平な5ブロック角の環の形になっている。この枠の全てのブロックにエンダーアイがポータルの起動に必要となる。

配置と使用法[編集 | ソースを編集]

エンドへのポータルは、要塞のポータル部屋の階段の先、溶岩溜りの上に水平に浮いているのを見つけることができる。階段にはシルバーフィッシュのスポナーが鎮座している。ポータルの枠にはエンダーアイが1/10の確率で挿入されていて (通常は1∼2個)、残りは空になっている。

エンダーアイをエンドポータルにはめ込むと、ポータルが起動し、エンドポータルの内側に9ブロックのポータルゲートが出現して、プレイヤーをエンドへと誘う。クリエイティブモードではエンドポータルの枠をブロック抽出 (デフォルトではマウスの中クリック) することでコピーすることが出来るが、ポータルは最後にエンダーアイを嵌めたものが「内側」を向いている必要がある (最後のエンダーアイを嵌める際プレイヤーが輪の内側にいる)。エンダーアイはエンドポータルから取り外すことは出来ない。

ポータルの建造[編集 | ソースを編集]

エンドへのポータルを起動するには12個のエンダーアイが必要となる。エンドポータルフレームを内部が3×3の正方形になるように並べ、エンダーアイを用いて起動する。 最後のエンダーアイを設置するポータルフレームは、内側に向いている必要がある。

建造模式図
不完全なポータル 完成したポータル

































振る舞い[編集 | ソースを編集]

起動したエンドポータルに足を踏み入れると、即座に読み込み画面が表示され、プレイヤーはエンドに降り立つ。これはサバイバルモードでのネザーポータルとは異なり、辞める猶予は存在しない。エンドで降り立つその場所は、中央が (100,48,0) の地点となる、5×5の黒曜石の平らな土台の上の中央に出現する。この場所は時々空中になることがある。しかし乗馬していると転送されないので、入ろうとするとポータルには1/32の厚みの固体ブロックの判定があるのがわかる。出口のポータルが生成されないので、エンドポータルは一方通行であり、自分が死ぬか、エンダードラゴンを倒すしか帰還手段は無い。もしくはインベントリー編集で得たネザーポータルゲートを設置することでネザーに移動することは可能だ。

エンドポータルへ入っても、落下状態がリセットされることはない。死ぬに充分な高さを落下中にポータルに入ると、エンドへと到達すると共に死ぬだろう。

ポータルゲートのブロックは明るさレベル15の、グロウストーンと同じ明るさを放つ。ちなみに1ブロックでもエンドにテレポートすることは可能である。インベントリーを編集することで、ポータルゲートのみを様々な所に置くことが可能であり、またそれらも本物のポータルのように正常に機能する。ただしエンドでは、エンドポータルゲートを置いても即座に消滅する。

エンドポータルが起動すると、ポータルが生成される中央の3×3にある全てのブロックが破壊される。どんなブロックでも破壊し、 岩盤や他の枠ブロックさえも破壊する (ここに存在する事はありえないが)。液体も破壊する事ができるが、源ブロックが削除されない限り流れは再び発生する。ちなみに、ブロックが破壊される時は音が出ず、ブロックはアイテムとしてドロップすることはない (例外はドア上部と縦方向に向いたピストンの伸びたアームであり、いずれもそのブロック自体が壊れ資源としてドロップする)。またブロック破壊に伴うイベントは発生に失敗することがある。TNTは起爆せずに単に消え去り、モンスターエッグはシルバーフィッシュを出現させない。ただしチェストディスペンサーかまどジュークボックスは中身をドロップする。プレイヤーと同様にMobもポータルに入ることがある (出口ポータルも)。

エンド側の出口ポータル[編集 | ソースを編集]

エンダードラゴンを倒した後に現れる (Xbox 360 Editionでは0.65,0の地点になる)、エンドから脱出する為のポータルはエンドへのポータルそっくりであるが多少デザインが異なる。入口のポータルの枠は装飾が施されたブロックであったが、出口ポータルでは岩盤が直径7ブロックのボウルの形に配置され、中央には松明が飾られた柱がありその頂上にはドラゴンの卵が鎮座している。

出口ポータルは入口ポータルと同じブロック・タイルエンティティ、ブロック119から構成されている。しかし置かれているのがエンドであるので、プレイヤーをエンドへではなくオーバーワールドへとテレポートさせる。/giveコマンドで得たポータルブロックをエンドにて設置するとブロックは消滅してしまう。

Note that in the launcher, exiting will open up credits and then spawn you in your spawn point.

実績[編集 | ソースを編集]

アイコン 実績 ゲーム内での説明 実際の条件(異なる場合) Availability 得られる Xbox ポイント トロフィーの種類 (PS)
Xbox PS Pocket Nintendo

ジ・エンド? ジ・エンドを見つける エンドポータルに入る。 PSVita 20G ブロンズ
おしまい? 代替 PS3, PS4 代替 ゴールド

歴史[編集 | ソースを編集]

Beta
1.9pre3 エンドポータルが追加されたが、機能しなかった。
1.9pre4 エンドポータルが機能するようになった。
枠のブロックのテクスチャーが変更された。
正式版
1.3.1 12w23a エンドポータルブロック (枠のブロック) がクリエイティブモードのメニューに追加された。この際、ポータル自体と同一の名称になった。
1.4.2 12w36a エンドポータルをどのエンティティも通過できるようになった。これにより、シルバーフィッシュがエンドへと到達できるようになった。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 出口ポータルがスポナーの上に生成されると、炎のパーティクルは残る。
  • 入口ポータルとは異なり、出口ポータルは底がある。つまりドロップしたアイテムは下に落ちず、ポータルに入らない限り拾うことが出来なくなってしまう。ドラゴンの卵の獲得に際しては注意すること。
  • オーバーワールドの入口ポータルから、エンドへとエンティティは転送されるが、逆は出来ない。エンティティはポータルに確かに入りはするのだが。
  • エンダーアイの個数が足りなかった場合、要塞内を探すべきである。エンダーパールがチェスト内に生成されることがあるからだ。ただエンダーアイを作るのにブレイズパウダーは別途必要となる。
  • トロッコに乗ってポータルに入った場合エンドに行くことは出来ない。しかし一瞬でもトロッコから降りれば行くことが出来る。
  • 側面をよく見ると、エンドポータルフレームはエンドストーンで作られている。
  • エンドポータルは上面だけが固体であり、非常に薄い。上面ではなく底面を使ってジャンプすることが出来る。
  • 起動しているエンドポータルの、ゲートブロックは下から見ると目に見えないので、底から上を見ることが出来る。
  • 枠ブロックをどうにかして壊しても、ポータルは停止しない。
  • 非固体ブロックであるゲートブロックは、クリエイティブモードでは叩くことで壊すことが出来る。
  • 枠ブロックを壊す音はガラスを壊す音と同じである。
  • 枠ブロックを何とかして得れば自分でポータルを作成することは可能である。ただし最後にエンダーアイを設置するブロックは常に正しい方向を向いている、つまり円の内側から外側に向かって設置されている必要がある。奇妙なことに、他の11個の枠ブロックの向きは無関係となる。これはオーバーワールドでのみ意味がある。
  • プレイヤー製のポータルを隣り合わせて、枠ブロックを共有する形で作ることが出来る。 However, if they are sharing anything except the corners, the last-placed Eye of Ender may not be in a block 1 block diagonal to or up to 2 blocks adjacent to any Frame block not belonging to that portal. They may, however, be freely stacked vertically.
  • Minecraft 1.0.0では、枠が3方向にのみ生成された不完全なポータルが生成されるバグがある。この場合プレイヤーはこのポータルからエンドへ行くことは出来ず、別の完全なポータルを探す必要がある。
  • ネザーポータルとは異なり、エンドポータルではゲートに触れるだけで転送される。
  • エンダードラゴンがポータルを起動する前に出現したなら、飛び込むときにボスの体力ゲージが表示されるだろう。
  • エンドポータルはスーパーフラット 'ClassicFlat' では生成されないが、外部プラグインやModにより生成して入ることで通常と同じようにエンドへと到達できる。
  • 重力の影響を受けるブロック (砂利ドラゴンの卵) をポータルに落とすと、ゲートの部分が消去され、エンド側に置かれる。ただし他の重力の影響を受けるブロックを落としたり、プレイヤーがポータルを通ると、そのブロックは破壊される。
  • 描画距離が「遠い」以外でプレイすると、ポータルブロックが霧の中に入ると白くなる。ギャラリーを参照。
  • エンダードラゴンをエンド以外に出現させるようにデータを書き換えると、エンダードラゴンが生成するポータルにより、オーバーワールドではなくエンド へと 到達できる。 ('Sky' バイオームとしたスーパーフラットモードには、0,0の地点にエンダードラゴンがいる。この場合特にハックする必要はない。)
  • ジ・エンドにスポーンするための黒曜石の足場は、ジ・エンドの陸地がどこにあるかに一切影響されず、また、ジ・エンドの陸地の構造も黒曜石の足場の出現場所を考慮していない。このため、黒曜石の足場は地中に埋まることもあれば、自力ではどうやっても陸地に届かない空中に出現することもある。前者の場合は、足場の上に3ブロックの空間が生成されるため、窒息することはない。しかし後者の場合、もしエンダードラゴンがこちらに気付いたならば、エンダーパールを所持していない限り、生存は絶望的になるだろう。足場を組んで陸地へ行こうとしても、エンダードラゴンによって破壊されてしまうからだ。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

参考[編集 | ソースを編集]