エンチャントテーブル

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
エンチャントテーブル
Enchantment Table.png

種類

固体ブロック

設置制限

なし

落下

しない

透過

する

発光

しない

爆発耐久力

6,000

硬さ

5

回収道具


再生可

不可能

スタック可

可能 (64)

可燃

しない

初登場

歴史参照

ドロップ

自身

ブロックエンティティID

enchanting_table

データ値

dec: 116 hex: 74 bin: 1110100

名前

enchanting_table

Notchface-twitter.png これは魔法だ。プレイヤーが近くにいれば本が自動的に開き、誰もいなければ閉じてゆっくりと回転するよ。
Notch [1]

エンチャントテーブル(Enchantment Table)はプレイヤーのレベルを使用して道具防具エンチャントするためのブロックである。

入手[編集 | ソースを編集]

エンチャントテーブルは任意のツルハシを用いて破壊することができる。ツルハシ以外の道具などで破壊した場合は何もドロップしない。

ブロック
エンチャントテーブル
硬さ 5
回収道具
採掘時間[注釈 1]
25
木製 3.75
石製 1.9
鉄製 1.9
ダイヤ製 0.95
金製 0.65
  1. 時間は秒であり、エンチャントしていない道具である。


クラフトから[編集 | ソースを編集]

材料 レシピ ≫ 結果

+
ダイヤモンド
+
黒曜石











エンチャントテーブルの材料はでも見つけられる。黒曜石とダイヤモンドは村のチェストで、本は図書館内の本棚を壊すことによって手に入れられる。シード値によっては、村でこれらの資源を収集することは、栽培や採掘よりも時間がかかるかもしれない 。

用途[編集 | ソースを編集]

エンチャントテーブルは34ブロック分の高さであり、プレイヤーはこの上でスニークをしていても下に下りることができる。

このブロックはピストンで動かすことができない。エンチャントテーブルの下にが設置されている場合、ハーフブロックのようにプレイヤーはその上で滑ることができる。

エンチャント[編集 | ソースを編集]

エンチャントのインターフェース。

エンチャントテーブルの主な用途としては、アイテムをエンチャントすることである。エンチャントテーブルから1ブロック空けて本棚で囲むことで最大エンチャントレベルが増加する。クワハサミ火打石と打ち金リード馬鎧を除くすべての道具及び防具をエンチャントすることが可能。クワとハサミはエンチャントテーブルによるエンチャントはできないが、 金床と適切なエンチャントの本があればエンチャントすることができる。

エンチャントの仕組み」も参照

Standard Galactic Alphabet[編集 | ソースを編集]

暗号が本棚からエンチャントテーブルに吸い込まれていく様子。

エンチャントはStandard Galactic Alphabetで書かれており、これはコンピューターゲームシリーズCommander Keen(解読方法はこのページを参照)で使われている単純なアルファベットの置換符号である。

Standard Galactic Alphabet.png

エンチャント名は以下の単語のリストからランダムに組み合わせられている:

the elder scrolls klaatu berata niktu xyzzy bless curse light darkness fire air earth water hot dry cold wet ignite snuff embiggen twist shorten stretch fiddle destroy imbue galvanize enchant free limited range of towards inside sphere cube self other ball mental physical grow shrink demon elemental spirit animal creature beast humanoid undead fresh stale

それぞれ3から5の単語がこのリストから選ばれて追加され、Standard Galactic Alphabetとして表示される。この名前は何の意味も持たずエンチャントされたアイテムにも保存されず(スペルを解読したところで何の情報も与えない)、エンチャントテーブルでのみ表示される。以下の単語リストはエンチャント時に表示される可能性のある全ての単語を解読したものである。どの単語が表示されているか知りたい場合は、このプログラム を使用すると良い。

データ値[編集 | ソースを編集]

エンチャントテーブルは minecraft:enchanting_table のID名、及び116のデータ値を有している。

ブロックエンティティ[編集 | ソースを編集]

  • Nbtsheet.png ブロックエンティティデータ
    • Nbtsheet.png id: EnchantTable
    • Nbtsheet.png x: ブロックエンティティのX座標。
    • Nbtsheet.png y: ブロックエンティティのY座標。
    • Nbtsheet.png z: ブロックエンティティのZ座標。
    • Nbtsheet.png CustomName: 任意。デフォルトの名前が通常はGUIに表示される。

実績[編集 | ソースを編集]

アイコン 実績 ゲーム中の説明 前提条件 (PC版のみ) 必要条件 (「ゲーム中の説明」と異なる場合) エディション Xbox版の実績ポイント
Achievement-plain.png
エンチャントの使い手
(Enchanter)
本、黒曜石、ダイヤモンドを使ってエンチャントテーブルを作る ダイヤモンド!
(DIAMONDS!)
作業台からエンチャントテーブルを取り出す。 PC N/A

動画[編集 | ソースを編集]

歴史[編集 | ソースを編集]

Beta
1.9pre3 エンチャントテーブルが追加された。
正式版
1.0 エンチャントテーブルはツルハシで壊したときのみアイテム化するようになった。
1.1 弓にエンチャントできるようになった。
1.3.1 エンチャントにかかる経験値レベルの上限が50から30に減少し、最高の効果を得るために必要な本棚の数も30から15に減少した。
1.4.6 12w49a 本をエンチャントしてエンチャントの本を作れるようになった。
1.11 16w32a エンチャントテーブルのエンティティIDが EnchantTable から enchanting_table に変更された。

豆知識[編集 | ソースを編集]

黒色のテクスチャのパーティクルは本棚内の暗号の情報源である。これに対応した暗号が後にエンチャントテーブルに放出される。(画像の最上段左の本棚の赤い本、最下段左の本棚の緑の本上に見え、さらにこのページの上のアニメーションに一瞬だけ点滅して見える)
  • エンチャントテーブルは実は本棚から放出される暗号を生成している。これらの暗号はエンチャントテーブルの中で生成され、そのほとんどがすぐ本棚に移動される。しかし、簡単に描画するため移動はかなり遅い。本棚に入ったり出たりする暗号はいつも同じ"文字"であるが、本棚に移動する暗号は黒色である。
  • エンチャントテーブルは材料に4個の黒曜石が含まれているため、爆発耐性が6000あり、TNTで破壊することはできない。
  • エンチャントテーブルの高さは半ブロックとブロックの中間であるため、半ブロックやトラップドアの代わりとしてTNTキャノンの範囲拡張に使える可能性がある。
  • 光源ブロック(グロウストーンや明かりがついたレッドストーンランプなど)を置き、その上にエンチャントテーブルを置くと光は透過される。
  • プレイヤーが透明状態であってもエンチャントテーブルはプレイヤーを察知し、その本を開く。
  • "klaatu berata niktu"というフレーズは1951年公開の映画「The Day The Earth Stood Still(地球が静止する日)」を参照している。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

出典[編集 | ソースを編集]